山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

富士登山はまず、ガイドブックを買いましょう

富士山の山小屋さんへ電話を掛けて、
『 富士登山の基礎知識 』 を根掘り葉掘り、
長時間訊くのはやめましょう!! (迷惑となります)

直接電話を掛けてよいのは、
宿の予約や遅れそうな到着などの大事な時です。
富士登山についてのガイドブックは、たくさん出ていますので
買って読んで頭にたたき込んで下さい!
以上、初心者さんへのお願いでした。。
このページのトップへ

富士登山こぼれ話 【54】

本当に有った、この夏の富士山でのお話し。

真夏の深夜、午前2時。
草木も眠る、丑三つ時。
富士山御殿場口、新5合目の少し上での出来事でした。

1人のうら若き女性が、他に誰も居ない夜道の登山道を登り始めました。
その夜は、あいにくの曇天で、月明かりも無し。 真っ暗闇でした。
帽子につけたヘッドランプの灯火だけが頼りでした。
登山口から、10分ほど登って最初の山小屋の大石茶屋さんに着きました。
けれども当然のごとく、山小屋の明かりは消えていて
深い眠りに落ちておりました。

その若い女性が、山小屋の角を曲がった瞬間です!!

こんばんは~~!
と言う野太い男性の声が、響きました。

それを聴いた若い女性は、ギャア~~!! と言う
悲鳴を上げたかと思うと、元来た登山口へと猛ダッシュで
駆け下りて行ったとさ ・・。

これは、本当にあった話しです。

実は、山小屋の曲がり角に居た男性は、
「 登山者数を数えていた 」 静岡県の委託の職員さんなのでした。
真っ暗な中、たった1人で寝ずの番をして、
夜間に登って行く登山者の数を数えていらしたのです!
大変なお仕事でした。

その逃げて行った若い女性は、恐らくは富士登山の初心者で、
夜間には登って行ってはいけないものと、勘違いしたようでした。
もちろん、夜間の富士登山は禁止はされてはいません。
( けれども闇夜の無人の御殿場口コースは、
  初心者には全くお薦めはしません、 道迷い多発です )

カウンターの御方は、私の知るところでは、交代制で3名居られました。
この御3方は、とてもフレンドリーで、お話しも面白くて最高でした!
出来ればまた、来夏もお逢いしたいものです。

話は変わりますが、須走口5合目の登山口には、
「 富士山ナビさん 」 が居られます。
若い女性ですが、英語や中国語を巧みに操り、外人客に好評です。
ある時、山荘菊屋さんにて私が休憩中に、
ナビさんが来て、フランス人の登山者に、下山後の観光案内も
していました。
さすがのナビさんも、フランス語は出来ないらしく、一瞬困りましたが、
このフランス人さんは、何と、中国に留学経験が有って、
中国語ならOKとの事!
そこで、ナビさんとフランス人とで、中国語での会話となりました。

私は中国語は聴き取れてしまうので、
思わず聞き耳を立ててしまいました (笑)
下山後は、箱根へ行きたいとか。
どうやって行ったらよいか(交通機関)、と言う相談でした。

でも、フランス人が中国語を話しているのを見るのは
何だか違和感がありました、不思議な感じです (笑)

御殿場口で登山者を数えるカウンターさん、
須走口の富士山ナビさん、
縁の下のちからもち的方たちです。
本当に頭が下がりました。 (尊敬) 
このページのトップへ

富士登山こぼれ話 【53】

麓(ふもと)から登り始める富士登山・・・

いつの間にか、これが私の標準スタイルとなってしまいました。

麓の駐車場( = 無料なのでお財布が助かります ) にて
富士登山の前夜は車中泊です。
これもまた、すっかり慣れっこになってしまいました。

ところが、スタートの歩き出し前には、ほとんど毎回、
物凄い緊張感が私の心に乗しかかってきます。
それは不安感・・ と言ってもいいでしょう。

もしも、登っている途中でバテたら、どうしよう。。
もしも、耐えられないほど苦しくなったら、どうしよう。。
などと言う、弱気な心が芽生えます。
その他に一番心配な事は、予定どうりの時刻に
頂上に到着出来るかどうかです。
私の場合、せいぜい1日か2日の仕事休みを利用して
富士山を登り下りしていますので、時間厳守なのです。
毎回の富士登山が、タイムレースとなっています。
これが凄く厳しい。

ですが、それを乗り越えて頂上に立った時の喜びは大きいのです。
毎回の物凄い達成感。
それに、何も考えずに無心になって登る時というものは、
何物にも換えられない貴重な体験です。
普段の生活では決して得られないモノなのです。
だから、また富士山に登りたくなってしまうのです。

富士登山は初心者のほうが良かったなぁ、と想う時があります。
私のようにベテランになってしまうと、登山道の何処が難所か
何処が苦しいかを、全部知っているからです。
何も知らずに一生懸命登るほうが、要らぬ心配をせずに登れます。

私は本当に損です。
楽しくスイスイ楽に登った時のことは、あまり詳しくは覚えていませんが
苦しくて苦しくて、やっと頂上にたどり着いた時のことは
はっきりと今でも覚えているのですから。

でも、この夏は一度もバテずに登れたので良かったです。
これが一番の幸いだった事でした。
このページのトップへ

富士登山こぼれ話 【52】

<< 世界文化遺産・富士山 大丈夫??? >>

PB062040.jpg
ああ、情けない。
このままでは、せっかく世界文化遺産になった富士山が
世界遺産から << 抹消 >> されてしまうかも!?

そんな日が来ないことを願うばかりです。

{世界遺産にされて富士山は泣いている (PHP新書)  野口健 著}
を是非買って読んでみてください。
世界文化遺産・富士山 = 大きな問題が山積みです!

※ 世界遺産の登録は、地域の観光や商売のためではないのです!
   あくまで保全や保護が第一の目的なのです。
   日本人の皆がこの事を知らなかったのが大失敗でした。
※ 辛口の記事ですみません。 富士山を愛するが故です。
このページのトップへ

富士登山こぼれ話 【51】

先日は突然に、思いがけないプレゼントが届きました!

PA281800.jpg
チョコレート = 富士山型ボックス入り です。
4つの富士山の登山道や、主な地形が書かれていて楽しいです。
けれども私的には、もっと詳細な地図を書いて欲しかったですので
点数は、70点です。

PA281816.jpg
中身は、クランチチョコでした。
美味しいけれど、小型でした。。
(スバルライン・五合園レストハウスにて販売されています)

埼玉のカニさん、有難うございました。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (213)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム