山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

6月6日 夏山の鍛錬で日光男体山!

今夏の富士登山のためにトレーニングが必要です。
そこでトレーニングに最適な、日光男体山へ登ることにしました。

P6061980.jpg P6061979.jpg
早朝4時には家を出ました。
圏央道→東北道 と走って、佐野SAにて朝ラーメンを食しました。
みかも山が懐かしかったです。

P6061986.jpg
日光市内に入ると、お山が見え出しました。

P6061991.jpg
AM 07:15、 日光二荒山神社・中宮祠に着きました。
御玉串500円を支払い、入山の許可を戴きます。

P6061992.jpg
今回は、急きょ、私のご近所さんの YZさんも参戦しました!
ご一緒して頂くのは、3回目となります。
07:37、 登拝門からスタートです。

P6062000.jpg
石段を登って、1合目です。
気温は、 13℃ と涼しくて適温でした。

P6062003.jpg
森の中は、いきなりの急登です。
スタミナをロスしないように、ややペースは控えめです。

P6062009.jpg P6062011.jpg
08:30、 4合目です。
中禅寺湖が眼下に綺麗に見えていました。

P6062016.jpg P6062022.jpg
シロヤシオが満開で綺麗でした。

P6062028.jpg P6062029.jpg
岩場に差し掛かる手前の樹林帯で、初めて新調した
登山用のヘルメットを被ってみました。

P6062036.jpg
たちまち、雲が増えてきて眺望を遮ってしまいました。

P6062046.jpg
日光男体山の最大の難関、
「 観音薙 」(かんのんなぎ)の岩場地帯を登ります。

P6062052.jpg P6062057.jpg
10:04、 滝尾神社の社務所まで登ると、難所の終わりはもうじきです。

P6062062.jpg
森林限界ちかくまで登ってきました。

P6062069.jpg
9合目まで来ると、ここは富士山にそっくり。
さすがは同じ火山です。

P6062077.jpg P6062082.jpg
10:59、頂上を知らせる鳥居を潜って、ゴールです!
中宮祠の奥宮に早速お参りをしました。
気温は、12℃ でした。
急がずにゆっくり登って、3時間20分の旅路でした。

P6062087.jpg
幸せの鐘を鳴らすのは自由です。
YZさんは、この鐘を鳴らすのが、かねてからの希望だった(?)とか。

P6062090.jpg
日光男体山の真の山頂に在る、神剣です。

P6062095.jpg P6062099.jpg
お約束(?)の記念撮影でした。。

P6062107.jpg
奥宮の隣りには、神像も御鎮座あそばされます。

P6062109.jpg
中禅寺湖は、全く見えなくなってしまいましたが、
北側や西側は少しだけ見えていました。
気温も下がって、10℃になりました。
少し肌寒くなりました。

P6062120.jpg
12:10、 充分に休憩したのち、元来た道を帰ります。
登るのも大変な日光男体山ですが、
降りるのもまたひと苦労の山です。

P6062127.jpg
3合目の森の中に降りてきました。
ここで私はスリップして大転倒。
右腕の肘に全治10日間の怪我をしました。
(私は毎回この山では、転んで怪我をするのが恒例です)

P6062130.jpg
14:16、 中宮祠に下山しました、お疲れ様でした。

P6062133.jpg
いつも行く日帰り温泉は、休館中でしたので、
やむなく別の旅館のお風呂に。

P6062140.jpg
家路に就く前に、お向かいの山の社山の展望台へ。
お天気が悪いので、ほとんど見えませんでした。。

P6062146.jpg
日光男体山も上半分は、完全に雲の中でした。
16:15、 家路に就きました。


本当に急なお誘いでしたが、
YZさん、お付き合いを有難うございました。
万歩計歩数 = 2万2700歩
このページのトップへ

6月1日 日光男体山山行

私の前夜は、北関東の道の駅にて車中泊しました。
早朝3時に起床。

P6015959.jpg P6015963.jpg
某駅にて、楽庵マスターと待ち合わせです。

P6015975.jpg
いろは坂を車で登って、奥日光・中禅寺湖へ。

P6015976.jpg
二荒山神社の中宮祠に到着です。

P6015981.jpg
本殿前にて参拝を済ませて、社務所にて手続きも済んで。

P6015983.jpg
AM07:10、日光男体山・登拝門からスタートです。

P6015985.jpg
いきなりの急な石段に息が上がります。
1合目に着きました。

P6015989.jpg
幸い気温は、15℃と適温でした。
序盤の難所の森の中の急登です。
気温が低いせいか、いつもは煩い蝉の声も聴こえず。
驚いたのは猿軍団が、この森の中で遊んでいた事です!

P6015999.jpg
3合目は唯一、のんびり出来る区間です。
舗装林道を歩いて行きます。
今朝は治山の管理車が多数通りました。

P6016000.jpg
07:57、4合目に着きました。
ここからがまた再びの急登の始まりです。

P6016003.jpg
最近は雨が降っていないので、登山道は乾いていて登り易いです。

P6016005.jpg P6016012.jpg
5合目辺りでは終わりかけでしたが、シロヤシオを見ることが出来ました。
嬉しいです。

P6016016.jpg
休み休み登って行きます。

P6016023.jpg
灌木帯の中の登山道は、意外とアスレチックになっています。

P6016025.jpg
結構登って来ました。
中禅寺湖も小さく見えます。

P6016026.jpg
6合目からは、いよいよハイライトの「観音薙」(かんのんなぎ)
になります。
大きな岩場の急登になります。
両手両足、全てを使って登ります。

P6016030.jpg
まだ7合目です。
薙は、まだまだ続きます。

P6016032.jpg
息も絶え絶えになっても登ります。

P6016034.jpg
鉄製の鳥居を過ぎると・・

P6016035.jpg P6016038.jpg
09:26、8合目の瀧尾神社です。
やっと薙も終わりです。

P6016042.jpg
桜の仲間の花が咲いていました。

P6016046.jpg
9合目からは、まさに素晴らしい景色です。
息を呑む絶景が眼下に広がります。

P6016047.jpg
私達と同時にスタートした、白装束の若い人が早くも降りて来ました。
本格的な身支度には脱帽です。

P6016049.jpg
下界からは見えにくい、日光白根山もよく見えています。

P6016057.jpg
10:16、登山タイム=3時間05分(休憩含む)で、
日光男体山山頂に着きました。
気温は、16℃。日差しも有ってポカポカです。

P6016059.jpg
楽庵マスターにせがまれて、奥宮前にて祝詞(のりと)奏上。

P6016060.jpg
この鐘は、自由に撞いて良いのです。

P6016070.jpg
真の山頂(2486M)の神剣です。
楽庵マスターもご満悦。

P6016074.jpg P6016075.jpg
廻りの山々も美しいです。
お昼ごはんも最高です。

P6016076.jpg P6016081.jpg
男体山大神様神像にご挨拶して、11:18、下山開始です。

P6016083.jpg
岩場の下山は気が抜けなくて緊張の連続。
やっと4合目まで来て、安心しました。

P6016090.jpg
13:29、中宮祠に下山完了。
お疲れ様でした。
降りてきたのは良いのですが、気温は猛烈アップで、27℃。
暑さでおかしくなります。

P6016096.jpg
楽庵マスターのたっての御希望で、坂東十八番札所・立木観音さんへ。
( 内部は撮影禁止でした )

P6016099.jpg
日光湯元からパイプで引いてきた温泉は、気持良かったです。

P6016101.jpg
日光男体山には、正午からはずっと笠雲が掛かっていました。

P6016102.jpg
お風呂に入って着替えた後の私です。(ラフな格好)
( ※ 訳有って数週間前から頭髪はスポーツ刈りになってます ) 

P6016104.jpg
今日も幻想的な中禅寺湖が見られました。

P6016106.jpg
近道をするつもりで、足尾から県道15号線を辿りました。
ところがこれは大失敗。
行けども行けども狭い山道。
ご免なさい、楽庵マスターは車酔いに。

今日は、ガスコンロや簡易テントまで持参したので
重たいザック(8KG)になり、ゆっくりとしか登れませんでした。
幸いいつもよりも1時間以上も早い登山スタートが出来たので、
山頂から見事な眺めが楽しめました。
その後は笠雲で真っ白になってしまったようです。
大変でしたが、ラッキーな一日でした。
このページのトップへ

6月2日 暑かった日光男体山登山

毎年6月には、日光男体山へ登っています。
ちょうど先週、NHK・BSにて、日光男体山登山の番組を放送していました。
このテレビを観て刺激を受けたので、出掛けました。

P6023605.jpg
朝5時前に家を出ました。
加須ICから東北道に乗りました。
途中の佐野SAにて、佐野ラーメンを朝食で戴きました。

P6023607.jpg P6023608.jpg
日光道に入りました。
今朝は、良いお天気です。
日光男体山が見えてきました。

P6023616.jpg
私の愛車・ミラココア、初めての「いろは坂」を登ります。
エンジンを回せば意外にパワーが出て、スピードが落ちません。

P6023624.jpg P6023625.jpg
奥日光の中宮祠(ちゅうぐうし)に着きました。
社務所にて登拝の手続きをして(お玉串500円)、お守りを戴きます。
早速、ザックにお守りを付けました。

P6023626.jpg P6023627.jpg
AM08:52、準備を完了して、登拝門からスタートしました。
気温は、20℃。
奥日光なのに、この暑さは誤算でした。

P6023628.jpg
身体が慣れていないので最初の石段は、きつく感じます。
今日の私のザックの重さは、7KGです。
重くも軽くもありません。

P6023630.jpg
石段を登って、1合目です。
ここから先は、急登の森の中になります。

P6023633.jpg
エゾハルゼミの大合唱を聞きながら、森の中を必死に登ります。
私の歩みは、そんなに遅くはないのですが、
若い男性に、あっさりと追い越されてしまいました。。

P6023641.jpg P6023643.jpg
森を抜けて、3合目です。
ここからは、林道歩きになります。
平坦に見えますが、実は上り坂でしたので、脚がなかなか前に出ません。
マムシグサ(=有毒)が、たくさん出ていました。
筑波山でよく見られる、ミミガタテンナンショウとは種類が違います。

P6023646.jpg P6023650.jpg
林道の終点が4合目の鳥居になります。
ここで小休止しました。
ここからは、景色も良いです。

P6023666.jpg
登山道は風雨で、崩されてV字になっています。
今日は幸い乾いていましたので、歩きやすいです。

P6023651.jpg P6023664.jpg
日光男体山のトウゴクミツバツツジは、とりわけ綺麗に感じます。
残念ながら、シロヤシオは咲き始めたばかりで、
花の数が物足りなかったです。

P6023659.jpg
5合目を過ぎると、中禅寺湖が低くなりました。
とても良い眺めです。
けれども、気温は下がらず20℃のままです。
風も無く、暑くて暑くてたまりません。。

P6023669.jpg
樹林の中の道は、一部がアスレチックになっていました。
無理やり腕力で登る所もありました。

P6023670.jpg
6合目になりました。
さあ、ここからが、日光男体山登山の真骨頂です。
観音薙(かんのんなぎ)の岩場を手足を使って、よじ登ります。

P6023671.jpg
背中を振り返れば、眼下に絶景が広がっていますが、
登っている最中には、そんな余裕はありません。。

P6023674.jpg
これでもか、と言う位、薙(なぎ)は続きます。
暑さと、寝不足&前日の仕事疲れでピッチが上がりません。
健脚の登山者さんたちに、続々と追い抜かれてしまいます。。

P6023677.jpg P6023679.jpg
8合目・滝尾神社で小休止しました。

P6023687.jpg P6023686.jpg
苦しかった薙の岩場を登り切りました。
そこから先は、ちょっと傾斜が楽になります。
まだ残雪が見られました、日光男体山は高い山です。

P6023692.jpg P6023695.jpg
森林限界の9合目を抜けると、火山岩に変わります。
ここは、まるで富士山!
先ほど2合目で私を追い抜いて行ったお兄さんが、早くも下山して来ました。
30分ほど頂上に滞在していたとの事でした。

P6023702.jpg
11:46、頂上・奥宮に到着しました。
登山タイムは、2時間53分でした。
もうバテバテで、厳しい登山でした。
気温は頂上でも、17℃も有りました。

P6023706.jpg P6023709.jpg
真の山頂に行ってみました。
神剣が美しかったです。

P6023715.jpg P6023716.jpg
山々が美しい。 まさに絶景。

P6023723.jpg P6023730.jpg
暑さと疲労で、食欲はあまり無かったのですが、
せっかく用意して来たので、ガスコンロで鍋焼きうどんを作りました。
食べてみたら、やっぱり美味しかったです。

P6023734.jpg P6023738.jpg
筑波山山麓の桜井菓子店さんで買っておいて冷凍保存しておいた
あんドーナツをデザートで戴きました。
頂上には、けっこうたくさんの登山者さんが居ましたが
セルフシャッターで記念に一枚撮りました。

P6023744.jpg
万歩計によると、登山口から頂上まで、約1万1千歩でした。
これは、富士登山の5合目から頂上までの歩数と、ほぼ同じです。

P6023751.jpg
神像を写真に収めたら・・

P6023757.jpg
下山を開始します。 時刻は、12:45でした。

P6023762.jpg
私は、過去に何度も日光男体山の下山で怪我をしています。
特に、6合目辺りの樹林帯の中は、木の根っ子のトラップが
多数です。

P6023775.jpg
安全下山を念頭にしながら慎重に下山して来ました。
やっと1合目の古い鳥居に着きました。
ひと安心です。
珍しく怪我をしないで済みました。

P6023780.jpg
2時間ちょうどで、登拝門に帰ってきました。
お疲れ様でした。

P6023781.jpg
持参した500ミリペットボトル、2本の飲料は底をつきました。
喉がカラカラです。
急いで、山門の所に設置されている自販機に直行!

P6023783.jpg
ところが、飲料のほとんどが売り切れに!
なので、ジュースの自販機を求めて、中禅寺湖畔の道路沿いを
さまよい歩くことに・・

P6023786.jpg P6023788.jpg
さまよい歩くこと神社から10分、
やっと自販機にめぐり逢いました。
湖畔のあずまやで休憩、至福の時でした。

P6023810.jpg
湖畔の湯の温泉で、汗を流しました。
毎回この温泉は、下山後の楽しみです。

P6023818.jpg
日没まで、まだ時間が有ります。
ちょっと散歩をしてみます。

P6023822.jpg P6023825.jpg
「華厳の滝」を見に来ました。
数年ぶりに見る華厳の滝でした。 いつも迫力満点です。

P6023840.jpg
車を置いてある場所に戻る頃には、陽が傾いていました。

P6023856.jpg
帰路はまた、東北道で。
みかもやまが見えました。
佐野ICで降りて、国道50号→新4号国道で帰りました。

今日は気温が異常に高くて、厳しい日光男体山登山となりました。
飲んでも飲んでも喉が乾いて仕方がありませんでした。
登りの公式コースタイムは、3時間半とのことでしたが、
今日はバテながらも3時間以内で登頂。
しかしながら、自分本来の登りが出来なかったので不本意です。
下山は、筑波山で鍛えているお蔭で、割合スムーズに
降りて来られました。
普通の大勢の登山者さんは下山では、なかなか脚が前に出なくて
苦戦されていました。
私は筑波山の岩場下りで慣れているので有利でした。
急勾配の山道が続く日光男体山は、なるべく身軽にして
登りたいものです。
今回持参したコンロセットは、多少重くて大変ですが、
頂上で煮て食する鍋焼きうどんは特別に美味でした。
カップラーメンが一般的ですが、それよりも尚いっそう美味しいです。
このページのトップへ

3月24日 みかもやまカタクリと、楽庵蕎麦フィナーレ

私と懇意にさせて頂いている、みかもやまの東麓に在る蕎麦店
「楽庵さん」が、明日25日で店仕舞いをすると知っていたので、
お別れを言いがてら、みかもやまにも登ることにしました。

P3240431.jpg
みかもやまの北口、「かたくりの里」の入り口に車を停めました。
普段は無料の駐車場ですが、500円取られてしまいました。
もうカタクリが咲いているとは、つゆ知らず。。
(ちなみに筑波山のカタクリは、まだ全然です)

P3240429.jpg
案内看板に沿って、山の中に入って行きます。

P3240433.jpg P3240434.jpg
お客さんも結構居ました。
みかもやまのカタクリも有名です。

P3240436.jpg
カタクリの花の鑑賞は、登山後と言うことにして
まずはハイキングの開始です。
AM11:19、気温は今年の最高気温で22℃も有ります。

P3240448.jpg P3240452.jpg
19分で、みかもやま最高峰、青竜ケ岳(229M)に到着です。
山頂部の木々を切ったようで、見晴らしが利くようになりました。
眼下には佐野アウトレットや、高速のパーキングエリアが見えていました。

P3240463.jpg
まだ全然歩き足りないので、山の稜線を縦走して南下します。
今日は良いお天気なので、ハイカーも多いです。

P3240474.jpg
12:06、中岳へ到着。
ここでハイキングは折り返しました。

P3240493.jpg
下山は北東に在る、三角点の小ピークから降りました。

P3240520.jpg
お待ちかねの 「かたくりの里」 に降りて来ました。

P3240502.jpg P3240518.jpg
今年初めてのカタクリの花を目にしました。
春の妖精の花は、やっぱり良いものです。

P3240515.jpg
ニリンソウはまだ咲いていませんでしたが、
アズマイチゲの白い花がカタクリとコラボして綺麗でした。

P3180280.jpg
お腹ペコペコにして、楽庵さんへ。
ここでビックリ!
以前楽庵さんでお手伝いをされていたおばさま達と再会。
皆が私を待っていてくれて感激でした。
しかもお蕎麦は、既に売り切れで本日の営業は終了。
(何故に最後にこんなにお客さんが来た?・・皮肉である)

P3240529.jpg P3240530.jpg
楽庵のマスター入魂の天ぷらとお蕎麦を、心して頂戴しました。
もう二度と味わえないであろうこの美味を、脳裏に焼き付けました。

P3240548.jpg
記念にセルフタイマーでマスターと共に一枚撮りました。

おばさま達はお帰りになった後も、私は暫く居残って
マスターと色々語り合いました・・・

今日は思いがけず、みかもやまのカタクリを観ることが出来ました。
実は、みかもやまのカタクリを観たのは初めてでした。
まだ3分咲きとの事でしたが、それでもなかなかに綺麗でした。

楽庵さんのお店が無くなってしまうのは、残念至極ですが、
私の経営している理容店だって、いつかは終わりの時が来ます。
それは、仕方がないことです。
でも、楽庵のマスターとの友情は今後も続きます。
今日は想い出に残る一日になるでしょう。
このページのトップへ

6月3日 日光男体山登山

今朝は早朝4時に起きました。
少し遠い山へ遠征に行くからです。
その山は、「日光男体山」。
3.11の大震災以来ですから数年ぶりです。

P6032215.jpg
梅雨に入ったはずでしたが、天気予報も良くて全く問題なしです。

P6032219.jpg
一般道を小一時間ばかり走って、東北道の加須ICからINしました。

P6032223.jpg
佐野SAでお決まりの「佐野ラーメン」で朝食としました。
ちなみに写真は大盛り(¥700-)です。

P6032227.jpg
日光宇都宮道路も快適に走りました。
日光男体山も薄っすらと見えてきました。

P6032228.jpg
第二いろは坂を昇り、中禅寺湖畔の男体山の麓まで来ました。

P6032237.jpg P6032236.jpg
二荒山神社・中宮祠の社務所にて男体山登拝の受付をしました。
入山料¥500-を支払うと、安全登山の御札を戴けます。
早速、ザックに付けました。

P6032241.jpg
準備を整えて、AM08:05に登拝門からスタート。
気温はすでに20℃と少し暑い位でした。

P6032242.jpg
まずは、石段を登って行きます。
近年では、パワースポットだとか。

P6032245.jpg
08:10、1合目に到着です。
さあ、ここからが急な坂道の登山道の始まりになります!

P6032247.jpg
木の根っこが邪魔して歩きにくい登山道です。
森の中は、カエルみたいな鳴き声のハルゼミの大合唱です。

P6032248.jpg
今朝はチラホラと登山者さんを見掛けます。
私は、早くもなく遅くもない中速度のペースで登って行きます。
石垣が見えてきました、もうすぐ3合目です。

P6032253.jpg P6032252.jpg
08:30、3合目に着きました。
最初の森は20分で通過は我ながら早いです。
ここからは、しばらく舗装林道を歩きます。
標高が上がって中禅寺湖が良い感じに見えてきました。
小学生連れの親子さん2組が居られました。

P6032255.jpg
以前には無かったのですが、社務所が建っていました。
建物の下は、避難シェルターにもなっていました。

P6032256.jpg
08:50、4合目に着きました。
石鳥居からまた山道に入ります。

P6032258.jpg
V字にえぐれた土の道を登って行きます。

P6032259.jpg P6032261.jpg
09:04、5合目に着きました。
避難小屋の先で初めて小休止しました。
ここから眺める中禅寺湖もなかなか綺麗でした。

P6032264.jpg
この辺はまだ歩きやすいほうでした。
気温は下がって16℃と適温です。

P6032265.jpg P6032266.jpg
09:19、6合目に到着しました。
中禅寺湖は小さくなり、だいぶ登ってきたと実感します。

P6032267.jpg
登山道は、険しさを増していきます。
樹林帯の中を入って行ったり・・

P6032268.jpg
薙(なぎ)と呼ばれる大きな石が重なった難所を登ります。

P6032270.jpg P6032271.jpg
09:41、7合目に着きました。
さほど疲れていないので休憩せずに先に進みます。

P6032272.jpg
大変な登りの「観音薙」(かんのんなぎ)はまだ続きますが、
今日はどうゆう訳か、そんなに疲れません。

P6032275.jpg
鉄の鳥居を過ぎると、間もなくで・・

P6032280.jpg P6032281.jpg
10:03、8合目に到着しました。
ここでまた小休止としました。
滝尾神社にお参りして、煎餅を一枚食べたら再出発。

P6032285.jpg
薙が終わると、幾分登山道の傾斜も緩やかになったような?
谷の中の登山道を登って行きます。

P6032286.jpg P6032287.jpg
10:26、以前には無かったと思った9合目の石碑に来ました。
この辺りで森林限界になります。
前回までは難儀した丸太階段の急傾斜も苦もなく登れました。

P6032288.jpg
森林が無くなると、まるで富士山と同じような火山の砂礫になります。
そうです、この日光男体山も火山なのでした!

P6032289.jpg P6032290.jpg
10:45、標高2484Mの日光男体山の頂上に着きました。
2時間39分(休憩時間を含む)で登頂しました。
今日は前回よりも30分もゆっくりと登ったので、
全然疲れませんでした。

P6032301.jpg
頂上には、二荒山の神様の神像。

P6032298.jpg P6032294.jpg
眼下には中禅寺湖の絶景が広がっています。
下界からは見えにくい日光白根山も良く見えていました。

P6032303.jpg
折角ですからセルフシャッターで写真を一枚。

P6032305.jpg P6032308.jpg
(左)会津駒ケ岳             (右)朝日岳

P6032314.jpg P6032312.jpg
軽い昼食を済ませたら、真の山頂へと行ってみました。
絶景の証明場所=一等三角点です。
山頂のシンボルの神剣は新しくなったようです。

P6032316.jpg
まだ正午前の午前中なので少し時間があります。
そこで、行ったことがない北側斜面の志津峠方面へと
降りて行くことにしました。

P6032317.jpg P6032319.jpg
最初は緩い下り坂で歩きやすいです。
太郎山も良く見えていました。

P6032322.jpg
裏9合目までは、まだ簡単でしたが・・

P6032324.jpg
裏8合目から先は、滑る急な下り坂で降りるのも一苦労でした。

P6032328.jpg P6032329.jpg
このような痩せ尾根の所は、少しスリルがありました。

P6032334.jpg
大きな雪渓がまだ残っているのを見てビックリしました。

P6032335.jpg
腕時計が正午を知らせました。
残念ながら時間切れ、タイムアップです。
ここで下山をやめて、頂上へ引き返します。
裏7合目の樹林帯の中での決断でした。

P6032338.jpg
表側とはまた違って、裏側でも荒々しい男体山が見られました。
やはり火山でした。

P6032350.jpg
登り返しは思った以上に大変な行程でした。
やっと頂上に戻りました。

P6032353.jpg
12:55、下山を開始しました。

P6032358.jpg P6032359.jpg
シロヤシオの花と中禅寺湖です。
シロヤシオは思ったほどは咲いてはいませんでした。

P6032362.jpg
4合目まで降りて来ました。

P6032371.jpg
普段は3~1合目までは、小走りで降りるのですが
疲れてしまって走れず、ゆっくりと歩いて降りて来ました。

P6032373.jpg
14:51、中宮祠の登拝門に無事に帰ってきました。

P6032375.jpg P6032374.jpg
¥200-を支払い、登拝番付札を奉納しました。
私は今回が初めてでした。

P6032377.jpg
ここ中宮祠の天然水も売っていたので、即買って飲みました。
¥200-で冷蔵庫で冷やされていて、美味しそうでしたので。

P6032379.jpg
すぐ近くの温泉場=湖畔の湯で汗を流しました。
日光湯元の温泉を引いているとても良い温泉です。

P6032382.jpg 
午後の日光男体山には山の上には雲が掛かっていましたが・・

P6032391.jpg P6032396.jpg
私が温泉から出た1時間半後の夕暮れ時には、雲は取れていました。

P6032409.jpg P6032406.jpg
夕食は高速を降りてから、山田うどんで。
生姜焼きセットで大満足でした。

今回は日光男体山を1登り半しました。
登り返しは厳しいトレーニングになりました。
それと、やっぱり今回も怪我をしました。
毎回この山の下山では決まって怪我をするのですが、
今回は大怪我ではないのですが、左右両足の脛(スネ)に切り傷が多数。
薙を降りる時に、ぶつけてしまうからです。
でも、今日は山頂からの景色が最高で良かったです。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (213)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム