山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

1月24日 筑波山は冬休み

筑西市内でお煎餅を購入したのち、筑波山へと向いました。

2270
どこに車を置くか、迷いに迷ったのですが
結局、梅林入り口の第1駐車場の前の空き地に車を停めました。
ここに車を停めたのは初めてです。

2279
筑波山神社では、小学生の書初めを張り出していました。

2281
本日の私です。
おろし立てのブルーの登山シャツです。
先日、アウトレットでお得に購入しました。

2284
先週から聞いてはいましたが、本日の筑波山ケーブルカーは
定期検査のために運休です。

2283
PM12:16、御幸ヶ原コースをスタートです。
気温は、6℃で真冬の寒さです。

2286
標高が上がるに連れて、残雪も多くなってきました。

2292
47分で御幸ヶ原に到着しました。
連日毎晩の走り込みの成果で、全然疲れませんでした。
と言う訳で、引き続き休まず男体山へと向います。

2300 2301
残雪には足跡も少なくて、歩いていて気持ちが良いです。

2303
いつもは登山者を多く見かける男体山ですが、
今日は私の他には、たったの1人しか居ませんでした。
残念ながら、見晴らしは利かず。気温は4℃と超寒いです。
すぐさま御幸ヶ原に戻ります。

2316
茶店の脇には、小動物の足跡も!

2333
なにしろケーブルカーがお休みですので、
御幸ヶ原の茶店も売店も全てが休業です。
お天気もイマイチなので、今日の御幸ヶ原は人気(ひとけ)
が有りません。私の他には2人だけが御幸ヶ原に居ました。
おそらく、今年初めての静かな御幸ヶ原なのでしょう。

2330
風の吹きさらしを避けるため、公衆トイレに避難しました。
ここで、汗に濡れたシャツを着替え、軽く栄養を摂りました。

2336
そして女体山へと向いました。

2341
いつもは大勢の人で賑わう女体山山頂も、
嘘と言う位人が居ませんでした!

2344
温かい食べ物を食べたいと思いました。
瞬間ヒラメイテ、ロープウエイの駅のパーラーに向いました。
『女体山山頂展望パーラー』です。

2346 2348
久しぶりにここに来ました。
レストラン兼売店になっています。
天気が良ければ絶景が眼下に広がります
(今日はイマイチ・・)。

2353
人気だと聞いていた「女体山ラーメン」(¥700)を戴きました。
寒い日に温かいラーメンは助かりました。
チャーシューが肉厚で美味しかったです。

2356 2362
ロープウエイ山頂駅の真下にパーラーが有りますので
ロープウエイが間近で見られます。

2368
記念に筑波山ステッカーを購入しました。
どこに張ろうかな?・・

2374
ロープウエイ山頂駅から眺めた男体山方向です。
迫力が有る景色でした。

2388
女体山山頂からは白雲橋コースを辿って筑波山神社まで下山します。
ですが、女体山山頂直下の急坂が残雪で滑って怖いです。
一歩一歩慎重に時間を掛けて降りました。
ここは冬場はいつも難所です。

2392
屏風岩の近くに行った事が無かったので、今回立ち寄りました。
古そうなお社がありました。

2409
弁慶七戻りの大岩です。
写真は、ほぼ真下から撮ったものです。
絶妙なバランスで大岩が乗っかっています。
筑波山の奇岩怪石は全てが自然の造形美です。
人間が造ったものでは有りません。

2411
弁慶茶屋跡まで無事に降りてきました。
ですが、この地点ではまだ半分です。
筑波山の銀座ルートの白雲橋コースですが、今日は全く登山者が居ません。
唯一カップルが1組居ただけです、請われたので写真を撮ってあげました。

2417
白雲橋下半分コースの下山は難儀しました。
ここを下るのは、何年かぶりでした。
1時間少々掛かって神社まで降りました。
私にとっては、下るよりも登りのほうが楽に思えました。

2422
観光案内所に立ち寄りました。
まもなく「筑波山福寿草まつり」です。

2424
16:10、梅林前の駐車場に戻りました。
お疲れ様でした。

2430
このあとは、某穴場の温泉へ。
何と何と、私1人の貸切状態。。
ゆっくり2時間も入っていました。。
誰も居ない大浴場はのんびり出来ました、でもちょっと寂しい。。

2433 2436
帰り道、山の中腹から観た下界の夜景です。
筑波山神社の大鳥居も撮りました。
AUTOモードでは、全く撮影不可能でしたのでマニュアル撮影です。
これからはもっと腕を磨きます!



このページのトップへ

お醤油屋さんのおせんべい

私は、お煎餅が大好きです。
筑波山の近くで、安くて美味しくて、
しかもユニークなお煎餅屋さんを見付けました!

2260 2261
大通りから曲がると、お醤油工場が出現!
今まで全然気が付きませんでした・・

2255
工場の前にはお店が有りました。
文字どうり、まさしく『お醤油屋さんのおせんべい本舗』
さんでした。

2256 2257
たくさんのお煎餅の種類、
その数何と90種類以上!、だそうです。
ユニークなのは、そのたくさんのお煎餅を試食出来る事
でした。
店員さんも優しくて、ゆっくり試食していって下さい、
とお声掛けもして下さいました・・(涙)。
と、言う訳でして、自分好みのお煎餅を、
じっくりチョイスする事が出来ました・・(感謝)。

2258
おまけに、セルフのお茶までもが用意されています。
試食も出来て、お茶までも戴いて、
大満足で買い物が出来ました。。
割れ煎餅などの、大変お得な価格のお煎餅も有りました。
これは、この本店だけの商品だそうです。
お団子も人気のようでした、次回買ってみます。

2262
お店の場所は、旧明野町の役所の近くです。
県道を走っていると、上の写真のオーバーハングが
良い目印になります。
オーバーハングから曲がって狭い道に入ると、
すぐにお店に着きます。

『お醤油屋さんのおせんべい本舗 本店』
茨城県筑西市海老ヶ島743
TEL 0296-52-1617
営業時間 9:00~18:00


このページのトップへ

1月18日 晴れの日の「みかも山」

今日は、懇意にさせて頂いている蕎麦屋さんに行くついでに
みかも山で運動する事にしました。

2179
東北道・佐野SAから見た「みかも山」の全景です。
今日は絶好の素晴らしいお天気となりました。

みかも山の麓に有るお蕎麦屋さんに行くと、
何と、臨時休業でした!・・
そこで、代わりに佐野市内で一番の老舗のラーメン店に行ってみた
と言う次第です。。

2199
みかも山公園・東駐車場に車を停めて、食後の腹ごなしに
みかも山の外周ウオーキングのスタートです。
時刻は、PM12:25でした。

2202 2203
気温は、やや低めの9℃でしたが、昨日の筑波山と比べれば今日は暖かです。
それに今回は手袋の中に、使い捨てのミニカイロを入れました。
(・・しかし、このミニカイロが後々災いの元になるとは、
この時は予想だにしませんでした)。

2205
周回路からは、筑波山も見えました。
2つの峰が重なって、鋭い1つの峰になって見えていました。

2219
真冬の周回路は歩いていても変化が乏しいので、つまらなくなり、
こらえきれずに、みかも山の最高峰の青竜ヶ岳に登りました。

2207 2215
(↑)赤城山が見えました。  富士山かと見間違えた雪を被った浅間山です(↑)

2224
1時間半ほどで駐車場に戻りました。
ところが、先ほど手袋の中に入っていたはずの
ミニカイロが有りません。
私は思い当たりました・・
おそらく青竜ヶ岳の山頂で落としたと思われます・・
今日は、まだまだ運動が足りませんので、もう一周ジョギングして来ます。
それと同時にミニカイロも山頂に戻って回収します。

2年ぶりに、みかも山を走りました。
しかし登り坂はきつ過ぎて走れず、歩きました。
肝心のミニカイロは、山頂手前で落ちていました。
無事に回収、ゴミにならずに済んで良かったです。
結局また1時間掛かって駐車場に戻りました、
もう、ヘトヘトに疲れました。

2232
みかも山からは、モンベルショップおやまゆうえん店へ。
やっと欲しかった登山用品を買いました。
普段の休みは山にばかり行っているので、買い物する時間が無いのです。

2234 2239
この日の夕食は、「道の駅ごか」のレストランで。
たまには豪華にローズポークソテー定食(¥1150)を。
「ごかぼう」と言うお菓子をお土産に買ってみました。
きなこをまぶした棒状の餅菓子でした。
埼玉出身の私の母は、このお菓子を知っていました。


このページのトップへ

1月17日 北条の大池からの登山

前日の午前中の東京首都圏は、思いがけない突然の初雪となりました。

2004
その時の我が家の窓からの景色です。
ですが積雪は数センチでしたので、午後にはほとんど消えてしまいました。

2009
翌日・17日は素晴らしい快晴に恵まれました。
筑波山麓の平沢官衙遺跡(ひらさわかんがいせき)の
無料駐車場に車を停めました。

2011 2013
スタート前に駐車場からすぐそばの「北条の大池」に立ち寄りました。

2018
平沢官衙遺跡に戻って、AM09:08、本日のスタートです。

2012 2023
気温は、5℃、風も強くてとても寒い朝です。
本日の筑波山神社までのコースは、関東ふれあいの道の指定コース
にもなっていますので、休日には大勢のハイカーが歩くそうです。

2027
田井郵便局前で写真を一枚記念に。
あまりの寒さにネックウォーマーで覆面をしてしまったので
まさしく“怪しい人”になってしまっていました。

2030 2031
神郡(かんごおり)の集落に来ました。
数え切れないほどのたくさんのスズメたちが、
寒い風を避けるようにして群がっていました。

2033
麓まで来ると、強い風は西風になりましたが
ますます寒さが身に沁みます。
手袋をしていても、手が冷たくなりました。

2044
つくば道を登り切り、筑波山神社に到着しました。
境内には残雪がけっこう有りました。
神社からは「白滝」を見に行きます。

2048
途中の森の中に、こんな檻(おり)を発見!
初めて見ました。
恐らくイノシシ捕獲用だと思われます。

2053
少し雪を被ったガマ石も風情が有って良いものです。

2058
神社から急いで歩いて約20分で「白滝」に到着です。

2069
少しだけ雪が残っている白滝も良いものでした。

2061 2075
ですが、コンクリートの小橋が凍っていてツルっツル。
渡るのは冷や汗モノでした。
白滝からは、白滝古道を登りました。
若干残雪が有りましたが夏に通った時よりは、
歩きやすかったです。

2076
どうやら昨日の降雪以来人は歩いていない白滝古道でした。
人の足跡が無い代わりに、小動物の足跡が至る所に見当たりました。
これは、ウサギの足跡みたいな感じです。

2087
急登の連続の白滝古道を登り切ると、絶景がありました。
風さえ無ければ良い天気なのですが・・

2092 2091
つつじヶ丘は閑散としていました。
なぜならばロープウェイが強風のために運休していたからです。
従って観光客は今日は、ここには来ません。

2097
つつじヶ丘からは、東筑波ハイキングコースを歩きます。
コースに入った途端に、林道は雪で真っ白!
ですが、大勢の登山者の足跡が残っていました。

2099
森の奥深くです。ここも雪で真っ白です。

2102 2103
裏筑波に到着しました。
ここは筑波山の北側斜面です。ますます残雪が多くなりました。

2105
キャンプ場コースを登って行きました。
残雪は一番深い所で、15センチにもなりました。
雪で登山靴が埋まります。
ですが万が一の時のために持参したアイゼンを装着するほどでもありません。
しかし、靴が雪で滑って大幅にスピードダウンでした。

2107
いつもより若干余分に時間が掛かって、女体山山頂にたどり着きました。

2109 2112
珍しく人もまばらな山頂でした。
景色もなかなか良いです。

0216a 2115
ランチはいつもどうり、せきれい茶屋さんで。
つくば蕎麦を戴きました。
うどんも良いけど、お蕎麦もなかなかのモノです。

2117
14:30の御幸ヶ原です。
あまりの寒さに観光客もほとんど居ません。

2127
残雪が少しだけ残る御幸ヶ原コースで下山しました。

2133
残雪で転倒しないように慎重に下ったので、
今日の下山は40分掛かりました。
(ですがこれでも普通の人よりは、かなり早いタイムです)。
下山後は大御堂へお参りしました。

2141
夕方の「つくば道」を降りて行きます。
大池まで5キロ位は有るはずです。

2142 2143
大正時代創業の神郡の桜井菓子店に立ち寄りました。
あんドーナツで有名なお店ですが、
今回は、どら焼きを買ってみました。
このお店の和菓子は全て手作りです。
初めて桜井菓子店の女将さんと話し込んでしまいました。
美味しいどら焼きでした。
あんドーナツも良いけれど、どら焼きもこれはイケます。

2147
田井郵便局から先の道が遠い遠い。。
北条の街に車を置いたほうが楽かもです。
夕方になって、気温も下がります。

2150
サンセットタイムと同時に平沢官衙に到着。
16:40でした。

2152 2159
古代の建築物を復元しています。
ここは古代では役所だったそうです。
月と一緒に撮ってみました。

2162
29日の土曜日に、ここで芝焼きのイベントが有るそうです。
一見の価値が有るかも。

2166
本日は、こんなに歩きました。
道理で足の裏が痛いはずです。
お疲れ様でした。

今日は朝から晩まで一日、
冷蔵庫の中に居るような寒さのハイキング登山でした。
手先足先の指が冷たいのが一番こたえました。
でも、真夏の猛暑よりは遥かにマシです(笑)


このページのトップへ

元祖佐野ラーメン 

久々にグルメの記事を書こうと思います。
先日TVを見ていると、(栃木県佐野市の)
佐野ラーメンの元祖&老舗のお店が取り上げられました。
それを見て、一度は訪れてみたいと思っていましたが
ついにその機会が、この火曜日に来ました。

2185
案外簡単に、そのお店は見つかりました。
佐野ラーメンの元祖である「宝来軒」さんです。

2187 2186
開店時間の午前11時を少し過ぎただけなのに、
すでにたくさんのお客さんがラーメンを食していました。
やはり噂どうりの人気店のようです。

2190 2191
私はチャーシューメン(¥900)を注文。
スープは昔懐かしい御醤油ベースのお味でした。
特筆すべきは何と言っても麺そのものの美味しさでした!
青竹で力強く打ったと言う麺は、コシが強くて弾力が有り
ツルツルシコシコの美味しさでした。
チャーシューも私好みのチャーシューで二重丸です。

2242
記念にパンフレットを戴いて来ました。
美味しいラーメンをご馳走様でした。


このページのトップへ

1月10日 午後から筑波山半周

今日も筑波山登山の予定です。
しかしながら毎年初詣に行っている、とある神社に行く事を優先しました。

1891
電車に乗って埼玉県さいたま市大宮に有る、
「武蔵国一の宮、氷川神社」に詣でました。
大急ぎでトンボ帰りして帰ってきました。

1901
マイカーに乗り換えて常磐高速を走ります。
ですが、物凄い強風が吹き付けます。吹流しも横になっています。
今日の筑波山は大丈夫でしょうか?、少し心配になりました。

1908
筑波山に着くと思いのほか、風はそれほどでもありません。
嵐ではないかと心配していましたが、良かったです。
蜜柑園の前を通ると、富井さんがいらしていたので新年のご挨拶をしました。
結局時間を忘れて小一時間、話し込んでしまいました。。

1910
蜜柑園を辞して、第1駐車場に向いましたが完全に満車で停められないので、
やむなく男女川ミニパーキングに車を停めました。

1909
下妻から自転車でやって来た青年と一緒に筑波山神社に向かいました。

1911 1912
神社前で青年と別れて拝殿で参拝後、
12:19、拝殿裏の御神水から本日の登山のスタートです。
定番の御幸ヶ原コースを登ります。

1918
今日のスタートは昼過ぎになってしまったので、やや急いで登る必要があります。
天気も良いので今日は大勢の登山者さんが登山道に居ました。
例によって私は全ての登山者さんたちを追い越して行きました。

1927
ノンストップで登り続けて、46分で御幸ヶ原に到着しました。
心臓の鼓動がバクバクしない程度にセーブして登ったのですが、
予想以上に早いタイムでした。
ますます体力が付いたと思いました。

1922
北側は真壁の街が綺麗に見えていました。

1931
太陽燦々のブナ林を歩きます。

1934 1935
ランチタイムは、せきれい茶屋さんで。
今日のランチは、天ぷらそばでした。
食後は高度800㍍の窓から下界を眺めつつコーヒーも。
優雅なひと時です。

1942
せきれいさんを出発した後は、女体山の山頂へ。
奥には、霞ヶ浦もよく見えました。
気温は、0℃でした。
大勢の人が居たので、すぐさま山頂から出発しました。

1945 1948
山頂からは、キャンプ場コースを下りました。
ところが北風がビュービュー吹きつけて寒いことこの上なしです。
寒暖計はマイナス4℃でした、道理で寒いはずです。

1949
寒いのでキャンプ場まで小走りで降りました。
キャンプ場には大きな犬が一頭自由に歩いていました。
良く見ると猟犬のポインターでした。
その後からは何と、ライフル銃を持ったハンターが出現!!
裏筑波に来る時には、赤などのカラフルな服装を着る必要が有るな
と、心からそう思いました。
黒っぽい服装では獲物と間違われかねないので危ない危ない。。(汗)

1952 1954
夕方の裏筑波は、氷の世界でした。
水溜りも凍っています。
ここからの山道が長い長い、ちょっと後悔も入ります。

1961
東筑波ハイキングコースの深い森の中に入って行きます。
もちろん人っ子一人居ません。
夕闇が迫りつつある時間なので、心細い限りです。
正直言うと、夕方の森の中には何かが居そうで怖いです。

1968 1970
山頂から1時間何とか無事に、つつじヶ丘にたどり着きました。
ここまで来ればひと安心です。
頭上にはロープウエイが。

1971
つつじヶ丘からは、迎場コースを歩きます。
ですが、このコースが長い長い。。
早歩きでも30分以上も歩きました。
もちろん、ほとんど人も居ません。

1974
いい加減嫌になった頃に、やっと白雲橋の石鳥居に着きました。

1977 1978
神社の脇を通り抜けて女体山を眺めました。
なかなか綺麗に見えました。

1984
神社から、またまた歩いて男女川ミニ駐車場に帰り着きました。
時刻は、16:23でした。
お疲れ様でした。

1989 1990
帰りは何処にも寄らずに家路に就きました。
麓から筑波山を観ると、面白い雲が出ていたので写真に収めました。

本日の登山は午後からでしたが、何とか筑波山を半周する事が出来ました。
ですが、やはり時間にはゆとりが有ったほうが精神的には楽です。
登山はなるべく午前中からスタートしたいものです。


このページのトップへ

1月3日 筑波山半周山歩き

正月2日の日は、甥っ子一家が来たので山歩きはお休みしました。
今日3日の日も、お天気は抜群に良さそうなので筑波山へと向いました。

1674
宝くじ号と言う名前の献血車らしき車両を見掛けました。
そう言えば年末ジャンボ宝くじは、三千円が当たっただけでした。
1等は夢のまた夢のようです。

1680
道路は気持ちが良いくらい空いていました。
久しぶりに、神郡(かんごおり)の市営駐車場に車を停めました。
筑波山もクッキリです。

1682
AM09:05、本日の歩き出しです。
気温は、5℃で寒い朝です。

1684
つくば道を歩いて行きます。

1686
今朝は失敗をしました!
食料を家に置き忘れてしまいました。
ですので途中の菊池酒店で、チョコレートとクッキーを買い込みました。
今の痩せた身体の私には食べながらでないと山を登れません。

1691 1692
カーブミラーに映った筑波山です。
実際の肉眼では右の写真です。

1693 1695
一の鳥居の所の土留め工事は終わって、とても綺麗になりました。

1699
筑波山神社の拝殿の初参りはまだでしたので、列に並んで参拝しました。
温かい甘酒も頂戴しました。

1702
いつもより人気(ひとけ)の有る東山の集落を抜け、
判りにくい細道を抜けて行くと・・

1708
白滝に着きました。
驚いたことに、木の樋(とい)が撤去されていて
私も初めて見る本来の滝の姿でした。

1719
白滝古道は冬枯れで、少しは歩きやすくはなったものの、
物凄い急坂は相変わらずでした。
登りきると、アマチュア無線の愛好家が無線を楽しんでいました
(ちなみに私もアマ無線の免許を持っています)。
気温は低いのですが、陽だまりは暖かく感じます。

1720 1723
ロープウエイの下のスカイラインでは、サイクリスト達が気持ち良さそうに
自転車に乗っていました。

1727
駐車場から2時間で、つつじヶ丘に到着しました。
つつじヶ丘の駐車場は、ほぼ満杯で賑わっていました。
昨年の筑波山の三が日は強風で大荒れでしたので、
今年の三が日は穏やかで絶好です。

1729 1731
売店で買ったローズポーク肉まん(¥230)を初めて食しました。
値段だけあって、とても美味しいです。

1732
おたつ石コースは混んでいるので、私は空いている静かな
東筑波ハイキングコースへと歩を進めました。

1746 1747
ほとんど人が居ない裏筑波にやって来ました。
筑波高原キャンプ場からは、真壁の街並みが一望できました。
最後は、キャンプ場コースを登って山頂を目指します。
裏筑波は気温5℃で肌寒いです。

1753
休み無く登り続けて34分で女体山の山頂に着きました。
時刻は12:42でした。山頂まで3時間半の旅路でした。
今日の山頂も大勢の人が居ました。

1757
ランチタイムは、せきれい茶屋さんでカレーうどんを戴きました。

1759
御幸ヶ原も賑わっていました。

1762
14:04、御幸ヶ原コースで下山を開始します。
下山は私と同じオスプレイの黄色のザックを背負った健脚の青年と
競争になりました。

1764
36分と言うハイスピードで下山を完了しましたが
結局1分遅れで私の負けでした。
背中のザックが重くて揺れるのでこれ以上は無理でした。

1777
つくば道を降りて来て、15:30、無事に神郡の駐車場に着きました。
お疲れさまでした。

裏筑波の登山道の土は凍ってはいましたが、
快適に登れて良い一日でした。




このページのトップへ

1月4日 御幸ヶ原コース・タイムトライアル

茨城県自然博物館での筑波山展の見学を終えました。

1839
本日は母と、その友人のFおばさんも一緒です。

1842
私の車で筑波山へと向いました。
ところが、スカイラインは大渋滞でした。
諦めつつ小一時間掛かって、やっと私の車は筑波山神社の
門前にたどり着きました。

jyui1
まずは、神田家さんで「つくば団子」で腹ごしらえをしました。

1844
その後車を、いつもの有料駐車場へ停めました。
母とFおばさんには、先にケーブルカーで上って貰う事にしました。
私も急いで身支度をして、登山口へと急ぎました。

1845
13:02、御幸ヶ原コースのスタートです。
気温は、7℃でやや寒いですが適温です。
今日は、久々に本気を出して御幸ヶ原コースを登ります。
正真正銘のタイムトライアルです。
なぜならば、私が遅いと母達に苦情を言われてしまうからです。

1850
スタートの最初から飛ばしに飛ばしての死力を尽くしての
タイムトライアルでした。
42分台を目指したのですが、残念!!!
通算3度目の43分台でした。
背中のザックも軽くは無かったので、仕方ないかもです。
でも、いつかは夢の42分台を出してみたいです。

1852 1851
御幸ヶ原は観光客も多く、賑わっていました。
Fおばさんは疲れたと言うので、御幸ヶ原のT茶店で待機して貰いました。
山の上の気温は、3℃、かなり肌寒いです。

1854 1855
私と母との2人で、せきれい茶屋さんへと向いました。
味自慢の「つくばうどん」を戴きました。

1857
私が下山の準備をしている間に、母には御幸ヶ原のFおばさんの元に
先に向かって貰いました。

1860
ケーブルカー山頂駅には母達の姿はありません。
すでに下山をしてしまったらしいです。
私も緊急に下山を開始しました、もちろん私は歩いて山を下ります。

1861 1864
大急ぎで山を降りたのですが、母達の姿がありません。
その後しばらくして母達がケーブルカーから降りてきました。
T茶店の奥の座敷に居て、ゆっくりしていたそうです。
道理で居ないはずです。

1867
Fおばさんの希望で、某穴場の温泉へ。
観光客で混雑した日でも、この温泉は空いていて良かったです。

夕日に輝く富士山を遠くに見つつ、帰路に就きました。
高速道路も空いていて順調に帰れました。

私はやっぱり、ケーブルカーよりも自分の足で山に登ったほうが
性に合っています。それを実感しました。

このページのトップへ

1月4日 筑波山展を見に行く

昨年から行きたいと思っていた展示会に行くチャンスが
やっと巡ってきました。
朝一番の開門と同時に入場しました。

1789 1787
茨城県自然博物館です。
旧岩井市に有ります、私は何度かこの博物館は訪れています。

1788
本日の目的はコレです。
筑波山の企画展が開催されています。

1836
私は他の常設の展示には見向きもせずに一目散に
2階のエントランスから直ちに1階の企画展へ。

1795
何と!、入り口は「弁慶七戻り」の大岩を再現しています!!
凝ってますね、期待が持てます。

1823
入るとすぐに、美しい筑波山の写真が。

1796
驚いた事に、現在の筑波山神社の前身であった「中禅寺」の扁額が現存!
明治維新で消失したお寺でしたので、貴重な扁額がよくぞ残っていました。
本当にびっくりです。

1829
筑波山の森の中を再現していました。
高山植物も素晴らしい出来栄えで見事でした。

1806
筑波山の名物の各大石や大岩の詳細な説明も。
自然の造形美は、ただただ見事と言う他はありません。

1835 1809
地球温暖化は筑波山にも悪影響を及ぼしており
特にブナ林の生態調査の報告は興味深かったです。

1833
昆虫も多種多様生息しているそうです。

私は、じっくり1時間この筑波山展を見学しました。
なかなか良い企画展でした。
今月10日が最終日です、筑波山フリークの人は必見の企画展でした。
私は見に行って良かったと思いました。


このページのトップへ

1月1日 筑波山元旦登り初め

先週は仕事で山登りが出来ませんでした。
やっと本日元旦で仕事を休めました、もちろん筑波山へ行きます。
道路は気持ちが良い位空いていました。

1613
つくし湖の湖畔に車を停めました。
筑波山神社方面は初詣客で大混雑していますし、
私は筑波山薬王院へ初参りをしたかったので、こちらに停めました。
つくし湖の湖畔は混雑とは無縁で静かそのものでした。

1614
つくし湖の展望台からの景色です。
寒いせいか釣り人も全く皆無です。
物凄く急な坂道を登って行きました。
気温は10℃で登山には適温です。

1617
筑波山薬王院へ着きました。
さすがに正月元旦の朝です、大勢の参拝客が居ました。
本堂内では御祈祷も。
私も初詣を済ませました。

1618
11:18、薬王院コースの登山口から今年の登り初めのスタートです。

1621
ノンストップで数人の登山者さんを追い越して、
シンドイ800階段も休まず登り切り、ミニガマさんにも御賽銭をあげました。

1623 1624
登山口から、54分の好タイムで御幸ヶ原に到着しました。
最初から幸先が良いです。

1630
今日は元旦、特別な日です。
男体山の山頂に必ず登らなければなりません。

1633
疲れた身体に鞭打って、男体山の山頂に到着しました。
見晴らしは、まあまあでした。
新年ですから新しい御守りを買い求めました。
ほんのチラッと粉雪が。寒くて寒くて堪りません。

1638
御幸ヶ原へ降りて来ました。
昨年の元旦よりも観光客が多いようでした。

1640
せきれい茶屋さんに新年の御挨拶を。
今日の私のランチは温かいナメコ蕎麦でした。
外は気温2℃で、凍える寒さでした。

1643 1888
荷物を茶屋に置いておき、空身で女体山の山頂へ。
ここも大勢の登山客が居ました。
私は山頂の社務所で各頂上限定の御守りをここでも購入。
これで男体山&女体山の御守りが揃いました。

1649
せきれい茶屋さんを辞して御幸ヶ原に着くと、
そこには雪が舞っていました。
寒いはずです。

1659
15:15、つくし湖に降りて来ました。
お疲れ様でした。
ガンガン登れて良い登り初めでした。
今年も頑張ります。

1668
帰りの車中から写した筑波山の西側斜面です。


このページのトップへ

元旦の逆さ筑波

1607
正月元旦の朝10時半の筑紫湖に映った
「逆さ筑波」です。
長閑な良い元旦の朝でした。

このページのトップへ

謹賀新年 2011

    <<謹賀新年>>
本年も宜しくお願い申し上げます。 

1952
今年の「初日の出」です。
(撮影場所=埼玉県吉川市・
  江戸川に架かる玉葉橋にて)

1587
その初日の出の直後でした、
まさしく“紫峰”の筑波山です。
こんなに鮮やかな紫色になるのは珍しいかも。
ちょっと感動しました。。

1600
富士山も何とか観えました(16倍ズーム)。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (209)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム