山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

4月25日 バイク登山

先回の筑波山登山と同じようにバイクで筑波山へと向います。

1378
自宅から出発準備完了です。

1393
筑波山の中腹に到着しました。
まず登山前に、先般の大地震の被災状況を調査します。

昨日の午後の筑波山は、大雷雨が襲来してケーブルカーも
数時間止まったとの事でした。
土の地面は湿っていました。

1387
久しぶりの「白滝」です。
「白滝」は無事でした。
ですが白滝へと向う舗装路には亀裂が入り、
重量が軽い2輪車は問題なしでしたが、
4輪車は危険で通行不可能だと思われました。

1386
「白滝」の脇の古い石段は綺麗に整備されていて驚きました。
しかも手摺までもが設置されていました!

1399
私のバイク乗車の時の姿です、安全対策は万全です。

1402
前回と同じ「つつじヶ丘」にバイクを停めました。
先々週よりは、若干観光客は増えました。

1406 1407
今回も「おたつ石コース」を登ります。
「つつじヶ丘高原」に着きました。
本来ならば、ここにはツツジが満開の時期なのです。
しかし、全然ツツジは咲いていません。
今年のツツジは桜と同じように遅いです。

1412 1413
今日の登山道も登山者は、まばらです。
弁慶七戻りをじっくりと観察しました。
まずは、大石の裏側です。

1414
大石の真下からです。
大石は引っ掛かっているだけのように見えます。

1415
コレが表側です。
迫力があります。
あんな大地震でも落ちないのが不思議です。

1419 1420
ゆっくりと登って40分で、女体山山頂に着きました。
山頂にも人影はほとんど無くて、ゆっくりと眺めを満喫出来ました。

1421
女体山のテッペンから観た男体山です。

1422 1423
登ってきたつつじヶ丘が遠くに見えます。
右はズームです。

1431 
今日のランチもせきれい茶屋さんで。
焼きそばと味噌田楽を戴きました。

1437 1438
「かたくりの里」のカタクリは盛りを過ぎていました。
でも、写真のような元気の良いカタクリも見付ける事が出来ました。

そうこうしているうちに、かなり遠くのほうから雷の音が聞こえました。
雲行きも怪しくなってきたので、大急ぎで下山しました。
その雷は、何と!我が街・流山の雷雨の雷鳴だった事を
帰宅したのちに知りました。
そのお隣の柏市では、竜巻も発生!!(車も飛んだ!)
余震ばかりではなく、天候までもが異常です。

1458
下山後は久しぶりに「つくば湯」の温泉へ。
汗を流してサッパリしました。

1464 1467
ですが、つくば湯は震災の被害を受けていました。
外の露天風呂は使えませんでした。
駐車場にも地割れが走り、フェンスも倒れかけていました。

今回からは、登山着を夏物にチェンジしました。
もう完全に春の暖かさです、山歩きにはもう寒さはありません。
帽子の下にはヘッドバンドも装着しました。
私のような大汗っかきの人には必需品です。



このページのトップへ

登山道通行止めが解除へ

29日(金曜)から「おたつ石コース」に加えて、
「迎場コース」、「白雲橋コース」、「自然研究路」も解禁となる模様です。

筑波山神社から頂上へと行けるコースは、待ちに待ったので嬉しい限りです。
それから裏筑波の2コースも解禁となる模様です。

ただし残念なのは、震災事故が発生した「御幸ヶ原コース」は
まだ当分の間は通行禁止が続くらしいです。
それと、薬王院コースもまだ暫くは通行禁止だそうです。

このページのトップへ

寂しい筑波山観光

WEB版茨城新聞の記事です
(くりっく)→ http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13031391020605
このページのトップへ

以心伝心

昨日は、みかも山の麓に有る手打ち蕎麦店に震災後初めて行きました。
すると、“よく今日に来てくれました!”と言ってくれました。
都合で今日を最後に暫く休業するとの事・・びっくりしました。
ご主人さんが、先週あたり私の携帯に電話をしてくれたそうですが、
あいにく繋がらなかったそうです。

私はこれでも結構、勘が鋭いほうです。
今回はご主人さんの想念をキャッチ出来て良かったです
(それとも偶然・・? / 笑)

私は昔から「テレパシー」の存在を信じています。
今まで何回もこんな経験をしていますので。



このページのトップへ

CF-1980 のリメイク修理

私が小学生の頃は「ラジカセ」が憧れの的でした。
欲しくて欲しくて仕方がなくて、
小学5年生の時に父親が秋葉原で買ってくれたのが、
「SONY・CF-1980」(通称・スタジオ1980)と言うラジオカセットでした。
買って貰って嬉しくて舞い上がったのを覚えています。
このスタジオ1980は、SONYの最新技術のラジカセで、
当時の価格でも、¥34800- とかなりの高価な家電品でした!
あの頃は家庭で、このようなラジカセでカラオケを唄っていた時代です。

1158
その同型機をオークションで落札しました、
しかも2台も!
とても懐かしかったからです。

しかし、そのうちの1台はカセットレコーダーの機能が全くダメでした。
でも、もう1台のほうはまあまあ動きますので、
その良いほうの1台を完全に修復したいと思います。

1147
2台とも裏蓋を外して基盤を出します。
これで準備完了。

1141 1152
何しろ、35年前の機械ですからネジも錆び付いていました。
ストックしておいた小ネジ類から同型のネジを探して移植します。

1151
こんなに錆びていました。
このまま放っておくと固着してしまって、先の将来での修理が出来なくなります。
電子機器には錆びは大敵ですから、今のうちに交換しました。

1142
乾電池ケースの金属接点部品も錆が酷かったので、
ヤスリで綺麗に磨き上げました。
乾電池ケース部分は特に傷みが激しい箇所です。

1144
コードを束ねている布テープも劣化してボロボロになっていたので、
同じような新しいテープに交換しました。

1146
良いほうの1台のメーター照明スイッチと、バッテリー残量確認スイッチが
全然機能しません。もうダメになっていました。
ですが、悪いほうの1台のスイッチは生きています。
なので、ハンダゴテでそれぞれのスイッチ部品を外して交換移植しました。
これでOKです。
最後に各スイッチと端子、電気の接点部分に「接点復活スプレー」を
吹き付けました。
これで、接触不良も解消して絶好調に復活しました!

1160
左のカバーが掛かっているほうが良いほうの1台です。
ほとんど90%新品の性能が出ています。
残念ながら、カセットの再生スピードが遅いのが唯一の欠点です。
おそらく、キャプスタンなどのゴム製品の部品が劣化しているからです。
しかし、もう新品部品は無いのでこれで良しとします。
右のほうは悪いほうの1台ですが、ラジオはAM&FM共にバッチリ受信
していますので、ラジオだけ使う分には差し支えありません。
最近は、私の店で使っています。
スピーカーが16センチ+5センチも有るので、現在でも良い音です。
(この前、中2の甥っ子がこのラジカセを見てびっくりしていました。
こんなに大きなラジカセは見たことないって・・ラジカセも私もレトロです)



このページのトップへ

4月11日 ③震災後の真壁

つつじヶ丘をあとにして、バイクを走らせました。

1314
筑波山の西に有る「つくし湖」に寄りました。
ここも桜が見頃でした。
それからまたバイクを走らせました。

1321
真壁の街の中心街に着きました。
震災の被害が大きかったと聞いて心配で見に来ました。
やはり、震災の傷跡は大きかったようです。

1317 1330
江戸時代のひな人形を見せて頂いた元薬屋さんも被害に。
すさまじく壊れた蔵もありました。
ひな祭りで賑わっていた街並みが嘘のようでした。
人もほとんど見かけません。街全体が悲しい感じです。

1327
美味しかった和菓子のお店を探し当てました。
「菓子司・高庭」さんです。
このお店の草餅は絶品です。
お店の人の話によると、真壁の街並みは文化財指定なので
国がお金を出してくれるようで修復が可能のようです。
実際、修復工事中の御宅も多く見掛けましたので、
来年のひな祭りには間に合うようにと祈るばかりでした。

<< がんばれ東北! がんばれ茨城! がんばれ真壁! >>


このページのトップへ

4月11 ②ひと月ぶりの筑波山登山

私的には麓から山頂まで徒歩で登りたいのですが、
途中で立ち寄った観光案内所での情報では、依然として
中腹からスタートの「おたつ石コース」のみが登山可能であるとの事でした。

1199
私的には不本意ですが、仕方がありません。
つつじヶ丘の有料駐車場にバイクを停めました。

1204
AM09:51、本日のハイキングのスタートです。
震災以来、1ヶ月ぶりの徒歩での筑波山登山です。
案内板にあるように、余震とそれによる落石に注意しながら登ります。

1206 1207
つつじヶ丘が眼下になりました、今日は観光客も少なくて空いています。
停まっている車もまばらです。
雑草を刈り取っている作業中でした。
その親切なおじさんに浮石に気をつけて! とアドバイスされました(感謝)。

1209 1210
春を告げるスミレも咲いています。
足元は地震でひび割れた石が多いように感じました。
浮石も普段よりも多少多い感じです。

1215
一部の登山道は綺麗に整備されていました(有り難い)。

1216
今日は久々の登山ですので、じっくり味わいながら登ります。
焦らずスローペースです。
それにしても、今日の登山道は目茶苦茶空いています。
ほとんど登山者は見かけません。異常な位です。
弁慶茶屋跡にさえも人影はありません、
こんなに良い登山日和なのにビックリです。

1221
「弁慶七戻り」が無事な姿でしたので、ちょっと感動・・

1223
トンネル状になっている「母の胎内くぐり」も震災に耐えて無事。

1226
「出船入船」も全く異常なしでした。

1229
その先の登山道で、すっかり忘れていた私の大好きな花が咲いていました!
「カタクリ」の花です。
春の到来を告げる妖精のような紫色の可憐な花です。

1235
北斗石を過ぎると、いよいよ女体山の急な登りになります。

1239
大仏岩も無事で安心しました。
今日は、ここからの急峻な岩場歩きが楽しくて仕方ありませんでした。
やっぱり歩いての登山は良いものです。
嫌な事は全部忘れていました。

1240 1243
ゆっくり登って48分で女体山の山頂に着きました。
女の人が1人居るだけでした。
静かな山頂です。あいにく見晴らしは良くありませんでした。

1247
ガマ石の口に小石を投げ入れてストライク。

1248 1250
せきれい茶屋さんで、つくば蕎麦のランチを戴いたあとは、
地上800メートルのコーヒーブレイクを楽しみました。

1273
御幸ヶ原へ行く途中にある「かたくりの里」に行きました。
カタクリの花が咲いている時にだけ開放されます。

1253 1258
1266
カタクリの花は、ちょうど見頃でした。
しかし見学しているのは私一人だけでした。
こんなに綺麗に咲いているのにもったいないです。

1276
御幸ヶ原も人影は数人だけ。
震災の観光への影響は深刻です。寂し過ぎです。

1278 1284
御幸ヶ原から男体山の山頂も登りました。
こちらも景色はイマイチでした。
男体山の途中でもカタクリを見掛けました。

1290
御幸ヶ原に降りてきました。
女体山方向へ歩いて行きます。

1297
女体山から下山開始です。
先ほど登って来た登山道を降りて行きます。

1302
つつじヶ丘が見えてきました。
やはり1ヶ月のブランクです。
下山での身体のバランスが思いどうりになりません。

1307
つつじヶ丘に着きました、以前から試してみたかった
「山ぶどうソフト」(¥280)を購入。
先週の梅ソフトのほうが私的には好きかな。。

1313
13:35、バイクに戻りました。
お疲れ様でした。

久しぶりの登山は気持ちが良かったです。
不思議なことに花粉の飛散が物凄いはずなのに、
山歩き中には鼻水も出ません。
しかし街に戻ると鼻水が止まらなくなります。
花粉も山と街とでは違うみたいです。
ラッキーなことに今日はバイクでしたので、駐車料金も割安で助かりました。



このページのトップへ

4月11日 ①北条の街と桜

今日の天気予報は、まあまあのお天気だそうです。
私の新しいスクーター、マジェスティー250で初めての筑波山登山へと
午前7時過ぎに出発します。

1162
登山道具一式の入った大きなバッグをリアシートにくくり付けました。
常磐高速を快調に走りました。

1163
谷田部ICを降りて、北条の街に着きました。
「岩崎屋さん」の建物は震災でも無事でした。

1166
ところが、同じ町内でも震災の被害に遇ってしまった建物も。
これはヒドイ・・(絶句)

1181 1176
北条の大池の桜は、この地区では有名です。
見に行ってみました。
宝篋山(ほうきょうさん)が水面に映り、見事な逆さ宝篋山が出現しました。

1182
平沢官が遺跡の復元建築物も無事でした。
しかし、筑波山は完全に雲の中です。

1184 
普門寺(ふもんじ)の桜も綺麗でした。
普門寺は被害なし。
筑波山は上半分が雲の中。

1187 1186
街道を外れて蚕影山神社前の「春木屋さん」へ。
良かった、春木屋さんも無事でした。
考えてみれば、屋根は少し前にリフォームしたばかりでしたよね。

1188 1190
新名所の「六所大仏」も無事でした。
色んな色の桜が綺麗でした(もしかしたら梅かも?)

1193
筑波山も御機嫌が直ってきて、やっと顔を出してくれました。

1196
つくば道の急坂をバイクで登って行きます。
中腹の一の鳥居の周りの桜が見事でした。
この季節限定の景色でした。

バイクは写真撮影には一番最適な乗り物です!
車と違ってどこにでも即、停められますから。

②に続きます。



このページのトップへ

大地震に耐えた弁慶七戻りの大石

1221

この度の東日本大震災にも落ちる事なく、
無事だった筑波山のランドマーク的存在の「弁慶七戻り」の大石です。

大正時代の関東大震災にも耐えた不思議なバランスは見事です!
(2011年4月11日撮影)
このページのトップへ

PC移植大作戦

私の店のコンピュータレジの液晶画面が
いよいよ寿命みたいです。
真っ暗になってしまって使い物になりません。

774
これらは、約18年前のノートパソコンです。
windowsなどはまだ無くて、dos/vと言うOSで動いていました。
ですが当時としては最新型で、何と1台が50万円以上もしたのです!
理美容室管理ソフトを併せて購入して、
普通乗用車1台が軽く買えてしまう値段もしました。
ですから、絶対に必ず直さなければなりません。
同じPCをオークションで中古品を3台買い置きしていました。
あと1台は元々私の店に有ったものです。

左からA号機、B号機、C号機、D号機とします。
今回はいつも使っているA号機の液晶画面がダメになりました。
同じく予備機のC号機も液晶がダメです。
B号機とD号機は、本体部分がダメなのですが液晶は綺麗です。

ですので、A号機本体とB号機の液晶画面をくっ付けます。
予備機も同じように、C号機本体とD号機の液晶画面をくっ付けます。

776
まずは、本体のカバーを外します。
ネジ5本で留っています。

777
キーボードの枠を外します、パキっと割らないように慎重に。

779
液晶画面ディスプレイの配線コネクターを全部外します。
小さなマイナスドライバーで少しずつコジって外しました。

782 783
さあ、いよいよ液晶画面を本体から外します。
ノートパソコンは隙間無く作ってあるので、慎重に、
そして造りがどうなっていたのか覚えながら分解していきます。

788
ついでに、キーボードも綺麗なのと交換しました。
コネクターの外し方さえ判れば簡単でした。

789
バラバラになった4台のノートパソコンを組み立てていきます。
解体する事は簡単ですが、元どうりに組み立てていくのは難しい作業です。
でも苦労して1台組み立てて要領を覚えてしまえば、
もう2台目からは簡単でした。

792
このように元どうりの姿になりました。

お店のコンピュータレジ、完璧に大復活です!
(めでたし、めでたし。。)




このページのトップへ

4月4日 内房で磯遊び

春休みなので、甥っ子が我が家に遊びに来ました。

794
海に釣りに行きたいと言うので、
震災の影響が無いと思われる千葉県・内房の東京湾へと向いました。
写真は高速道路のサービスエリアでのひとコマです。

801
富津市の浜金谷(はまかなや)に着きました。
対岸は神奈川県の川崎あたりだと思います。

804 826
今日の甥っ子は、どうやら潮溜まりに居る小魚を釣るらしいです。
海女さんの漁も見られました。
さすがプロです、今日の海水は冷たくはないと言っていました。

831
浜金谷では釣れなかったので、車に乗って海岸線を南下しては
釣り&南下しては釣りをトライしていました。

840 845
今朝は早起きしたので正午前には早くもお腹が空きました。
先週もバイクで訪れた「漁師料理かなや」へ入りました。
お店の中は空いていました。

848 849
江戸前名産の「あなご丼」(小)を注文しました。
私には丁度良いボリュームでした。お腹も満足です。

855 867
昼食後は車に乗って大移動、小一時間走って房総半島南端近くの
「沖ノ島公園」へとやってきました。
海上自衛隊館山基地の隣に有る無人島です。
ヘリコプターの発着訓練が繰り返されていました。
ここは釣り人には有名だそうです。
私はその事を何故か知っていましたので、
甥っ子をここに連れてきました。

861
沖ノ島に向かって左側の潮溜まりに行きました。
今日のこの時間帯は丁度引き潮で、甥っ子は喜んでいました。

863 881
甥っ子に習って私も釣り糸を垂らしました。
潮溜まりには小さな魚が見えているのですが、
警戒心が強いのか、なかなか餌に食い付いてもくれません。

やっと甥っ子が、体長10センチ程のハゼを釣り上げました。
本日の全釣果は、この1尾のみ。

899 910
水面が輝いて、とりわけ綺麗でした。
ここは平和そのものでした。
先ほど釣ったハゼは、海へと帰してあげました。

920 925
帰り道の途中、君津の「四季の蔵」と言う土産店に寄ってみました。
先月あたりにテレビで見てこのお店を知って、今回初めて寄りました。


内房は平和な、いつもと変わらぬ海でした。
同じ千葉県内でも、私の住む北部と南房総とは全然違います。
はっきり言って遠いです。
今日一番の驚いた出来事は、観光バスを1台も見掛けなかった事です!!
お土産屋さんも嘆いていました。
大震災の影響・・ここにもです。


このページのトップへ

4月5日 震災後の筑波山を観る

私の住む街は、震災の被害は最小限度で済みましたが、
筑波山の被害が心配でした。
大震災後、初めて筑波山へと訪れました。
神郡の駐車場に車を停めて、神郡の集落へ向いました。

961
メインストリートに足を踏み入れた途端、
いつもとは違う異変に気が付きました。

962
見世蔵の窓ガラスが割れています!

964
特に里山建築さんの事務所が大被害!
見ていて心が痛みました。
元どうりに直るのでしょうか?

974
気を取り直して筑波山方向へ、つくば道を歩いて行きました。

976
「つくバス」が廃止されて「つくタク」に変更となったようです。

982
一の鳥居の脇の古い石碑が落下して転がっていました。

984
瓦屋根が崩壊したお宅も。

994
つくば道の桜も咲いたと言うのに・・

999
斜面地の土留めの石垣も崩落。

1001
屋根屋さんは補修工事で大忙しだそうです。
被害にあったお宅は工事の順番待ちとの事です。

1002
これはびっくり、郵便局脇の道路が崖崩れです。
見ていて地震の恐怖を覚えました。

1008
歴史有る旅館の対宝館も被害に逢いました。
ブロック塀は崩れて、屋根瓦も波打っています。

1014
筑波山神社境内の重たそうな石灯籠も、無残な姿に・・

1018 1019
御幸ヶ原コース登山道は通行禁止です。

1022
ですので、ケーブルカーにて御幸ヶ原へ。

1025
真新しい看板が立っていました!

1027
ケーブルカーに乗る乗客の姿もほんの数人でした。
静かな寂しい活気の無い御幸ヶ原です。

1038
久しぶりにせきれい茶屋さんのご主人と再会しました。
11日の筑波山の地震は本当に恐怖だったそうです。
休憩後は女体山山頂へ。
私の他にはたった一人が居ただけです。
信じられないほど静かな山頂でした。
震災を思い出し、物悲しい感じがしました。

1034 1050
山頂からの登山道も全て通行止めでした。

1053
御幸ヶ原に戻りました。
まだそんなに遅い時間ではないのに、五軒茶屋は全部閉店。
下山する前に、男体山の山頂にも登ってみます。
次のケーブルカーの発車時刻まで残り30分です。

1057
超速攻で男体山に登りました。
御幸ヶ原から、4分でした!

1066
下山も超速攻で。
往復10分で御幸ヶ原に戻ってきました。

1072
御幸ヶ原から真壁の街を望遠で撮影しました。
ブルーシートが目立ちます。
真壁もかなりの被害が出たそうで心配です。

1080 1083
ケーブルカーで下山しました。
みやわき駅の売店で、梅ソフト(¥280)を買ってみました。
甘酸っぱくて美味でした。

1088 1089
つくば道と平行して有る、西山通りでも被害が見られました。

1095 1099
石屋さんも石垣の補修に懸命です。

1101
古い石碑も後ろに反り返り・・

1103
ブロック塀が粉々に砕けていました。

1108
第1駐車場の崩落です。

1109
第2駐車場はトイレが壊れた模様です。

1114 1116
車で山越えしまして、八郷地区へ。
このあたりは幸い被害は見られませんでした。
久しぶりに、ゆりの郷でくつろいでから家路に就きました。


このページのトップへ

筑波山被災状況

本日4月5日、久しぶりに筑波山へ行ってきました。
この度の大震災は筑波山でも被害が有った事を
この眼で見て、地元の人たちにもお話を聴いてきました。

筑波山の南側の集落の被害は、主に瓦屋根の崩落と石垣の崩壊でした。
それにブロック塀が粉々に崩れ落ちているのも見ました。
神郡の店蔵が壊れていて悲しくなりました。
墓石や記念碑の石碑も倒れたり斜めになりました。
筑波山神社の境内の石灯篭も崩れ落ちていました。

本日夕刻には筑波山の東側、旧八郷町地区へ向いましたが
私が見た感じでは、被害は見受けられませんでした。

筑波山の全ての登山道は閉鎖されていました。
北側の裏筑波・真壁側、西側筑波山薬王院ルート方面も閉鎖中です。

今日の私はケーブルカーにて往復しました。
車窓から御幸ヶ原コース登山道を眺めていましたら、
何人かの登山者が歩いているのを目撃しました。
この最近数日は特に余震活動が再び活発化していますので
登山禁止とされている登山道を歩く事は良くありません。
実際本日も、私がケーブルカーに乗車中にも少し強い余震が
筑波山に有りました。

残念な事ですが、3月11日の本震の際にこの御幸ヶ原コースで
60代の女性が落石に直撃されて亡くなっています。
(ご冥福をお祈りいたします)

ですので、
許可が下りるまで徒歩での筑波山登山は控えるべきでしょう。
今現在、落石に直撃される確率は低くはない!、と思います。
{登山は何が起こっても自己責任です、
 歩くのは勝手ですが、
 周りの人たちの迷惑に決してならないように!!}

「最新ニュース」
つつじヶ丘から女体山山頂までの「おたつ石コ-ス」を
現在総力をあげて整備中だそうです。
条件が整えば、次の週末位にはもしかしたら
「おたつ石コース」のみ徒歩登山が可能になるかも知れません。
・・との情報です。
※7日更新:
やはり9日より禁止が解かれて上記コースのみ
徒歩による登山が可能になりそうです。

「駐車場情報」
筑波山の第1駐車場は、閉鎖されていました。駐車不可。
石垣の崩落です。
第2駐車場は駐車可能みたいでしたが、
公衆トイレが壊れていました。
第3駐車場は問題なしです。駐車可能。
第4駐車場は私は使ったことがないので見に行きませんでした。
駐車不可との情報です。

「道路情報」
筑波山周辺では道路の補修工事が多数行われていました。
つつじヶ丘へのスカイライン(県道42号)は普通に走れました。
ですが、いつもよりもスピードは落として下さい。
路肩が荒れている箇所が有りました。

通称パープルラインは通行止めでした。

石岡方面へ抜ける県道42号と湯袋観光道路は通行可能でした。

「山の上情報」
男体山←→御幸ヶ原←→女体山
上記の稜線や登山道は、問題無くいつもどうり歩けました。
危険箇所もありません。
ケーブルカー&ロープウエイでどうぞ。


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (450)
富士山 (188)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム