山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

祝! 筑波山の登山道全線開通へ

7月10日(日曜日)から、筑波山の全ての登山道の通行止めが解除になります!

御幸ヶ原コース、薬王院コース、男の川コース(羽鳥道)も、
もちろん開通の予定だそうです!!

永らく待ちに待った開通ですので、とても楽しみです。
と言いましても、私はその頃は富士山に居るかもね。。

※ 登山中は、まだ地震に注意です! 
  落石を見たら大きな声で“ラーク!”と叫んで他の登山者にも知らせましょう。

このページのトップへ

6月27日 筑波山の友との再会

まだ梅雨の真っ最中なので仕方がないのですが、
今朝も起床しましたら雨でした。

3007
来週からいよいよ富士登山シーズンが始まりますので
今日も山でのトレーニングは欠かせません。
雨天でもお構いなしで今日も筑波山へ登ります。
マイカーを走らせました。

3008
筑波山の裾野に着きました。
幾分雨は小雨になっては来ましたが、
ですが筑波山のほとんどが雲に隠れています。

3009
山の中腹でちょっと寄り道を。
霧雨の中を、みかん園に寄ってみました。

3012 3013
あっ、居られました!
みかん園のオーナーの富井さんです。
富井さんは私の大切な筑波山の友達のお一人です。
私の父親と年齢はさほど変わらないのですが、
私とは気が合い、話も合います。
去年の11月以来の再会でした。
蜜柑園の小さな作業小屋の中で、
私持参の登山用のバーナーでコーヒーを沸かして話に花が咲きました。
今年の蜜柑は不作だそうで残念です、
なので一般の人の蜜柑狩りは出来ないそうです。
大震災後の観光の打撃、この秋の蜜柑の不作と筑波山でも受難の年です。

3016 3017
交番前(梅林入り口前)の空き地に車を停めました。
ここだけは駐車料金は無料です。
幸い雨はやみました。

3020 3021
今まで気が付かなかったのですが、
Gホテルのマークは「ガマ」だったのですね!

3024 3026
いつものように大御堂と筑波山神社に参拝してから
登山道へと向いました。

3027
10:36、毎度御馴染みの白雲橋コース石鳥居からスタートです。
期待していたのですが、御幸ヶ原コースは依然として通れずにガッカリでした。
気温は23℃でした。

3032
このコースは前半がキツいので、ここがトレーニングに適します。
私はスタートダッシュで登山者さんを次々に追い抜いて行きました。
でも1人の若いトレラン姿の男性に、私はあっさり追い越されました。

3033
弁慶茶屋跡手前で、小雨が降ってきました。
ですが私の読みどうりで、雨雲はここだけでした。
カップルの人にもレインウエアはこの先も不要だと教えてあげました。

3036
43分で弁慶茶屋跡地に着きました、かなりのハイペースで頑張りました。
今朝は朝食抜きでしたので、低血糖気味になったので
舶来品の高級ビスケットで栄養補給しました。
富士登山の神様の佐々木さんの御著書にも書いてあったように
ビスケットを試してみました。
なるほど、登山中のビスケットはお腹にも優しくて、なかなか良かったです。

ビスケットを頬張っていると、先ほど私が追い越した若い外人さんカップルが
来たので英語で話し掛けてみました。
土日の筑波山には外人さんもよく来るらしいですが、平日には珍しいです。
お国は何処かはお聞きしませんでしたが、英語が母国語の方でした。
彼らは筑波山は初めてとの事。
私は毎週筑波山に来ていると言ったら驚いていました。
それから富士山にも興味を持っているらしく、
筑波山登山と富士登山とどちらが大変か?とも訊かれました。
外人さんは皆富士山には興味を持っているようです。
私はこの先は雨は降ってはいないと教えてあげて先を急ぎました。

3038 3040
1時間14分(休憩時間含む)で筑波山・女体山山頂に着きました。
山頂は20℃でしたが、登山道は凄い湿気の蒸し風呂状態で苦しみました。
悪条件での今日のこのタイムは仕方がないです。。

山頂の岩場にはシモツケの花が咲いていました。

3049
せきれい茶屋さんは今日も営業してくれていました。
非常に助かりました。

3051
御幸ヶ原にも人影は、ほとんど無し。
ミニチュアダックスをザックに入れたおばさんが居ただけです。

3052 3061
13:20発のケーブルカーにて下山しました。
線路の脇にはアジサイの花が咲き始めました。
(うまく写真に撮れずにスミマセン)

3065
13:40、駐車場に戻りました。
お疲れ様でした。

御幸ヶ原コースは通れずに残念でしたが
富井さんに逢えて今日は良かったです。

来週からは、いよいよ私の富士登山シーズンが始まります。
今の気持ちは期待と不安で一杯です。
富士登山は苦しみも多いけれど、感動はそれ以上に大きいのです。


このページのトップへ

6月21日 昨日も今日も筑波山

朝のうちに用事が有るので、4時半に起床しました。
天気予報どうりで外は雨降りです。
5時半には車で家から出発しました。
カーラジオから流れる天気予報では、茨城県南部は、
お昼頃は雨と言っています。
それでは、今日は山歩きはお休みしして休養日にしようかな・・
と思いました。

そして、9時半には用事は済みました。
2902
何だか空には、薄日が差し始めました。
天気予報に疑問を持ちつつ、一応筑波山へ向うことにしました。

2906
筑波山の麓に着きました。
山の上のほうは雲が掛かっていましたけれども、
この雲は雨にはならないと見て取りました。
と言う訳で休養日は撤回して、本日も登山決定です。
スカイラインを車で上って行きました。

2914
駐車料金¥500- 也を無人ポストに支払って筑波山神社の駐車場に
車を置きました。

2917 2916
いつものように拝殿前で参拝しました。
筑波山神社の紋は、葵の御紋、徳川家とゆかりが有ります。
三代将軍、徳川家光公が筑波山神社と大御堂を興隆させました。

2920
私の勘は当たり、天気予報は大はずれで空は青空になってきました!
気温も26℃に上がって暑く感じます。

2924
11:07、昨日と同じく白雲橋コース石鳥居からスタートです。

2929
10人位の登山者さんを追い越したら、その先は無人でした。

2941 2946
67分で女体山山頂に着きました。
蒸し暑さでタイムは良くありませんでした。
雲で視界もゼロ、他に人も居ませんでした。
海を渡る蝶のアサギマダラが岩に留まっていました。
気温は下がって21℃で適温になりました。

2953
せきれい茶屋さんでランチを摂っていると、
昨日の続きのヘリコプターでの輸送が始まりました。

2960
太陽が射して本格的な夏空になってきました、一気に暑くなりました。

2966 2967
御幸ヶ原は閑散としていました。
久しぶりに裏筑波方面の景色が見渡せました。

2972
今日も、13:40発のケーブルカーにて下山しました。

2983
下界は暑いので、宮脇駅の売店でソフトクリームを買いました。
木いちごソフトクリーム(¥280-)は初めてでした。
お味はまあまあでした。

本日の登山はこれにて終了、お疲れ様でした。

もうじき富士山山開きなので、トレーニングを休んではいられません。
でも本音を言えば昨日も筑波山を登ったので、
今日くらいは休みたかったです。
温泉でもゆっくり入って昼寝して・・
こういう休日の過ごし方が、今日も出来そうで出来ないのでした。
それにしても、最近は天気予報がはずれ過ぎです。

このページのトップへ

6月20日 バイクツーリングが急遽筑波山登山に

今日は前々から約束していて、なかなか天気に恵まれずに
実施出来なかったバイクツーリングが、やっと実現出来そうです。

2801
私の愛車・マジェスティー250を車庫から引っ張り出しました。

2802 2803
先日またオプションパーツを追加して、グレードアップしてみました。
フロントフォークにもメッキカバーを被せました、“銀ピカ!”です。
このパーツの取り付けには案外苦戦しました。。
それから、フロアマットも黒からシルバーのアルミステップ風に。
これは良いパーツでした、泥汚れも簡単に落ちますので。掃除も楽です。

2805
本日のゲストは、私の仕事の先輩Tさんと、そのご子息のY君です。
お二方共、気合が入っております。
AM06:30過ぎには、すでに集合場所の私の家まで来て頂きました。

2810
先輩のブルーのスクーターは、125CCですので、
高速道路には乗ることが出来ないので、全て一般道を走ります。
途中で1回休憩。。

私の若かりし頃は、毎週400CCのオートバイで筑波スカイラインの峠道を
走り回っておりました。
つまりその頃はあまり登山はしなかった訳です。
その頃の記憶を辿って、昔よく通った田舎道を思い出しながら
バイクを走らせました。
谷田部・伊奈などは、特に変わりました。
今では町の名前さえも変わってしまって、「つくばみらい市」です。
バイクで走っていても、浦島太郎状態・・(苦笑)

2811
本日のツーリングの最大の目的地は、このお煎餅屋さんなのでした!
「お醤油屋さんのお煎餅本舗・本店」。
筑西市海老ヶ島、つまり旧明野町にこのお店は有ります。
ですが、大変に判りにくい場所に有りますので、
本日ご案内しました次第です。

2812 2813
開店時間少し前には到着してしまいました。
バイクを降りたら暑いこと! 薄日も差し始めました。
今日はこれから、ますます暑くなりそうです。

煎餅も無事に買って、次なる御要望の地へとご案内します。

2815 2816
そこは「白滝」。
筑波山中で最大の滝です。
ですが一般にはあまり知られてはいません。
実は「白滝」までは、細い道ですが舗装林道が通っていますので、
バイクでならば簡単に見に行くことが出来るのです。

2817
記念に一枚。

2890 2819
最初は、Tさんたちはこれにて本日のツーリングは終了との予定とも
伺っておりましたが、
気が変わって急遽、登山もすることになりました!!!(驚)
唯一バイクも駐車可能な第2駐車場に停めました。

2821
観光案内所で、バイク1台につき¥250- 也をちゃんと支払いました。

2823
筑波山神社へと歩いて行きます。

2824 2825
拝殿にて安全登山をお祈りして、三猿を見てから・・

2826
登山道の入り口へと向います。
気温は、25℃ですでに暑いくらいです。

2827
10:39、白雲橋コース石鳥居からスタートしました。

2828
森の中へと入って行きます。
お二人共、このコースを歩くのは初めてだそうです。

2831
酒迎場分岐は左の山頂方面へ。
湿度が大変に高くて、サウナ状態です。
地面もかなり湿っていて滑ります。

2833
白蛇弁天で小休止。

2834
山小屋跡地で大休止をしました。
登山道には、あまり人影はありません。
我々3人のシャツは、すでに汗ビッショリです。
こういう湿度の高い時の山歩きでは、
本物のサウナ風呂よりももっと汗をかきます。。
エゾハルゼミの合唱が先週から聴こえ始めました。
知らない人はガマガエルの鳴き声と間違うみたいです(笑)。

2835
ここがコース中の最大の難所の長い長い急坂です。
私も毎回ここでは苦しみますが、この坂さえ登ってしまえば
あとは楽です。

2841 2842
登山口から65分で、予想よりも早くに弁慶茶屋跡地に着きました。
白雲橋コースの難所を登りきりました。
これから先は比較的楽です。

2844 2846
弁慶七戻りを通って・・

2847
奇岩怪石を見ながら・・

2848
Y君は若いので体力が有ります。
Tさんも、ここに来てエンジンが掛かってきたと言います。
良い傾向です。
でも私はと言うと、お二人の重たい雨合羽を持ってあげたので
ザックの肩ヒモが肩に食い込んでしまって痛い・・
もっと大きなザックを持参すればよかったと後悔しきり。。

2849 2852
白雲橋コースも最終盤で、大仏石の前で気合が入ります。

2850
夏の黄色い花が咲いていました。
筑波山では珍しい貴重なニッコウキスゲでした。

2853 2855
歩行時間・1時間30分で、筑波山の女体山山頂に到着しました!
90分で山頂に来たお二人に拍手です。
最近はあまり運動していないとの事でしたので、
このタイムには正直、びっくりしました。
ちなみにこのコースの標準タイムは110分だそうです。
ですが、残念!視界ゼロ。

2856
お約束の、ガマ石に小石を投げ入れて・・

2867 2860
せきれい茶屋さんで昼食を戴きました。
Tさんがここに来るのは、3月の真壁のひなまつりの時以来です。

2861
私は、てんぷら蕎麦をチョイス。

2864
茶店の窓辺からは、機体が黄色のヘリコプターが忙しく往復中。
プロペラ音が結構うるさいです。

2870
御幸ヶ原に移動しました。
気温は、20℃で快適です、私は山を降りたくありません。
下界はきっと暑いでしょうから。

2874 2884
さっきのヘリコプターが、もっと良く見えました。
●●●のアンテナの工事資材の運搬のヘリコプターでした。
何と、40往復もするそうです!

2886 2887
下山は、本日もケーブルカーで。
片道¥570- です。
13:40発の便に乗車。

2888
最後に大御堂にもお参りしました。

2892
バイクを置いた駐車場から、お山を見上げると
皮肉なことに晴れ渡っていました。
お二人に山頂からの素晴らしい景色を見せてあげたかったのに。

2894
帰り道は、何処にも寄らずに直帰しました。
土浦から国道6号(水戸街道)で、ひたすら東京を目指して走りました。
ですが、3人とも運転は眠かった。。(笑)

まだまだ筑波山、あるいは筑波山山麓をバイクで
ご案内したい場所がたくさん有るのですが、それはまたの機会に。
1日では廻りきれない筑波山なのです。

このページのトップへ

小岩井さんのブログも始動

私も仲良くさせて頂いております
富士山頂上・扇屋さんで働いておられるプロカメラマンの
小岩井大輔さんの今シーズンの夏山BLOGが早くも始まっています!

ご覧になってあげて下さい (クリック願います)↓
http://fujisan.yamakei.co.jp/diary.html



このページのトップへ

マウスピース

歯は大事です!
この事を多くの人は知ってはいますが、
軽く受け流してはいないでしょうか?・・・

私も昨年まではそうでした、
そんなに深くは考えてはいませんでした。

ですが、歯は本当に大事です!!

歯がダメになると、やがて全身の健康にも影響してきます。
そうなると、私の好きな山登りも出来なくなってしまいます・・

これは大変だぁ~!
と言う事で、私のいきつけの歯科の先生に質問してみました。
( = かれこれ1年前の話)

(私)先生、私の歯は普通の人に比べて磨り減っているそうですが、
   どうしてですか?
(先生)寝ている時に無意識のうちに{歯ぎしり}をしているからです。
   それで、あなたの歯はオリンピック選手の歯と同じくらい
   歯が磨り減ってしまったのです。
(私)では、たとえばですが、就寝時には歯にマウスピースみたいな物を
   装着して寝たりすれば宜しいのでは?
(先生)そうです! そうしてみますか?
(私)はい、お願いします。
  (早く最初から教えて下さい・・と心の中で思いました(笑))

このような歯科の先生とのやり取りの中で、私のマウスピースは作られました。

私のような、歯が磨り減る歯のトラブルは、『歯牙損耗』(しがそんもう)
と言う歯科疾患だそうです。
虫歯・歯周病に次ぐ第三の歯科疾患だそうです。

私のような{歯ぎしり}や、かみ合わせの悪い時に起こる歯の欠け。
あるいは、歯磨きのし過ぎや爪楊枝の摩擦。
それから乳酸飲料や炭酸飲料、果物の摂取による侵食。
こういうもので、歯牙損耗になってしまうとの事です!

2777
新しいマウスピースを作って貰いました。
写真はまだ未使用の物です。
昨年から使っている物は、少し減ってきましたので。

これを使うようになってからは、歯の磨り減りも無くなり
歯科の先生からは、太鼓判を押して頂けるようになりました。

あなたの歯の磨き方はいつも完璧なので、
これからの一生涯、歯のトラブルは無いでしょうと。

お褒めにあずかり恐縮です。。(人様から褒めて頂くなんて事は皆無なので)
※ 私のお薦めのハブラシは「デンターシステマ」です。
 超極細毛が良い。電動ハブラシよりも良く磨けます!!

意外にも多くの人は、睡眠中には自分の体重の1.5~2倍の体重の力で
奥歯を噛み締めて寝ているそうです!!(驚!)
ご用心ご用心 ・・ 皆様も一度いきつけの歯科の先生と話をしてみては。

ちなみに私の場合、マウスピースの製作には、
国保3割自己負担で6000円でお釣りが来ました、ご参考まで。。

半年に一度は、歯医者さんに行ってプラーク(歯石)を除去して貰いましょう!

このページのトップへ

6月13日 梅雨の真っ最中の筑波山

晴天を望みますが、お天気ばかりは思ったようには
なってはくれません。
朝起きましたら雨天でした。
しかし、天気予報を信じて筑波山へと向います。

2576
私の家の花壇にヒョウタンの花が咲きました。
そんな朝から車で出発しました。

2579
谷田部ICを降りると雨は止みました。
国道408号線で筑波研究学園都市の中を走ります。
私たち登山者がお世話になっている登山地図の大元を作成している
{国土地理院}の前を通ります。

2582 2583
本日は無料の「男女川(みなのがわ)ミニ駐車場」に車を停めました。
先ほどまでの雨で、男女川の流れも豊富でした。

2593
つくば道の坂道を登って行きます。
震災で崩れ落ちた民家の石垣が綺麗に直りました。
見ていても気持ちが良いものでした。

2594 2595
特大のバラが咲いていました。

2599 2598
つくば道の終点にある最後の石段には、
今年もけなげに小さな赤い花が咲きました。

2612 2623
筑波山神社に到着しました。
いつもの所を探しました、有りました! ホシザキユキノシタ。

2625
AM10:00ちょうどに、白雲橋コースの石鳥居からスタートです。
気温は24℃で、蒸し暑い位です。

2627
石鳥居を過ぎると、間もなく薄暗い森の中へ入って行きます。
この先で、3名の登山者さんを追い越しました。
今日はこの方たちの他には登山道には誰も居ないことになるとは・・
幸い登山道は湿ってはいるものの、そんなに歩きにくくはありません。

2635
雲の中に入ったらしく、視界が白くなりました。
湿度も高くてムシムシしています。
私のシャツも汗でびっしょりです。

2644 2645
休まずに弁慶茶屋跡まで一気に来ました。
その付近では、幻想的な風景が見れました。

2646
びっくりするほど登山道には誰も居ません、無人状態です。
弁慶七戻りの大石を真下から観察。。

2650
雲の中の「出船入船」を見て・・

2651 2653
「北斗岩」を過ぎると、いよいよ筑波山登山も終盤です。
登山道は岩場になり、急な斜面になります。

2654
大仏岩を過ぎれば頂上は、もうすぐです。

2655 2662
登山開始から、ちょうど60分で女体山山頂(877M)に到着しました。
いつもは観光客で賑わう山頂ですが、今日は貸切状態!
でも、残念ながら、ほとんど景色は真っ白で、
わずかに一部分だけが観えていただけでした。
今日は本当に人が居ないので、足元のスリップに気をつけながら
山頂の先の先の岩場まで降りて行ってみました。
でも、やっぱり景色はよく観えず・・

2665 2666
数限りなくこの山頂には来ていますが、今日は様子が違います!
と言うのも、無数の蜜蜂と若干のハエなどの昆虫類が
ブンブン大騒ぎしながら飛び回っていました!!

蜜蜂は、人間がいじめたりしなければ大人しいので
私のこの山頂での行動は、スローモーションで動きました(笑)
今日は黒い服装で来なくて正解でした!
黒だと蜂に刺されますので。

頂上にある女体山の本殿をよーく見ましたら、
蜜蜂の大群が留まっていました。
巣別れで、こんなに大騒ぎしているのかも知れません。

2689
どのようにガマ石が動いたのか検証するために、
場所を変えながら多数の写真を撮影しました。
(前回の記事をご覧下さい)

2703 2702
ランチはせきれい茶屋さんで。
定番の「つくばうどん」(¥900-)を戴きました。

2705
御幸ヶ原に来ました。
男体山(871M)は、見る間に雲に呑まれていって隠れてしまいました。

2707
前回の登山から、私の筑波山の夏スタイル={短パン}にチャンジしました。
藪の中を歩かなければ、短パンでも大丈夫です。

2706 2711
まだ相変わらず右足が完治していませんので、下山はケーブルカーで。

2712 2722
13時ちょうど発の便で、山頂駅から宮脇駅に山を降りました。

2725 2728
大御堂にも参拝しました。
境内のスダジイの巨木も新緑です。

2729 2735
西山通りで、初夏を感じました。

2603 2736
アジサイも、こんなに咲いていました!
季節を実感。。

2744
男女川ミニ駐車場に帰ってきました。
お疲れ様でした!

2751 2758
下山後に久々に「佐藤らーめん店」に寄りました。
筑波山からは、車でもちょっと遠いのですが、
この絶品のタンメンは、また食べたくなります。

2755
店内には、ガマの置物が有ったので、何だか嬉しくなりました(笑)

関連記事・くりっく→ http://tukuba22.blog90.fc2.com/blog-entry-238.html

今日は、ホシザキユキノシタの開花状況やガマ石の検証が
出来て面白かったです。
つくば道では、夜には蛍(ほたる)が飛び交っているそうです。
でも、見に行く人は必ず徒歩で!! お願いします。



このページのトップへ

まいどおおきに!m(__)m

このFC2ブログには、アクセス解析と言う機能があります。
毎日どのくらいの方が、当ブログに来て下さったかの
人数などが判る機能です。

アクセスエリアも大まかですが、多少は判ります。
それによると、
何と! 遥か遠くの大阪の地からも毎日来て下さってくれる方が
2~3名様!!
しかも常連様なのです!!!(驚)

当ブログは筑波山中心の話題に偏ってしまいがちですので、
おのずと東京首都圏の方々のアクセスは当たり前の事だと思うのですが、
それが遠くの関西圏の大阪の方々にもご覧いただいていると言うのは
本当に有り難く、感謝感謝です。。

私の家系には親戚が西日本には居ませんので大阪には
まだたったの2度程しか訪れた事はありませんが、
“わて大阪好きやで~”(下手な大阪弁でスミマセン。。)

私は東京の下町・深川生まれですが、大阪も良い街だと思いました。
何よりも食べ物が美味しいので。本場のたこ焼きがまた食べたいです。
これからも宜しくお願いいたします。

このページのトップへ

咲きました! ホシザキユキノシタ

今年も「ホシザキユキノシタ」の花が咲きました!

2615
まだ開花したばかりのようでした。

2617
拡大してみました。

ホシザキユキノシタは、世界中で筑波山だけに自生する植物だそうです。
つくば市の天然記念物にも指定されています。
筑波山神社の境内で、ひっそりと咲いていました。
実際に見てみたい人は、神社の社務所にお尋ねになれば、
生えている場所を教えて貰えると思います。


このページのトップへ

写真で検証 ガマ石は大地震で動いたか!?

先般の大震災では筑波山も大揺れに揺れたそうです。
その時には山頂の稜線部に有る、有名なガマ石も動いたとの由。
果たしてどのように動いたのか、私の写真で検証してみました。

1500 2682
左は昨年の12月21日に偶然撮影しました写真です。
右は昨日・6月13日に撮影しました。
カメラは、ほとんど同じ地点だと思われます。。

私の検証結果では東日本大震災によって、
<<ガマの頭部が向って左に向いてしまいました!>>
写真では僅かなズレだと思い勝ちですが、
現場の私の実際の肉眼では、左にズレた事は一目瞭然でした!!

私は教えて貰って見て初めて気が付きましたが、
震災後に初めて気が付いた人はスルドイ!偉いです!!


このページのトップへ

富士登山ガイド本

2566 2564

本年度版・富士登山のガイド本が発売されました。

これらの本を読んでいると、また富士山に登りたくなってきます。
でも、富士登山の苦しかった想い出も併せて思い出しました。

「富士山ブック2011」(¥1000)には、山頂の山小屋・扇屋さんで働く
プロカメラマンの小岩井さんの記事が!

「富士登山サポートBOOK」(¥980)のほうには、昨年現地でお世話になりました
富士登山の神様・佐々木さんの記事が掲載されています!

詳しい内容は、ここで書くと出版社から苦情が来てしまうので
皆さん、この本を購入して読んでみて下さい。。


このページのトップへ

6月6日 久々に晴れの登山

今日は久々に月曜日に晴れました。
気持ちワクワクで、筑波山へと向います。

2410
AM06:50、バイクに跨り家から出発しました。
今朝は、ゆっくりスタートです。
信号待ちには、車で通勤途中のCAさんとお逢いしました。

2417
バイクで「つくば道」を登って行きます。
先日購入したバイク用メッシュズボンがやっと大活躍です。
涼しくて、とても快適でした。
筑波山も久々に晴れ渡っていて、まさに登山日和です。

2446
バイクは、筑波山中腹の某所に停めさせて貰い、
そこからは徒歩で筑波山神社へと登ってきました。

2449
若いカップルに神社の境内に有る、「三猿」を案内してあげました。
本日も、白雲橋コース石鳥居からの登山スタートです。
気温は28℃と高温です。
今日はタイムトライアルです。
まだ右足は治らず痛みが有りますが、山に入ると痛さを忘れます。

2462 2465
と言う訳で、先行する全ての登山者さんを追い抜いて
60分丁度で女体山山頂へ到着しました。
気温は22℃に下がりましたが、すでに全身汗びっしょりです。

2483
ランチは、せきれい茶屋さんで。
いよいよ{かき氷}が始まりました!
早速ご馳走になりました、今年の初かき氷です。
夏場には一番のご馳走です。。

2486 2487
ふーたん(もうじき2歳)が、お山に遊びに来ていたので、
一緒にガマ石までお散歩に。
大震災でこのガマ石の頭が、ちょこっとズレたとの事です!

2489 2495
足が完治していませんので、本日も無理をせずに
御幸ヶ原からはケーブルカーにて下山しました。

2497
乗車時間8分で、神社まで降りてきました。
見上げる男体山は夏の山の姿でした。

2517
つくば道の民家で、蓮池を見掛けました。
ハスの花が綺麗でした。

2516 2517
バイクで神郡の「肥田(ひだ)酒店」さんへ初めて行ってみました。
地酒を買うためです。
親切な奥さんが一人でお店を切り盛りしていました。

2574
このお店限定販売の日本酒です。
その名も 《つくば道》!
このラベルは、肥田さんの奥さんが書いたものだそうです、達筆です!

2518
またバイクで移動して、明野のお煎餅屋さんへ。

2523
登山用品、入浴セットと着替え、バイク用具、買ったお酒、それに煎餅・・
こんなに大量の荷物がバイクに積めるのか???・・

2536
何とか積めました!(笑)
シート下にも大きなトランクが有る、ビッグスクーターで良かったです。

2538
あけの元気館で、ゆっくり入浴して帰りました。
温泉のお蔭で、少し足の痛みが引きました。

やっぱり晴れた日の登山は楽しいです!



このページのトップへ

買い換えました

久しぶりに復活し始めたサイクリングマシンでしたが・・

2396

後日やっぱり、メーターが不調で使い辛い感じが出てきました。
この機種はメーターでギアチェンジもしているので困りました。。
そんな時・・
新聞の折り込みチラシにサイクルマシンの特売が!

2402
速攻でチラシのホームセンターへ買いに行ってしまいました!(笑)
特売で、ちょうどジャスト1万円の品でした。

2400
今まで使っていたのは倍の値段の2万円の上級の機種でしたので、
今回の新しいのは、正直ちょっと見劣りがします。
機能もシンプルで単純です。。
でも、今までと同じように結構な運動量になります。
普通の自転車は軽いし惰性で走るしで、とても楽に感じてしまいます。
毎晩汗だくになりながら、ペダルを漕いでいます。
今まで時間が無くて録りためたままの録画番組を一気に見ながら
運動しているので、一石二鳥です(笑)。

このアルインコ製品は、運動していても静かで良いです。




このページのトップへ

メッシュズボン

2403
バイク用のメッシュズボンです。
一般にはメッシュパンツとも言われている、バイクの夏用のズボンです。
先月買ったのは良いのですが、私の休みの度に天気が悪くて
まだ一度も履く機会がありません。。

2408
ご覧のように生地がメッシュになっていて、風通しが良い様になっています。
バイクに乗らない人にはよく、夏のバイクライドは気持ちが良いでしょう!
とか言われたりしますが、
とんでもございません!!
真夏の昼間なんかはとてもバイクには乗れたものじゃありません!
暑くて暑くて目玉焼きが焼けそうです。。
何しろ上からは直射日光が。下からは道路の照り返しが。
おまけにバイクのエンジンの熱までもが襲ってきます! 

なので今回思い切って、このメッシュズボンを買った次第です。

バイク用のズボンは、万が一の事故で転倒しても擦り切れない生地で
出来ています。
それに膝のところにはプラスチックのパットが入っています。
私は安全第一の装備でバイクに乗っています、
普通のTシャツ&ジーパンで乗る勇気はありません。


このページのトップへ

5月30日 水だらけの筑波山登山

このところ毎週月曜日は雨です。
しかも今朝は、台風2号が熱帯性低気圧に変化したための暴風雨
と言う悪天候です。

2267
朝一番で用事を済ませてから筑波山へと向いました。
雷がピカっと時折空に光りました。
天候が回復するようにと祈る気持ちで車を走らせました。
ところが筑波山の麓を通過する時点では、まだ暴風雨です!
筑波山の山すそが、わずかに見えているだけでした。

2270
AM10:40、車を山の中腹の梅林入り口・交番前に停車させました。
ラジオを聴くと、茨城県内全域には大雨警報と雷注意報が発令中でした。
雨粒もかなり大きくて、今日の山歩きはどうするか様子をみました。
おやつ用に持参した菓子パンを車内で頬張りました。
ですが、まったく暴風雨が止む気配がありません。
30分待ちましたが暴風雨は止まないので、
本日の山歩きは中止!! と決めました。
エンジンを掛けて車を走らせ下山しました。

2278
ところがどうでしょう。。
山を降りると空が晴れてきたではありませんか!
慌てて予定変更!
さっき車を停めた場所に戻って来て、登山の荷造りを始めました。
11:20、本日のハイキング登山のスタートです。

2283
南の空には更に青空が広がりつつあります。
急速に天候が回復しています。
おっと、ここで、せきれい茶屋のご主人さんが車に乗って通りました。
私は手を大きく振って呼び止めました。
これからご主人さんも山に登るそうです。

2286
山から溢れんばかりの雨水が道路まで流れています!

2287
大鳥居を抜けて・・

2289
普段は、せせらぎの小川の男女川(みなのがわ)までもが濁流に!

2290 2292
今日の登山は条件が厳しそうです。
なので、ねんごろに安全登山をお願いしました。
大御堂(おおみどう)と筑波山神社です。

2296 2301
筑波山神社の脇を流れる千手沢も、大濁流に!
こんなに荒れた千手沢は初めて観ました、びっくりです。
昭和初期の山津波で、この上に有ったお寺は流されたとか・・
凄い大雨が降ると、実は怖い危険な場所みたいです。

2307 2308
まだ御幸ヶ原コースは登山禁止なので、
今日も毎度御馴染みの白雲橋コースを登ります。
古い石碑には、これより女体山と書いてあります。

2314
11:58、石鳥居から登山のスタートです。

2317
登山道は予想どうり、水浸しです。

2318
酒迎場分岐は左・山頂方面へ。
森の中は薄暗く、そして全くの無人です。
音も何も聴こえません。
静寂すぎて心細い気持ちです。

2322 2323
登山道は、小川状態です。
これじゃあ、まるで沢登りです。
私の登山靴は防水は良くありません。
なので、水溜りに入らぬように用心しなければなりません。
水が無い所を狙ってステップを刻んで行きますが疲れます。
小鳥の鳴き声が聴こえてきました。
なので、これから先は雨は降らないと読みました。

2330
登山者さんが男女2人、別々に降りてきました。
この人たちは今朝の嵐の中を登ったそうです。。(驚)

高度を稼ぐと登山道には水溜りも少なくなってきたと
喜んでいたのですが・・

2333 2334
また登山道は、だんだん小川になってきました。

2335 2338
弁慶茶屋跡の手前では、登山道は小川ではなくて、大河に。
しかも滝まで出現しました!
一気に靴も濡れてしまいました。。(涙)

2339
弁慶茶屋跡には誰も居ません。
ここは雲の中です。
しばしの休憩を取りました。

2342 2343
青いモミジの葉が強風で落ちていました。
青い葉の絨毯(じゅうたん)が綺麗です。

2344
こんな悪天候の日に登ったご褒美です、
このような幻想的な景色が見れました。

2348
弁慶七戻りの大石の真下をくぐり抜け中!!!

2349
高天が原の御社は、修繕工事中でした。

2353
ほとんどのヤマツツジは、昨夜の強風で散ってしまいました。
ですが、このように山の上のほうでは、
まだ若干このように綺麗に咲いていました。
おそらく来週には、もう無いでしょう。。

2355
大仏岩も、雲で霞みます。

2356
最後に急坂を攀じ登ると・・

2357
13:20、女体山山頂に着きました。
景色は全く見えませんでした。
登山口から1時間17分(休憩含む)と言う、超スローペースでした。

186
せきれい茶屋さんのご主人さんは、私の到着を首を長くして
待っていてくれました (遅くなってすみません)。
ランチは、やきそばを戴きました。

2366
御幸ヶ原は、お客は皆無。
お店もほとんど閉まっています。

2370 2371
右足がまだ治っていないので、今日も下山はケーブルカー利用です。
山頂駅、14:00発の便でした。
せきれい茶屋のご主人さんと一緒に降りました。

2377 2372
筑波山観光案内所に立ち寄りました。
私はたまにここに寄り道します。
新しく出来たパンフレットを貰えるからです。
茨城県内の観光施設のスタンプラリーが、また始まりました!
運が良ければ景品が貰えます。

2384
14:44、駐車場に戻りました。
お疲れ様でした。
ここには、ガマの油売りの口上の石碑が有ります。

2389
下山後の麓から見た筑波山です。
雲が取れて晴れてきました。
下山した後に晴れるとは、何だか複雑な心境です。

現在も第1駐車場(梅祭り開催時以外は無料)は閉鎖中です。
その他の駐車場は全て有料(¥500~)になります。
どうしても無料の場所に車を停めたい人は、
今回の私のように第1駐車場・梅林入り口・交番前の空き地に
車を置けば無料で済みますので、ご参考まで。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (450)
富士山 (188)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム