山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

1月28日 北条から冬の穏やかな筑波山半周

最近はウエイトオーバー気味ですし、それにたまには
時間を気にせずにゆっくりと筑波山を登りたくなりましたので
筑波山の長距離コースを行くことにしました。

P1281048.jpg P1281050.jpg
午前9時半過ぎに、つくば市北条の中心街からスタート。
気温は4℃、他所では雪が降っている所も有りましたが、
つくばには今朝は雪は全く降っていません。
水戸で筑波山展が開催されるそうです。

P1281053.jpg
ここから、「つくば道」を歩いて行きます。

P1281059.jpg P1281060.jpg
本当に久々に、桜井菓子店さんで名物のあんドーナツを購入。
お店の奥さんが、いつも愛想が良いのも人気の秘密だと思います。
しばし談笑。。

P1281062.jpg
修復なった神郡の見世蔵を見ると気分が良いです。

P1281092.jpg
神橋亭の奥様と挨拶を交わして、筑波山神社から
白雲橋コース石鳥居から再スタートしました。
分岐からは迎場コースへ。
全く誰も居ません、無人の森でした。

P1281098.jpg
35分ほどでつつじヶ丘に到着しました。
ロープウェイは営業していましたが、それでも観光客は閑散としていました。

P1281099.jpg P1281102.jpg
今日は、せきれい茶屋さんは休業だと知っていたので、
ここで少し早めの昼食としました。
ガーデンハウスでガーデンラーメン(¥780-)を食べました。
特にチャーシューが美味しかったです。

P1281109.jpg
つつじヶ丘からは、東筑波ハイキングコースへ。
ここからは、残雪が所々残っており結構スリップしました。
転倒しないように恐る恐る歩いて行きました。

P1281113.jpg
裏筑波に出ると、ますます残雪はタップリと残っていました!
1週間前とあまり変わっていませんでした。

P1281120.jpg
つつじヶ丘から45分で、裏筑波のキャンプ場に着きました。
ここでアイゼンを装着しました。

P1281126.jpg
誰も居ない雪道を登って行きます。
普段と違う雪道の筑波山ですから、楽しみながら登りました。
風も無く穏やかな良い登山日和でした。

P1281137.jpg
13:44、女体山頂に着きました。
気温は2℃。
キャンプ場からは40分で登って来ました。
真ん中の山の向こう側から今日は歩いて来ました。

P1281140.jpg
山の上の稜線上は、アイスバーンも有るので注意が必要です。

P1281141.jpg
御幸ヶ原のお店は全て休業中でした。
ケーブルカーは現在検査工事中です(1月末まで)。

P1281163.jpg
御幸ヶ原コースで下山しました。
コースの上半分は所々凍っていましたので、
途中までアイゼンを履いて降りて来ました。

P1281175.jpg
16:14、北条の街に帰り着きました。
お疲れ様でした。

P1281181.jpg
大竜巻が直撃して大被害を受けた官舎住宅も、
ピカピカに綺麗になっていました。

P1281185.jpg
帰り道の常磐高速からは、富士山が大きく美しく見えていました。

本日の万歩計は3万5千歩。
久々に脚に疲れを感じました。
けれど体重は1kg減っただけでした。

このページのトップへ

1月21日 残雪いっぱいの筑波山裏登山道

毎週色んな登山口から筑波山を登っているつもりですが、
ずっと御無沙汰している登山道から登ってみようと思いました。

P1210854.jpg
筑波山へ行く途中で、何度か見かけたバスのような車が走っていました。
『宝くじ号』と表示がありました、献血車のようです。
私が投資したお金も少しは社会にお役に立っているのかも。。

P1210857.jpg
筑波山が見えてきました。
今朝は、この山の向こう側から登り始めます。
愛車で山越えをしました。

P1210866.jpg
車は、国民宿舎つくばねの駐車場に置かせて頂きました。
AM09:15、本日のスタートです。
気温は、3℃でした。

P1210870.jpg
オートキャンプ場のキャビンの所を通り過ぎます。
ちょうど1週間前に関東地方に降った大雪の残雪がまだ残っていました。

P1210874.jpg
湯袋のT字路は左折しました。

P1210876.jpg
道路の電光表示の温度計は、0℃でした。
県道を時おり走って来る車に気をつけながら歩いて行きました。

P1210889.jpg
歩き始めて30分で、筑波山の裏登山道の登山口に来ました。
まずは、入り口の木橋を渡ります。
この登山道は、「関東ふれあいの道」でもあります。

P1210898.jpg P1210907.jpg
残雪は15CM程でした。
さほど滑らないので、登山靴のままで森の中へと進みます。
渓流には、つららも出来ていました。
ここは、筑波山の北東斜面ですから寒さも厳しいです。

P1210909.jpg P1210913.jpg
休憩適地のベンチで休息ついでにアイゼンを装着しました。

P1210915.jpg
そのベンチから先の様子が一変しました!
物凄い量の残雪です!!
雪の重みで何本も木が折れて、登山道を塞いでいました。

P1210922.jpg
残雪が多い所では30CMにもなりました。
もはやアイゼンも用をなしません。
スノーシュー(かんじき)が欲しいほどです。
雪質もサラサラで1週間前に降った雪だとは思えません。

P1210925.jpg
登山者の足跡のわだちに沿って歩きます。
足も重くてペースも上がりません。

P1210927.jpg P1210930.jpg
登山口から1時間で土俵場林道に出ました。

P1210947.jpg P1210939.jpg
そこから約5分で筑波高原キャンプ場に到着しました。
ここではまだ登山は半分です。
遠くの日光連山が抜群に綺麗でした。

P1210952.jpg
依然として全く誰も居ない登山道を黙々と登って行きます。
雪道で足がやっぱり重いのですが、焦らずにゆっくりと登りました。

P1210958.jpg P1210964.jpg
11:50、女体山頂に到着しました。
キャンプ場からは46分掛かりました。
気温はやや上がって4℃でした。
珍しく女体山頂には全く誰も居ませんでした。
今朝スタートした国民宿舎を見下ろしてみました。

P1210968.jpg
新しいアンテナもだいぶ出来上がってきました。

P1210973.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
と思ったら、何とお休みでした。。(珍しい)
無理もありません、ケーブルカーも運休中でしたので。
茶店の前で景色を見ながら、持参した軽食で昼食としました。

P1210979.jpg
12:14、元来たキャンプ場コースで下山を開始しました。

P1210981.jpg
キャンプ場には私の他には登山者は1人。
本当に今日は人が少ないです。

P1210993.jpg P1210989.jpg
キャンプ場からは仙郷林道をひたすら歩きます。
アイゼンを装着していますので安心です。

P1210999.jpg
13:28、やっと国民宿舎つくばねに帰り着きました。
お疲れ様でした。

雪が降ってから1週間経ったのに、この残雪の多さには驚きました。
山頂部もガチガチに凍りついていました。

このページのトップへ

まぼろしの富士山映画が発売に

3月20日に何と解禁発売!
今まで故石原裕次郎氏の遺言を守って
ビデオ・DVD化も一切されなかった幻の富士山の映画が
石原プロ50周年を記念して発売されるそうです。

『 富士山頂 』
1970年、石原裕次郎主演、石原プロ制作。

購入希望の人は、「 富士山頂 」で検索してみて下さい。
DVDとBlu-ray で発売されます。

富士山フリークの人にはお薦めの映画です。
このページのトップへ

準備

P1180838.jpg
この夏の富士山で使うモノを新調しました!
この度は、アウトドア(山小屋の前庭)で使うために
電気式(100V)ではなくて、カセットガス式のを準備しました。
上手に焼ければ、このガス式のほうが電気のよりも美味しく焼けるそうです。
これから自宅でしょっちゅう、たこ焼きの焼き方の特訓をします。
このページのトップへ

直しました。

私の店の理容椅子の故障の続き・・

秋葉原では部品は見付からず。

P1100796.jpg
結局、理容椅子ディーラーにダメモトで電話で交渉・・
壊れた電器部品だけ売って欲しいと。
私は電器修理(特にハンダ付け)が得意だと告げると・・
・・すると意外と、すんなりOKでした(笑)
翌日には、もう届きました!
この写真のブレーカースイッチです。

P1100799.jpg
早速、修理開始です。
コードへのハンダの乗りが悪かったのですが、
自称、ハンダ付けの名手なのでプライドに掛けて頑張りました。

P1100800.jpg
完璧に直りました!
カバーを外したついでに、オーバーホールと清掃も行いました。
この不景気なご時世に1万円札が浮いて助かりました。
これからも直せるモノは自分で直します。
このページのトップへ

14日の大雪

P1140813.jpg P1140815.jpg
天気予報がハズレて、昼・正午頃から大雪に。

この時、千葉県船橋市内に居たのですが、
あっという間に私の車も真っ白に。
帰宅は夜20時に出発、国道16号線を走ったのですが
路面はシャーベット状やアイスバーンになっており、
スタッドレスタイヤを履いてはいたのですが、
それでも滑って滑って冷や汗モノの運転でした。
いつもは1時間で行ける所を渋滞で2時間以上も掛かりました。

※翌日でもスリップして空回りしているタイヤの車を多く見掛けました。
発進しないからと、ますますアクセルを踏み込んでいました・・(汗)
そんなんじゃダメです。 走る訳がありません。
アイスバーンではスローモーションのように、
ゆっくりアクセルを踏んでいってゆっくりと発進しないといけません。
教習所でも教わったはずなんですが。

と言う私も、雪道では過去に何度も痛い目に遭っています。
私の若い時分にはスキーが流行っていたので、
雪道は嫌と言うほど運転しましたので。。

歳を取るのも悪いことばかりではありませんね、
今まで場数を踏んでいますから何が起きても慌てません。
このページのトップへ

1月7日 羽鳥道での筑波山登山

久しぶりに「羽鳥道」から筑波山に登ってみたいと思いました。
このコースには適当な駐車場が無いので、
登山口までの長距離アプローチは徒歩に頼るしかありません。

P1070544.jpg
6時半過ぎには家を出ました。
今日の天気予報は、曇り時々晴れの予報です。
今朝はどんよりと曇っていました。

P1070551.jpg
世間では正月休みも完全に終わって、今朝から通常に戻りました。
道路もいつものとうりの通勤ラッシュでした。
筑波山の麓に近づくと、雲が綺麗でした。

P1070556.jpg
車を、つくし湖の畔に停めて、
08:15、本日の歩き出しです。

P1070559.jpg
遠くには、日光連山が見えていました。

P1070560.jpg
カーブミラーも凍りついていました。
気温は、0℃。
寒い寒い朝でした。
風が無いのが、せめてもの救いでした。

P1070563.jpg
まずは、集落を抜けて行きました。

P1070570.jpg
レトロバスも健在でした!

P1070579.jpg
紫尾(しお)小学校の前を通りました。
新学期は明日からのようでした。

P1070585.jpg P1070586.jpg
紫尾郵便局前を通ります。
やっぱり、お供え餅が飾ってありました。
以前にも見ました(笑)

P1070601.jpg
埴輪(はにわ)屋さんの前を通ると・・

P1070605.jpg P1070610.jpg
県道に出ました。
ここからは、しばらく県道に沿って歩道を歩きます。
筑波山の北側斜面が見えていました。
寒くて凍えながらも頑張って歩いて行きました。

P1070617.jpg P1070618.jpg
09:10、いよいよ、羽鳥道に入って行きます。
3㍍ほども有る、巨大な馬頭尊の所を通って行きました。

P1070624.jpg
旧羽鳥分教場跡(現在は公民館)で小休止しました。
ここで、おやつタイムにしました。
日当たり抜群、ポカポカで有難かったです。
火の見やぐらの脇に、トイレも在りました。
休憩スポットとして最適な場所でした。

P1070625.jpg
羽鳥道の古い石碑が建っています。
この道は江戸時代からの歴史有る登山道なのです。

P1070628.jpg
いよいよ、羽鳥道は山道になりました。
最初は集落の中を登って行きます。
寒いせいか、人の姿は見かけません。

P1070640.jpg
羽鳥道は現在、裏筑波観光道路によって分断されています。
昔の山道とアスファルトの舗装道路を繰り返して歩いて行きます。

P1070644.jpg P1070645.jpg
中腹に在る、石鳥居が見えてきました。
よく見ると、鳥居が修復されていました。
以前にはそんな事は無かったので、恐らく東日本大震災の被害なのでは。

P1070656.jpg
山道にも、全く誰も居ませんでした。
冷たい空気の森の中、枯葉や霜柱を踏んで歩くのも楽しい事でした。

P1070658.jpg
昔の山道は終わってしまいました。
この先は暫くアスファルトの道を歩いて行きます。
車が数台、登って行きました。

P1070662.jpg
10:24、男の川(おのかわ)に着きました。
ここでまた、小休止しました。
いつもは何台か車が停まっているのですが、今朝は皆無でした。
気温は、ちょっと上がっても4℃でした。

P1070667.jpg
10:27、男の川コース登山口から再スタートです。
数分で、大滝不動に着きました。
先を急ぎます。

P1070673.jpg
やっと太陽が出て来ました。
しかし、ここは筑波山の北斜面のど真ん中。
あんまり陽が差し込んでは来ません。
やっぱりここも無人でした、寂しいです。

P1070677.jpg
沢水も凍っていました。
この辺は夏でも涼しい所ですので、冬なら尚更でした。

P1070681.jpg
涸れ沢の登山道を登って行きました。
小鳥も何も鳴いてはいず、静かそのものでした。

P1070683.jpg P1070682.jpg
延命水をひと口含んで先へ進みました。

P1070690.jpg
薬王院コースに合流して・・

P1070692.jpg
11:04、自然研究路に合流しました。
ここの「あずまや」で、小休止しました。
やっと今日初めての登山者さんに会いました。

P1070696.jpg
反時計回りで研究路を進みました。
枯れ枝の合間からは、筑波山薬王院の三重塔が見えました。
冬ならではの景色です。
(写真はズームアップです)

P1070699.jpg P1070701.jpg
次の、あずまやの脇からの小道を行ってみました。
予想どうり、男体山のアンテナの所に出ました。

P1070702.jpg P1070703.jpg
11:28、男体山頂に着きました。
気温は上がってくれて、9℃でした。
その分水蒸気が多くて、見晴らしは今ひとつでした。

P1070710.jpg
御幸ヶ原も閑散としていました。
筑波山のお正月休みも終わったようです。。

P1070711.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。

P1070717.jpg
下山は、薬王院コースで降りました。

P1070723.jpg
薬王院の門前を通り過ぎて・・

P1070725.jpg
つくし湖へと降りて行きました。

P1070729.jpg
14:06、つくし湖畔に帰り着きました。
お疲れ様でした。
気温は、13℃。
朝に比べたら暖かでした。

P1070742.jpg P1070744.jpg
用事が有ったので北関東方面へ。
「道の駅しもつけ」のイルミネーションです。

羽鳥道は桜川市推奨の筑波山への登山道です。
男の川までは、比較的歩きやすいと思います。
森林浴をしたい人には、ちょうど良いと思います。
今回、通過したルートは、とても時間が掛かりますので
私も時間的に余裕がある時でないと行けません。
このページのトップへ

飯名神社のダルマ市は2月20日に

飯名神社のダルマ市(大祭)は2月20日に催行されます。

当日は、驚くほど沢山の屋台や出店も出ます。
ダルマを買い求める人たちで大変賑わう事でしょう。
このページのトップへ

1月4日 筑波山半周

1月3日は、母も行きたいと言うので「茨城県自然博物館」へ。

P1030362.jpg P1030361.jpg
子供はもちろん、大人も楽しめる博物館です。

P1030360.jpg
予定外でしたが、私の母と行って来ました。

P1030364.jpg
恐竜がリアルでした。
まるで生きているかの様に動いています。
※ 小さい子供の大泣きポイントです(汗)

P1030353.jpg
今回見たかったのは、特別展示の「レアアース展」でした!
残念ながら撮影は不可。
現代生活には、金属は不可欠だと言うことが良く判りました。
とても良い展示会でした。
ちなみに今回は、11月に御幸ヶ原で行われた筑波山展でのクイズで、
私は全問正解だったので、景品として戴いた招待券で入館しました。

この日は下界でもかなり風が強かったので、
筑波山には行かずに過ごしました。

翌1月4日。
私の正月休みもこの日で終わりでした。

P1040386.jpg
午前7時半に家を出て、筑波山へと向いました。
常磐道の柏ICからINしました。

P1040388.jpg
車は、神郡の無料駐車場に停めました。
8時半に本日の歩き出しです。
気温は5℃、寒い朝です。

P1040396.jpg
筑波山に向かわずに、東へと向かいました。
田園風景が気持ち良いです。
お天気も申し分ありません。

P1040399.jpg
この辺りからは、筑波山が綺麗に見えます。

P1040407.jpg
何と!、新築中の茅葺きの家が在りました!

P1040412.jpg
六所大仏を見て・・

P1040418.jpg
そのまま北へ向かいました。
通ったことが無い道を行ってみました。

P1040433.jpg
六所神社に着きました。
ここに来たのも久々です。
正月4日でも、全くの無人でした。

P1040430.jpg
14日・月曜日に「どんど焼き」がここで行われるそうです。

P1040434.jpg
六所神社から「しらたき道」に入って行きます。

P1040438.jpg
5分ほど登った所にある「宮山」の山頂からの景色です。
富士山が見えていました。

P1040441.jpg P1040444.jpg
その先には、畑になっていて開けた場所が在ります。
そこからは、つつじヶ丘が一望出来ます。
遠くにはロープウェイの動くのが見えました。

P1040452.jpg
「しらたき道」を進んで行くと「筑波ふれあいの里」に入ります。

P1040456.jpg P1040458.jpg
以前には無かった「又次沢渓谷」の看板が立っていました。

P1040459.jpg
「白滝」への看板も立っていました。

P1040462.jpg
09:45、「白滝」に到着しました。
気温は下がって2℃になりました。
清掃作業に来ていた人3人に会いました。

P1040467.jpg
白滝からは、77段の古い石段を登ります。

P1040470.jpg
桜山キャンプ場跡に出て・・

P1040472.jpg
スカイラインに飛び出しました。
ここでやっと初めて1人の男性ハイカーとすれ違いました。

P1040475.jpg
薮道寸前のような細くて急な登山道を一気に登って・・

P1040476.jpg P1040477.jpg
再び、つつじヶ丘手前のスカイラインに出ました。
霞ヶ浦が光って綺麗に見えていました。

P1040479.jpg P1040480.jpg
10:24、つつじヶ丘に着きました。
休憩せずに、東筑波ハイキングコースへと進みます。

P1040485.jpg
こちらの森の中も誰も居ません。

P1040487.jpg
危険な倒木は、まだ依然としてそのままでした。
くれぐれも注意をしながら通りましょう(自己責任で!)。

P1040493.jpg
裏筑波に入ると、分厚い氷が張っていました。

P1040497.jpg P1040499.jpg
11:07、筑波高原キャンプ場に到着しました。
北風がビュービュー吹き付けて非常に寒いです。
管理小屋を風避けにして、おやつを食べました。
11:17、キャンプ場コース登山口から再スタートしました。

P1040504.jpg P1040500.jpg
このコースでは、僅かに2人の登山者さんを見掛けました。
登っていても寒い寒い・・マイナス4℃を記録。
薄手の手袋をしていましたが、それでも指先が痺れてきました。
そこで新兵器の登場です。
『ヒーター手袋』を装着しました。
ほんのりと暖かく手が楽になって大変に助かりました。

P1040510.jpg
12:01、女体山頂に到着しました。
人も多くて景色も霞んでいて見えず、早々に退散しました。
山頂の気温はマイナス1℃でした。

P1040519.jpg P1040517.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
温かい天ぷら蕎麦を戴きました。

P1040518.jpg
茶店の前庭からは、東京湾が光って見えました。
冬限定の景色です。

P1040520.jpg P1040521.jpg
御幸ヶ原から、御幸ヶ原コースで下山しました。

P1040526.jpg
軽快に38分で筑波山神社まで降りて来ました。
神社の門前街には、車の駐車場待ちの大渋滞でした。
例年正月4日は、会社法人の御祈祷の方々が多数来られます。

P1040532.jpg
つくば道を降りて行きます。

P1040533.jpg P1040534.jpg
臼井地区まで降りて来ました。
丸刈りにした高校生集団が山道をランニングしながら
私に挨拶をしてくれました。
彼らの自転車が綺麗に整列されて置いてありました。

P1040535.jpg
14:16、神郡の駐車場に帰り着きました。
お疲れ様でした。


元旦&2日は、比較的暖かく穏やかな筑波山でしたが、
今日4日は、打って変わって厳しい寒さの筑波山でした。
私は人一倍の汗かきなのですが、
今日はほとんど汗をかきませんでした。
登山シャツを着替えないで終わったなんて、年に何回かしか有りません。
それほど今日は寒かったです。
ヒーター手袋は乾電池式なのですが、結構有効でした。
アイゼンと共にしばらく携行しようと思います。
このページのトップへ

1月2日 北条からの筑波山登山

今日は正月2日。
午後から甥っ子たちが我が家に年始に来ると言うので、
朝早くから筑波山へ向かいました。

P1020181.jpg P1020182.jpg
寒い中、6時半には家を出ました。
月がまだ光っていました。

P1020186.jpg
常磐高速は空いており、快調に車は走ります。
ちょうど谷田部ICを降りる時に、日の出となりました。

P1020191.jpg P1020194.jpg
車は北条の中心街に置きました。
AM07:33、本日の歩き出しです。
気温は、4℃。 寒い朝ですが氷点下ではないので大丈夫です。

P1020196.jpg
北条・・ と言えば、昨年5月に大竜巻が襲ったあの街です。
今現在はどうなっているでしょうか?

P1020202.jpg P1020207.jpg
被害を受けた建物は、綺麗に復興されています。

P1020203.jpg
しかし、更地になってしまった場所も在りました。

P1020208.jpg
古い家並みがモダンになってしまった印象を受けましたが
やむを得ないでしょう。

P1020216.jpg P1020217.jpg
第三代将軍・徳川家光公が造らせたと言う「つくば道」を行きます。
「これよりつくばみち」と彫られた石柱からがスタート地点です。

P1020223.jpg
大竜巻の被害が甚大だった場所を通ります。
未だに郵便ポストが傾いていました。

P1020224.jpg
大被害を受けた床屋さんも新装開店。
頑張ってください ♪

P1020229.jpg
レトロな街灯も残っていました。

P1020230.jpg P1020232.jpg
左側は城山(じょうやま)。 山の上にはまだお月様が。
しかし、現在は私有地のために登ることは出来ません。
右側の遠くには朝日に輝く宝筐山(ほうきょうさん)が見えていました。

P1020233.jpg P1020235.jpg
つくば田井郵便局の前を通り過ぎます。
田井局には、円筒形ポストが健在。
日本全国には未だに多くの円筒形ポストが残っているそうですが、
内容量が小さいうえに、取り出しにくさもあって減少傾向だそうです。
いつまでも残して欲しいものです。

P1020241.jpg
普門寺(ふもんじ)で、ちょっと休憩して先を急ぎます。

P1020244.jpg
昨年BS民放放送で映った、茅葺き民家の前を通ります。

P1020246.jpg
残念! 桜井菓子店さんはお休み。
あんドーナツを久しぶりに買おうかと思ったのですが・・

P1020250.jpg
全く思いがけず、嬉しい事になっていました!
神郡(かんごおり)の見世蔵が修復されていました!!

P1020253.jpg P1020252.jpg 
この見世蔵は、大竜巻ではなくて、その前の東日本大震災の時に
崩れかけてしまっていたのでした。
よく修復して下さいました、拍手です、あっぱれ。

P1020255.jpg
臼井の集落に入りました。
筑波山が大きく見えてきました。

P1020260.jpg
ちょっと「つくば道」を離れて東に行って、写真を撮りました。

P1020272.jpg
また「つくば道」に戻りました。
坂道を登って行きます。

P1020273.jpg
一の鳥居を通過します。
ここの梅は通常ならば12月中には咲くのですが、
今現在でも全く咲いていませんでした。
やはりこの冬は特に寒いようです。

P1020277.jpg
坂道は、ますます傾斜を増します。

P1020283.jpg
旧筑波山郵便局の前を通って・・

P1020285.jpg
09:04、筑波山神社に到着しました。
北条の街からちょうど一里(4KM)でした。

P1020287.jpg
さすがは見事な門松でした!

P1020288.jpg
境内には屋台が賑やかに出店していました。
お正月ならではの光景です。

P1020289.jpg
09:14、御幸ヶ原コース登山口からスタートです。
気温は低めで、7℃でした。

P1020292.jpg
今日は、途中で軽い食事を摂りながらゆっくりと登りました。

P1020297.jpg
案外大勢の登山者さんが登っていました。

P1020304.jpg
1時間03分で御幸ヶ原に到着しました。

P1020305.jpg
気温は6℃でした。
下の神社には人が大勢なのですが、山の上には人は多くはありません。
毎年正月の光景です。

P1020307.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。

P1020309.jpg P1020310.jpg
寒い時には甘酒が一番です。
実際、科学的にも身体を暖める効果が高いそうです。
焼きそばも美味しかったです。

P1020315.jpg
下山も同じコースで。
下山路は結構混んでいました。
でも、ペースメーカーにちょうど良い人を発見。
その人の後ろにペッタリくっ付いて降りて来ました。
42分で神社に到着です。。

P1020321.jpg
筑波山神社では、甘酒が振舞われていました。
私も有り難くご相伴にあずかりました。

P1020324.jpg
復路も「つくば道」を。
毎年立派な門松を飾られるお家の門松を拝見。

P1020342.jpg
13:13、北条の街に帰って来ました。
お疲れ様でした。
もう既に甥っ子たちが我が家に来ている頃です。
急いで家路に就きました (お年玉を渡さないと・・汗)。

北条の街が8割がた復興されていたので安心しました。
神郡の見世蔵も直っていて嬉しかったです。
正月の良い登山の一日でした。
このページのトップへ

8日 秋葉原へ

年始早々、私の店の理容椅子が壊れました。
電動椅子なのにメインスイッチが焼き切れてしまって使用不可能に。

今日は本来、私の店の定休日なのですが、
店の中で事務仕事等、色々としなければならない事が有ったので
それをこなして、午後3時頃に店を早仕舞いして秋葉原に行って
理容椅子の部品を買って来ようと思いました。  

769 771
秋葉原に来たのは恐らく3年ぶり位です。
パーツ街をくまなく歩いて部品を探しましたが見つからず。。
無駄足になってしまいました。
結局、理容椅子メーカーに頼るしか方法がなさそうです。
ヨ●バ●カメラに入って、ちょっと買い物をして早々に帰って来ました。
案の定、見事に私のポイントカードは期限切れでした。。

それにしても都心の繁華街は、人が多すぎて疲れます。
私は東京生まれの千葉育ちの筈でしたが、今ではすっかり田舎者です。
都心よりも山の中のほうが良いです(笑) 
それにしても、TX(つくばエクスプレス)は早い!
私の家から行って帰って来て2時間でした。

ただし、TXつくば駅のホームは地下深くに在って不評です。
私は歩いて地上まで上がって来ましたが、あっという間に地上に。
アレ?、こんなに階段が短かったかな・・?(笑)
このページのトップへ

D.I.Y.

昨年の年の瀬の事でしたが、
私の店の洗い場の水道の蛇口を交換しようと思い立ちました。
もちろん、 私が自分でトライします!!
もしも業者に頼むとすると、一万円札が飛ぶからです。(汗)

PC271113.jpg
古い蛇口です。
パッキンもかなり傷んでいるのが判っていましたので、
交換時期かもです。

PC271114.jpg
本体はモンキーレンチで簡単に取れました。
さて、この2つのパイプ(=クランクと言うらしい)
を左に回して外そうとしましたが・・

PC271116.jpg
固くて全然左に回りません。
なので、少し考えて、テコの原理を応用して家に有った金属棒に
針金を引っ掛けて、何とか回すことに成功しました!

PC271119.jpg
四苦八苦して、クランクはようやく外せました。。

PC271120.jpg
壁の水道管の中のネジ山を綺麗に掃除しました。
この作業がとても大切だそうです。

PC271123.jpg
シールテープを均等になるように気をつけながら巻いていきます。
初めての経験でしたので、最初はコツが判らず苦労しました。

PC271124.jpg
壁の水道管にクランクを取り付ける作業がまた難しかったです。
取説どうりに、1回転緩めに取り付けてテストしましたが、
後で、じんわりと水漏れしました!
なので、面倒でしたがもう一回やり直し。。
この作業は、やり直しがきかない一発勝負なのです
(もしも失敗したら、もう一度最初からやり直し・・)。
思いきり強くねじ込みましたら、うまくいきました。

PC271125.jpg
2つのクランクの角度をうまく合わせるのが、これまた難しかった。
私のような素人工事では、こんな感じで妥協。。

PC271127.jpg
最後に、水が出る部分のパイプを取り付けて完成。
通水テストもバッチリでした!
しかし、よく見てみると、左側がほんの数ミリ下がっていました。
なので、点数は90点です(笑)
専門の工具が無いので仕方なし。。

今回のDIYの難易度は、5段階中の難易度★★★★★(5)でした。
頼むと、1万円と言うのも納得でした。
このページのトップへ

1月1日 初日の出のリポート

大晦日発表の天気予報では、関東地方は朝から晴天でした。
これはまたと無いチャンスだと思い、
筑波山の上から初日の出を拝みたいと思い立ちました。
ちなみに2012年の元日には曇天で初日の出は出なかったのです。

P1010003.jpg
元日の早朝、午前3時に我が家から出発しました。

P1010005.jpg
常磐高速や一般道は空いていて快調でしたが、
筑波山神社前の参道は、すでに大渋滞中でした。
私の車は渋滞に巻き込まれないような所に置いて来て
徒歩で神社へと向かいました。

P1010007.jpg
坂東25番札所・筑波山大御堂にはライトアップされていました。
私はここで初詣をしました。
帳面に記名をして、少々ですがお賽銭をさせて頂き、
思いきり除夜の鐘を撞かせて戴きました。
普段は大御堂の鐘は、一般人は撞くことが出来ませんので
貴重な機会です。
鐘を撞かせて戴いて、爽快な気分になりました。

P1010008.jpg P1010179.jpg
今回は、私のご近所さんのCAさんも同行して下さいました。
私1人では心細かったので、有難うございました。
ケーブルカーにて山に上がりました。
が、午前4時半の始発前だと言うのに、すでに長蛇の列が!・・
やっと5台目位のケーブルカーに乗車出来て、ホッとしました。
ケーブルカーの駅員さんからは、プチプレゼントを頂戴しました。

P1010013.jpg
コマ展望台の屋上から、初日の出を観ることにしていました。
もっとより良い初日の出を観たいならば、男体山頂や女体山頂のほうが
よりベターだと思われます。

P1010017.jpg
日の出時刻の1時間半前からスタンバイしました。
コレが辛い。
寒風に耐えて、じっとしていなければならないので。
夜明け前が一番寒いと言います。
下界の夜景を撮影しながら本番に備えてテストしました。

P1010020.jpg
霞ヶ浦の上に、初日の出が出てきます。
気温は、プラス1℃。 
幸い風も強くはなかったのでまだ良かったです。

P1010094.jpg
地平線上に雲が有ったので、初日の出には時間が掛かりました。
ニコニコ動画の実況中継も、すぐ我らの傍らで行われていました。

P1010097.jpg
初日の出の最中にもう、下山のケーブルカーに乗るための
大行列が出現しました!
五軒茶屋を通り越して、ブナ林まで人の列が並びました!
これにはビックリです。

P1010099.jpg <P1010101.jpg
CAさんと相談したところ、ケーブルカーに乗るには
少なくても1時間半待ちは確実だと思ったので・・

P1010109.jpg P1010108.jpg
徒歩で御幸ヶ原コースを降りることにしました。
何しろ寒いので身体が冷え切りました。
じっとしているよりも、山道を降りるほうが身体が暖まるので。

P1010110.jpg P1010111.jpg
結構大勢の人たちも歩いて下山されていました。
ちょうど1時間で宮脇駅に着きました。
先に往復切符を買ってしまったのですが、
手数料を支払って払い戻しをして貰いました。
富士山の雄姿も見えました。

P1010113.jpg P1010115.jpg
下山後、CAさんのご希望で筑波山の南斜面をちょっと撮影。

P1010116.jpg
遠くには日光連山も見えていました。
今朝は本当に良い景色でした。

元日の朝食は自宅で摂るために、一度帰宅しました。
このページのトップへ

1月1日 午後から初登り 薬王院コース

筑波山の上から初日の出を観た後、
いったん自宅へ帰って、おせち料理の朝食を摂ったあと、
また再び、筑波山へと向かいました。
お天気も抜群に良い予報でしたし、家に居ても何もする事も
無かったからです。
午前11時少し過ぎに家から出発しました。

P1010122.jpg
本日2度目の常磐高速・柏ICからINです。

P1010125.jpg
早朝と比べると、かなり車の数が増えていました。
しかしトラックは、ほとんど見かけませんでした。
車の中は暖かくて今頃になって、ほんのりと眠気が・・
いかん、危ない危ない。 居眠り運転は禁止!

P1010126.jpg
高速は谷田部ICで降りて、筑波山へと向かいます。

P1010127.jpg
筑波山の麓に着きました。
恐らくこのまま直進して山に入って行くと、
筑波山神社のお参りの車で{渋滞中}です。
なので、この交差点を左折して筑波山薬王院へと向かいました。

P1010128.jpg
薬王院の駐車場に車を置かせて貰いました。
さすがに正月元旦です。
いつもは静かな寺院ですが、
今日は結構大勢の人々が、参拝に来ていました。

P1010129.jpg P1010131.jpg
薬王院前の舗装林道を歩いて登山口へと歩いて行きます。
午後からの登山となりましたので、薬王院へのお参りは
下山してからにしました。

P1010132.jpg
薬王院前のミカン園には、まだミカンがたくさんそのままでした。

P1010134.jpg
12:34、薬王院コース登山口から今年の登り初めのスタートです。
気温は低くて、8℃でしたが、今朝の初日の出の寒さに比べたら
そんなに寒くはありません。

P1010137.jpg P1010136.jpg
県内の牛久市から居らした御夫婦(旦那さまは欧米系の方)と、
若い日本人男性1名が私の後ろにピッタリくっ付いて登りました。
私のほかは皆さん、このコースは初めてだそうでしたので
私がご案内しました。

P1010138.jpg
このコースで最難関の800階段も皆さん、ノンストップでクリアしました。
こんなに健脚さんが大勢集まるのも珍しい。。

P1010139.jpg
自然研究路に入る分岐点で、皆さんとはお別れしました。
皆さんは男体山を目指して右へ進みました。
私は御幸ヶ原へ近い左へと進路を取りました。

P1010143.jpg
ピッタリ1時間で御幸ヶ原へ到着しました。
やはり今日はハイペースでした。
気温は、0℃と寒くなりました。

P1010144.jpg
女体山方面へのブナ林を歩きます。

P1010145.jpg P1010146.jpg
本年初めての「せきれい茶屋」さんへ。
先ほど下山した後偶然、女将さんとはお逢いしていましたので、
本日2回目の再会でした(笑)。
まさか私がまた来るなんてと、びっくりされていました。
(私自身も今日は意外な展開でした、2度も筑波山へ来るなんて)
ランチとして、カレーうどんを戴きました。
寒い時にはピッタリなメニューです。

P1010153.jpg
今日はまだ山頂を踏んでいませんので、
男体山(871M)に登ることにしました。

P1010159.jpg P1010160.jpg
男体山の神、イザナギノミコト様に参拝しました。
景色は白んでしまって残念でした。

P1010161.jpg P1010162.jpg
14:49、まだ日没時間が早いので、急いで下山を開始します。
指導標はまだ新しいのです。

P1010163.jpg
小走りで降りて行きます。
人影はありません。

P1010164.jpg
さっきも見たのですが、ミニガマ様が行方不明に!
またちゃんと戻って来てくれれば良いのですが・・(涙)

P1010166.jpg
800階段を下り終わったら、ますますペースアップ。
無意識に走り降りていました。。快調。。

P1010167.jpg P1010168.jpg
先ほど一緒に登った御夫妻と再会しました!
(奥様のお写真がピンボケになってしまっていました、
 申し訳ございません)

P1010169.jpg
登山口までご一緒にゆっくり降りました。
そこでお別れ。
15:40、下山完了。 お疲れ様でした。

P1010171.jpg
私は薬王院の境内へ入って行って、参拝しました。
夕方でも参拝者が続々上って来ました。

P1010172.jpg P1010173.jpg
山門には立派な仁王様が居られました。

P1010174.jpg
御夫妻の車を見送ってから、私も家路に就きました。

新年初登りは、時間が無かったのですがそれでも楽しめました。
牛久から居らした御夫妻は、大変良い方でした。
楽しい時間を有難うございました。
また機会がございましたらご一緒しましょう。
このページのトップへ

2013年元旦 筑波山 ・ 初日の出

謹賀新年 2013年元旦

86
2013年1月1日午前07時過ぎ、筑波山・御幸ヶ原にて撮影

レンズの様な雲の中からの初日の出でした!
太陽の光が雲で分散したような感じでした。

それにしても物凄い人出でした。
もしかしたら元旦では過去最高だったのかも?
寒さと戦い、頑張って撮影しました。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (440)
富士山 (181)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (9)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (114)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム