山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

6月24日 筑波山プチ雨天訓練

ついに私にとっては6月最後の休日となりました。
7月からの私の舞台は『富士山』!
なので今日はたとえ天気が良くなくても、
筑波山に登っておきたいと思っています。

P6243079.jpg
7時に家を出る時には、曇っていても雨は降っていませんでしたが・・

P6243082.jpg
常磐高速に乗って守谷を過ぎると、雨がポツリポツリと!

P6243086.jpg
高速を降りて、つくば研究学園都市に入ると、
車のワイパーをMAXに早く動かしても、追いつかない程の大雨に!
茨城県に「大雨洪水警報」発令です!!

P6243090.jpg
とりあえずは、あんドーナツを予約しに行きました。

P6243098.jpg
車を筑波山の第1駐車場に移動させましたが、
物凄い大雨がまだ止まずに、意気消沈。。
なので、車は裏筑波へ走らせました。
久しぶりに裏筑波観光道路を車で上がって行きます。

P6243103.jpg
車は、筑波高原キャンプ場に置きました。
案の定、誰も居ません。
幾分、雨も小降りになってきたので、
レインウェア等の雨天装備を着込んで準備しました。

P6243102.jpg P6243104.jpg
雨に濡れた紫陽花は綺麗なものです。

P6243105.jpg P6243107.jpg
AM09:26、キャンプ場コースをスタートしました。
気温は17℃と高くはなくて幸いです。

P6243109.jpg
しかし、すでに登山道は小川になっているような予感です。

P6243114.jpg
暗い森の中の登山道に入って間もなくでした。
何かが飛び跳ねて木の根っこに張り付きました。
よく見てみると、アズマヒキガエルでした。
あの有名なガマの油のカエルです。
案外カエルは森の中では普段は見掛けないので、珍しい事です。

P6243115.jpg
湿った木の切り株に、こりゃ何だ?

P6243116.jpg
汗と湿気で眼鏡が曇ります。
おまけに雨雲の中ですので、歩いていても視界も利かず。

P6243117.jpg
ほとんど足元だけを見つめながら歩を進めました。
何も考えずに無心で歩くのも良いものでした。
上から傘を刺した年配男性1人が降りてきました。
このコースですれ違ったのは、結局この1人だけでした。

P6243119.jpg
普段は登山者がいっぱい居る女体山の肩に着きましたが、
今日は全くの無人でした。
まだ雨は結構降り続いています。

P6243120.jpg P6243122.jpg
10:04、女体山頂に到着しました。
景色は勿論全く見えません。

P6243136.jpg
ガマ石の前では傘をさしているAさんに遭遇。
こんなお天気なのにご苦労様です、お互いに苦笑。。

P6243129.jpg
せきれい茶屋さんはお休みです。
朝のうちに既にこの情報は得ていました。

P6243130.jpg
御幸ヶ原の五軒茶屋も全て本日は休業。

P6243131.jpg P6243132.jpg
例外で、コマ展望台とケーブルカー山頂駅だけは雨天でも
営業しています。
山頂駅の売店で、ミルクソフトを購入。
他にお客さんも居ないので、久々に売店のおばさんと少し談笑。。
山頂駅には公衆電話が有ります。
今日はこの公衆電話から電話を初めて掛けました。
携帯電話の電波は、筑波山の山の上では当てになりません。
すぐに{圏外}表示になります。
●ふと●んくに、アンテナ改善の要望を出してみましたが
取りあってもくれませんでした。

P6243133.jpg
数人の登山者さんやケーブルカーで上って来た人が数人居た
御幸ヶ原から、元来た道を引き返します。

P6243137.jpg
11:04、キャンプ場コースで下山します。

P6243138.jpg
誰ひとり居ない登山道を降りて行きました。
怪我をしないように安全第一でゆっくりと降りました。

P6243141.jpg P6243140.jpg
11:34、キャンプ場に着きました。

P6243142.jpg
11:36、駐車場に戻って来ました。
お疲れ様でした。
レインウエアの中のシャツは汗でビショビショ。
靴も靴下も泥んこで濡れています。
全ての着ている物を一式すぐに着替えました。

P6243146.jpg P6243147.jpg
こんな迫力がある、男の川(おのかわ)は初めて見ました!
物凄い水量で激しかったです。

P6243152.jpg P6243159.jpg
裏筑波観光道路を降りての信号を左に曲がった所に在る
「さよちゃん」という食堂に初めて寄ってみました。
冷やし中華を注文。
麺もシコシコで美味しかったです。

P6243161.jpg
雨も小雨になってきて、筑波山も多少見え始めました。

P6243163.jpg
ますますお山が見えてきました。

P6243164.jpg
予約しておいた、あんドーナツを受け取る頃には・・

P6243166.jpg
すっかり青空に。

P6243167.jpg
富士山シーズンが始まる前に会っておきたい人が居るので、
午後はそちらの方面へ。。

今日は雨の筑波山に登るだけでなく
富士登山に向けての色んな準備をする事が出来ました。
なので予定を無事に消化出来て安心しました。
これで心おきなく富士山へと向かえます。
富士登山中では何度も雨に遭遇しますので、
今日はレインウエアを着て訓練出来て良かったのかもです。
さあ、いよいよ来週からは富士登山です(予定)。

今朝はひとつ失敗をしました。
腕時計をして行くのを忘れました!
なので、デジカメで写真を撮影した際には、画像を再生して
その時刻を見てやり過ごしました。
このページのトップへ

6月18日 北条から蒸し蒸しの筑波山半周

今日もお天気は問題ないようですので、
昨日に引き続いて筑波山へと向かいます。
早起きして、午前5時50分に家を出ました。

P6182912.jpg
通勤時間帯の前ですから道路は空いていて快適です。

P6182915.jpg
車は、北条の中心街の駐車場に置きました。
AM07:13、本日の歩き出しです。
気温はすでに26℃、少し暑い朝です。

P6182918.jpg
昨年春の大竜巻で、壊れた看板が綺麗に新調されていました!
見ていて気持ちが良いです。

P6182919.jpg
大竜巻で大被害を受けた北条の街並みは、
私が来る度に確実に復興されています。

P6182923.jpg
07:17、つくば道の標柱から筑波山神社までウォーキングの出発です。
神社まで約4kmです。

P6182926.jpg P6182925.jpg
今まで見過ごしていた江戸時代の古い石柱も見付けました!
『罪をつくるべからず』『ばくちするべからず』と彫られています。
この街道の当時の繁栄ぶりを伝えています。

P6182929.jpg
田植えをしたばかりの田んぼが有りました。
宝筐山は雲に隠れて見えていません。

P6182931.jpg P6182933.jpg
普門寺にも、紫陽花が咲いていました。

P6182934.jpg
{今月の教え}

P6182936.jpg P6182935.jpg
やがて、神郡の集落に。
先日のBS放送(いい旅夢気分・筑波山)でも映った茅葺き民家です。

P6182937.jpg
今朝も、桜井菓子店さんへご挨拶に。

P6182939.jpg
今朝の筑波山は、下の3分の1の部分だけが見えていました。
お世辞にも良い登山日和だとは言えません。。

P6182943.jpg
筑波山の麓に別の山が出現!?(笑)

P6182944.jpg P6182945.jpg
ホントにこりゃ何だ??

P6182946.jpg P6182947.jpg
いよいよ、つくば道は坂道になりました。
汗をかきかき登って行きます。

P6182948.jpg
一の鳥居の周りも、すっかり夏の装いになりました。

P6182956.jpg
神社門前の石垣もだいぶ出来上がってきました。

P6182958.jpg
08:44、筑波山神社拝殿前に着きました。
参拝を済ませてから・・

P6182959.jpg
08:50、白雲橋コース石鳥居から再スタートです。
気温は20度と、多少涼しくなって歩きやすくなりました。

P6182960.jpg
酒迎場分岐は右へと進みました。
今日は私の好きなルートを登ります。

P6182963.jpg P6182961.jpg
迎場コースを進みます。
昨夜は雨が降ったようで、登山道は濡れており湿気が凄いです。
季節はずれのキノコも出ていました!
たぶん、毒キノコです。。

P6182969.jpg
山の中に入って、今朝の体調は良くない事に気が付きました。
最初はスローペースでゆっくりと歩いていましたが、
徐々にペースアップしていき、結局34分の早いペースで
つつじヶ丘に着きました。

P6182970.jpg
09:33、つつじヶ丘から東筑波ハイキングコースへスタートしました。

P6182971.jpg
こんな石ころだらけの路面にも小さなキノコが出現!

P6182974.jpg P6182975.jpg
トリアシショウマ。               オオナルコユリ。

P6182985.jpg
ハイキングコースの核心部の沢には大量の水が流れ落ちていました。

P6182987.jpg P6182989.jpg
たくさんのコアジサイが見られました。
蜘蛛がキイチゴをお食事中?

P6182990.jpg
やっと、時たま陽が射してきました。

P6182993.jpg
図鑑を見ても名称不明でした。。(スミマセン)

P6182994.jpg
よく見ると、スイカズラを発見です!

P6183000.jpg
本物の大きな梅干を2個食べてから、キャンプ場コースを登ります。
今日は梅干を持参してきて良かったです、と言うのも・・

P6183003.jpg P6183006.jpg
気温は20℃とそこそこの温度なのですが、物凄い湿気で湿度100%でした。
拭いても拭いてもメガネはすぐに曇ります。
森の中には、たくさんのコアジサイが咲いていました。
あまりの湿気で気分が悪くなってきたので無理をせず、
丁度富士山に登る時と同じペースでゆっくりと登りました。
お蔭で富士登山の予行演習になりました。

P6183011.jpg P6183012.jpg
いつもは30分前半で登り切るのですが、
今日は40分丁度で、11:28、女体山頂に着きました。
気温は22℃で蒸し暑い位です。
残念ながら景色はほとんど見えませんでした。

P6183014.jpg P6183015.jpg
ランチはせきれい茶屋さんで。
せきれい茶屋さんの今シーズン第一号のかき氷を戴きました!
名誉です(笑)
かき氷は最高でした、一気にクールダウン出来ました。

P6183017.jpg
せきれい茶屋の新看板娘のふーちゃんも、お山に登って来ていました。
Happy Birthday! 本日で4歳になりました。

P6183020.jpg
茶店を辞してからは御幸ヶ原へ。

P6183022.jpg
御幸ヶ原コースで下山しましたが、泥んこで悪路。
最悪の状態の下山路でした!
慎重に降りましたが、一度スリップして転倒しました。

P6183024.jpg
下山の途中で水筒の水も無くなって喉が渇いたので、
宮脇駅でクインシーメロンソフトを購入。

P6183027.jpg
驚いた事に、大御堂の脇のモミジなどの木々が切られていました!
いったい、どうした訳でしょうか?・・

P6183030.jpg P6183034.jpg
工事現場を見つつ、つくば道へ。

P6183035.jpg
つくば道を降りて行きます。

P6183041.jpg
またまた喉が渇いたので、麓に降りた所の自販機で烏龍茶を購入。

P6183042.jpg
筑波山は見えるようにはなりましたが、青空にはならず。
天気予報はハズレでした。。

P6183045.jpg
神郡の見世蔵を通り抜け・・

P6183046.jpg
またまた桜井菓子店さんへお邪魔。。

P6183051.jpg
女体山には雲が掛かってきました。

P6183054.jpg
つくば道の標柱に戻ってきました。

P6183055.jpg
17:47、北条の駐車場に戻りました、お疲れ様でした。

P6183058.jpg
この後、車で再び筑波山を山越えして・・

P6183069.jpg
やさと温泉ゆりの郷へ。

帰宅後と翌日も、いくら水を飲んでもすぐに喉が渇く状態に。
どうやら軽い熱中症になったようでした。
もしもあの時、梅干を食べていなかったらアウトだったかも知れません。
湿度が異常に高い時には、無理は出来ないと思い知りました。
このページのトップへ

6月17日 コアジサイ咲く 筑波山

17日&18日と私は連休なので、富士山へ予行演習に行こうか
とも思いましたが、あいにく頑固親父さんは山にはご不在との事
でしたので、筑波山へと向かいました。

P6172761.jpg
今朝はゆっくり起きたので、午前7時過ぎに家を出ました。
天気予報は午前中は曇りですが、正午からは晴れる予報でした。
案の定、筑波山の上半分には分厚い雲が掛かっていました。

P6172767.jpg
車は、つくし湖畔に置きました。
AM09:13、本日のスタートです。

P6172772.jpg
始めは公園の中を登って行くのですが、
さほど訪れる人も居ないのか、雑草でボウボウでした。

P6172781.jpg P6172780.jpg
急な坂道を登っただけなのに、薬王院に着く頃には
すでに汗ビッショリです。
紫陽花(あじさい)の花が綺麗でした。

P6172776.jpg P6172777.jpg
ジャンボサイズの真っ白な紫陽花の中には・・
バッタの子供が休んでおりました。。(笑)

P6172784.jpg
09:39、薬王院コース登山口から再スタートです。
何と、登山口の階段には樹木が折れてぶら下がっていました。
気温は24℃で、かなりの暑さでした。

P6172791.jpg
すっかり夏草が生い茂った中を登って行きます。
気温は若干下がり20℃になりましたが、すごい湿気です。
1組の山ガールさんたちをあっと言う間に追い越しました。

P6172794.jpg P6172799.jpg
10:03、鬼ヶ作林道に飛び出しました。
今日は暫くこの林道を歩いて、裏筑波方面へと向かいます。

P6172803.jpg
10:24、退屈だった林道歩きの後、男の川(おのかわ)に着きました。
しばしの休憩ののち、男の川コースを登ります。

P6172809.jpg
大滝不動に手を合わせて、先へ進みます。

P6172810.jpg
この付近の新緑は、とりわけ美しかったです。

P6172812.jpg
コアジサイの白い花が、至る所で見られました。
梅雨の季節を感じます。

P6172816.jpg
普段は枯れ沢なのですが、前日までの雨で、
登山道にも水がチョロチョロ流れる中を登って行きます。

P6172819.jpg
登山道もだいぶ登ると、名水・延命水をひと口戴きました。
杓子も無くなっていましたが、延命水と記した銘板も無くなっていました。
寂しいです。
でも、小鳥とハルゼミの大合唱が聞こえました。

P6172827.jpg P6172829.jpg
自然研究路は右へと進みました。
一人の大工さんが、一生懸命道普請をしてくれていました(感謝)。

P6172837.jpg
11:20、男体山に到着しました。
気温は20℃でしたが、山頂は風が通るので爽やかでした。
しかし、景色は真っ白で何も見えません。

P6172844S_20130619205433.jpg P6172847.jpg
山頂のホシザキユキノシタが咲き始めました。
シモツケの花も見られました。

P6172849.jpg
男体山から降りて、御幸ヶ原へ。
夏にはとりわけ美味しいミルクソフトを戴きました。

P6172854.jpg
今日の筑波山は、こんなお天気ですから、登山者は多くはないです。
新緑の中を行きます。

P6172856.jpg P6172857.jpg
ランチはせきれい茶屋さんで。
夏限定、冷やしたぬきそばを戴きました。

P6172859.jpg P6172860.jpg
茶店を辞して、御幸ヶ原へと戻りました。
茶店に居た時には周囲は真っ白で、雨が降るのではとさえ心配しましたが、
御幸ヶ原に降りて来てびっくりです。
青空も出てきて、一気に暑くなりました。
振り返れば、女体山方向にはまだ雲が掛かっていました。

P6172874.jpg P6172875.jpg
復路は薬王院コースで降りて来ました。
登山口の折れている樹木です。
もうすっかり、お山は青空に覆われました。

P6172890.jpg P6172902.jpg
下山後は車で、ひとっ走りして真壁へ。
名物の美味しい「コロッケ」を買いに行きました。
私は、たまに買いに行きます。
真壁では、ちょっと有名なお店のようです。
真壁からの筑波山は、峰が3つに見えます。

P6172905.jpg
今日の登山では、昨夏以来のハイドレーション(給水装置)をして
山を登りました。
夏場のしょっちゅう水を飲みたくなる時期にはやはり便利です。
それと、氷水を入れた水筒も持って行きました。

夏場の男の川コースは涼しくて良いと思います。
けれども他のコースは暑いので、結局汗だくになった一日でした。


このページのトップへ

葉っぱのモザイク

P6172813.jpg
P6172814.jpg
樹林の下の葉っぱの美しいモザイクです。
[ 筑波山中にて 6月17日 撮影 ]
このページのトップへ

男体山のホシザキユキノシタ咲く

筑波山の男体山頂の「ホシザキユキノシタ」が咲き始めました!

P6172844.jpg
[ 6月17日 撮影 ]

来週位からが見頃になると思います。
このページのトップへ

6月10日 神郡から白雲橋コース

今日の天気予報は雨は降らないが曇りがちの予報です。

P6102614.jpg
今朝は多少寝過ごしてしまいました。
AM06:50に家を出ました。
常磐道の柏ICからINしました。

P6102619.jpg
8時過ぎに筑波山麓の桜井菓子店さんへ。
今日は私が食べるのではなく、お遣い物のあんドーナツを購入しました。

P6102623.jpg P6102621.jpg
神郡の無料駐車場に車を置きました。
今日は富士登山で使用する大きな65リットルのザックを背負います。

P6102624.jpg
08:48に歩き出しました。
気温は24℃で既に暑いです。
筑波山は上半分が雲に隠れていました。

P6102639.jpg
つくば道を登って行きます。
一の鳥居を通過します。

P6102640.jpg P6102648.jpg
真新しい「道標」がつくば道の分岐ポイントに各々建っていました。

P6102652.jpg P6102653.jpg
途中で用達ししながら登って、
09:51、筑波山神社の門前に着きました。
神社の石垣工事もだいぶ進んだようです。
相変わらず、お山には雲が掛かっていました。

P6102657.jpg
09:57、白雲橋石鳥居登山口から再スタートです。
気温は下がって20℃に、有難いです。

P6102660.jpg
森に入ると物音もなく静かでした。

P6102661.jpg
酒迎場分岐は左の白雲橋コースへと進みます。

P6102664.jpg
やはり、森の中は物凄い湿気で蒸し暑かったです。
汗が滴りながらも、数組の登山者さん達を追い越して行きました。
写真は、急登の苦しい所です。

P6102665.jpg
登山口から51分で弁慶茶屋跡に到着しました。
結構大勢の登山者さんが休んでいました。
今朝は来る途中で吉野家で牛丼を食べてきたせいか、
お腹も空かないので、休憩なしで先へ進みました。

P6102667.jpg
弁慶七戻りをくぐり抜け・・

P6102669.jpg
ブナ平(仮称)の新緑を見ながら・・

P6102670.jpg
大仏岩の先には・・

P6102673.jpg
小学校の遠足の渋滞でした。
(茨城県内)坂東市の小学校の3年生だそうです。

P6102674.jpg P6102680.jpg
11:15、渋滞の列に加わって、
ゆっくりのんびりと女体山頂に到着です。
気温は20℃でした。
山の上では少数でしたがハルゼミの鳴き声も聞こえました。

P6102681.jpg P6102683.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
大定番の名物「つくばうどん」を戴きました。

P6102684.jpg
茶店でゆっくり休憩させて貰ってから、御幸ヶ原へ。

P6102685.jpg
男体山へも登ってみます。

P6102686.jpg
13:07、男体山頂に着きました。
先ほど茶店でお逢いしたAさんに追い付きました。

P6102688.jpg
男体山頂のホシザキユキノシタは、まだ蕾(つぼみ)でした、残念。

P6102691.jpg
下山は御幸ヶ原コースで。
途中で中学校の遠足軍団とすれ違いました。
暑いのに元気で、あっぱれ。

P6102696.jpg
スカイラインの水路には、ミズバショウが咲いていました。
意外でした。。

P6102704.jpg
西山通り経由つくば道で山を降ります。

P6102713.jpg
一の鳥居のベンチで休憩しました。
水筒に氷入りの麦茶を持参しました、冷たくて最高です。

P6102718.jpg
麓に降りて来ましたが、遠くに見える里山も白っぽかったです。

P6102732.jpg
買い忘れたモノが有ったので、再び桜井菓子店さんへ。
・・ここでまた話に花がさいてしまい、時間を忘れて小一時間も・・

P6102734.jpg
すっかり予定が狂ってしまい(自業自得)、駐車場へと向かいます。
写真撮影スポットの神郡の見世蔵です。

P6102735.jpg
15:56、やっと、駐車場に戻りました。
お疲れ様でした。

この後は、筑西のお煎餅屋さんへ行ったり、遊湯館に行って汗を流しました。
忙しい夕方でした。

いよいよ筑波山登山は蒸し暑い時期になってきて
厳しくなってきました。
水筒に氷を入れた飲み物を持っていくと助かります。
仕事でストレスが溜まっていたのですが、今日は解消出来ました。
牛丼は登山前に向いている食事だと思います(笑)
このページのトップへ

6月4日 初夏の花咲く筑波山

昨日は日光男体山登山で疲れ果てたので、
今朝はなかなかベッドから起き上がれませんでした。
しかし、天気は良いので勿体無いですから、
やっぱり筑波山へと足が向いてしまいました。
6時半過ぎに家を出ました。

P6042422.jpg
今朝の筑波山は朝もやの中でした。

P6042423.jpg
お山に行く前に、桜井菓子店さんへ。
例の、あんドーナツをを購入。。

P6042428.jpg
私の山友達のペット霊園のIさんに、久々にご挨拶。

P6042436.jpg
車は、梅林西駐車場に置きました。
私の貸切でした。
AM08:42、本日の歩き出しでした。
気温は20℃でした。

P6042440.jpg
第1駐車場から梅林西駐車場へのバイパス道路は、まだ大工事中でした。

P6042441.jpg
木々が生い茂って緑のトンネルです。
筑波山梅林へと入って行きます。

P6042443.jpg P6042444.jpg
P6042445.jpg P6042446.jpg
綺麗な紫陽花(あじさい)が、たくさん咲いていました。
しかし、訪れる人は少なくて勿体無いです。

P6042448.jpg
まだ何となくお山は白んでいます。

P6042452.jpg
綺麗に咲いたツユクサが有りました。

P6042455.jpg 
木道を歩いてみました。

P6042456.jpg P6042457.jpg
梅の実が落ちていました。
イチョウの葉っぱも新緑真っ盛りです。

P6042460.jpg P6042462.jpg
梅林の最上部、「展望あずまや」からの景色です。

P6042466.jpg
木陰の連絡道は、少し涼しく感じられて助かります。

P6042469.jpg
第3駐車場を通って行きます。
今朝は空いていました。

P6042470.jpg
ツバメが居る所を覗いて見ました。
やっぱり居ました。

P6042473.jpg P6042474.jpg
09:17、筑波山神社に着きました。
門前の石垣工事はまだ続行中でした。

P6042476.jpg P6042477.jpg
植えられた美しい薔薇(バラ)を見つつ・・

P6042480.jpg
09:22、白雲橋石鳥居からスタートです。
気温は高めで21℃でした。

P6042481.jpg
森の中は静かでしたが、私のすぐ後からは賑やかな若者グループが
私を追いかけるようにして追ってきます。

P6042483.jpg
酒迎場分岐は私は右の迎場コースへ。
後ろの彼らは左へ行ってくれてホッとしました。(笑)

P6042488.jpg P6042496.jpg
前回の迎場コースでは、小鳥の合唱が聞こえて最高でしたが、
今朝はほとんど鳴いていません、静か過ぎます。
ですが、(左)オカタツナミと、(右)フタリシズカが咲いていました。
帰宅後図鑑を見ると、フタリシズカは筑波山では珍しいそうです。

P6042500.jpg
09:57、33分のハイペースで、つつじヶ丘に着きました。
意外や意外で今朝は凄く身体が軽いのです、絶好調!

P6042503.jpg
しばし休憩ののち、10:06、東筑波ハイキングコースへ再スタートです。

P6042505.jpg
青空が見えて気分が良いです。

P6042508.jpg
オオナルコユリ、初めて見ました。

P6042509.jpg


P6042515.jpg
やがて、東筑波ハイキングコースのハイライトへ。

P6042516.jpg
モミジイチゴ(通称=キイチゴ)の実も成り始めました。

P6042520.jpg


P6042525.jpg


P6042530.jpg
裏筑波の土俵場林道に出ました。
道は深い轍(わだち)になっていますから、
普通の乗用車は底を擦るので走れません。。

P6042534.jpg
10:51、筑波高原キャンプ場に着きました。
約10分程休憩してからキャンプ場コースへ再スタートです。

P6042539.jpg
急坂もグングン登って、前に居た登山者さんを何人も追い抜いて・・

P6042544.jpg P6042546.jpg
11:39、女体山頂に到着しました。
気温は19℃でした。

P6042553.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。

P6042556.jpg P6042558.jpg
本日はカレーうどんをチョイス。
食後はアイスコーヒーでくつろぎました。
標高850Mでのアイスコーヒーは贅沢です。

P6042570.jpg
御幸ヶ原に来ると暑く感じましたが、気のせいではありませんでした。
気温は26℃に一気に上がりました。

P6042574.jpg
下山は御幸ヶ原コースで。
前回は20kgの重たいザックを背負っての下山で苦労しましたが、
今日は嘘のようにサクサク降りて行きました。

P6042581.jpg
神社の大鳥居をくぐって、梅林方面へ山を降ります。

P6042586.jpg
14:56、梅林西駐車場に戻りました。
お疲れ様でした。

P6042595.jpg
また桜井菓子店さんへ寄ってから、
国道125号線→朝日トンネルを経由して・・

P6042597.jpg P6042598.jpg
「やさと温泉ゆりの郷」へ。
新メニューの生姜焼き定食は美味でした!

今日は昨日の男体山登山の疲れも何のその、
絶好調で筑波山を半周して登りました。
自分でも何でこんなに元気なのか判りません(笑)。
今日は初めて見た花が多かったので良かったです。
最近私は暇が有ると植物図鑑を見ています。
現地で咄嗟にその植物の名前が頭に浮かんでくるのには驚きました。
このページのトップへ

弾丸登山はしません。

この夏の富士登山では弾丸登山
= すなわち徹夜の不眠不休で登って頂上で御来光を観る。
と言う弾丸登山の自粛が呼びかけられています。

途中の6~8合目の山小屋で仮眠休憩してから登頂を目指すのならば
まだ良いのですが、全く仮眠無しでの弾丸登山は、
私も決してお勧めはいたしません。

私も富士山でのこの弾丸登山をするのでは?
と言う向きの方も居られるようで心配されましたが、
『私は弾丸登山はいたしません』
なのでご心配なく。。

私の場合は基本的に太陽が出ている時間帯にしか
富士登山はいたしません。
例外的に早朝3時か4時、まだ日の出前に歩き出す事は
ありますけれども。

初めて富士山に登る人には是非、山小屋のご利用をお薦めします。
そのほうがリタイアも少なくなるので登頂達成の確率も高くなります。
このページのトップへ

6月3日 日光男体山登山

今朝は早朝4時に起きました。
少し遠い山へ遠征に行くからです。
その山は、「日光男体山」。
3.11の大震災以来ですから数年ぶりです。

P6032215.jpg
梅雨に入ったはずでしたが、天気予報も良くて全く問題なしです。

P6032219.jpg
一般道を小一時間ばかり走って、東北道の加須ICからINしました。

P6032223.jpg
佐野SAでお決まりの「佐野ラーメン」で朝食としました。
ちなみに写真は大盛り(¥700-)です。

P6032227.jpg
日光宇都宮道路も快適に走りました。
日光男体山も薄っすらと見えてきました。

P6032228.jpg
第二いろは坂を昇り、中禅寺湖畔の男体山の麓まで来ました。

P6032237.jpg P6032236.jpg
二荒山神社・中宮祠の社務所にて男体山登拝の受付をしました。
入山料¥500-を支払うと、安全登山の御札を戴けます。
早速、ザックに付けました。

P6032241.jpg
準備を整えて、AM08:05に登拝門からスタート。
気温はすでに20℃と少し暑い位でした。

P6032242.jpg
まずは、石段を登って行きます。
近年では、パワースポットだとか。

P6032245.jpg
08:10、1合目に到着です。
さあ、ここからが急な坂道の登山道の始まりになります!

P6032247.jpg
木の根っこが邪魔して歩きにくい登山道です。
森の中は、カエルみたいな鳴き声のハルゼミの大合唱です。

P6032248.jpg
今朝はチラホラと登山者さんを見掛けます。
私は、早くもなく遅くもない中速度のペースで登って行きます。
石垣が見えてきました、もうすぐ3合目です。

P6032253.jpg P6032252.jpg
08:30、3合目に着きました。
最初の森は20分で通過は我ながら早いです。
ここからは、しばらく舗装林道を歩きます。
標高が上がって中禅寺湖が良い感じに見えてきました。
小学生連れの親子さん2組が居られました。

P6032255.jpg
以前には無かったのですが、社務所が建っていました。
建物の下は、避難シェルターにもなっていました。

P6032256.jpg
08:50、4合目に着きました。
石鳥居からまた山道に入ります。

P6032258.jpg
V字にえぐれた土の道を登って行きます。

P6032259.jpg P6032261.jpg
09:04、5合目に着きました。
避難小屋の先で初めて小休止しました。
ここから眺める中禅寺湖もなかなか綺麗でした。

P6032264.jpg
この辺はまだ歩きやすいほうでした。
気温は下がって16℃と適温です。

P6032265.jpg P6032266.jpg
09:19、6合目に到着しました。
中禅寺湖は小さくなり、だいぶ登ってきたと実感します。

P6032267.jpg
登山道は、険しさを増していきます。
樹林帯の中を入って行ったり・・

P6032268.jpg
薙(なぎ)と呼ばれる大きな石が重なった難所を登ります。

P6032270.jpg P6032271.jpg
09:41、7合目に着きました。
さほど疲れていないので休憩せずに先に進みます。

P6032272.jpg
大変な登りの「観音薙」(かんのんなぎ)はまだ続きますが、
今日はどうゆう訳か、そんなに疲れません。

P6032275.jpg
鉄の鳥居を過ぎると、間もなくで・・

P6032280.jpg P6032281.jpg
10:03、8合目に到着しました。
ここでまた小休止としました。
滝尾神社にお参りして、煎餅を一枚食べたら再出発。

P6032285.jpg
薙が終わると、幾分登山道の傾斜も緩やかになったような?
谷の中の登山道を登って行きます。

P6032286.jpg P6032287.jpg
10:26、以前には無かったと思った9合目の石碑に来ました。
この辺りで森林限界になります。
前回までは難儀した丸太階段の急傾斜も苦もなく登れました。

P6032288.jpg
森林が無くなると、まるで富士山と同じような火山の砂礫になります。
そうです、この日光男体山も火山なのでした!

P6032289.jpg P6032290.jpg
10:45、標高2484Mの日光男体山の頂上に着きました。
2時間39分(休憩時間を含む)で登頂しました。
今日は前回よりも30分もゆっくりと登ったので、
全然疲れませんでした。

P6032301.jpg
頂上には、二荒山の神様の神像。

P6032298.jpg P6032294.jpg
眼下には中禅寺湖の絶景が広がっています。
下界からは見えにくい日光白根山も良く見えていました。

P6032303.jpg
折角ですからセルフシャッターで写真を一枚。

P6032305.jpg P6032308.jpg
(左)会津駒ケ岳             (右)朝日岳

P6032314.jpg P6032312.jpg
軽い昼食を済ませたら、真の山頂へと行ってみました。
絶景の証明場所=一等三角点です。
山頂のシンボルの神剣は新しくなったようです。

P6032316.jpg
まだ正午前の午前中なので少し時間があります。
そこで、行ったことがない北側斜面の志津峠方面へと
降りて行くことにしました。

P6032317.jpg P6032319.jpg
最初は緩い下り坂で歩きやすいです。
太郎山も良く見えていました。

P6032322.jpg
裏9合目までは、まだ簡単でしたが・・

P6032324.jpg
裏8合目から先は、滑る急な下り坂で降りるのも一苦労でした。

P6032328.jpg P6032329.jpg
このような痩せ尾根の所は、少しスリルがありました。

P6032334.jpg
大きな雪渓がまだ残っているのを見てビックリしました。

P6032335.jpg
腕時計が正午を知らせました。
残念ながら時間切れ、タイムアップです。
ここで下山をやめて、頂上へ引き返します。
裏7合目の樹林帯の中での決断でした。

P6032338.jpg
表側とはまた違って、裏側でも荒々しい男体山が見られました。
やはり火山でした。

P6032350.jpg
登り返しは思った以上に大変な行程でした。
やっと頂上に戻りました。

P6032353.jpg
12:55、下山を開始しました。

P6032358.jpg P6032359.jpg
シロヤシオの花と中禅寺湖です。
シロヤシオは思ったほどは咲いてはいませんでした。

P6032362.jpg
4合目まで降りて来ました。

P6032371.jpg
普段は3~1合目までは、小走りで降りるのですが
疲れてしまって走れず、ゆっくりと歩いて降りて来ました。

P6032373.jpg
14:51、中宮祠の登拝門に無事に帰ってきました。

P6032375.jpg P6032374.jpg
¥200-を支払い、登拝番付札を奉納しました。
私は今回が初めてでした。

P6032377.jpg
ここ中宮祠の天然水も売っていたので、即買って飲みました。
¥200-で冷蔵庫で冷やされていて、美味しそうでしたので。

P6032379.jpg
すぐ近くの温泉場=湖畔の湯で汗を流しました。
日光湯元の温泉を引いているとても良い温泉です。

P6032382.jpg 
午後の日光男体山には山の上には雲が掛かっていましたが・・

P6032391.jpg P6032396.jpg
私が温泉から出た1時間半後の夕暮れ時には、雲は取れていました。

P6032409.jpg P6032406.jpg
夕食は高速を降りてから、山田うどんで。
生姜焼きセットで大満足でした。

今回は日光男体山を1登り半しました。
登り返しは厳しいトレーニングになりました。
それと、やっぱり今回も怪我をしました。
毎回この山の下山では決まって怪我をするのですが、
今回は大怪我ではないのですが、左右両足の脛(スネ)に切り傷が多数。
薙を降りる時に、ぶつけてしまうからです。
でも、今日は山頂からの景色が最高で良かったです。
このページのトップへ

中禅寺湖の夕暮れ

P6032394.jpg
夕暮れの奥日光・中禅寺湖。
(6月3日撮影)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (440)
富士山 (181)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (9)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (114)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム