山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

8月26日 ② 吉田の火祭りを観に行く

須走口を日帰りで富士登山したのちには、
東富士五湖道路に乗って、富士吉田市へと急ぎました。
今日、8月26日は『吉田の火祭り』の日なのです。
富士山の夏山のお山仕舞いを告げるお祭だそうです。

P8265004.jpg
私の車は、道の駅富士吉田に停めました。

P8265007.jpg P8265005.jpg
着替えたりして準備を整えて、金鳥居へと出発です。
国道138号線沿いにウォーキングです。

P8265006.jpg
稲穂の向こう側には、富士山が見えました。

P8265010.jpg
すでに交通規制が始まっていました。

P8265012.jpg
30分歩いて、北口本宮冨士浅間神社前に来ました。
正面の鳥居の所にも、大松明(おおたいまつ)が有りました。

P8265016.jpg
金鳥居に向かう丁字路には、大勢の人だかりが!

P8265020.jpg
18:10、浅間神社から出発した、富士山型の御神輿が走り出しました!

P8265023.jpg
大勢の観衆も、御神輿の後を追いかけるようにして
金鳥居方向へと向かいます。
私も群衆に飲み込まれました。もの凄い人の波です。

P8265032.jpg P8265033.jpg
いよいよ大松明と、組んだ井桁にも火がつけられ始めました。

P8265034.jpg P8265039.jpg
先ほどよりは人の波も崩れたので、いくらか余裕が出てきました。

P8265041.jpg
日が落ちてくると、ますます大松明の火が映えます。
日の暮れた富士山も見えています、よく見れば山小屋の明かりも。

P8265042.jpg
松明の近くに寄ると、熱い位の炎でした。
火の粉には要注意、服が焦げます。

P8265047.jpg
金鳥居の方向に向かって、一本一本大松明に火を点火して行きます。

P8265050.jpg P8265053.jpg
金鳥居の大松明にも火が入りました。
この付近は、特に人波でごった返していました。

P8265061.jpg
メインイベントの金鳥居前での男衆の提灯をかざした雄姿。
・・・でしたが、私は横から写すのが精一杯でした。
正面からの写真は他の方の素晴らしいお写真をご覧下さい☆

P8265066.jpg
金鳥居からは、右折して裏通りにて帰る事にしました。

P8265069.jpg P8265074.jpg
一本裏道に入ると、静かでしたが風情が有りました。

P8265077.jpg
北口本宮冨士浅間神社にもお参りしようと思いました。
正面の鳥居から入って行きました。

P8265080.jpg 
参道にも若干ですが、大松明が灯されていました。

P8265084.jpg
この夏、初めてお参りしました。

P8265090.jpg
浅間神社をあとにすると、ひたすら元来た国道を戻りました。
国道と言っても薄暗くて、ライトを持ってくれば良かったと後悔。

P8265092.jpg
20:10、道の駅富士吉田に無事に戻りました。
富士山に登った後にまたウォーキング、今日は充分に運動しました。。

P8265093.jpg
ついでに、ここで水汲みをしました。

P8265094.jpg
幸楽園で夕食をしてから帰路に就きました。
今夜は温泉には寄らずに家に帰ってからお風呂に入ります。

P8265103.jpg
関越自動車道に入った埼玉辺りで、
集中豪雨の中の走行になりました。
ワイパーも効かず、緊張の運転でした。

P8275121.jpg P8275124.jpg
今日のお土産は、『富士山プリン』でした。
北口本宮冨士浅間神社近くの洋菓子店、KIMURAYAさんで買いました。
以前から雑誌で見ていて知っていましたが、今日やっと買えました。
お味もお値段も高級プリンでした。また機会があれば買いたいです。

このページのトップへ

8月26日 須走口5合目からガイド登山

先週の富士登山は充実した内容でしたので、
“お腹一杯”的な感じで、今回はお休みにしたいと思いましたが
明日は8月26日と言う、“特別な日”ですので、
やはり富士山へと向かいました。

P8254878.jpg
前夜の仕事が終わって、夜8時に家を出ました。
高速道路の下り車線は、空いていました。

P8264893.jpg
23時前には、須走口5合目の駐車場に車を停められました。
翌朝04時の時点では、既に5合目の駐車場は満車!
Uターンして路肩駐車が始まっていました。

P8264898.jpg
4時起床、5時には歩き出しました。
今日はお天気も良さそうで登山日和になりそうです。

P8264903.jpg P8264908.jpg
まずは、山荘・菊屋さんにご挨拶。
AM05:07、綺麗な御来光が出ました。

P8264909.jpg
急きょ、菊屋さんのアルバイトの、NARUMIさんも一緒に登山する事に。
ベテランのバイトさんですが、初めての富士登山だそうです。

P8264911.jpg
05:35、須走口・新5合目の登山口からスタートです。
(写真がブレて、すみませんm(__)m)

P8264913.jpg
古御嶽神社を過ぎると、いよいよ森の中です。
気温は、14℃で適温です。

P8264914.jpg P8264915.jpg
やはり、夜間に登る人が多いのか、朝の登山道は空いています。
富士山の秋の花の「フジアザミ」も咲いていました。

P8264916.jpg
標高約2000M地点に在る、菊屋さんで約2ヶ月間アルバイトした
NARUMIさんは、『高度順応』は完璧に出来ており、
呼吸も全く問題なしです。

P8264917.jpg
美しい山中湖が見えてきました。
これぞ、富士登山の醍醐味です。

P8264918.jpg
06:37、6合目目・長田山荘さんに到着しました。
ここまで1時間は、ハイペースです。

P8264920.jpg
NARIMIさんは、私の富士登山レクチャーをよく聞きながら、
登ってくれました。
私がペースを作って先頭で進みました。
NARUMIさんが懸命に後ろに付いて来てくれました。

P8264921.jpg P8264923.jpg
07:23、本6合目・瀬戸館さんに着きました。
NARUMIさんは、金剛杖に焼印を押して貰いながら登ります。
雲が少しづつ多くなってきました。

P8264925.jpg
NARUMIさんはとても元気です。
登山道に居る、ほとんどの登山者さんを追い越しました。

P8264927.jpg P8264930.jpg
08:19、7合目・大陽館さんに到着です。
NARUMIさんはまだ余裕の表情。

P8264931.jpg
登山道は、ここからが急坂になり試練の場所となります。
ですが、昨日降った雨で砂地も落ち着いているので
今日の登山道のコンディションは良いです。

P8264932.jpg P8264935.jpg
標高3000Mを越して、NARUMIさんにもさすがに疲労が見えます。
ですが、私に遅れまいと頑張っています。
深呼吸しながらの楽な登り方をお教えしました。

P8264936.jpg
09:03、本7合目目・見晴館さんに到着。

P8264937.jpg P8264938.jpg
09:36、8合目目・下江戸屋さんでは、景色を眺めながら休憩しました。

P8264944.jpg P8264943.jpg
10:00、本8合目・富士山ホテルさんに着きました。
ここからは吉田ルートと合流します。
NARUMIさんの金剛杖の焼印もだいぶ集まりました。
私は持参したリポDで気分転換です。

P8264946.jpg
やや永い休憩ののち、10:16、本8合目から出発します。

P8264948.jpg
見下ろすと雲がだいぶ多くなってきました。
青空は何処に?・・

P8264951.jpg
8合5勺を過ぎると、登山者さんが大勢登っていました。

P8264953.jpg
しかも最後の胸突き八丁の岩場では、大渋滞中!

P8264954.jpg
ここは無理をせずに諦めて牛歩で歩きました。

P8264956.jpg
11:35、測(はか)ったように、6時間ジャストで無事に登頂!

P8264957.jpg
NARUMIさん、富士山初登頂、おめでとう。
私は今シーズン11本目の登頂でした。

P8264959.jpg P8264960.jpg
頂上・扇屋さんでカレーうどんを戴きました。
山口屋さんが閉館してしまったので、
お客さんが多いので早めに退散しました。
富士登山の達人、佐々木さんとこの夏やっと再会出来ました!

P8264961.jpg
頂上の気温は、8℃と昼間でも寒いです。

P8264962.jpg
団体ツアーも多くて大勢の登山者でごった返していました。

P8264964.jpg
NARUMIさんの金剛杖への焼印も全部集まりました(めでたし)。

P8264969.jpg
NARUMIさんはお鉢巡りは遠慮すると言いますので、
せめて大内院(=噴火口)を見せてあげてから・・

P8264970.jpg
12:49、下山を開始します。

P8264971.jpg
降り口の岩の所には、ツララが下がっていました。
(山口屋さんが閉めてしまったのも納得です)。

P8264972.jpg
下山は、ブル道を降りて行きます。

P8264974.jpg
最初は下山がぎこちないNARUMIさんでしたが、
私がコーチして、スムーズに降りられるようになりました。
姿勢も良いです。

P8264975.jpg
下江戸屋さんまで降りて来ると、少し暑くなりました。
上着を一枚脱ぎました。

P8264977.jpg P8264979.jpg
NARUMIさんはとてもスムーズに降りて行きます。
どんどん下山中の人を追い抜いて行きます。

P8264980.jpg
大陽館さんでしばし休憩。
太陽館さんのイラストの絵は、いつも見事です。

P8264982.jpg
14:09、いよいよ「砂走り」に突入します。

P8264983.jpg
NARUMIさん、ここで突如の大乱調!
脚に力(ちから)が入らなくて、うまく降りられません。

P8264984.jpg
私がどんなにレクチャーしても、彼女に脚力が無いので仕方なし。。

P8264985.jpg
私には言葉でNARUMIさんを励ます事しか出来ません。

P8264986.jpg P8264987.jpg
15:08、悪戦苦闘の末、
砂払い5合目・吉野屋さんにようやく着きました。
後半は私がNARUMIさんのザックも持ってあげました。
(NARUMIさんのザック、意外と重かったです。。)

P8264988.jpg
最後の森の中も頑張って歩いて貰いました。

P8264989.jpg
15:46、登山口に無事に降りてきました。
下山時間は、2時間58分でしたから、まあまあでした。

P8264991.jpg
山荘・菊屋さんに帰還しました、お疲れ様でした!
早い時間の帰還に、スタッフの皆さんはびっくりされていました(笑)

P8264993.jpg
こけももソフトクリーム、大変に美味でした、ご馳走様でした。

P8264998.jpg
NARUMIさんは、そのまま私の車に乗って下山しました。
麓の温泉に入ってから、
夜の飛行機に乗って故郷の北海道に帰って行きました。

今回は、思いがけないガイド登山となりましたが、
楽しかったです。
高度順応が完璧なNARUMIさんでしたので、
普段、運動はほとんどしないそうでしたが、
考えられない位のハイペースで登る事が出来ました。
それと、NARUMIさんには私の富士登山の極意を伝授しました。
私のアドバイスを忠実に守ってくれた成果とも言えます。
私の富士登山の極意は、一緒に登る人にしかお教えしません、
悪しからず。。

[ 本日の登山データ ]
登り標高差 = 1710M
登り = 6時間00分ジャスト(休憩時間を含む)
下り = 2時間58分
万歩計歩数 = 2万6千歩
このページのトップへ

空を見上げていると・・ 

本日(8月28日)の昼下がり、
私の(自宅の)店先から何気なく空を見上げていたら・・

P8285129.jpg●南西の空から何やら変な物体が!!
P8285130.jpg●レンズをズームアップして観ました。
P8285133.jpg●案外かなりの高度です。
P8285135.jpg●右へ曲がりました。
P8285137.jpg●我が家の上空を通過。
P8285140.jpg●某保険のCM入りの飛行船でした!
P8285142.jpg●エンジン音は静かです。
P8285145.jpg●北へと進みます。
P8285146.jpg●さようなら~、また来てね。。
P8285148.jpg●秋のウロコ雲の季節です。

飛行船は、本当に久しぶりに観ました。
小学生だった頃、たまに「日立キドカラー」(=カラーテレビ)と言う
CM入りの飛行船を見た事を思い出しました。

(息抜きで、いつもと違う話題の記事を書きました)
このページのトップへ

8月20日 灼熱の富士登山

昨夜は身体全体が火照ってしまい、なかなか寝付けませんでした。
しかしながら、目覚ましアラームをセットしていなくても
日の出の30分前には目を覚ましました。

P8204726.jpg P8204737.jpg
午前05時02分、5合目・佐藤小屋さんの前庭からの御来光です。
その瞬間、富士山は一瞬ですが『赤富士』に変化します。
神戸から居らして同宿となったTokiさんのお父様と一緒に観ました。

P8204742.jpg P8204743.jpg
足元には秋の花が咲いていました。
{ トリカブト }                  { アキノキリンソウ }    

P8204744.jpg
ミヤマオダマキは、まだ元気に咲いていました。

P8204745.jpg
朝食をしっかりと戴いてから、
AM08:08、星観荘さんから本日のスタートです。
気温は20℃でした。

P8204747.jpg
先に星観荘さんから出発された、Tokiさん親子さんに追い付きました。

P8204749.jpg
旧5合5勺・経ヶ岳では、富士講の方々が御祈りの最中でした。

P8204750.jpg P8204751.jpg
6合目・安全指導センターの下まで来ました。
スバルライン5合目付近には雲が有りましたが、
本日は登山日和です。

P8204752.jpg
御来光を見終わって下山して来た人たちで登山道は一杯です。

P8204755.jpg
でも、これから登る登山道は、ガラ空きです。

P8204756.jpg
登って行くと、時たま登山者を見掛けます。
それにしても今朝の日差しは強烈です、
気温は何と24℃!、富士登山中の気温としては異常な暑さです。
ここで、同宿された熊本から居らした方と遭遇しました。

P8204758.jpg
09:17、7合目の花小屋さんに到着。
あまりの暑さに「クーリッシュアイス」を購入。
食べる前に首筋とかを冷やしました(笑)

P8204759.jpg
鳥居荘さん辺りで、やっとクーリッシュアイスが少し融けたので
食べることが出来ました、変な苦労をしています(笑)

P8204761.jpg
このルートの一番の難所の太子館さん手前の岩場です。
ですが、今日は一度も立ち止まらずにすんなり通過しました。

P8204762.jpg P8204763.jpg
10:16、8合目・太子館さんに着きました。
目標だったここまで2時間には少しオーバーしましたが、
それでも良いペースです。

P8204764.jpg
太子館さんでは休まずに、蓬莱館さんまで一気に来ました。
ここでもまた同宿となった健脚の年配の方とお逢いしました。

P8204765.jpg
暫く雨が降っていませんから、登山道は大変にザレています。
砂で小石が浮いて滑りまくりです。。

P8204767.jpg
やっと涼しい風が時折吹くようになってきました。
ここも休憩せずに通過します。

P8204768.jpg
それでもいつもよりも暑いので、普段よりも多くの水分を必要とします。
水筒に入れてきたお茶が無くなったので、
本8合目の富士山ホテルさんで、冷たいお茶とリポDを購入しました。

P8204769.jpg
本8合目から出発します。
登山者は普段よりも少ないです。

P8204771.jpg
8合5勺の山小屋前も空いています。

P8204772.jpg
9合目の鳥居が見えてきました。
6合目から私の前を常に先行していた欧米人さんは、
いつの間にか私の遥か後ろに。
今日の私のペースは、体力温存策で全力の6割位の早さです。

P8204774.jpg
頂上直下の胸突き八丁の岩場も割合空いていましたので
ノンストップで快調に登れました。
いよいよGOALの石鳥居が見えました。

P8204777.jpg
12:16、頂上に到着しました。
今シーズン10本目の登頂です。
8合5勺の山小屋からはノンストップで来ました。
星観荘さんからは、4時間08分でした。
気温は20℃でした。

P8204779.jpg
いつものように扇屋さんで休憩させて貰いました。
星観荘さんから23時に出発された富士吉田からのカップルさんも
無事に登頂されたと聞いて安心しました。。
右膝にガッシリとしたサポーターを巻いて下山の準備をしました。

P8204785.jpg
(通称)富士山銀座を辞して、御殿場口へと向かいます。

P8204792.jpg
雲海を眺めながら、お鉢の縁を進みます。

P8204796.jpg
新しい「奥宮」が組みあがってきました。

P8204800.jpg P8204799.jpg
富士山頂郵便局です。
世界遺産スタンプが表示されていました。
( みけねこさんに先日、
このスタンプ入りの残暑お見舞いを戴きました。。感謝 )

P8204801.jpg
13:33、御殿場口から下山を開始します。

P8204802.jpg
この時間は登る人も降りる人も少ないです。

P8204808.jpg
大砂走りに突入しました。
ガスで真っ白だった視界が一瞬開けて、宝永山が見えました。

P8204810.jpg
小走りで駆け降りています。
標高を下がると、青空の窓が見えました。

P8204812.jpg
傾斜も凄く急になり、スコリアの砂地もとても深いので
ここで試しに「全力疾走」!
一歩で3メートル!!、と言うのは嘘ではありません。
三段跳びみたいに必死で走ると、3メートルでした。

P8204817.jpg
御殿場の街までが見渡せるようになりました。
しかし、下山道の傾斜は少しづつ無くなって、その分ツライです。

P8204830_201308232228144a1.jpg
突然、虹が現れました!、びっくりです。

P8204831.jpg P8204833.jpg
15:52、待望の大石茶屋さんに着きました。
こちらのご主人さん&奥さん、それからお姉さんにもご挨拶。

P8204834.jpg
まずは、かき氷を。 冷たくてことさら美味しいです。

P8204835.jpg
夕食もこちらで済ませてしまう事にしました。
大石茶屋さんのカレーライスは絶品です。

P8204840.jpg P8204841.jpg
屋根の鉄板に激しい音が響きました。
気がつくと、突然のゲリラ豪雨が来襲!
洗面器の天水は、何かに利用します(笑)

P8204847.jpg P8204849.jpg
約1時間後、豪雨は止みました。

P8204848.jpg
雨が止んだところで即、大石茶屋さんからおいとましました。

P8204852.jpg
17:46、登山口に降りて来ました。

P8204857.jpg
車を置いた第二駐車場に到着しました。
お疲れ様でした。

P8204859.jpg
マイカーに乗り込んだ途端に豪雨の第二弾が襲来しました!
しかしこの時には吉田口のほうには雨は降らなかったとの由。

P8204861.jpg
下山後は、この夏初めての「御胎内温泉」へ。
自衛隊の夜間演習の爆撃音が凄かったです。

P8204866.jpg
帰路は東名高速で。
足柄SAで水汲みをしました。

P8204867.jpg
高速道路は深夜になろうとしているのに大渋滞。
事故渋滞と工事渋滞のダブルパンチでした。
結局、日付が変わってから家にたどり着きました。

今日の登山は暑い&暑い富士山でした。
頂上では最高気温22℃までいったそうです。
登っていて暑かったので、熱中症にならないかと心配しました。
でも、凍えるような冷たい雨の中の富士登山と
今日のような暑い富士登山とではどちらが良いかと訊かれれば、
暑いほうがまだ良いと思いました(笑)
夏の花粉アレルギーで咳が出て困りました、
帰宅後すぐに耳鼻科に行きました。
それと、不思議なことに右膝がぽぼ治りました。
大砂走りを全力で走ったのが良かった!?・・なんて(笑)

[ 本日のデータ ]
登り標高差 = 1400M
登り = 4時間08分 (休憩時間含む)
下り = 2時間27分
万歩計歩数 = 3万4千歩
このページのトップへ

P8204830.jpg
8月20日の夕方、
富士山・御殿場口新5合目付近に現れた虹 です!
この後、ゲリラ豪雨が来襲!!
このページのトップへ

8月19日 試練の御殿場ルート&お鉢巡り

今週も富士山の主要登山道はマイカー規制中です。
なので規制が無い、御殿場ルートを登ろうと思いました。

P8184566.jpg
仕事が早く終わりましたので、19時前には家を出ました。
首都高速では、東京スカイツリーのすぐ脇を通りました。

P8184568.jpg
下り線ですので、東名高速道路は空いていました。

P8184579.jpg
22時前には、御殿場口新5合目の第二駐車場に車を置きました。
この夜はほぼ満月で、月明かりが凄く明るいです。
思わず、このまま登山道を歩き出しても良いかな・・
とも思ってしまいました。
しかし予定どうり、無難に車中泊としました。
駐車場内は静かで熟睡出来ました。

P8194581.jpg
小水で起こされて、もう一度寝ようかと時計を見たら、
もう起きなければならない時間でした。
まだとても眠かったのですが、諦めて起きて準備に掛かりました。
AM04:08、御殿場ルート登山口の鳥居からスタートです。
標高は、1440M。新5合目と言いますが本当は旧2合目です。

P8194582.jpg
私のすぐ後に1組のグループがついて来ます。
10分後、大石茶屋さんに着きました。
しかしまだ就寝中でしたので、このまま先に進みます。

P8194583.jpg P8194584.jpg
大石茶屋さんから一歩出ると、砂漠の大海に旅立ちです。
次の営業小屋までは、早くても4時間は掛かります。

P8194590.jpg
ヘッドランプを灯しながら、暗い登山道を登って行きます。
最初から飛ばすとあとでバテるのが怖いので、ゆっくりペースです。
でも、すでに私の後ろには誰も居ませんでした。
下界には御殿場市内の明かりが見えていました。

P8194594.jpg
だんだんと富士山の山の輪郭が浮かんできました。

P8194615.jpg P8194617.jpg
05:05、御来光が出ました。
朝日に照らされるオレンジ色の富士山です。

P8194623.jpg P8194624.jpg
まずは、富士山の左手の宝永山の高さを越さなければなりません。
しかし、果てしなく遠く感じます。
巨大なフジアザミの花が咲き始めました、もうすぐ秋です。

P8194629.jpg
05:20、新5合5勺の次郎坊に着きました。
ここで軽く栄養補給です。
ここからは超ハードな登りが続くので、定期的な栄養補給が不可欠です。

P8194630.jpg P8194631.jpg
太陽が昇ると一気に灼熱になりました。
20℃以上にもなります。
それにも増して、雨が暫く降っていないので、
登山道は砂地が深くなっていて足を取られます。

P8194632.jpg P8194634.jpg
まだ標高は、たったの2000M。
あと1000Mは登らないと砂地獄からは抜け出せません。。

P8194636.jpg
下界は異常高温なので、雲と水蒸気が多くて見晴らしもイマイチです。
それでも山中湖が何とか見えました。

P8194637.jpg P8194638.jpg
07:13、やっと新6合目に着きました。
ここは旧5合目だったそうです。
景色を見ながら栄養補給です。

P8194640.jpg
先行していた登山者さん3人に追い付きました。
若いお兄さんは午前1時半にスタートだったそうです。
もう1人の人は私よりも1時間早く出発したそうです。
とにかく登っていても暑いです。

P8194641.jpg
しばらくは、このお三方と一緒に登っていたのですが、
いつの間にか私の後ろの彼方に。
やっと宝永山と同じ高さに来ました。

P8194643.jpg
待望の標高3000Mに到達しました。
でも、ここからの残り標高差700Mが一段と厳しいのです。

P8194644.jpg
08:46、7合目に到着しました。

P8194649.jpg P8194651.jpg
日の出館は休業中でしたので、頑張って7合5勺の砂走館さんまで
休まずに行きました。
さすがに疲れを覚えたので、持参したリポDで元気回復です。

P8194652.jpg
砂地を抜け出しても、今度は登山道はいつもよりもザレています。
富士宮から登って降りて来た人がとても多いです。

P8194653.jpg
09:52、7合9勺の赤岩八合館さんに着きました。
ここから順調に行けば、1時間半で頂上に着きます。

P8194654.jpg
普通は標高が上がれば気温は下がります。
しかし今日は逆に上がって気温24℃!
汗だくで登ります。富士山じゃないみたい。

P8194659.jpg
最後の難関、高さ300Mの絶壁のジグザグ道です。

P8194660.jpg
ひたすら耐えて、ほぼノンストップで頂上に到達。

P8194663.jpg
11:18、御殿場口頂上に到着しました。
7時間10分の旅でした。
セルフシャッターで写真を撮りました。
気温は21℃と異例の暑さでした。

P8194666.jpg
新しい奥宮の工事は、屋根が掛かりました。

P8194669.jpg P8194670.jpg
奥宮にお参りしました。
富士館さんでは、ペットボトルのお茶を買いました。
驚いた事に、奥宮前の広場には嘘のように登山客が少なかったです。

P8194673.jpg
この夏は、まだ剣ヶ峰を踏んでいません。
今日こそは頑張って行ってみます。
しかし、馬の背の“超”急坂を登らなくてはなりません。。

P8194675.jpg
真の富士山頂=剣ヶ峰にて記念撮影です。

P8194676.jpg
大内院(=噴火口)がよく見えました。

P8194684.jpg
お鉢巡りもしました。
空気が薄くて、たとえ小さな登り坂でも難儀します。
私はまだ膝を痛めていますので、のんびりと歩きました。

P8194689.jpg
12:50、須走口&吉田口の頂上に着きました。
ここで吉田口から登って来る、ある御方を待ちます。

P8194692.jpg
東京にお住まいの「みけねこさん」です。
前回お逢いしたのは数年前に筑波山に御一緒して以来です。

P8194693.jpg
私も記念にまた一枚。

P8194696.jpg
いつものように扇屋さんで休憩した後、
私も、みけねこさんと一緒に吉田口へと降りて行きます。
14:27、下山開始です。

P8194697.jpg
やっぱり午後の吉田口は雲の中でした。

P8194698.jpg P8194699.jpg
早歩きで順調に降りて、6合目の安全指導センターまで来ました。

P8194700.jpg
お名残惜しいのですが、みけねこさんとはここでお別れ。
みけねこさんは、スバルライン5合目へ。
私は吉田口へ降ります。

P8194701.jpg
気持ちがホッとする緑の登山道は、意外に滑る滑る。
雨が降らないせいです。

P8194702.jpg
16:17、頂上から1時間50分で星観荘さんに到着です。
今夜はここに投宿です。
お疲れ様でした。

御殿場ルートは雨の後のほうが登りやすいです。
ですが今回はカラカラでしたから大変でした。
今日はとりわけ気温が高くてバテそうになりましたが、
何度も立て直して自分のペースを作れました。
みけねこさんとも久しぶりに再会出来て良かったです。
この日の私のザックの重さは、10kg丁度でした(ハカリで測りました)。
前回まではかなり重い・・・と感じた重さでしたが、
今回は重いとは感じませんでした。
やっと今頃になって、身体が富士山に馴染んだのでしょう。

[ 本日のデータ ]
登り標高差 = 2336M
登り = 7時間10分 (休憩時間含む)
下り = 1時間50分
万歩計 = 3万7千歩
このページのトップへ

御来光 2種

P8194611.jpg
8月19日(月曜日)、御殿場口・新5合5勺手前にて撮影。
ここからは遮ぎるものが何も無いので、雄大な御来光が拝めます。

P8204720.jpg
8月20日(火曜日)、吉田口5合目・佐藤小屋の庭先から撮影。

P8204714.jpg
そのズームアップです。
思いもよらない予想を超えた御来光に感動。。
このページのトップへ

富士山世界遺産記念切手シート

P8164550.jpg P8164546.jpg
富士山の世界遺産切手シートが発売中です。
(左)切手シートの表装が素晴らしいです。
(右)左頁が切手シートの本体。 右頁が各切手の解説。

発売価格 ¥1500-

欲しい人は、お家の近くの郵便局へGO!
このページのトップへ

やっぱりね

この夏の富士山は決して物凄くは混んではいません・・
と言うのが私の実感でしたが、やっぱりね!

   ↓  ↓  ↓

<<クリックして下さい>>

確かに2010年のシーズンは早朝から登山道は混んでいました。。
今年はまだそんな様子には遭っていません。
このページのトップへ

8月12日 筑波山ゆるゆる登山

渋滞予測が各高速道路会社から発表されています。
それによると、今週の富士山方面への行き来は渋滞にはまりそう
なので、今週の富士登山はお休みにしました。

P8124480.jpg
今朝はゆっくり、午前9時に家を出ました。
夏霞で遠くからは見えなかった筑波山も、麓に来たら見えました。

P8124483.jpg
10時過ぎには、筑波山の「つつじヶ丘」に着きました。
観光客の車で駐車場は7割り方埋まっていました。

P8124487.jpg
準備を整えて、AM10:31、「おたつ石コース」のスタートです。

P8124492.jpg P8124493.jpg
今日は、私の甥っ子(高1)と一緒です。
気温は、30℃。 物凄い暑さです。
( 富士山へ帰りたい・・・ = 私の心の声 )
アザミの花が咲いていました。

P8124494.jpg
森の中の日陰に入って、ようやく少しは楽になります。

P8124495.jpg
25分で、弁慶茶屋跡地に着きました。
熱中症にならないように、水分を摂りながら登ります。

P8124496.jpg P8124498.jpg
「弁慶七戻り」にて記念写真。

P8124500.jpg
甥っ子は身軽にヒョイヒョイ登って行きます。
私は付いて行くのが大変。。
登山道に居る人を全員追い越しました。

P8124501.jpg P8124503.jpg
11:21、50分で女体山頂に到着しました。
気温は下がって26℃と、涼しくなりました。
山頂はたくさんの観光客で一杯でした。

P8124506.jpg P8124508.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
本日はカレーうどんを戴きました。
それと、富士登山の様子をご報告。。

P8124512.jpg P8124513.jpg
今日は暑いし、その上、私の膝もまだ良くありません。
なので、ロープウェイで下山します。
12:40発のロープウェイに乗車しました。

P8124516.jpg
甥っ子が小さい時には何度かこのロープウェイに乗ったのですが、
彼は覚えていなくて、今回が初めて乗るような感じでした。

P8124519.jpg
つつじヶ丘駅で、茨城梨ソフトを食べました。
梨味はソフトに合う!~

P8124522.jpg
PM1時、駐車場に戻りました。
お疲れさまでした。
日差しが強烈で軽く30℃オーバーです、とにかく暑い。

P8124528.jpg
その後は、甥っ子のリクエストに応えて、何故か釣具店へ。

P8124529.jpg
それから、柏の温泉へ。

P8124531.jpg
夕食も食べてから帰宅しました。

今日の筑波山登山は、本当に無理をしない「ゆるゆる登山」でした。
無理な登山は熱中症になりかねません。
登っている時は、とても暑かったのですが、
山の上に着くと涼しい風も吹いて、さわやかでした。
このページのトップへ

富士山登頂証明のハガキ

ちょっと前の事ですが・・
自分宛に富士山登頂証明の葉書を富士山頂から投函しました。

P8074470.jpg
スタンプは、富士山頂、浅間大社奥宮にて押しました。
(久須志神社にはありません)

P8074474.jpg
驚いたことに、投函して2日後には我が家に届きました!
普通は4日位は掛かるのに、今回は凄く早かったです。

このページのトップへ

8月6日 カッパを着たり脱いだりで忙しい富士登山

昨夜は、2つの大ツアーが泊まった星観荘さんは定員一杯の満館でした。

P8064388.jpg
AM05:01、5合目・佐藤小屋さん脇からの御来光です。
雲が多くて、何だかスッキリしない御来光でした。

P8064394.jpg
朝食は、台湾から居らした親子さんと中国語の会話を楽しみながら
ゆっくりと戴きました。
08:30、気温20℃と蒸し暑い中、星観荘さんからスタートです。
雨が少し降っていましたので、レインウェアの上下を着用です。

P8064395.jpg
5分ほど登った経ヶ岳では雨が止んだので、レインウェアを脱いで
ザックへしまいました。

P8064397.jpg
安全指導センター下に着くと、また小雨が降り出しました。
レインウェアの上着だけ慌てて着込みました。

P8064398.jpg
この時間は下山して来る人は多かったのですが、
これから登る人は少なかったです。
ご覧のように登山道は空いています。

P8064404.jpg

P8064408.jpg
7合目に入ると霧が掛かっていましたが、雨は上がりました。
蒸し暑いのでレインウェアをまた脱ぎました。

P8064409.jpg
10:35、8合目に着きました。
ここまで実質2時間弱、久々のハイペース登山です。
しかし、ここでまた小雨が降り出しました。
レインウェアの上着だけ着ました。
気温も14℃と寒くなってきました。

P8064412.jpg
白雲荘さんに着く頃には、雨は本降りになりました。
レインウェアのズボンも装着、完全武装です。

P8064415.jpg
出発時に頑固親父さんに戴いた、リポDで元気回復、絶好調。

P8064416.jpg
11:44、本8合目から出発です。
雨は依然として降っています。

P8064418.jpg
8合5勺の山小屋を通過して頂上までノンストップで行きたいです。
しかし、頂上直下では立ち止まってしまう人が続出でした。
でも、声を掛けて失礼して、私はどんどん先に進みました。

P8064423.jpg
今日は、実質3時間45分で登頂。
久しぶりのハイペースで登る事が出来ました。
最近自信が無くなってきていたのですが、まだまだやれる・・かも(笑)。
頂上は雨は止んでいました。
気温は下がって、11℃でした。

P8064424.jpg P8064426.jpg
頂上、久須志神社前ではイベントが行われていました。

P8064428.jpg
色んなグッズを戴きました。
今日登ってLUCKY!

P8064429.jpg
今回の登頂で今シーズン8本目、通算60回目の登頂となりました。
扇屋さんの富士山写真家・小岩井さんと記念撮影です。

P8064430.jpg
今日は下山がツラかったです。
まだ右膝が治っていませんので、気をつけながら下山します。
また雨が降り出したので、レインウェアを着ています。

P8064433.jpg
とは言うものの、私の歩く速さは普通の人の2倍の速さなので
先に歩いている人をほとんど追い越しました。
やはり、この日の午後もお中道は真っ白でした。

P8064434.jpg
安全指導センターまで来ると、雨が止んだのでレインウェアを脱ぎました。
6合目まで降りると、蒸し暑いです。

P8064439.jpg
6合目・星観荘さんに預けた荷物を回収して下山します。
残念ながら頑固親父さんは、お仕事で既に下山されていました。
また雨が降ってきました。
レインウェアの上着だけを着ました。

P8064441.jpg
5合目下で、雨は本降りに。
おまけに遠くでは雷鳴も聞こえます。
レインウェアのズボンも慌てて履きました。

P8064442.jpg
こんなお天気ですから、下から登って来る人は少ないです。
それでも、2組だけすれ違いました。
そのうちの1組は外人さんグループ。
私が英語で、良い旅を&良い富士登山を!
と話しかけたら大変に喜んでくれました(笑)。

P8064443.jpg
可憐な青白い花が咲いていました。

P8064449.jpg
1合目からは、旧登山道で下山しました。
こちらの道のほうがフカフカで脚に優しいのです。

P8064453.jpg
17:19、足をかばってゆっくりと降りたので
心配でしたが日没前に下山出来ました。

P8064455.jpg
馬返しの駐車場に帰ってきました、
お疲れ様でした。

P8064458.jpg
この後は、紅富士の湯に浸かり・・

P8064459.jpg
道の駅で水汲みをして、夕食を摂ってから家路に就きました。

P8064465.jpg
夜の高速道度は意外と空いていました。
小仏トンネルも順調に通過しました。

この日は天気予報が当たってしまい、
全国的に荒れ模様の天候の中の富士登山でしたが、
そんなに風が強くはなかったので何とか登れました。
今シーズンの目標のひとつとしていた通算60本に到達出来て良かったです。
昨日は登山中に、足が攣(つ)ってしまうトラブルにも遭いましたが、
梅干を食べたところ、すぐに治りました。
大量の発汗で塩分が失なわれたためだと思われます。
塩分補給には梅干が一番です。
このページのトップへ

8月5日 吉田口・馬返しから

前回の富士山からの帰り道、私の携帯電話が鳴りました。
さいたま市のカニさんからの電話でした。
そして、5日に一緒に富士山へ登る約束をしました。

P8044255.jpg
4日の夜、仕事が終わって富士吉田へと車を走らせました。
ネットで調べて交通渋滞は無いと油断していました・・
突如、相模湖東の事故渋滞に巻き込まれてしまいました。。

P8044257.jpg
全く車は進まずの状態が数十分。
やっと進み始めた所では、車が横転していました!

P8054261.jpg
普段は2時間で着く所を、今夜は3時間以上も掛かりました。
道の駅富士吉田にて車中泊です。

P8054264.jpg
今朝は目覚ましアラームが鳴る前に、目が覚めました。
準備をして、吉田口・馬返しに車で移動しました。
5時に、カニさんと集合する約束でしたが、早めに来ました。

P8054267.jpg
夜が明けてきたので予定時間よりも早く、
AM04:45、馬返し・石鳥居からカニさんと共にスタートしました。
気温は、15℃と適温でした。

P8054269.jpg
1合目までは、旧登山道を登って行きました。

P8054273.jpg
2合目・御室浅間神社では、ちょうど朝日が出て来ました。

P8054277.jpg
05:45、3合目・中食堂でのカニさんです。
ビデオカメラで動画撮影をしておられました。

P8054282.jpg
やっと4合5勺で、青空が望めました。
今日は良い登山日和になりそうです。

P8054288.jpg P8054289.jpg
5合目下、滝沢林道でお互いに記念撮影。

P8054297.jpg
06:57、6合目・里見平☆星観荘さんへ到着しました。
馬返しから約2時間でした。

P8054298.jpg P8054299.jpg
星観荘さんで約20分ばかり休憩したのち、再スタートしました。
旧5合5勺の経ヶ岳では、ホタルブクロが今が盛りと咲いていました。


P8054300.jpg P8054304.jpg
6合目・安全指導センターです。
お山には、だんだん雲が多くなってきました。
残念、昨日にて「入山料の徴収」が終わってしまいました。
小屋だけが残されていました。
カニさんも私も記念の缶バッヂが欲しかった。。

P8054307.jpg
7合目の花小屋さんで、パックアイスを買いました。
登っていて暑かったので。

P8054308.jpg P8054312.jpg
カニさんは快調に岩場を登って行きます。

P8054315.jpg
私はカニさんに遅れがちなので、彼には先へ行って貰いました。

P8054320.jpg
岩場が終わってザレ道になって、私もようやく調子が出てきました。
何とかカニさんに追い付きました。

P8054321.jpg P8054322.jpg
白雲荘さんは、文字どうり白雲の中でした。

P8054327.jpg P8054328.jpg
本8合目では、また青空になりました。

P8054330.jpg
8合5勺の山小屋前は、空いていました。
しかし・・

P8054331.jpg
その先は結構大勢の登山者さんが居ました。

P8054332.jpg
9合目の鳥居を通過すると・・

P8054334.jpg
頂上直下は渋滞中でした。

P8054335.jpg
カニさんはうまく渋滞をすり抜けて行きましたが、
私は渋滞に捕まり、仕方なく牛歩前進。

P8054337.jpg
PM12:00に頂上に着きました。
気温は15℃でした。

P8054339.jpg P8054340.jpg
ランチは扇屋さんで。
私はカレーうどんを、カニさんはカレーライスを。
各¥1200-です。

P8054341.jpg
昼食後は、お鉢を辿って行きました。

P8054342.jpg
まずは、御殿場口へ移転した郵便局へ。

P8054343.jpg
浅間大社奥宮にも参拝しました。
私は前回買えなかった「銀明水」を購入。

P8054347.jpg P8054349.jpg
カニさんは、御朱印入りの手拭いを買われていました。

P8054352.jpg
14時過ぎに下山を開始しました。
私は膝を痛めていますので、走り降りられず、
歩いて降りて行きます。

P8054354.jpg
安全指導センターに戻りました。
お山は真っ白です。
嫌な雲も出て来ました。

P8054356.jpg 
16:00、星観荘さんに戻りました。
Facebookに書き込んだ用事をこなした、その直後、
ゲリラ豪雨が襲ってきました。

P8054362.jpg P8054363.jpg
カニさんとは、星観荘さんでお別れしました。
私は宿泊、カニさんはお帰りになりました。
ゲリラ豪雨が去った、この日の夕景です。

P8054367.jpg
バーベキュー、いいなぁ。
団体さん限定のお食事風景です。

今回は8合目までは、暑さが気になる登山でした。
でも、凍えるほどの寒さよりはマシです。
時間がなくて剣ヶ峰に行けなかったのが残念でした。
しかし、ほぼ予定どうりの行動が出来て良い富士登山でした。
さいたま市のカニさん、有難うございました。
また機会が有りましたら、宜しくお願いいたします。

このページのトップへ

登山GOODSシリー ズ[22]

先般の富士登山で、私は膝を痛めてしまいました。
その原因は、登山靴の中のインソール(=中敷)が
ヘタって割れてしまったのも一因だと思われます。

そこで次回の富士登山からは新品のに交換します。
購入したのは、コレです。

P8014209_201308032241012f9.jpg P8014210.jpg
『 SIDAS 社製 ・ アウトドア3D 』です。
(発売元希望価格= ¥4935-)

私と懇意にして頂いている整骨院の先生もお薦めです。
私は、SIDASは3組目ですが、値段の価値は有ります。
長時間歩行でも疲れ方が違います。 
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (209)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム