山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

この一年は、

今年(平成25年)も暮れようとしています。

私の今年の漢字ひと文字は、<<  >>です。

9月の半ば、富士山シーズン終了と共に偶然襲われた悪夢のような脚への負傷。
救急車で運ばれ、約2時間、80針近くの縫合手術・・

しかし、私の身体は意外と特別、頑丈に出来ているようで、
医師に危惧をされた入院もせずに回復出来ました。

思えば、今年は一年中、怪我との闘いの年でした。

春先には、右腕の肘(ひじ)の負傷。
夏の富士登山で、右足の膝(ひざ)の故障。
しかしながら、テーピング&サポータで膝を保護して毎週の富士登山は続行。
そしてシーズン終わりに、右足の脛(すね)の大怪我。
全治1ヶ月半。
最後にまた、右足の膝の不調。。

やっと最近になって、右足の膝の痛みは、ほとんど取れてきたところです。

しかし今現在は、早足でウォーキングだけをしている状態です。
本当は軽くでもジョギングしたいのですが、
自重して、脚を徐々に慣らしている最中です。

この年末は、まさに貧乏暇なし・・
仕事は何だか忙しいのですが、売上金額が比例しません、少々疲れました。
あと、残り1日、仕事に頑張ります。

皆様、この一年お世話になりました。
良いお年を!
このページのトップへ

12月23日 筑波山登り納め

PC237811.jpg
今朝はまた冷え込みました。
今日は時間に余裕がありますので、
朝日が昇ってから筑波山へ出発です。
今日の天気予報は曇り時々晴れです。
8時半に家を出ました。

PC237817.jpg
筑波山に近づきました。
上空は青空です。

PC237821.jpg
ふもとでちょっと寄り道してから、
AM09:55、つくば道の一の鳥居からスタートです。
気温はまだ低くて、5℃でした。

PC237827.jpg PC237828.jpg
個人宅の俳句の句碑のたもとには、
文字通りに早咲きの水仙が!
実に風流ですね!

PC237831.jpg
歴史のある旅館の対宝館は、完全に更地に。

PC237832.jpg
10:14,筑波山神社の門前に着きました。
が、お参りは後にして脇道へ。

PC237840.jpg
府中街道に出て、東山集落へ。
そして内緒の道を歩いて・・

PC237854.jpg
10:42,白滝に来ました。
冬の渇水期なのでしょう、流れる水は少なめでした。

PC237859.jpg
七十七段の古い石段を登って・・

PC237860.jpg
自然石を利用したステップをも登り・・
(おそらく、江戸時代の旅人もこの同じステップを踏んだのでしょう)

PC237862.jpg
白滝不動を通過します。

PC237865.jpg
桜山キャンプ場跡地の急坂を登り詰めると、
スカイライン(県道42号線)に飛び出しました。
道路を跨いで、先の細い山道へ突入します。

PC237866.jpg
有り難い事に、今まで倒木で通過に困っていた箇所が
綺麗さっぱり整備されていました。

PC237869.jpg
スカイラインから、登山道のカーブを数えてみましたら、
たったの8箇所しか有りませんでした。
・・と言うことは、ほとんど「直登」!
道理で、毎回登るのには大変な体力が必要な訳でした。

PC237871.jpg
気温は低いのに、汗でシャツがビッショリになった頃、
再びスカイラインの上部(=つつじヶ丘手前)に飛び出しました。

PC237874.jpg PC237875.jpg
11:20,つつじヶ丘で、初めての休憩を入れました。
朝一番で買ってきた、桜井菓子店さんのあんドーナツをパクリ。
今日は祭日ですから、つつじヶ丘の駐車場は、8割方満車でした。

PC237880.jpg PC237884.jpg
東筑波ハイキングコースを進みます。

PC237890.jpg PC237893.jpg
ハイライトの森林コースでは、珍しく団体さんとすれ違いました。
この時期は花が少ないので、アオキの赤い実が目立ちました。

PC237897.jpg
裏筑波に入りました。
筑波山の北斜面なので、途端に寒くなりました。 気温は、4℃です。
林道の水たまりには、薄氷も張っていました。

PC237902.jpg
12:14,筑波高原キャンプ場に着きました。

PC237906.jpg PC237904.jpg
雪を冠った日光連山が寒そうに見えました。

PC237909.jpg PC237910.jpg
いよいよ、筑波山へ登ります。
キャンプ場コース(三本松コース)を行きます。
登り口に、新しい標識看板が立っていました。

PC237911.jpg
今日の裏筑波は、人も居なくて静かそのものです。

PC237915.jpg
若いお兄さんのトレランランナーが上から降りて来て、
暫くして、また下から走って登って来ました。
私もヒザが治ったら、この山道を走りたいです。

PC237924.jpg PC237925.jpg
今日は、さすがにロングコースを歩いて登って来ましたから
スタミナを使い果たして、女体山頂まで45分も掛かりました。
乗り物で登ってきた観光客で、山頂はごった返していました。
13:10,女体山頂に到着。 気温は4℃でした。

PC237928.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
ゆっくりと、くつろがさせて頂きました。

PC237930.jpg
御幸ヶ原から、筑波山神社へと下山しました。
ハイペースで降りていく人のあとに付いて行きました。
44分で筑波山神社に到着です。

PC237941.jpg
15:50,拝殿前で参拝してから・・

PC237946.jpg PC237945.jpg
随神門には、「つくばねささはらい」の丸い玉が吊り下げられておりました。
大掃除の準備だと言うことだそうです。

PC237950.jpg
16:07,一の鳥居まで戻って来ました。
お疲れ様でした。
今日はスタート時刻が遅かったので、下山時刻も押してしまいました。

PC237955.jpg
マイカーで麓に下山しました。

本日で、平成25年の私の山歩きは終了です。
ラストに相応しい良い旅路でした。
このページのトップへ

ビックリのお歳暮!?

木曜日の朝、宅配便が我が家に来ました・・

はて、ネット通販で注文中のモノはないはずだが・・
送り状ラベルを見てみると、送り主は北海道から?!・・

北海道には親しい友人も知り合いも居ないので、
これは何かの間違いじゃないかと、宅配のお兄さんに尋ねてみましたが
札幌の一流デパートからの発送なので、間違いないと言います。

とりあえず、伝票にハンコを押して荷物を受け取りました。

私は、ジッと送り状の送り主のお名前に見入りました。

北海道の I . N さん・・・・・
(苗字) I さん・・・・ やっぱり判りません。
(お名前) N さん・・・ N、 N、 N ・・
・・・ もしかしたら、あの、NARUMIさんかも!!!

そうです、8月の終わりに、須走口5合目の菊屋さんでアルバイトしていた
NARUMIさんに違いないと確信しました。
(そう言えば、北海道のご出身だと言ってたっけ)

すぐに、伝票に記してあった彼女の携帯に電話を掛けて、御礼を言おう
と思ったのですが、あいにくの留守電。。

その日の夕方、我が家の郵便受けに、そのNARUMIさんからのお手紙が到着。

どうやら、宅配便とお手紙の到着順序が逆になってしまったので
私が混乱してしまったのでした。。(笑)

NARUMIさんからの御歳暮は、北海道の有名菓子店の詰め合わせが!(感謝)

あの時は、そんなに大した富士登山ガイドはしていなかったのに、
NARUMIさんに、このように感謝して頂いて恐縮です。

思いがけないプレゼントを戴きました。
NARUMIさん、有難うございました。。
(私は甘党なので、嬉しいです)(^^♪

(過去の記事=)NARUMIさんとの富士登山 ←クリック

このページのトップへ

12月16日 初冬の薬王院コース

今朝は、早朝5時前に起床。
筑波山への登山の前に、とある用事を済ませなくてはならないからです。

PC167561.jpg PC167564.jpg
6時半過ぎには、筑波山の麓に到着しました。
朝焼け空が綺麗でした。
しかし気温は、2℃。 冷え込んで寒い朝です。

PC167573.jpg PC167569.jpg
朝一番での用事は・・
みかん狩りです。
いいえ、みかん狩り・・と言うよりも、むしろ、メンテナンス作業です。
午前7時から10時過ぎまで、朝食抜きで頑張りました。
と、言うことで、半ばボランティアは終了。。
今朝は風も有って寒くて大変でした。

PC167578.jpg PC167579.jpg
車に乗って移動して、筑波山・薬王院へ。
筑波山頂は、綺麗な青空の中に在りました。

PC167582.jpg
AM10:57、薬王院コース登山口からスタートです。
気温は、少し上がってくれて10℃になりました。

PC167584.jpg
久しぶりの薬王院コースです。
降りてきた1人とすれ違っただけで、静かな山道でした。

PC167590.jpg PC167595.jpg
PC167601.jpg PC167603.jpg
第2ラウンドに入ると、やがて800階段に。

PC167608.jpg
意外とノンストップで、14分間で通過できました。

PC167614.jpg
薬師高原に着きました。
木々の葉も落ちたので、男体山の姿が見えました。

PC167635.jpg
今日は、ゆっくりと登ったので、1時間20分で男体山頂に到着しました。
気温は、5℃でした。

PC167638.jpg PC167639.jpg
富士山も、辛うじて極く薄く見えていました。

PC167651.jpg PC167652.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
茶屋の前の広場からは、東京湾が光って見えていました。
冬限定の景色です。

PC167664.jpg PC167666.jpg
14:40、薬王院に戻ってきました。
お参りは、下山後にしました。
山門の仁王像は、修理中で御不在でした。

PC167682.jpg PC167685.jpg
本当は、夕刻から別の用事が有ったのですが、キャンセルして帰宅しました。
マイカーの夏タイヤを、冬のスタッドレスタイヤに交換しました。

毎年師走12月は、短く感じます。
私の山歩きも次で今年の最終回です。
今日は薬王院コースを歩きましたが、
暑くも寒くもない気温でちょうど良かったです。
このページのトップへ

筑波山の夜

PC177741.jpg
筑波山麓・つくば道から眺めた夜の筑波山です。
つくば道に沿って明かりが見えています。
中段の一番明るい所が、筑波山神社付近です。
写真右上の小さな明かりは、ロープウェイ・女体山頂駅です。

PC177749.jpg
筑波山の東方の山並みから、月が上がって来ました。
幻想的なひと時でした。
(2013年12月17日・午後5時過ぎに、筑波山麓・臼井地区から撮影)
このページのトップへ

膝に注射中。。

この夏、富士登山で痛めた右膝が良くなりません。
9月の半ばに右足のスネを負傷したのもあって、
ひと月半程、全く運動は控えていたのにです。

レントゲンを撮ってみると、変形性膝関節症と言う典型的な症例でしたが、
骨や軟骨には、特には異常なしとの見立てでした。

ずっと膝の痛みが引かないので困っていたのでしたが、
私の店に、膝の注射の薬(ヒアルロンサン)を開発した先生が散髪に
居らしてくれていますので、注射をお願いしてみました。

今週、既に3本目(週に1本までと決められています)を病院にて注射。
結果、劇的に痛みが消えてきました。
これなら完治するかも。

色んな人に聞いていましたが、この膝へのヒアルロンサン注射は、
打つ際に声が出てしまう程激痛だと。
しかし、私は何故か、ほとんど痛みは無し。。(笑)
元来、私は痛みに強い体質なのかも知れません。
歯医者さんに行って、ガリガリ歯をドリルで削られても平気なので。。
このページのトップへ

12月09日 つくばみかん収穫の手伝い

PC097504.jpg
9日の朝は冷え込みました。
筑波山の天気は、晴れのち曇りの予報です。

今日は丸一日、みかん園にて、取り残されたミカンの収穫のお手伝いです。
来年のみかん園のメンテナンスのために、必要な作業なのです。

PC097528.jpg
やっと二面在るミカン畑のうちの一面が終了。
朝10時~午後3時まで奮闘しました。
取り残されたミカンは、木の中央の、それも高い所に多く有り、
脚立に乗ったり、或いはミカンの木の幹によじ登ったりして収穫しました。
それも畑は、平たんな場所ではなくて「傾斜地」なので大変な労力です。
脚立の一番上に立っての摘み取り作業は、バランス感覚が大切です。
もしも落っこちたら、大怪我は必至です。
それでも、慎重な中にも大胆に摘み取って行かないと鋏の手が届きません。
こうなると、もはや、みかんの木との格闘です。。

PC097526.jpg
お昼には皆と、自宅で仕込んできた豚汁にうどんを投入して「豚汁うどん」を!
こういう、アウトドアで食べる食事の美味しいことと言ったら・・
寒い日でしたから、身体も暖まりました。

と、言う訳で、本日の筑波山への山歩きは出来ず仕舞いでした。
このページのトップへ

WEB記事

私が大変お世話になっております、
茨城新聞に載った桜井菓子店さんの記事をWEBでも見付けました。
宜しかったらご覧下さい。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<< くりっく願います。 >>
このページのトップへ

12月3日 筑波山半周

11月25日(月曜日)は・・

PB256984.jpg PB256988.jpg
みかん狩りで時間がなくなり、ケーブルカーで筑波山に上がりました。

PB257000.jpg
お山の上は、雲の中でした。

PB257006.jpg
日光富士とも呼ばれる、日光男体山が雲海の上に浮かんでいました。

**************************************************************

12月2日(月曜日は)・・

PC027168.jpg
神郡の駐車場から久しぶりにハイキングのスタート。

PC027174.jpg
蚕影山神社のほうには、空気の逆転層でしょうか、
低い雲が立ち込めていました。

PC027175.jpg
筑波山ろくにも晩秋の気配です。

PC027179.jpg
筑波山ろくの「飯名神社のダルマ市」は明年・2月3日に開催だそうです!

PC027184.jpg
つくば道を登って行きました。

PC027197.jpg
驚きました!!
歴史のある旅館、対宝館が取り壊しの真っ最中でした。
非常に残念です。。

PC027204.jpg
筑波山神社の境内には、山野草の展示がされていました。

PC027206.jpg
本当に久々に、御幸ケ原コースを登りました。

PC027211.jpg
通いなれた登山道ですから、ブランクが有った感じはしませんでした。

PC027218.jpg
御幸ヶ原までは、ちょうど60分でした。
そのまま引き続いて一気に、男体山の山頂まで。

PC027223.jpg
御幸ヶ原に降りて来て・・

PC027225.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんにお邪魔しました。

PC027238.jpg
7月に傷めた右ひざが良くなっておらず、無理をせずに
ケーブルカーで下山しました。

*************************************************************

そして、12月3日(火曜日)・・

PC037276.jpg
今日も良いお天気です。

PC037280.jpg
朝一番で、桜井菓子店さんへ買い物に。

PC037283.jpg
車は、先月出来たばかりの所に駐車しました。

PC037290.jpg
今日は、一の鳥居からスタートです。

PC037291.jpg
鳥居の脇には、「是よ里山上」の石碑が立っています。
読めますでしょうか??

答えは、「これより山上」です。
ここからが、山の上。 と言うことなのでしょう。

PC037302.jpg
つくば道を登りました。

PC037306.jpg
久しぶりに、白雲橋石鳥居からスタートです。

PC037311.jpg
緩い坂が続く、迎場コースを歩きました。

PC037313.jpg PC037314.jpg
小腹が空いたので、先ほど買った「どら焼き」で休憩しました。

PC037315.jpg
足元にも自然美があります。

PC037321.jpg PC037323.jpg
つい最近まで賑わっていた「つつじヶ丘」は、驚くほど静かでした。
駐車場もガラ空きです。

PC037325.jpg
東筑波ハイキングコースを歩きました。

PC037343.jpg PC037345.jpg
裏筑波のキャンプ場に着きました。

PC037349.jpg
キャンプ場コースを登りました。
登りたいと思っていたコースを、静かに登れて満足です。

PC037356.jpg
女体山頂は、大勢の観光客で大賑わいでした。

PC037357.jpg
せきれい茶屋さんで、ゆっくりさせて貰いました。
ミスター筑波山の会田さんや、富士登山高齢者番付第二位の大久保さんと
久しぶりにお逢い出来て、良かったです。
特に、92歳の大久保さんは凄い御方!!の一言です。
この夏にも富士山に登頂されましたが、大久保さんの富士山登頂は
普通の人の登頂の二十回分の価値が有ると思います。
とてつもないパワフルおじいちゃんなのです。
(今回も茨城新聞をはじめ、筑西市の広報誌や、四大新聞の地方版にも
載ったとか)(驚)

PC037366.jpg
突然のヘリコプターの来襲!
救助ヘリかと思いましたが、よく見ると民間ヘリで物資の運搬でした。

PC037373.jpg
御幸ヶ原も静かでした。

PC037375.jpg
大怪我をして以来、初めて歩いて下山しました。
御幸ヶ原コースを降りました。

PC037379.jpg
45分で降りることが出来ました。
意外に順調に降りられました。

PC037390.jpg
下山後は、朝日トンネルを潜って・・

PC037409.jpg
ゆりの郷の温泉へ。

PC037401.jpg
名産豚・ローズポークのロースカツ定食を戴きました。
これで、¥1000- はお値打ちです。
(※ 写真中の納豆は別で¥100-です)

すっかり、富士登山の効果は薄れてしまいました。
登山中には息が苦しくて大変でした。
けれども、ハイキング登山には良い気候になりました。
行動中は、暑くもなく寒くもない、ちょうど良い気温です。

次の月曜日は丸一日、蜜柑園で収穫作業のボランティアの予定です。
このページのトップへ

8月26日 富士山・幕岩、須山御胎内、二ツ塚ハイキング

昨晩は、須走口5合目の山荘菊屋さんに宿泊しました。
楽しく過ごすことが出来ました。

P8268133.jpg P8268134.jpg
朝食も戴いて、ゆっくりと朝9時過ぎに、菊屋さんをあとにしました。
富士山には雲が掛かっていましたが、昨日よりは多少は良いお天気でした。

P8268154.jpg
車で、御殿場口へと移動しました。

P8268150.jpg P8268151.jpg
御殿場口新5合目の第二駐車場に車を置きました。
駐車場は、だいぶ空いていました。

P8268157.jpg
AM10:22、登山口から入って行きます。

P8268160.jpg
「 ふじあざみ 」が盛んに咲いていました。

P8268162.jpg P8268163.jpg
10分ほど登山道を登って、大石茶屋さんに到着しました。
僅か10分ほどの山道でしたが、汗をかいたりして暑かったので、
かき氷を戴きました。
今シーズンは、お逢い出来ないと諦めていた、大石茶屋さんのお姉さんと
偶然にお逢いする事が出来ました、嬉しいです。

P8268168.jpg
大石茶屋さんに着いた途端に、大雨が降ってきました。
このあとの、行動予定を登山地図にて確認します。

P8268169.jpg
11:27、雨が小止みになったので、出発しました。

P8268174.jpg
11:33、一度、5合目まで戻りました。
指導標に従って、「 幕岩 」 方面へと進みます。
気温は暑くて、20℃でした。

P8268179.jpg
砂がたっぷりの、歩きにくい坂道を頑張って進みます。
ここで、この日唯一行き交った人であった、年配のご夫婦とすれ違いました。
このあとは、誰ひとりとして出会えませんでした。

P8268183.jpg
雨は完全に止んだようなので、レインウエアを脱ぎました。
11:43、ここから森の中へと入って行きます。

P8268193.jpg
森の中は素朴な小道でしたが、しっかりと整備されていて安心できます。

P8268197.jpg P8268204.jpg
案外、登り坂が続いて行きますので、気合を入れて登って行きました。
途中では、立派な松も在りました。
このまま生花店でも売れそうな松葉でした。

P8268224.jpg
やがて、上り坂が終わると、
ほぼフラットに近いような楽に歩ける道になりました。
森林浴が楽しいです。

P8268234.jpg
突然に、注意喚起の看板が現れました!
そこからは、少しスリリングな道になりました。 面白いです。

P8268237.jpg P8268240.jpg
年季が入っていそうな木橋が現れました。
気をつけながら通過しました。

P8268241.jpg P8268245.jpg
木橋を渡り終わってすぐの所に、指導標が有りました。
幕岩は、すぐ近くのようですが??・・

P8268251.jpg
とりあえず、この溶岩流の上を歩いて上流へと登って行きます。

P8268257.jpg P8268260.jpg
12:25、大きな案内板が有ったので、そこが幕岩だと判りました。
写真のこの赤丸部分が幕岩です。
昔は、もっと迫力が有ったそうですが、近年は土砂が積もってしまい、
迫力が無くなってしまったそうです。
それでも雪解け水が、ここから流れ出す景色は、凄いかもです。

P8268266.jpg P8268264.jpg
12:29、幕岩から出発します。
ここからが、物凄い急坂を登らなければなりませんでした。
たぶん、無理やり作った登山道です。。

P8268269.jpg
12:32、尾根の上に出ました。
さて、ここから先が思案のしどころでした。
指導標を見ると、須山御胎内まで山道を下って降りて35分の表示でした。

P8268271.jpg P8268274.jpg
須山御胎内へと行ってみる事にしました。
この道は、須山口下山歩道になっていました。
下り道で、35分とはかなり遠いようです。

P8268275.jpg
スタスタと小走り気味で降りて行きました。
地図には載っていませんでしたが、
この道は浅木塚歩道とも呼ばれているみたいです。

P8268278.jpg
標高が下がったので、緑色の苔が目立ってきました。

P8268283.jpg
空は晴れたり、曇ったりの繰り返しです。
やっと、須山御胎内に近づいてきました。

P8268291.jpg P8268293.jpg
12:53、須山御胎内に到着しました。
ポッカリと、ほら穴が口を開けていました。

P8268295.jpg
由緒書きが建っていました。

P8268296.jpg P8268298.jpg
ほら穴を覗いて見ると、一番奥には、なにやら明かりが!
最初は、少々薄気味悪いので、行く気は全然無かったのですが、
明かりが有るのがこれ幸いと、
ザックを置いて、ヘッドランプを頭に装着。
御胎内に潜入します!!

P8268303.jpg
御胎内の中には、安産の神様が居られました。

P8268304.jpg
御胎内の全長は、5メートル程だそうです。
昔は、もっと長かったそうですが、埋没して短くなったとの由。
一番奥の明かりは電灯の光ではなくて、外からの日光の光でした。
最後にはハシゴが立て掛けてあって、そこから外に出られました。

P8268315.jpg
須山御胎内での冒険が終わって、ひと安心しました。
13:03、幕岩へと登り返します。
さて、ここからが本日最大の難所になりました。

P8268317.jpg
この急坂を登らなければ帰れません。。
必死になって登ります。

P8268324.jpg
13:34、幕岩まで頑張って無事に登れました。

P8268329.jpg
ここが、幕岩のまさに岩の上です。
ですが、草木で見晴らしは利かず。

P8268335.jpg
幕岩の上からの登山道は、急降下です。

P8268337.jpg
降りて、谷状の平地に着いたのですが、その先の道が無い・・
もしかして、コレが登山道?・・
人の足跡も多数付いていますが。
一応、急坂ですが登ってみます。

P8268341.jpg
その先には指導標が在りました。
やはり、登山道でした。

P8268343.jpg
富士山には、雲が掛かっていました。
空腹を覚えたので小休止して、軽く栄養を補給しました。

P8268349.jpg P8268361.jpg
二ツ塚 (二子山)の上塚 が目前に見えてきました。
登山地図を見ると、以前はフジアザミの群生地だったようですが、
今日は、それほど多くのフジアザミではなかったです。

P8268368.jpg
14:00、「 四辻 」 に出ました。
ここは右折します。

P8268375.jpg
二ツ塚の上塚の脇を歩いて行きます。
下り坂ですので楽です。
正面には、下塚が見えています。

P8268381.jpg
下塚へと登る道は、しっかりとしています。
久しぶりに登ってみることにしました。

P8268400.jpg P8268404.jpg
14:13、二ツ塚(二子山)の下塚(第二丘)の山頂に着きました。

P8268410.jpg
残念、晴れていれば、上塚(第一丘)の向こうには富士山も
重なって見えるのですが。

P8268416.jpg
14:17、下塚から降りて来ました。
ここからは、5合目へと向かいます。

P8268418.jpg
単調な退屈な道でした。

P8268435.jpg
14:37、大石茶屋さんに戻って来ました。
お疲れ様でした。

P8268433.jpg P8268439.jpg
また大汗をかいてしまったので、本日2杯目のかき氷を戴きました。
肉そばも大変美味しかったです、ごちそうさまでした。

P8268448.jpg
今日は用事で下界に降りてしまっていた、大石茶屋さんのオーナーさんが
戻って来られたので、話しに花が咲いてしまって、気がつけば日没間近に。
スッキリと富士山が一瞬、綺麗に晴れ渡りました。

P8268457.jpg
御殿場口を辞してからは、車を急ぎ走らせて富士吉田へ。

P8268459.jpg
吉田の火祭りを観に行きました。
19:50、北口本宮冨士浅間神社の前です。

P8268466.jpg P8268471.jpg
昨夏に引き続いて、この度も、吉田の火祭りを観る事が出来ました!

P8268485.jpg
大松明(おおたいまつ)も時間が経つと、凄いことに!

P8268495.jpg
御神輿のお休み処には、参拝するための行列が出来ていました。

P8268497.jpg P8268499_20140902195426439.jpg
私も列に並んで参拝しました。
気長に30分位は待ちました。

P8268513.jpg
街の中心部(金鳥居)から小一時間くらいの場所に、
車を停めましたので、そこまで歩いて行かなければなりません。
歩いていて、お腹が空きました。
昨夏は無かった、新しいお店が有ったので、立ち寄ってみました。

P8268514.jpg P8268515.jpg
シンプルに、醤油ラーメンと餃子を注文しました。
餃子は、中国・北京で食べた焼き餃子と同じ味でした。

P8268521.jpg
22:00、恒例の水汲みをしてから帰路に就きました。
残念でしたが、今日は温泉に入っている時間は、ありませんでした。。

P8268525.jpg
高速道路は、こんなに遅い時間でしたので空いていました。

P8278539.jpg
AM00:40、帰宅しました。
さすがに疲れました。
自宅のお風呂が気持ち良かったです。

今日は、富士山南麓をハイキング出来て良かったです。
先週に引き続いて、須山胎内付近を歩くことが出来ましたので、
この辺の地理をかなり把握出来ました。
来夏は、御殿場口新5合目を拠点として、富士宮口5合目へと向かう
ルートも構築出来そうです。
御殿場口新5合目 ←→ 幕岩 だけでしたら、簡単なハイキングコースです。
初心者にもオススメです。
須山御胎内へは、水ヶ塚公園から行ったほうが良いと思います。
幕岩から須山御胎内へ行ってしまうと、帰路の登り返しが
急坂なので非常に大変です。

【 データ 】
新5合目 → 幕岩 = 55分
幕岩上 → 須山御胎内 = 30分
須山御胎内 → 幕岩上 = 30分
幕岩 →  二ツ塚下塚 = 40分
二ツ塚下塚下 → 大石茶屋さん = 20分
大石茶屋さん → 新5合目 = 5分
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (450)
富士山 (188)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム