山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

4月22日 筑波山半周トレーニング

4月21日 (月曜日)。
天気予報の降水確率は、100%。

P4211596.jpg
朝から小雨が降る中、筑波山にやって来ました。
山麓から見る筑波山は、ほとんどが雲の中でした。

P4211628.jpg
ふもとで用事を済ませてから、車で山越えをしました。
「 風返し峠 」は、雲の中で視界は真っ白でした。

P4211634.jpg
今日は、筑波山の東斜面から登山します。
「国民宿舎つくばね」に車を置かせて貰いました。

P4211638.jpg
11:04、仙郷林道を入り口からスタートです。
今回も10KGの重さのザックを背負っています。
気温は、10℃でした。

P4211648.jpg
雨粒も大きくなってきました。
今日は久々で雨天装備の完全武装です。
レインウエアを着ていると蒸し暑いので、低い気温に助かりました。

P4211649.jpg
もちろん無人の森の中です。
黙々と登って行きます。

P4211677.jpg P4211690.jpg
11:48、筑波高原キャンプ場に到着しました。
ここからは、キャンプ場コースを登りました。
キャンプ場のカタクリは既に終わっていました。
登山道にはカタクリは残っていましたが、
こんなお天気なので、花は皆、しぼんでいました。

P4211700.jpg
12:41、女体山頂に着きました。
気温は同じく10℃で変わらず。
もちろん、展望は全く無しでした。

P4211718.jpg
せきれい茶屋さんは、当然お休み。

P4211731.jpg
なので女体山に取って返して、ロープウェイの女体山頂駅に。

P4211729.jpg P4211730.jpg
私の他にはお客さんは無し。
ランチは、ミートソーススパゲティを注文しました。
出てくるまで、少々時間が掛かりましたが、
茹でたて熱々のスパゲッティは最高に美味でした!

P4211744.jpg P4211735.jpg
キャンプ場に降りて来ると、雨はやみました。
加波山方面も明るくなってきました。

P4211779.jpg
14:44、に下山完了。
雨と汗でびしょ濡れなので、筑西遊湯館にて入浴して
サッパリしました。

*******************************

翌日、 4月22日 (火曜日)。

天気予報は、良くない筈でした・・

P4221796.jpg
が、朝、雨戸を開けてみたら、青空の登山日和でした!
慌てて登山の準備をしました。
本当は昨日は頑張ってしまって全身筋肉痛ですので、
今日は休養日にする予定でした。。

P4221804.jpg P4221807.jpg
家を出るのが、いつもよりも遅くなってしまいました。
普段は、谷田部ICで降りるのですが、今日は時間短縮できる
つくば中央ICで降りました。
すると、意外や意外で¥700-で済みました (柏ICでIN)。
谷田部で降りると¥660-ですから、
つくば中央で降りたほうが良いかも!! (意外な発見)

P4221816.jpg
国道408号線・つくば研究学園都市内を走ります。
紅白の横縞ラインのアンテナは、昔も今も変わりません。

P4221819.jpg
筑波山の山の上のほうには、雲が掛かっていました。

P4221831.jpg P4221794.jpg
車は、神郡(かんごおり)の駐車場に置きました。
09:37、本日の歩き出しです。
気温は高くて、20℃でした。
背負うザックの重さは昨日より1KG重たい、11KGです。

P4221835.jpg P4221836.jpg
神郡の十字路は右折して北へ向かいます。
指導標は、筑波山神社まで2KMの表示です。

P4221838.jpg
「つくば道」を歩いて行きます。
関東ふれあいの道&日本の道百選、指定登録の道です。

P4221839.jpg
山頂の雲は消えて無くなりました。
本当に良いお天気になりました!

P4221843.jpg
道ばたの花壇も綺麗です。

P4221844.jpg
こちらの花壇の花文字は、いったい何と書いてあるのでしょうか?

P4221847.jpg
見るからに立派な御宅のお庭も。

P4221853.jpg
春爛漫の筑波山の中腹という感じです。
けれどもここは急な坂道の真っ只中でした。

P4221855.jpg
09:58、六丁目の鳥居を通過します。

P4221868.jpg
10:15、つくば道を登り切り、筑波山神社に着きました。
お参りは後でする事にして・・

P4221874.jpg
白雲橋(しらくもばし)を渡ります。

P4221877.jpg
10:20、白雲橋コースの登山口からスタートです。
気温は、14℃で適温になりました。
先に登山口の石鳥居を潜る、お二人の姿が見えました。

P4221879.jpg
静かな森の中を歩きます。

P4221880.jpg
酒迎場分岐は、右へ。
迎場コースに進みます。

P4221882.jpg
やはり、山道に入るとザックが重くて、スピードが出ません。
石鳥居でお見掛けした、お二人と御一緒に登りました。

P4221885.jpg
11:01、つつじヶ丘に着きました。
ここで小休止しました。

P4221886_convert_20140426202517.jpg P4221887_convert_20140426202552.jpg
御一緒したのは、埼玉の草加から居らした方でした。
記念に一枚二枚。。
※ ( お写真は、コピー出来ます )

P4221888.jpg P4221890.jpg
つつじヶ丘には、ミツバツツジも咲き始めていました。
昨年同期よりも開花が早いです。

P4221895.jpg
11:15、東筑波ハイキングコースへ再スタートです。

P4221896.jpg
ハイライト(コースの核心部)の入り口で、樹上に発見!

P4221898.jpg
リスが、チョロチョロと木を登って行きます。
リスは昼行性との事ですが、なかなか滅多に見られません。
私はこれで二回目でした。
運良く、カメラに収める事が出来ました!!
(ちょっと被写体が小さかったですけど・・)
※ ( 写真はクリックすると拡大出来ます )

P4221903_convert_20140426202621.jpg
小さな渓流を越えて行きます。

P4221906.jpg
ゲートの先からは、いよいよ裏筑波になります。
筑波山の北斜面です。

P4221911.jpg P4221909.jpg
12:20、筑波高原キャンプ場に到着しました。
気温は、16℃。
朝の青空は、何処へ? 
天気予報どうりで、お天気は下り坂のようです。
ですが、下界の真壁の街は、よく見えていました。

P4221910_convert_20140426203710.jpg
ここでも、記念撮影。 

P4221914.jpg
12:23、キャンプ場コースのスタートです。

P4221916.jpg
遠くには、筑波連山第二の高峰= 加波山が見えています。

P4221919.jpg
登山道のカタクリの花は見頃です。

P4221920_convert_20140426202657.jpg
このコースの一番の難所のロングストレートを頑張って登っています。

P4221923.jpg
カタクリの花を見ながらの登山は、疲れを癒してくれます。

P4221925.jpg P4221926_convert_20140426202725.jpg
キャンプ場からは、約40分と快調なペースで
女体山の肩に到着しました。
そこでは、また“珍客”が現れました!

P4221928.jpg
綺麗な小鳥が、草むらに入ろうとしていました。
この小鳥も何とか写真に収めました。
のちほど自宅の図鑑で調べましたら、
「 ソウシチョウ 」で間違いないと思います。
よく筑波山の中腹で鳴き声は聞きますが、
姿を見たのは初めてでした。

P4221930.jpg
13:10、女体山頂に到着しました。
気温は下がって、10℃でした。
寒い日です。

P4221932.jpg P4221933.jpg
残念ですが、見晴らしは利きませんでした。
山頂は雲の中のようです。

P4221934.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
お二方とは、茶店の前でお別れしました。

P4221937.jpg P4221939.jpg
カタクリの里のカタクリは、ほとんど終わりかけでした。
マムシ草が、カタクリの花を食べようとしている!?・・ 
と言うふうに見えてしまいました(笑)・・(怖)

P4221942.jpg
午前中の暖かさと打って変わって、冷たい風が吹き込む御幸ヶ原です。
雨が降らないかと、茶店も大慌てで閉店していきます。

P4221945.jpg
下山は、御幸ヶ原コースで。

P4221948.jpg
お天気も悪くなったので、人も少ない登山道です。
夏山もシーズンも近くなったので、下山で怪我をしないように
ゆっくりと降りて行きました。

P4221951.jpg
一部の登山道では、少し崩れてしまっていました。
多少は歩きにくくなりましたが通れます。

P4221956.jpg P4221957.jpg
久しぶりに、筑波山神社の拝殿の裏の森に行ってみました。
珍しい、ツクバキンモンソウが植えてありました。
シャガの花も咲いていました。

P4221962.jpg P4221963_convert_20140426202801.jpg
先ほどのお二方と再会しました!

P4221964.jpg P4221965.jpg
折角の機会ですから、「 三猿 」へご案内しました。
日光東照宮のよりも古い歴史あるものです。

P4221966.jpg P4221968.jpg
境内の枝垂れ桜や、ツツジが綺麗でした。

P4221972.jpg P4221976.jpg
お二人とお別れして、つくば道を降りて行きます。

P4221983.jpg P4221990.jpg
P4222007.jpg P4222009.jpg
つくば道の民家には、色とりどりの花が咲いていますので
それらを見ながら下山します。

P4222011.jpg P4222012.jpg
朝、解読できなかった花文字を、やや時間をかけて眺めてみました。
判りました!!
{ 2020 (五輪マーク) おもてなし } でした。。

P4222013.jpg
ちょっとだけ南国気分?・・(笑)

P4222015.jpg P4222014.jpg
本当に花が多い道ですので、花好きの人には是非オススメの
つくば道です。

P4222016.jpg
北条米の田んぼの田植えの準備も始まりました。

P4222017.jpg P4222018.jpg
男体山は大丈夫でしたが、女体山には厚い雲が掛かっていました。
富士山同様、筑波山にも笠雲が掛かると雨になります。

P4222023.jpg P4222024.jpg
15:51、神郡の駐車場に帰ってきました。
お疲れ様でした。
池には、金魚が気持ちよさそうに泳いでいました。

P4222033.jpg
車に乗って・・

P4222040.jpg
早めの夕食を摂りました。
山麓の「丸忠さん」へ。

P4222041.jpg P4222042.jpg
ボリューム満点のカツ丼とざる蕎麦のセットを(¥998-)。
ごちそうさまでした。

P4222052.jpg P4222047.jpg
帰路はゆっくりと国道294号で。
豊田城が見えています。
やはり案の定、雨が降り出しました。

P4222057.jpg P4222060.jpg
我が愛車=ミラココアには、またもやビックリです。
この日は、1リッター = 24 km を記録!!
低燃費のためのアクセルワークをすると、本当にガソリンを喰いません。
我が家から筑波山往復のガソリン代が、たったの¥770-とは!(驚)
ガソリン、5リットルで行って帰ってきました。。

P4222030.jpg
筑波山麓の、とある御宅のツツジが、本日のナンバーワンでした。

今日は、埼玉の方と御一緒に登って頂いて有難うございました。
お陰様で、重たいサックを背負って黙々と登らないで済みました。
そろそろゴールデンウイークになりますが、
筑波山のツツジも丁度見頃になるのではと思います。
本当はこの時期、筑波連山縦走にチャレンジしたいのですが、
帰りの足となる折りたたみ自転車が、甥っ子の釣り専用車
になってしまい、持ち去られてしまいました(^^;)
と言うことで、帰路の足の確保が出来ないと実行できません。
 
このページのトップへ

月火と2日連続筑波山トレーニング

昨日(21日・月曜)は、雨の降る中、10KGのザックを担いで
筑波山へトレーニングしに登りました。
数カ月ぶりに羽織ったレインウエアでした。
帰宅後は、かなりの疲労でぐっすり就寝。。

そして本日(22日・火曜)。
昨日の全身の疲労感で今日は休養日にしようかと思っていましたが、
朝起きて、雨戸を開けてみましたら、意に反して青空に!
こんな登山日和に寝て居られないと思いたち、急きょ筑波山へ。
今日は1KG重い、11KGのザックを背負って、
麓から筑波山半周のロングトレールへ出発。
途中で埼玉から居らした方と御一緒に山歩き&山登り。
カタクリの花を見ながら会話を楽しみ、苦しさも半減。
今日は感謝の登山でした。

この二日間は、満足のいくトレーニングが出来ました。
だいぶザックの重さにも慣れてきました。

【のちほど詳しく記事にします】
このページのトップへ

菜の花に浮かぶ東京スカイツリー

P4070782.jpg
4月7日、江戸川河川敷にて撮影。

P4070775.jpg P4070766.jpg
その日は、東京都内・亀有に用事が有ったので、
我が家から片道約20KMのサイクリングをしました。
ママチャリのペダルをゆっくり漕いで片道2時間。。
江戸川河川敷堤防の上は、自転車も走れる遊歩道になっています。
菜の花が目を楽しませてくれました。
自転車もたまには良いですね ♪
このページのトップへ

4月14日 筑波山 カタクリと山桜

関東地方は連日、好天続きでしたが、今日だけは例外で
日中、にわか雨があるかもと言う天気予報です。

P4141260.jpg
やはり黒っぽい雲がある朝方でした。

P4141272.jpg P4141275.jpg
筑波山へ向かうと、意外に雲が取れて晴れ間も出てきました。
男体山の下、西側斜面には山桜が多いと見えて、
もえぎ色に染まっていました、綺麗です。

P4141280.jpg
ちょっと山麓で用事を済ませて、
久しぶりに「みかん園」へ立ち寄ってみました。
若葉が出ていました。

P4141250.jpg P4141303.jpg
車を薬王院へ廻して、駐車場へ停めました。
今日は、トレーニング登山をします。
ザックに鉄のオモリ(5キロ)を入れて、総重量、10キロを担ぎます。
(本来ならば15キロが理想なのですが、久しぶりの重量なので
 無理をせず10キロにしました)

P4141310.jpg P4141312.jpg
薬王院の山門前を通過します。
青空でしたが、入道雲みたいな雨を降らせる雲も出てきました。

P4141313.jpg
AM09:52、薬王院コース登山口からスタートです。
気温は、18℃でした。
ご婦人2人組ハイカーさんが、登山口が判らないみたいでしたので
教えてあげました。

P4141318.jpg P4141322.jpg
登山道には誰も居ませんでした。
けれども、すっかり春の登山道になっていました。
ヤマブキの黄色が目立ちました。

P4141324.jpg P4141327.jpg
登山道から見上げれば、山桜が咲いていました。
木の葉の新緑の模様も綺麗でした。

P4141343.jpg
鬼ケ作林道を歩きます。
多少アップダウンが有る周遊路です。

P4141344.jpg
休憩所でひと休みしました。
テーブルは在りますが、椅子が有りません。。
(以前は椅子も有ったのですが、朽ち果ててしまいました)。

P4141347.jpg
春の訪れを感じさせてくれる、黄緑色の新緑です。
私はこの色がとても好きです。
春限定の特別な色なのです。

P4141353.jpg
山桜の大木です。
幾人かのハイカーも山桜を見ながら、この林道を歩いていました。

P4141360.jpg
男の川から、約1KM歩いて・・

P4141371.jpg
11:05、筑波高原キャンプ場に到着しました。
ここでまた小休止しました。

P4141373.jpg P4141374.jpg
11:13、キャンプ場コースの再スタートです。
キャンプ場内のカタクリの盛りは、やや過ぎたようです。
枯れて花弁を落としたカタクリも見受けられました。

P4141376.jpg P4141383.jpg
カタクリを見ながら登って行きます。
上から、AOさんと久々に遭遇。
AOさんは、キャンプ場で折り返し再度登るそうです。
のちほどの再会を約して、私一人で先に登って行きました。

P4141385.jpg P4141389.jpg
先週のロングストレート付近でのカタクリはまだでしたが、
今日は結構開花していました、見頃です。

P4141404.jpg
キャンプ場からは、45分で女体山頂に着きました。
10キロザックを背負っていた割には、スムーズな登山でした。
今日もまた、無念無想で登ることが出来たので良かったです。

P4141408.jpg P4141406.jpg
気温は10℃でしたが、風も無いので寒さは感じません。
しかも、珍しく人が少ない山頂でしたので、
5分ばかり滞在して、景色を堪能しました。
やはり、筑波山山頂からの景観は素晴らしいです。

P4141419.jpg
がま石を通り過ぎると・・

P4141420.jpg 
雨粒がポツリポツリと。
天気予報は当たりました!

P4141425.jpg P4141427.jpg
幸いすぐに、せきれい茶屋さんに到着。
ランチは、天ぷらそばでした。

P4141464.jpg
茶店に居る間に、雨はやみました。
茶店を辞して、「カタクリの里」へ。

P4141431.jpg
白いカタクリの花は健在でした。

P4141448.jpg
セキレイさんの女将さんに教えて貰った珍しいカタクリを発見!
このカタクリの花弁は10片も有ります!!
(普通は6片くらいです)

P4141470.jpg
御幸ヶ原に降りて来ました。
人も少なめで比較的静かな御幸ヶ原でした。

P4141473.jpg P4141474.jpg
ケーブルカー駅の売店でソフトクリームを。

P4141498.jpg
下山は、薬王院コースで。
カタクリの花は、咲き始めでした。

P4141508.jpg
鬼ケ作林道の交差の場所で、何と、先ほどのAOさんと再会!
ご一緒に話しながら下山しました。

P4141509.jpg
14:53、登山口に帰り着きました。
お疲れ様でした。
薬王院にて、AOさんとお別れしました。

P4141515.jpg
下山後は車で、先週に引き続いて、真壁のコロッケ屋さんへ。
「 宮本精肉店さん 」です。

P4151542.jpg P4151558.jpg
茨城TOYOTAの小冊子に、宮本精肉店さんの記事が出たそうです。
その小冊子を戴きました。
このコロッケ屋さんは、知る人ぞ知る銘店なのです。

P4141521.jpg
桜川市のスーパー銭湯「ゆららの湯」に立ち寄りました。
偶然通りかかったので入ってみました。
熱いサウナと冷たい水風呂は、私の好みで良かったです。

P4131242.jpg P4141257.jpg
数日前に新発売されたばかりのユピテル製のカーナビ
(2014年春地図版内蔵)を、早速マイカーに取り付けました。
今まで使っていたカーナビは、CDで駆動の骨董品でしたから
新カーナビは私にとっては驚きの高性能でした。
技術の進歩には脱帽です。

今日は、色んな方から色んな差し入れを頂戴いたしました。
ここには差し障りがありますので詳細は書き記せませんが
本当に有難うございました。 恐縮しきりです。

筑波山のカタクリは、ほぼ満開になりました。
これからはニリンソウも楽しめるようになります。
今日は、やや重たいザックを担ぎましたが、
思っていたよりも楽に登れたので良かったです。
少しは自信になりました。
これからも当分、ザックにオモリを入れて筑波山に登ります。
このページのトップへ

4月8日 カタクリを訪ねて羽鳥道から2登

今年になってから、まだ「羽鳥道」(はとりみち)は登っていません。
例年、正月休み中には、ここを登るのですが、
今年のお正月は用事が入って行けなかったのでした。

P4080851.jpg
今日のお天気は最高です!
降水確率は、0%。 青空です。
しかし今朝は冷え込みました。

P4080862.jpg
マイカーは、つくし湖の畔に置きました。
AM08:05、スタートです。
気温は、10℃でした。 寒さを感じます。

P4080868.jpg P4080871.jpg
桜が綺麗に咲いていました。
昔の石碑を見ながら、羽鳥道方面へと向かいます。

P4080878.jpg P4080879.jpg
もの凄い迫力のダンプカー!
レトロなバスも健在でした。
さながらミニ交通博物館(?)(笑)

P4080888.jpg P4080893.jpg
紫尾(しお)小学校の桜は100%の満開でした。
日差しも強くなって気温が急上昇で17℃!、上着を脱ぎました。

P4080905.jpg P4080903.jpg
さて、県道歩きに入りました。
ここが単調で長く感じます。
埴輪(はにわ)屋さんが在ります。

P4080911.jpg
石の街、真壁です!
新しい看板を観ました。

P4080914.jpg
筑波山を北側から観るようになります。
真壁からは、普段見慣れない3峰に見えます。
3峰に見えるようになると、いよいよ羽鳥道になります。

P4080915.jpg
本来ならば、遠くに見えている「桃山中学校」からが
羽鳥道の始まりなのですが、本日も割愛しました。

P4080922.jpg P4080923.jpg
羽鳥道に入りました。
緩やかに筑波山へと登って行きます。
巨大な馬頭尊の石碑です。

P4080928.jpg
羽鳥分教場跡で、小休止しました。

P4080932.jpg P4080937.jpg
新築工事が2軒も!
しかもそのうちの1軒は本日、上棟式です。

P4080938.jpg
目立つ曲がり角で、またまたリフォーム工事!(驚)
羽鳥道の入り口では、建築ラッシュ??(笑)

P4080942.jpg
道は、勾配を増しました。
集落の中を登って行きます。

P4080949.jpg P4080951.jpg
渓流を、ちょっと見に行ってみました。
川魚は放流されているようです、新発見でした。

P4080953.jpg P4080952.jpg
やっと、歩きやすい土の道に入れました。
舗装道路は硬くて疲れます。

P4080954.jpg P4080959.jpg
江戸時代創建の石鳥居前の広場は、山桜が綺麗でした。

P4080962.jpg
前回は見れなかったので、
今回は、大きな石碑を見るルートを歩きました。

P4080971.jpg
急坂を登り切って、
10:06、男の川(おのかわ)に着きました。
気温は、14℃と登山には適温です。
ここでもまた小休止をしました。

P4080972.jpg P4080974.jpg
これから、羽鳥道の上部を登ります。
大滝不動に手を合わせて先へと進みます。

P4080977.jpg
まだ咲き始めでしたが、カタクリに出会えました。

P4080979.jpg P4080980.jpg
まだ、ニリンソウはほとんど見れませんでしたが、
アズマイチゲやキクザキイチゲが咲いていました。

P4080984.jpg
普段は、涸れ沢になっている登山道ですが、
今日は山に水分が多いのか、道の中にも水が流れていました。

P4080987.jpg P4080988.jpg
銘水・延命水の付近には、カタクリが多く見られました。

P4080993.jpg P4080996.jpg
自然研究路に合流しました。
カタクリはまだ咲き始めでした。

P4081005.jpg
10:57、御幸ヶ原に到着しました。
ケーブルカーの駅の売店でソフトクリームを購入。
他にお客さんも居なかったので、久しぶりに売店のおばさんと談笑。。

P4081013.jpg
今日は筑波山のカタクリの開花状況を見て廻ります。
旧ユースホステルコース(深峰歩道)を降り始めます。

P4081015.jpg
工事のために、たまに重機が登山道を通ります。
なので相変わらず道はガタガタで歩きにくいです。

P4081018.jpg P4081020.jpg
カタクリの看板の在る広場では、カタクリの花は見頃でした。
幼稚園生の遠足も来ていました。

P4081025.jpg
登山口まで降りて来ました。

P4081027.jpg
さて、ここからは舗装道路の林道歩きです。
景色も変わらず単調で、正直言って面白くありません。
ひたすら辛抱で歩いて行きます。

P4081043.jpg
12:10、やっと筑波高原キャンプ場にやって来ました。

P4081048.jpg P4081047.jpg
満開の山桜を見ながら、栄養補給します。
最近は、ややウエイトオーバーなので、体脂肪燃焼系のをチャージ。

P4081049.jpg
12:17、キャンプ場コース(三本松コース)を登り始めます。

P4081051.jpg P4081055.jpg
キャンプ場内のカタクリは満開でした。
写真に収めながら登って行きます。

P4081057.jpg
登山道のロングストレート付近もカタクリの群生地なのですが、
今日はまだそんなに咲いてはいませんでした。

P4081059.jpg
キャンプ場には結構人が居ましたが、登山道は全く静かでした。
無念無想の境地で登ります。

P4081065.jpg P4081066.jpg
けっこう軽く脚が動いたので、38分で女体山頂に到着しました。
12:59。 気温は、16℃でした。
山頂には大勢の観光客が居ましたので、即座に退散。

P4081067.jpg
今日は、せきれい茶屋さんは臨時休業です。
(予め、知っていました)

P4081069.jpg P4081074.jpg
カタクリの里では、白い花も見られたので満足でした。

P4081079.jpg P4081086.jpg
御幸ヶ原からは、薬王院コースで下山しました。

P4081095.jpg
コースの途中のカタクリは、まだ咲き始めでした。
登山口まで降りて来ました。
久々に長距離を歩いたので、脚全体が痛くなりました。

P4081118.jpg P4081122.jpg
やっとで、つくし湖まで降りて来ました。
そこでは、本日一番の桜の絶景を見ることが出来ました。
今日一日頑張った御褒美。。

P4081124.jpg
14:30、駐車場に戻りました。
お疲れ様でした。

P4081128.jpg P4081126.jpg
車に乗って、真壁へと向かいます。
今朝ほど歩いた同じ道を、今度は自動車で走りました。

P4081132.jpg P4081133.jpg
真壁市内の「田中さん」へ。

P4081139.jpg P4081135.jpg
私の今日のランチは午後3時。
本来は、焼きそばがメインのお店らしいのですが・・

P4081140.jpg
お腹が空いていたので、チャーシュー麺の大盛りを頼んでしまいました。
昔ながらの中華そばの味・・ 私好みです。
食べ終わってから、少しだけ店主さんとお話しましたが
五十年変わらぬ同じ味だそうです。

P4081142_20140415203234517.jpg
近くの宮本精肉店さんでも、ちょっとお買い物。
ここでもちょっと、お店の人と談笑してしまいました。。

P4081144_20140415203236b7d.jpg
真壁からは、筑波山へと取って返して・・

P4081152_20140415203238760.jpg
朝日トンネルを抜けて・・

P4081154.jpg
やさと温泉ゆりの郷へ。
疲れていたので、温泉に2時間入りっぱなしでした(笑)

P4081167.jpg P4081170.jpg
夕食は自宅へ帰ってから戴きました。
田中さんで買ってきた「焼きそば」と、
宮本精肉店さんで買った「海軍カレーコロッケ」と「メンチ」です。

記事の更新が遅れましてすみませんでした。
※ カタクリは、筑波山全山で見頃です。
  キャンプ場のカタクリは、既に盛りを過ぎました。

このページのトップへ

ようやく少し走れました

昨年の夏、富士山で痛めた右ヒザが未だに良くないです。
これ以上悪化させないようにと、ヒザへのヒアルロン酸の注射は
医師の指導のもと、間を空けてかれこれ十数本打ちました。
それでも何となく違和感が。 
今年に入ってから、ほとんどジョギングも自粛して走らなくなりました。
(かなり早歩きのウォーキングはしていましたが。)

昨日の筑波山登山では、ザックにオモリを入れて10KGの重さの負荷に。
久々の背中の重さはしんどかったです。。

これが、怪我の功名と言うべきか,逆療法と言うべきか、
帰宅後、今までよりは、だいぶ違和感が無くなったような
感じがしました。

そして今日の夕方、、久しぶりに2KMの短距離でしたが、
軽いジョギングが出来ました!
(もしかしたら、このまま一生、走れないかも・・
  と言う危機感が有りました)

今月(4月)に入ってからは、夏山シーズン(富士登山)に向けての
本格的(?)トレーニングが始まりました。

途中の小休止で、10KGのザックを地面に置いたら、
身体の軽い事と言ったら(笑)

今現在の体力では麓から富士山へは登れません、、本気で鍛えないと。
何はともあれ、今夜は少し走れて良かったです。

小学5年生の時から始まった、私のランナー人生・・
まだ終わらないで済みそうです。
このページのトップへ

筑波山 新 ミニグルメ

P2242201.jpg
筑波山・御幸ヶ原のケーブルカー山頂駅の { 売店 } にて
新発売の美味しい物です!!

それは・・

P4081008.jpg P4081004 - コピー
『 登山 力もち 』 です。
価格は、1個 = ¥180- です。
作りたてを冷蔵保存して運んで来るので、とても美味しいです。
文字どうりで、モチモチの食感がGOODです。
食べてみれば、¥180-とやや高めのお値段でも納得。

※ 発売早速、早くも人気商品になったようで、
  売り切れの時もありますが、
  もしも売っていたら買って食べてみて下さい ☆
このページのトップへ

筑波山 カタクリ開花状況 4月8日

2014年4月8日 
私が見てきたカタクリの花の開花状況をお知らせします。

筑波山頂・カタクリの里 = 見頃

筑波高原キャンプ場 = 満開 

旧ユースホステルから上のカタクリの広場 = 見頃

自然研究路北側(南側は現在通行止め) = 咲き始め

薬王院コース800階段 = つぼみ~咲き始め

男の川コースの上部 = 咲き始め~見頃

ニリンソウやイチリンソウは、まだほとんど無いです。
キクザキイチゲやアズマイチゲが咲いています。 
このページのトップへ

今年も出現! 白いカタクリの花

カタクリの花と言えば、普通は薄い紫色ですが、
この春も滅多に見ることが出来ない『 白いカタクリの花 』が
出現しました!!

P4081072.jpg
場所は、筑波山頂・カタクリの里です。
( 2014年4月8日撮影 )

隣りに咲いている普通の色のカタクリの花と比べて見て下さい。
本当に真っ白です!!
まさに奇跡の花。。

私も未だに見ていませんが、「緑色のカタクリの花」
と言うのも有るそうです。
筑波山の何処かにひっそりと咲いているらしいのですが
あなたも探してみては?
(緑色の花なんて、見つけるのは至難の業ですよね・・)

{ ※ とって良いのは写真だけ! 、お忘れなく }
このページのトップへ

ミラココア フロントグリルを追加

私の愛車=「 ミラココア 」は、実はグレードは一番下の{ L }。

P2252296.jpg
今回は、一番大変だった改造(?)を行いました。

P2272353.jpg P2272354.jpg
ヤフオクで落札した、フロント部のラジエーターのメッキグリルです。
最初に入札したのは、4500円位で落札出来ませんでした。
(その時は熱くならずに、再入札を見逃して良かったです・・)
その後、気長に待っていたら、幸運にも半額以下の、2000円で落札!!
果報は寝て待て、は本当でした。。(笑)
ちなみに新品のこれと同じ純正部品は、軽く2万円以上します。
(2万円~なら絶対に付けようとは思いません。 ^^; )

P2272352.jpg
フロントパネルに傷がつかないように、マスキングテープを貼りました。

P2272357.jpg
ありゃりゃ、、グリルの裏側の突起は、全くグリルの穴に合っていません。
突起は私のミラココアには不要だと判りました。

P3022399.jpg P3040010.jpg
全ての突起をバシバシ、ニッパーで切り落としました。
その切った跡も、ヤスリを掛けて滑らかに。
これは、第一次の両面テープです。
裏側に貼りました。
そして、本番の貼り付け作業に・・

P3040003.jpg P3040006.jpg
第一次貼り付け作業は、失敗しました。。
グリルを貼る位置を失敗しました。
水平方向が右下がりになってしまったのでした。

翌日、気を取り直して再チャレンジです。
今回は、位置決めを確実にしました。
ラジエーターの穴と貼り付けの位置を、定規で正確に長さを測りました。
両面テープは、一度でも使い損じたものは粘着力が弱くなって
いますので、新しいものに取り替えました。

P3120020.jpg
貼り付けは、一回限りの一発勝負なのです。
位置が数ミリずれたからと言っても、貼り直しは利きません。
かなりの緊張感の作業でしたが、
第二次貼り付け作業は、見事に成功しました!!
この後、数日間は雨の予報でしたので、仮止めテープで補強しつつ、
ビニールでフロント部分を覆って、両面テープの固定を待ちました。

P3150074.jpg P2252296.jpg
左の写真は、ラジエーターのメッキグリルを取り付け後。
右は、以前のノーマル状態です。
やはり、グリルを付けたほうが、高級感が有ります!

P3170084_20140406212048cfe.jpg
私のミラココアには、色んな外装を取り付けましたが、
今回のメッキグリルが一番大変でした。

グレードの高いミラココアには、標準で最初から色々と付いていますが、
付いていなければ、自分で取り付ける楽しみもあります。
手をかけてやると、愛着も湧きますね。
このページのトップへ

NRD-515 のお掃除

私の愛用している古いラジオ受信機です。   

P3110350.jpg
これもまた、知る人ぞ知る、「 日本無線 (JRC) 製 ・ NRD-515 」です。
ラジオと言うよりも、正確には、アマチュア無線機(受信機)です。
私が理容の専門学校生だった時ですが、夏休みの2ヶ月丸まるを、
地元の某電機メーカーの電子レンジ組み立て工場で
アルバイトして苦労して買いました。

P3110325.jpg
本当に久々に、内部を点検してみる事に。
( うわぁ~、かなりホコリが溜まっています、これはアカン!  )

P3110336.jpg
エアーを吹き付けて、ホコリを吹き飛ばしましたが
まだ汚れがこびり付いていますので、
細心の注意を払いながら、根気よく綿棒で小擦ります。
( 吹き付けるエアー = 
 缶入りスプレー式のエアーは冷気が出るので電子部品にはNGです。
 今回、私はドライヤーの冷風を気をつけながら当てました )

P3110327.jpg
見違えるように綺麗になりました! 

P3110348_20140403225612173.jpg
基板の裏面もチェック。
こちらは、それほどホコリは溜まっていませんでしたが、
一応お掃除しました。
これでまた、暫くは大丈夫そうです。

P3110353.jpg
最後に、外部装置の受信局記憶装置と、スピーカーを繋ぎました。

実は、このラジオ受信機は現在でも高値で取引されています。
現金一括価格で、26万6千円と言う高額な受信機一式でした。
車で言えば、ベンツクラスの文句なしの高級車でした。
秋葉原で買って持参して家に帰ったのですが、
NRD-515と印刷してあるダンボール箱を見た数人の人が
凄い!・・と言っているのが聴こえて優越感でした(笑)
まさに、当時のアマチュア無線機の王様と言う感じのラジオでした。

現在では、このラジオ以上の性能の無線機も有るかと思いますが、
残念ながら、このNRD-515以上に手の込んだ無線機は無い・・
との事です。
ご覧下さい、この小さなICの数を。
こんなに複雑な回路のラジオは、現在のメーカーは作りたがりません。
と言うか、作れないでしょう。。

今でもオークションに出せば、間違いなく、高値が付きますが
この私所有の NRD-515 は、手放すことが出来ません。
愛着と想い出が詰まっていますので。

※ 昔は、この NRD-515 で、ヨーロッパやアフリカなどの
海外短波放送のラジオ局( 英語放送 ) をよく聴いたものです。
そして、受信報告書を ( もちろん英文で ) 書いて送り、
お礼にQSL(ベリ)カードをたくさん戴きました。
[“NRD-515 のお掃除”の続きを読む]
このページのトップへ

3月31日 春休みの筑波山

今朝は、昨日の雨もすっかり上がって晴天です。
しかし、強風はまだ止んでいませんが、筑波山へと向かいました。  

P3310587.jpg
強風でスモッグが吹き飛ばされて、
いつもよりも筑波山が綺麗に見えました。

P3310588.jpg
ふもとの「筑波山口」の桜も綺麗でした。

P3310595.jpg
車は久しぶりに第1駐車場に停めて、筑波山神社へと歩き出しました。
本日は春休みなので、新高校2年生になる甥っ子 も一緒です。
下界は強風でしたが、山の中腹から上は意外にも風は弱風でした。
と言うのも、実は山陰で風を遮ったせいです。

P3310606.jpg P3310607.jpg
筑波山神社の神橋前に着きました。
筑波山のキャラクターの「ツッピー」の旗が飾られていました。

P3310611.jpg P3310614.jpg
神社の脇道を歩いて行きます。
枝垂れ桜も見頃でした。
白雲橋(しらくもばし)を渡ります。

P3310620.jpg
AM10:26、白雲橋コース登山口からスタートです。
気温は、20℃で山登りには暑い位です。

P3310621.jpg
この春、初めてのスミレの花を発見しました。

P3310622.jpg
学校は春休みですから登山者は多いかと思いきや、
あんまり人は居ませんでした。
静かな森の中です。

P3310624.jpg
酒迎場分岐は、左へ。
ダイレクトに女体山へと向かいます。

P3310626.jpg
は、毎日自転車通学で20㎞ペダルを漕いでいます。
持久力は有るようで、登山道に居た登山者さんを
次々に追い抜いて行きます。
私も  に付いていくのは大変。。

P3310630.jpg
昔、茶店が在った平らな所で小休止。

P3310631.jpg
そして、本日の一番の難所。
長い急登が続きます。

P3310635.jpg
この春、私が筑波山で見た、カタクリ第一号です。

P3310636.jpg
 は、45分で弁慶茶屋跡に到着しました。
私はその3分後に到着。
ここで栄養補給をしました。

P3310637.jpg
弁慶七戻りを過ぎて・・

P3310641.jpg
大仏岩から先、  は脱兎のごとく、
走って登って行ってしまいました。

P3310643.jpg
 は、60分で女体山頂に到着しました。
私は、またまた3分遅れでやっと着。
山頂には、大勢の人で一杯でした。
早々に退散。
気温は、15℃でした。

P3310651.jpg P3310654.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
「つくばそば」を戴きました。

P3310666.jpg
4月1日からは、「カタクリの花まつり」が開催されます。
場所は、筑波山の山上です。

P3310657.jpg P3310660.jpg
とは言うものの、肝心のカタクリの花は、やっと咲き始めたばかりでした。

P3310661.jpg
御幸ヶ原に降りてきました。

P3310663.jpg
下山は、 のリクエストでケーブルカーで。
12:40発に乗車しました。

P3310673.jpg P3310680.jpg
宮脇駅から、15分ほど歩いて、筑波山梅林へとやって来ました。
 は、この梅林に来たのは初めてでした。
展望あずまやからの眺望です。
気温が上がったので、景色は白んでしまいました。

P3310683.jpg
梅の花は、さすがにもう終わり近くでした。
見物人も数人居ただけです。

P3310689.jpg
13:22、第1駐車場に帰って来ました。
お疲れ様でした。

P3310697.jpg
下山後は、桜井菓子店さんであんドーナツを買ってから。

P3310706.jpg
常磐道の守谷SA(上り線)に新装されたショップエリアに行ってみました。

P3310701.jpg P3310710.jpg
最後に、 のリクエストで釣具屋巡りを数軒。

筑波山のカタクリは、もうじき咲き出す事でしょう。
梅林の梅は終わりましたが、梅林上部に在る山桜は、
下界のソメイヨシノが終わってから咲きますので楽しめます。
梅林の山桜は、知る人ぞ知る穴場のスポットです。
 と登山したのは、昨年の春以来でした。
このページのトップへ

おどろきももの木・・

中国切手の、知る人ぞ知る 『 赤猿 』 (通称)。 

P3310723.jpg
確か、私の昔のスクラップブックにストックして有ったような・・
やっぱり有りました。

この切手が、今やビックリ。
中国本土では大人気の珍品切手なので、
今現在では何と、軽く10万円以上で買い取ってくれるとか!!
最高値では、16万との提示も。
しかも私のこの赤猿切手は、顔が金色に綺麗に光っている極美品です。
これは、お宝・・(驚)

私がこの切手を買った時は、ほんの安価で、
{ 2千円位 }で買った記憶があります。
当時でも、なかなか在庫僅少な切手でしたが、
まさかこんな値段がつくとは!

P3310734.jpg
『少年たちよ、子供の頃から科学を愛そう』小型切手シート。

この小型切手シートも、私は持っています。
図柄が良かったので、当時でも案外高価でしたが
何とか買った想い出があります。
この切手も赤猿同様に値段が高騰したとか。
今では驚きのお値段です!!

私の持っている中国切手の価値が上がったとは言っても、
私は過去に、とある悪人に騙されて株で大損した辛い経験が有ります。
その悪党とは、私の床屋の師匠。
仕事はうまかったが、人間性は全く駄目と言う、
私にとっては、まさに“反面教師”の師匠でした。
高い月謝を支払いました。
数枚の切手の値段が高くなっても追いつきません。。

でも今回は、ちょっとビックリしました。

 { 赤猿 世界仰天ニュース } クリックして下さい。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (451)
富士山 (203)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム