山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

堤防決壊の被災地を見て来ました

昨日も水害を受けた常総市水海道のいとこ宅へ行って来ました。

常総市役所周辺では、
街中は落ち着いてきて、徐々に平常に近づいてきた印象です。
粗大ゴミの搬出も終わって、街の中は綺麗になった感じです。
お店も徐々に営業を再開し始めています。

いとこの家の掃除の手伝いも大した仕事は無く、軽く済ませてから
時間が有ったので、堤防が決壊した付近へ徒歩で出掛けてみました。

大洪水で家が押し流されたり、ヘリコプターで救助されたりした
ショッキングなテレビの画面の印象とは異なっていました。
昨日は、静かな田園地帯でした。

堤防の近くは、田んぼばかりかと思っていたのですが、
想像よりも民家が多かったので少し驚きました。

すでに、お庭を綺麗に掃除して住んでいるお家が多数。
正反対に、もう住むのか住まないのか、もぬけの殻になったお家も。
無理もありません、二階の壁にも水が来た跡が付いていました。

救助の様子でテレビ画面に大写しにされたお家は判りませんでした。

一見すると、だいぶ落ち着いて見える一帯の景色でしたが、
よく見ると、やはり田んぼの稲は無残な姿になっていました。
稲は、あの嫌な氾濫の河の色なのでした。
たまに車が通ると、砂ぼこりが立ち込めます。
何とも言えない悲壮感が漂います。

それでも日本人は強いです。
少しずつでも必ず復興します。

この記事には写真は載せませんでした。
被災地の皆さんのプライバシーを守ります
このページのトップへ

9月7日 台風18号直前 吉田口・馬返しから今夏ラスト登山

夏山シーズン中、この夏は永いなぁ・・と思ったのですが、
カレンダーを見ると、早くも9月に突入。
と言うことは、この夏もやはり早足で通り過ぎたと言うことです。
9月になれば、あと何回かしか登れないので、
悔いのないようにと吉田口・馬返しから登ることにしました。

しかし私の心配ごとは、台風18号が富士山に接近中との事でした。
小型の勢力の台風と言いますが、油断はできません。
なので、頂上まで登れるかどうかは全く判りませんでした。
天気予報も全然宛てになりませんでした。

P9070374.jpg
前夜は、道の駅富士吉田にて車中泊としました。
8月中は、蒸し暑い車中泊の事もありましたが、
今では逆に寒い感じですので、しっかりシュラフにくるまって
熟睡して寝ていました。
世間の夏休みは終わったので、道の駅の駐車場はガラ空きでした。

P9070386.jpg
早朝3時半には目を覚ましてしまいました。
準備を整えて、吉田口・馬返しへ車で移動しました。
午前5時ちょうどに、到着。
まだ夜明け前で、空は深い紺色でした。

P9070392.jpg
馬返しの駐車場もガラ空きでした。
私の車の他には、たったの1台が停まっているだけでした。
頭にヘッドランプを装着して、登山口へと歩いて行きます。

P9070397.jpg
AM05:08、 登山口の石鳥居からスタートです。
気温は、17℃でした。

P9070400.jpg
数日前に降った大雨で、登山道は濡れていました。
集水桝にも水が有りました。
真っ暗な登山道を登って行きます。
言わばこの道は、私のメインロードですから、
暗くても知っていますから安心です。
でも、後ろは振り向きたくはありませんが。 

P9070404.jpg
割りと簡単に、1合目(鈴原社)に到着です。
さあ、ここからが登山は本番になります。

P9070410.jpg
少しずつ森の中が明るくなってきました。
いつもと同じく辛い階段です。
私の今日のザックは、11㎏の重さです。
すっかり重さには慣れてしまったので、シンドイとは思いませんが
でも、スピードはそんなに出ません。

P9070412.jpg
私の好きな石塔が出てきました。
江戸時代の八王子講のものです。
これぞまさしく、世界文化遺産富士山です!
( 世界文化遺産富士山を正しく理解したい人は、
  是非、麓から吉田口を登りましょう!! )

P9070414.jpg P9070417.jpg
2合目、御室浅間神社に着きました。
東日本大震災以来、崩落の危険があり、
神社の建物への立ち入りは禁止されています。
ここは休まずに先を急ぎます。

P9070422.jpg
一度林道に出ますが、すぐにまた山道に入って行きます。

P9070426.jpg P9070431.jpg
06:06、 3合目に着きました。
気温は下がって、15℃でした。 適温です。
ここで初めて休憩を取りました。
見晴らしは曇っていて、残念ながら良くありません。

P9070442.jpg
前半のハイペースは何処へやら。
なかなか足が前に出なくなってきました。

P9070457.jpg P9070454.jpg
4合5勺、井上小屋に着きました。
ここには、江戸時代に掘られた文字が残っています。

P9070471.jpg
着きそうで着かない5合目への道です。
雲切不動様は、山終いで閉まっていました。

P9070487.jpg
07:24、 今朝の第一目的地 =
 6合目・里見平☆星観荘さんに到着しました。
4合5勺からいわゆるシャリバテ状態になってしまい、
かなりのスローダウンでした。
2時間以上も掛かっての到着でした。
気温は、14℃と涼しいです。

P9070495.jpg
星観荘さんの前庭にて、栄養補給をして頂上アタックの準備完了です。
08:10、優しい頑固親父さんに見送られて再スタートです。
霧の中の出発でした。

P9070499.jpg
旧5合5勺、経ヶ岳を通過します。
日蓮上人さまの銅像に一礼して先へ進みます。

P9070500.jpg
安全指導センターの下に来ました。
いつもとは違った、雲が多くて威厳が在る富士山が見えました。
私の直感で、今日の登山は手強(てごわ)いと思いました。
特に天気が。。

P9070504.jpg
7合目へ続く吉田口名物のジグザグ道は、ガラガラに空いていました。
そこへ、アメリカから来たと言う、若い女性2人組がハイペースで
私をあっさりと追い抜いて行きました。
このお二人とは、このあと、私と抜きつ抜かれつ・・で
富士山を登って行くことになるのでした。。

P9070506.jpg
09:31、7合目の最初の山小屋に着きました。
思ったように脚が進まず、ローペースになってしまいました。

P9070513.jpg
まさに兎と亀です。
大休止していた先ほどのアメリカ女性たちは、
私が7合目に到着したら、出発して行きました。
ここからが溶岩登りになるので、難所になってゆきます。

P9070515.jpg
もう雲海の上に出たので、霧は無くなりました。
登山日和になったのかも?・・

P9070518.jpg P9070522.jpg
驚いたことに、鎌岩館さんは「更地」になっていました!!
山小屋を新しく建て替えるそうです。
楽しみですね ♪

P9070525.jpg
さあ、最大の難所に差し掛かりました。
8合目手前の岩場登りです。
ここも、いつになく登山者の姿は、ほとんど居ませんでした。
はるか上には、あのアメリカ女性2人組の姿が見えました。
でも、追いつけないほどの距離が有りました。

P9070530.jpg
10:47、8合目・太子館さんに着きました。
気温は、16℃でした。

P9070540.jpg
また、ザラザラの砂礫の登山道になりました。
雨が降っても、すぐに乾いてしまう富士山の登山道は
滑って登りにくいのです。

P9070543.jpg
白雲荘さんで、私はあのアメリカ女性たちとまた出逢いました。
何と一旦、追い付いたのです。
でも、また離されたのですが。。 (笑)

P9070546.jpg
本8合目の富士山ホテルさんは、何と、すでに完全閉館!
びっくりです。
良かった、頑固親父さんからリポDを戴いて来ていて。
ここで、リポDを飲み干しました。
( 頑固親父さん、有難うございました )

P9070553.jpg
いつもはたくさんの登山者さんで賑わう、本8合目ですが、
今日は、ほとんど人影はありません。
本8合目から再スタートです。

P9070554.jpg
8合5勺の山小屋前にも、人影はありません。
嘘のような今日の登山道の静けさです。

P9070556.jpg
ここで予期せぬ、大雨が降り出しました!
急いでレインウエアの上下を着込みました。
素早く着るのも芸のうち!
モタモタしていると、大切な登山着が濡れてしまいます。

P9070560.jpg
完全に笠雲の中に入ってしまったようです。
雨の中の9合目の鳥居です。
視界は真っ白です。

P9070561.jpg
私は毎回、吉田口の本8合目から調子が良くなります。
普通の人と逆ですね。
最後の難関、胸突き八丁も割りと楽に登って行きました。

P9070568.jpg
たまたま誰でも居ない登山道でしたので、
マイペースで楽に登れて、頂上の鳥居が見えました。

P9070570.jpg
13:24、頂上に到着しました。
気温は、13℃でしたが、雨粒は冷たいです。
星観荘さんからは、5時間14分も掛かりました。
アメリカ女性たちと、頂上にて再会しました。
彼女たちには下山道を教えました。
良かった、数人の扇屋さんのスタッフさんと最後のご挨拶が出来ました。

P9070574.jpg
13:40、下山を開始します。
雨なので昼食はとりあえず抜きです。
私が降りて行くと、例のアメリカ女性たちは道に迷っていました。
なので、暫くは私と一緒に降りました。
気がつけば欧米の人が何人か増えていました。
私は、ニワカ案内人(?)
でも、その後は各自自由行動に。
アメリカ女性は、7合目の公衆トイレからはダッシュで走り去って行きました。

P9070588.jpg
15:56、星観荘さんに無事に帰還しました。
残念ながら、オーナーの頑固親父さんはお仕事が有って
お山を降りられていました。

P9070590.jpg
夕食前に生ビールを頂戴しました。
素晴らしい景色の中で、贅沢な至福の一杯と言えるでしょう。

********************************

P9080593.jpg
(8日) 翌朝は、大雨が降り続いていました。
夜半から山小屋の屋根を雨粒が叩いていました。
台風18号が富士山へ、いよいよ接近して来たのです!!
明日の午前には東海地方に上陸すると予報は伝えていました。
とても、登山が出来る様子ではありませんでした。
今日は、このまま下山します。

P9080594.jpg
朝食後は、これまた美味しいモーニングコーヒーを戴きました。
本格的なコーヒーなのです。 まさに贅沢。

P9080606.jpg
下山後は、マイカーで籠坂峠を走り抜けて・・

P9080609.jpg
須走の市街地から・・

P9080613.jpg
富士あざみラインへ。
依然として、大雨の中でした。
( 富士あざみラインは、雨にはとても強い道路だそうです )

P9080620.jpg
マイカー規制は無い日でしたので、5合目まで車で来れました。
こんな雨の日ですから、駐車場は空いていました。

P9080626.jpg P9080630.jpg
10:10、 山荘菊屋さんに到着しました。
今日は菊屋さんに昼食を食べに来ました。

P9080631.jpg
まだお昼ごはんには早い時間でしたので、
またまたホットコーヒーを戴きました。
今日は雨で寒いので、店内のストーブには火が入っていました。

P9080632.jpg
昼食は、ソース焼きそばを注文。
私好みの味で美味しかったです。

P9080638.jpg
結局、菊屋さんには夕方の5時まで居ました!
全然退屈しませんでした。(笑)
いや、むしろ楽しかったです。

P9080645.jpg
また籠坂峠を越えて富士吉田へ。
道の駅にて水汲みをしました。
しかし、誤算でした!
紅富士の湯は休業日なのでした、ショック。。

P9080649.jpg
温泉は諦めて、家路に就きました。
山梨から離れるに従って、雨は小降りになりました。
流山は、そんなに降らなかったみたいです。

P9060342.jpg
経済ルートで桶川ICで高速を降りたので
21:20、 やっと帰宅しました。

台風18号接近で、頂上に行けるとは思っていませんでしたが
何とか1本登ることが出来てラッキーでした。
やはり、吉田口・馬返しから登るのは、決して楽ではありませんでした。
二日目の須走口の5合目では、あんなに大雨で台風が近づいているのに
何組かの登山者さんグループは登って行きました。
特に外人さんは、天気予報は全然チェックして来ないようでした。
富士登山はお天気次第です。
初心者さんは晴れた日に登るのをお勧めします。

この台風18号は、小型にも関わらず、
関東と東北に大水害を引き起こしました。
私の水海道の親戚も被災しました。
私もささやかながら、復旧のお手伝いをさせて頂いています。
頑張りましょう。

【 登山データ 】
登り標高差 = 2265 メートル
登り =  馬返し → 星観荘さん 2時間15分
       星観荘さん → 頂上  5時間14分
          計           7時間29分
下り =  頂上 → 星観荘さん  2時間16分
万歩計歩数 = 32000 歩

このブログ記事は、Windows7 から新たにアップデートした 
Windows10 で書いてみました。 
このページのトップへ

常総市 水海道 2回目お掃除

2015年09月21日 ・ 月曜日 ・ シルバーウイーク 
先週に引き続いて、2回目の水害被害のお掃除に行ってきました。

P9210841.jpg

常総市中心部の親戚の家です。
私の背丈は、160センチ。
肩の高さまで水が来ましたから、130センチ位でしょうか。
とにかく、物凄い浸水でした。
( 山歩きは暫くお休みして、明日もお手伝いに行きます )

多くのボランティアの方たちには頭が下がります ( 感謝 )

PS 道路の通行止めは、だいぶ解除されたようです (要確認)
水道と電気は使えるようになりました。 (でも飲用水は要煮沸)
しかし、自宅トイレは使用不可。
お風呂も給湯器故障で入れず。
自家用車も水没したので動かず。
未だに被災地では不便な生活が続いています。
このページのトップへ

8月31日 筑波山半周スピード登山

天気予報が良くないので、
今週は富士登山はお休みして、筑波山へと向かいます。
富士山は休むとしても、足を鈍らせてはいけないので
筑波山でトレーニングします!

P8310195.jpg
筑波山麓に来ましたが、お山は雲が掛かっていて見えません。
天気予報は雨は降らないが、曇り空だと言っています。

P8310202.jpg
マイカーは、久しぶりに筑波山の梅林下駐車場に置きました。
(有料 = ¥200- )

P8310207.jpg
まずは、スカイラインを歩いて行きます。

P8310208.jpg
いつの間にか、手焼きのお煎餅屋さんが出来ていました。
ランチタイムには食事も出来るようです。

P8310216.jpg P8310217.jpg
白雲橋を渡ります。
橋の名前の新しい案内板も立っていました!

P8310219.jpg P8310223.jpg
AM10:31、 白雲橋登山口からスタートです。
気温は、23℃でした。 湿度が高いです。

P8310225.jpg
ここにも新しい看板が建っていました。

P8310227.jpg
酒迎場分岐は右へ。 迎場コースへ進みます。

P8310240.jpg
今日は、トレーニングですから、
思いっきりスピードを上げて登って行きます。
全速前進!!
( 全く誰も居ない山道でした )

P8310247.jpg
29分の超ハイペースで、つつじヶ丘に着きました。
気温は、19℃に下がってくれて助かりました。

P8310245.jpg
人なつっこい黒猫が寄ってきました。
よい餌がないので、煎餅をひとかけらあげたら、かじっていました(笑)

P8310260.jpg
水の消費量が激しいので、ペットボトルのお茶を売店で買ってから、
裏筑波ハイキングコースへと再スタートです。

P8310263.jpg P8310267.jpg
今日一番咲いていた花です。
カーブミラーを利用して写真を撮りました。
今日の登山服は派手派手でした (笑)

P8310280.jpg
キャンプ場も静かでした。

P8310287.jpg
12:05、キャンプ場コースのスタートです。

P8310293.jpg
ガンガン登って行くと、上から御夫婦が降りて来ました。
よく見ると、TKさん御夫妻でした。
久しぶりにお逢いしました。

P8310301.jpg
32分で、女体山頂に着きました。
残念、新記録とはいきませんでした。

P8310304.jpg
せきれい茶屋さんは、予想どうりにお休みでした。

P8310305.jpg P8310306.jpg
御幸ヶ原からは、13時ちょうど発のケーブルカーに飛び乗りました。

P8310309.jpg
宮脇駅の売店で、ソフトクリームを買いました。
今が旬の、梨ソフトです。
梨&バニラのミックスは、美味でした!

P8310313.jpg
駐車場付近に在る、目立たない池には、蓮が咲いていて綺麗でした。

P8310316.jpg P8310317.jpg
下山してから車にて、国道沿いの ラーメン 「 名無し」 さんへ。
あっさり味の醤油ラーメンは、何回食べても飽きません。
トッピングで頼んだ水餃子も美味です。
(私的にはラーメンは、あっさり味に限ります。)

P8310323.jpg
夕方、神郡から家路に就きました。

前日の雨のあとの筑波山を登りました。
濡れても足場の良いルートを選んで登りました。
ザックも軽かったこともあり、速攻登山となりました。
少し蒸し暑かったですが、良いトレーニングになりました。
富士山に登るのには、何よりも体力が必要です。
今日も休みわけにはいきませんでした。
( 本当はたまには山は休みたい。。 )
このページのトップへ

9月14日 常総市(水海道)水害お手伝い

常総市(水海道)の従兄弟(いとこ)の家が、
この度の鬼怒川氾濫水害に遇ってしまったそうなので、
行ってみることにしました。
この数日は電話も繋がらず、親戚一同で心配していました。

P9140756.jpg P9140751.jpg
最初はマイカーで行きましたが、橋を渉るのに道路が渋滞に嵌ったので
諦めて折りたたみ自転車に乗り換えて、常総市へアプローチしました。
途中に渡った 「 鬼怒川 」 の茶色の濁流が恐ろしかったです。
でも、水量はだいぶ減ったようでした。

P9140774.jpg
自転車のペダルを2時間近く漕いで、やっと水海道の従兄弟宅へ到着です。
常総市の中心部に従兄弟宅は在ります (堤防決壊場所から約10KM地点)。
幸い、水は引いていました。
しかしながら、水道は断水、電気も停電中。
水や食料の救援物資は市から戴いているようでした。
せっかく来たのだから私も水害復旧のお手伝い。
まずは、家の外周りのお掃除。
流れてきたゴミが多い。 びっくりするようなモノも流れてきました。
外が終わったら、家の中のお掃除。
家の中へも腰の高さまで浸水したので、まず家具が全てダメです。
畳は完全にダメ。 家電品も恐らくダメ。
日常の生活品は一度水に浸かってしまうと驚くほどダメに
なってしまうのを思い知りました。
写真やアルバムが、水浸しになってしまっているのが可哀想でした。
あとで乾かすのも大変な作業です。
上の写真は、外に出した使えなくなった品物です。
まだまだこの倍くらいモノは有りました。

P9140782.jpg
夕方、ミヤネ屋さんのテレビが撮影に来ていました。
有名なリポーターさんが来ていてビックリでした!

夕方、すっかり暗くなった夜道を自転車で帰りました。
自転車は大変です。

今日は富士山の閉山日でした。
最後に1本登りたかったのですが、お手伝いを優先しました。
このページのトップへ

終了

14日も富士登山に行けたらとおもいましたが、
私の今シーズンは終了としました。
親戚 (水海道在住)が被災しました。

富士山でお世話になりました皆様、有り難うございました。
このページのトップへ

アド街にて今夜放送!

東京の下町、《亀有》 が今夜放送されます!

私も御縁がある土地、亀有ですから観なくては!

両さんカットの理容店
は、私もかつて勤めていた先輩のお店です。
このページのトップへ

8月25日 久々の連日登山 須走口

年齢とともに脚の膝(ひざ)の故障も多くなり、
そして何より、体力全般が落ちていく事は否めません。
しかしながら、チャレンジしたいと思いました。
< 二日連続 > での須走口からの富士登山に挑戦します!

P8250012.jpg
朝食は、わがままを言わせて貰って、朝定食ではなく、
菊屋さんご自慢の 「きのこ蕎麦」 を戴きました。
とても美味しくて満足でした!

P8250015.jpg
朝日が登ってから、菊屋さんから登山口へと向かいます。

P8250017.jpg P8250019.jpg
AM06:16、 須走口5合目・登山口からスタートです。
気温は、15℃ と適温でした。

P8250021.jpg
古御嶽神社に手を合わせてから、森の中へと入って行きます。

P8250022.jpg
森の中は朝霧の中でした。
昨日と打って変わって、登山者の姿は見当たりません。

P8250024.jpg
歩いているうちに、霧が消えました。
風も無風で静かな穏やかな朝になりました。
意外や、登山日和のようです。
とても台風15号が接近中だとは思えないほどでした。

P8250026.jpg P8250028.jpg
森の切れ間からは、太陽が見えました。
外界は凄い雲海です。
やはり、台風のせいでしょうか、いつもとは違う風景に見えました。
昨日は気が付きませんでしたが、フジアザミが咲いていました。

P8250029.jpg
お天気が良い ・・・ などと、喜んでいたのも束の間で
たちまちまた霧の中です。
やっぱり、今日の天気は不安定です。

P8250030_20150902211625e36.jpg
ちょうど、60分で新6合目・長田山荘さんに着きました。
ここまでは、身軽に半袖シャツ&半ズボンで登って来ました。
涼しくて良かったです。

P8250031.jpg
今朝の私は調子が良いです。
結構脚が前に出ます。
昨日1本登った疲れは感じません。
登山道には登山者の姿は、まばらです。

P8250032.jpg P8250034.jpg
長田山荘さんから、30分と快調なペースで、
本6合目・瀬戸館さんに着きました。
が、ビックリです!
台風襲来に備えて、山小屋は完全に閉じられていました。
外のベンチまで完全に撤収。。

P8250035.jpg
7合目へ向けて登っていると突然、青空に変わりました。
青空は有り難いのですが、日差しが暑くてかないません。
慌てて帽子には日よけ布を付けました。
メガネはサングラスにしました。

P8250037.jpg P8250038.jpg
08:44、 7合目・大陽館さんに着きました。
ここで、半ズボンを長ズボンにチェンジしました。

P8250039.jpg
急坂を上り詰めて小休止です。
この時は青空が綺麗でした。

P8250043.jpg
またしても急坂が続きます。
辛抱のし所です。

P8250046.jpg
09:33、 本7合目・見晴館さんに着きました。

P8250047.jpg
昨日も通りましたが、ここが一番路面が荒れています。
登るのも下るのも苦労します。

P8250051.jpg P8250053.jpg
昨日と全く同様に、本8合目にて、リポD を買って飲み干しました。
すると、富士山上空にヘリコプターが来ました。
ヘリが、どんな作業をしたのかは不明でした。

P8250057.jpg
10:33、 本8合目から再スタートです。

P8250058.jpg
いつもは賑わう、8合5勺の山小屋前も、今日は人影はまばらでした。

P8250061.jpg
11:14、 9合目を通過します。

P8250064.jpg P8250066.jpg
最後の最後、頂上直下の胸突き八丁に入ろうとした時、
雨が本降りになってきました!
急いでレインウェアを着込みました。
ズボンは新しいので、水を弾きますのでそのままでした。

P8250067.jpg
雨は嫌なので、急いで登りました。
頂上の鳥居に到着です。

P8250069.jpg
11:47、 久須志神社まえにて写真を撮りました。
セルフシャッターです。
気温は、9℃、 風も有ってとても寒いです。 

P8250074.jpg
すでに、山口屋さんは小屋仕舞いでした。
今日は東京屋さんも扇屋さんも、悪天候につきお休み中でした。
( 扇屋さんの皆さん、いつも有り難うございます )
私は何とか ・・ ♪

P8250080.jpg
12:05、 早くも下山を開始します。
寒い頂上に居ても仕方がないですから、長居は無用です。

P8250095.jpg
砂走りに入りましたら、また雨が強く降り出しました。
雨は一時止んだのでレインウェアを脱いだのですが
また急いで着込みました。

P8250101.jpg
森の中に入って、ひと安心です。
普通の登山者さんは、この最後の森で苦しみますが、
私はルンルン気分です。

P8250102.jpg
14:20、 登山口に帰ってきました。
気温は下がっていて、12℃でした。
お疲れ様でした。
富士山保全協力金の徴収ブースに居られた若い女性は、
私が昨日も今日も登って降りて来たので驚いていました (笑)

P8250104.jpg
菊屋さんに帰って来ました。

P8250105.jpg P8250106.jpg
お昼ごはんは、まだ食べていないのでお腹がペコペコでした。
初めて菊屋さんのカレーライスを戴きました。
自家製カレーだそうです、優しいお味で美味しかったです。
デザートには、嬉しいコケモモソフトを。 
富士山だけのオリジナルソフトかも。

P8250117.jpg
夕方まで菊屋さんで、ゆっくりさせて戴きました。

P8250134.jpg
下山後は、紅富士の湯(山中湖温泉)まで遠征しました。

昨日と今日、二日連続で須走口から登りましたが
不思議なもので二日目のほうが調子が良かったりします。
昨日はお天気も良くて、登山道も賑わっていましたが、
今日は打って変わって静かな登山道でした。
須走口5合目の標高はやや低くて海抜2000メートル。
吉田口の5合目よりは、若干登り甲斐が有ります。
予定どうりの連日が出来て良かったです。

【 本日の登山データ 】
登り標高差 = 1700 メートル
登り = 5時間30分 (休憩時間を含む)
下り = 2時間14分
万歩計歩数 = 22200歩

このページのトップへ

力作大作?

お待たせいたしました。

やっと、 御殿場口→富士宮口 の記事を書き終わりました。
宜しければ御覧下さい。。

(富士山山行1本 と 筑波山山行1本 の記事も書かなければ) ^^;
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (451)
富士山 (203)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム