山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

みかんジュースの王様

私の七色唐辛子の作製は、一応達成しましたので、
今度は、筑波山の普通のミカン (=温州みかん) を使って、
自家製みかんジュースの製造に取り掛かりました。
今夜(28日)から始まりました。

PB282611.jpg
高価なスロージューサーを使って、果汁を絞り出しました。
20㎏のみかんで、2リットルのPETに、4本分取れました。

PB282617.jpg
写真を御覧下さい。
愛媛の某有名ミカンジュースと、私の自家製ジュースの 「 色 」 を!
これぞ、本当の 「みかんジュースの王様」 なのです。
(※ 愛媛の某ジュースが良くないと言っている訳ではありません。
   収穫シーズン以外は、我が家でもよく買って飲んでいます ) 

筑波山富井蜜柑園 = みかんの木のオーナーさんに成った人は、
皆さん、このジュースを飲みたい、が為なのです。
このページのトップへ

11月23日 再び常総市の若宮戸へ

PB232483.jpg 
今月3日の文化の日に、
常総市災害ボランティアの1人としてお伺いした御宅へ
今朝、再びお邪魔して来ました。
鬼怒川堤防決壊のすぐ近くの御宅です。
お庭のフクレミカンは、水害に負けずに実がなっていました!
自然の生命力は強いです!!

PB232484.jpg
(左) 家主の 〇右衛門さん、 (右) 私。
心良く撮影に応じて下さいました
( ボランティアの時にはカメラは持っていきませんでしたので )。

3日の日は、相当大勢のボランティアさんが居ました。
〇右衛門さんとは、あの時ちょっと会話をしただけでしたが
私のことを覚えて戴いていました、感謝です。
偶然でしたが、 〇右衛門さんの御宅でボラ出来て良かったです。
素晴らしい家主の 〇右衛門さんとの御縁にも感謝感謝です。
色んな為になるお話しを有難うございました。

日にちが合えば、またお手伝いに参ります。 m(_ _)m 
このページのトップへ

11月23日 小雨の盛り沢山な一日

今日はあいにく全国的に雨模様になるようです。

PB232458.jpg
朝のうちは曇っていますが、午後からは雨の予報です。
今日も筑波山へと向かいます。

PB232465.jpg
まずは、茨城県常総市へ。
洪水の時にニュースになった国道294号脇に在る、
アピタ石下店は、やはり12月の初めに完全閉店になるそうです。
寂しい限りです。

PB232483_20151124210714774.jpg PB232484.jpg
失礼ながら朝早くから、常総の〇右衛門さんの御宅にお邪魔しました。
【 写真= 左 ・ 〇右衛門さん、  右 ・ 私 】   
お庭に有った、超貴重なフクレミカンを戴きました。
有難うございました。
( ふくれみかんは、筑波山山中以外では、なかなか育ちません )
【 先に関連記事を書きました、 御覧下さい 】

PB232493.jpg
時おり、霧雨が降る中、筑波山の中腹へと向かいます。

PB232496.jpg PB232567.jpg
まずは、みかん園にて、温州みかんの収穫作業をしました。
今シーズンのみかんは、糖度が高くて甘くて食べやすいです。
かと言って、つくばみかんは酸味が身上!
甘酸っぱさが魅力です。 それに味が濃い~。
市場には出回らないので希少価値のみかんです。
【 来年度のみかんの木のオーナーさんを募集中です 】

PB232499.jpg
雨は降ったり止んだりでしたので、みかんの収穫を
手早く済ませてから、登山の準備に掛かります。
ラッキーでした!
男女川 (みなのがわ) ミニパーキングに車を停められました。

PB232504.jpg
筑波山神社へ向けて、西山集落を歩いて行きます。

PB232506.jpg
坂東札所25番、大御堂にお参りしました。

PB232512.jpg
筑波山神社の境内の紅葉です。
まだ青葉が混じっています。

PB232513.jpg PB232514.jpg
今日も先週の登山と同じく、御幸ヶ原コースを登ります。
気温 12℃。
時刻は、正午12時ちょうどに登山口からスタートです。
雨に濡れたモミジは先週よりも、とても綺麗でした。

PB232515.jpg
歩き出しから、ハイペースで登って行きます。
前には登山者は誰も居ません。
いいえ、私の後ろから、2人来ました!
あっと言う間に抜かれました ・・・
あ~あ、もう夏の富士登山効果は無くなっていました。。
無理もありません ・・ 
月イチ登山では、登山の体力はダメに決まっています。

PB232525.jpg
それでも頑張って、先週よりは良いタイムにしようと思いました。
終盤の長い丸太の階段は二段抜かしで登りました。
雨雲の中に入って雨になったので、レインウエアを着込みました。

PB232531.jpg
登山口から、55分で御幸ヶ原にゴールしました。
先週よりは、5分短縮しました。
けれども、あともう5分タイムを縮めないといけません。
気温は、9℃でしたが、ソフトクリームを久々に購入。
食べた後には、寒さが来ました! (自業自得) (;゜0゜)

PB232533.jpg
御幸ヶ原は真っ白です。
さすがに今日は観光客も少なめです。

PB232536.jpg PB232537.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
やはり食べたくなる、定番=つくばうどんです。

PB232540.jpg
14:20 発のケーブルカーにて下山しました。
本当は歩いて下山したかったのですが、
富士登山で底がすり減った登山靴では、滑ってしまって不可能でした。
登りでさえ、ツルッツル状態でした。
( 筑波石は雨で濡れると凄く滑ります )

PB232555.jpg
筑波山麓まで降りて来ました。
今日は一日中、筑波山はご機嫌斜めでした。
山を降りたら、雨は上がりました。

PB232558.jpg
ふもとの私のベースキャンプに立ち寄ってから ・・・

P3032818.jpg
真壁の So-1 さんの御宅へ遊びに行きました。
写真は、真壁のアイドルの 「 いしおくん 」 です。(材質=真壁石製)
( 私も欲しい~ と思ったのですが、 お値段も高~い。 断念 )
考えてみれば、So-1さんとは、本当に久々でした。
(  お互いの休みが合わないので )
So-1さん、楽しいひと時を有難うございました。
So-1さんのご両親さまにも歓迎して頂いて感謝でした。
今度はご一緒に、うどんを食べに行きましょう。
( 真壁には今話題のうどん屋さんが有るそうです )
 
PB232574.jpg
すっかり陽が落ちてから、常総市水海道のいとこ宅へ。
写真は、雨に烟る常総市役所です。

PB232577.jpg PB232582.jpg
天気予報どうりに、夕方からは、雨は本降りになりました。
谷和原ICから高速に乗って、帰途に就きました。

今日は筑波山の他に、計5ヶ所に行きました。
めまぐるしい一日でしたが、楽しかったです。
しかし、あの登山タイムは悔しいです。
今後は精進有るのみです。
本日は勤労感謝の日、3連休の最後の日でした。
昨日の筑波山は過去最高の人出で、ごった返したそうです。
このページのトップへ

11月16日 みかん狩りと御幸ヶ原コース登山

初冬になり、筑波山のミカンの収穫も佳境に入ってきました。
今日は、みかんの収穫のあとに、
久しぶりに筑波山を登りたいと思います。

PB162225.jpg
私の家から、お隣の柏市に入った途端に、深い霧になりました。

PB162227.jpg
常磐道も、深い霧でした。
筑波山どころか、道路脇さえも真っ白状態。。

PB162229.jpg
常総市水海道の、いとこ宅に朝一番で行きました。
明日の床下へ潜る段取りを考えるためでした。
写真は、朝霧の中の常総市役所です。
まだ朝早い時間でしたので、職員さんの出勤前で静かでした。

PB162240.jpg PB162239.jpg
太陽が出たがってはいますが、まだ霧は晴れません。
筑波山へ向かう国道294号線は、今まで無いほどの大渋滞でした。

PB162251.jpg
迂回&迂回で渋滞を切り抜けて、やっと筑波山の麓に
たどり着きました。
すっかり青空になりました! 登山日和です。

PB162267.jpg PB162326.jpg
今朝のみかん狩りには頼もしい助っ人を呼びました。
お馴染みの楽庵マスターです。
みかんの収穫は、 「 格闘技 」 なのです!
木の中心部の一番高い所に有る、みかんを採るには
脚立に乗って届かなければ、木によじ登ったりして、
みかんの木と格闘しなければなりません。
けっこうな運動量になります。

PB162268.jpg
マイカーは、第一駐車場の段上に置きました。
有料 ¥200- です。
ここからは、徒歩にて筑波山神社へと向かいました。

PB162274.jpg PB162276.jpg
PM 12:36、 筑波山神社 ・ 御幸ヶ原コース登山口からスタートです。
気温は、16℃と適温でした。
正午を過ぎてしまって、腹ペコでしたが、昼食にありつくために
頑張って登り始めました。
登山口の鳥居のモミジは、毎秋目立ちます。

PB162278.jpg
先行は、楽庵マスター。
なかなかのハイペースです。

PB162281.jpg
途中からは、私が先頭に交代。
ここがコースで一番急な難所です。
落石注意。

PB162290.jpg
登山口から、ちょうど60分で、御幸ヶ原に着きました。
後半はふたりともバテました。。 ( 空腹のせい? )
気温は、12℃に下がりました、寒いです。

PB162294.jpg
山の上のブナ林は、すでに落葉していました。
黄葉は見られません。 ご注意下さい!

PB162298.jpg
待望のランチタイムです。
私も楽庵マスターも久しぶりの、せきれい茶屋さんでした。

PB162307.jpg
14:45発の臨時便のケーブルカーにて下山しました。
観光客も多くて満員乗車でした。

PB162314.jpg
下山後は、ふもとの私のベースキャンプに寄ってから
帰宅の途に就きました。
今日は一日中、筑波山が綺麗でした。

今日は一ヶ月ぶりの登山でした。
みかん狩りがメインでしたので、登山はオマケでしたが
登っている時 = 身体は苦しくとも心は楽しい!
・・ という登山でした。
やっぱり、山登りは良いものです。
このページのトップへ

エベレスト3D を観てきました。

PB192442.jpg PB192443.jpg
観たかった映画 = < エベレスト3D > 
を、やっと観てきました。

私の想像を超えていた世界一の山でした。

私は ・・・ 登りたくはないですね  ( ノД`)
映画だけで結構です。 
このページのトップへ

11月17日 高い所 低い所

今朝は、常総市水海道のいとこ宅の床下へ潜ってきました。
完全装備して、いざ、床下へ!

PB172337.jpg PB172359.jpg

さすが! 常総災害支援ベース ゆいまーるの家さん
のボランティアの皆さん = 有り難うございます。
良い仕事しておられます、、完璧でした。
床下の泥出し&消石灰まきも既に完了済みでした。

PB172349.jpg PB172350.jpg

結局、何もしないで床下から這い出してきました。
けれども、物凄く汗だくになりました。

・・・ 午後は一転、屋根での高所作業でした。
結構危険だったので、冷や汗ものでした。
まさに、汗だくになった一日でした。
このページのトップへ

2015年度秋版 七色唐辛子完成!

昨夜、私手製の < 筑波山風七色唐辛子 > が、ようやく完成しました!

PB152216.jpg
最終段階の各材料のブレンド作業です。
ガラス瓶には、各材料の色とりどりが綺麗です。

赤 = 唐辛子(3種類)
黄 = ふくれみかん(外皮 / 陳皮)
緑 = 海苔(3種類)
灰 = ごま(2種類) & ポピーシード

私が研究に研究を重ねた黄金比ブレンドなのです。
分量は、絶対に秘密!

PB152220.jpg
よく混ぜ合わせた後の、完成品です。

本日、味覚のプロの楽庵マスターに試食をして頂きました。
その評価は = 過去最高の出来栄えだそうです! (^∇^)ノ
苦労した甲斐がありました。
このページのトップへ

七色唐辛子造り 途中経過

PB122185.jpg
私の七色唐辛子造りは、今夜最大の山場 =
ふくれみかんをパウダー状にし終えました。
大量20キロも有ったフクレミカンが、粉にしたら、たったのこれだけに。
このみかんの粉砕作業だけでも、6時間。
まだ唐辛子造りは道半ば、来週末まで掛かりそうです。

今回で、筑波山風・七色唐辛子を造り始めて7~8年経ちました。
最初から全くの独学で造り始めました。
初期の頃のは今想うと、たったの20点の出来栄えでした。
正直、酷いものでした。

それが今では、七色唐辛子の味にはうるさい筑波山の山の人も
唸(うな)ってくれる逸品になりました。
それでも、昨年の筑波山の人の助言を受け入れて、
今回は、さらに味覚のグレードアップを目指しています。
私の造る筑波山風七色唐辛子は、あくまで上品かつ繊細。
しかしこれが長所であり短所でした。
今回は、その短所を無くすように、チカラ強さも追求。
ふくれみかんが持つ野性味をも追加しました。
筑波山での市販品のものは、無骨さが信条ですが、
私は味の繊細さを好みます。
せっかく自分で造るのですから、他には絶対無いものを造ります。

私の目指す筑波山風七色唐辛子とは =
1、 口にした瞬間、ふくれみかんのかぐわしい芳香が強烈に引き立つこと。
2、 ゴマの香ばしさ、海苔の美味しさ、この2つの調和。
3、 上記2のものに、唐辛子粉を入れなくても、
   みかん&ごま&海苔 だけでも充分に美味しい事。
4、 さらに唐辛子粉を加えると、それぞれの材料の美味しさが
   何倍にもふくらむ事。
5、 私が編み出した、ふくれみかん、ゴマ、海苔、唐辛子、
   の絶品混合比 (黄金比ブレンド)。
6、 唐辛子粉も、単純に辛いだけではなく、味の要素も追求します。

すでに、本日のここまでの工程で、4度も品質チェックをしています。
我ながら、すごいこだわりです。
このページのトップへ

富士登山こぼれ話 【54】

本当に有った、この夏の富士山でのお話し。

真夏の深夜、午前2時。
草木も眠る、丑三つ時。
富士山御殿場口、新5合目の少し上での出来事でした。

1人のうら若き女性が、他に誰も居ない夜道の登山道を登り始めました。
その夜は、あいにくの曇天で、月明かりも無し。 真っ暗闇でした。
帽子につけたヘッドランプの灯火だけが頼りでした。
登山口から、10分ほど登って最初の山小屋の大石茶屋さんに着きました。
けれども当然のごとく、山小屋の明かりは消えていて
深い眠りに落ちておりました。

その若い女性が、山小屋の角を曲がった瞬間です!!

こんばんは~~!
と言う野太い男性の声が、響きました。

それを聴いた若い女性は、ギャア~~!! と言う
悲鳴を上げたかと思うと、元来た登山口へと猛ダッシュで
駆け下りて行ったとさ ・・。

これは、本当にあった話しです。

実は、山小屋の曲がり角に居た男性は、
「 登山者数を数えていた 」 静岡県の委託の職員さんなのでした。
真っ暗な中、たった1人で寝ずの番をして、
夜間に登って行く登山者の数を数えていらしたのです!
大変なお仕事でした。

その逃げて行った若い女性は、恐らくは富士登山の初心者で、
夜間には登って行ってはいけないものと、勘違いしたようでした。
もちろん、夜間の富士登山は禁止はされてはいません。
( けれども闇夜の無人の御殿場口コースは、
  初心者には全くお薦めはしません、 道迷い多発です )

カウンターの御方は、私の知るところでは、交代制で3名居られました。
この御3方は、とてもフレンドリーで、お話しも面白くて最高でした!
出来ればまた、来夏もお逢いしたいものです。

話は変わりますが、須走口5合目の登山口には、
「 富士山ナビさん 」 が居られます。
若い女性ですが、英語や中国語を巧みに操り、外人客に好評です。
ある時、山荘菊屋さんにて私が休憩中に、
ナビさんが来て、フランス人の登山者に、下山後の観光案内も
していました。
さすがのナビさんも、フランス語は出来ないらしく、一瞬困りましたが、
このフランス人さんは、何と、中国に留学経験が有って、
中国語ならOKとの事!
そこで、ナビさんとフランス人とで、中国語での会話となりました。

私は中国語は聴き取れてしまうので、
思わず聞き耳を立ててしまいました (笑)
下山後は、箱根へ行きたいとか。
どうやって行ったらよいか(交通機関)、と言う相談でした。

でも、フランス人が中国語を話しているのを見るのは
何だか違和感がありました、不思議な感じです (笑)

御殿場口で登山者を数えるカウンターさん、
須走口の富士山ナビさん、
縁の下のちからもち的方たちです。
本当に頭が下がりました。 (尊敬) 
このページのトップへ

富士登山こぼれ話 【53】

麓(ふもと)から登り始める富士登山・・・

いつの間にか、これが私の標準スタイルとなってしまいました。

麓の駐車場( = 無料なのでお財布が助かります ) にて
富士登山の前夜は車中泊です。
これもまた、すっかり慣れっこになってしまいました。

ところが、スタートの歩き出し前には、ほとんど毎回、
物凄い緊張感が私の心に乗しかかってきます。
それは不安感・・ と言ってもいいでしょう。

もしも、登っている途中でバテたら、どうしよう。。
もしも、耐えられないほど苦しくなったら、どうしよう。。
などと言う、弱気な心が芽生えます。
その他に一番心配な事は、予定どうりの時刻に
頂上に到着出来るかどうかです。
私の場合、せいぜい1日か2日の仕事休みを利用して
富士山を登り下りしていますので、時間厳守なのです。
毎回の富士登山が、タイムレースとなっています。
これが凄く厳しい。

ですが、それを乗り越えて頂上に立った時の喜びは大きいのです。
毎回の物凄い達成感。
それに、何も考えずに無心になって登る時というものは、
何物にも換えられない貴重な体験です。
普段の生活では決して得られないモノなのです。
だから、また富士山に登りたくなってしまうのです。

富士登山は初心者のほうが良かったなぁ、と想う時があります。
私のようにベテランになってしまうと、登山道の何処が難所か
何処が苦しいかを、全部知っているからです。
何も知らずに一生懸命登るほうが、要らぬ心配をせずに登れます。

私は本当に損です。
楽しくスイスイ楽に登った時のことは、あまり詳しくは覚えていませんが
苦しくて苦しくて、やっと頂上にたどり着いた時のことは
はっきりと今でも覚えているのですから。

でも、この夏は一度もバテずに登れたので良かったです。
これが一番の幸いだった事でした。
このページのトップへ

富士登山こぼれ話 【52】

<< 世界文化遺産・富士山 大丈夫??? >>

PB062040.jpg
ああ、情けない。
このままでは、せっかく世界文化遺産になった富士山が
世界遺産から << 抹消 >> されてしまうかも!?

そんな日が来ないことを願うばかりです。

{世界遺産にされて富士山は泣いている (PHP新書)  野口健 著}
を是非買って読んでみてください。
世界文化遺産・富士山 = 大きな問題が山積みです!

※ 世界遺産の登録は、地域の観光や商売のためではないのです!
   あくまで保全や保護が第一の目的なのです。
   日本人の皆がこの事を知らなかったのが大失敗でした。
※ 辛口の記事ですみません。 富士山を愛するが故です。
このページのトップへ

富士登山こぼれ話 【51】

先日は突然に、思いがけないプレゼントが届きました!

PA281800.jpg
チョコレート = 富士山型ボックス入り です。
4つの富士山の登山道や、主な地形が書かれていて楽しいです。
けれども私的には、もっと詳細な地図を書いて欲しかったですので
点数は、70点です。

PA281816.jpg
中身は、クランチチョコでした。
美味しいけれど、小型でした。。
(スバルライン・五合園レストハウスにて販売されています)

埼玉のカニさん、有難うございました。
このページのトップへ

11月2日 佐野の絶品蕎麦と三毳山散歩

私の蕎麦通の知り合いによると、
栃木県佐野市内に、素晴らしいお蕎麦を食べさせてくれる
お蕎麦屋さんが在ると言います。
かねてから念願でした、このお蕎麦を食べに行ってみました。

PB021880.jpg PB021913.jpg
カーナビで検索しましたら、すぐにお店までのルートが表示されました。
「 さい藤 」 さんです。

PB021890.jpg PB021891.jpg
お店の中は、レトロとモダンが同居していて、
なかなか良い雰囲気だと思いました。
窓辺の花瓶に活けた花も綺麗です。

PB021906.jpg
まずは、せいろ蕎麦を。
それぞれ産地が異なる、二色蕎麦を戴きました。
採れたての新蕎麦に感謝です。
おつゆも、素晴らしいお味でした。

PB021907.jpg
今日は、あいにくの雨天で肌寒いので、温かいお蕎麦も戴きました。
かけ蕎麦を玉子でとじた、 「 玉とじ蕎麦 」 です。
玉とじは、ちょっと茶碗蒸しみたいなお味になっているので、
私の好きなお蕎麦です。
真ん中には、海苔がちぎって乗っていました。
満足満足・・ そして満腹。。

PB021920.jpg PB021961.jpg
せっかく久しぶりに、佐野まで来たので、みかもやま(三毳山)公園へ。
雨の中でしたが、みかも山の周回コースを1周しました。
アップ&ダウンの道を約1万歩でしたから、けっこう歩きました。
かなりの運動量です。

PB021997.jpg
先日開通したばかりの圏央道を、1区間だけ乗ってみました。
五霞 → 幸手 間です。
この夏は、間に合いませんでしたが、
来年の夏の富士山に行く時には、かなり便利になると思います。

佐野と言えば普通は、{佐野らーめん}ですが、
私は敢(あ)えて佐野ではお蕎麦を選びます。
もちろん、たまには佐野らーめんも食しますが、
栃木もお蕎麦の産地ですので。
今日は、素晴らしいお蕎麦屋さんに出逢えて嬉しかったです。
さい藤さんは、聞いていたとおりの美味しいお蕎麦屋さんでした。
本日は常総市ボランティアは雨天中止でしたが、
私には良い一日でした。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (213)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム