山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

1月25日 厳冬の筑波山中腹路一周トレイル登山

関東にも数日前から大寒波が来ましたが、
今日は久しぶりに筑波山の超ロングトレイル&登山をします。

P1251352.jpg
朝の6時前には家を出ました。
今朝も凍てつく筑波山でした。
このあと、風が強くなるらしいですが、降水確率0%は救いです。

P1251357_20160128202219038.jpg P1251367.jpg
筑波山口にて「朝らーめん」を食べようと思って、朝食抜きで来ました。
早朝7時より営業されていました。
美味しいらーめんでした。 ( 写真はチャーシュー麺です )

P1251384.jpg
AM08:18、筑波山の南麓の神郡から本日の歩き出しです。
気温は、プラスの1℃でした。
しかし、今朝は大失敗しました。
温かいお湯を入れたテルモスを家に忘れてきてしまったのでした。

P1251386.jpg P1251401.jpg
日なたに出ると、まだ風が無かったので結構暖かいです。
上空には猛禽類が3羽、旋回しながら飛んでいました。

P1251405.jpg
つくば道を登って行きます。

P1251413.jpg
先週と同じく、西山通りを登ります。

P1251417.jpg
西山通りを登り切ったところには、
珍しい「鹿子の木」(かごのき)が有ります。
今日はここを起点としましょう。
時刻は、9:00ちょうどでした。

P1251419.jpg
筑波山神社の門前通りに出ました。
ここは、筑波山の{南斜面}になります。
今日は、時計回りに筑波山の中腹を一周します!

P1251423.jpg
まずは、市営第三駐車場へ。
ほとんど空車でした。

P1251426.jpg
第三駐車場からは、エスケープ道で梅林方向へと向かいます。

P1251431.jpg
09:20、 筑波山梅林の最上部のあずまやに来ました。

P1251434.jpg
今朝も富士山が見えていました。
けれども、スカイツリーは見えず。。

P1251442.jpg P1251439.jpg 
早咲きの紅梅が綺麗でした。

P1251457.jpg
梅林からは、いよいよ長い旅路に入ります。
さしずめ、富士山の「御中道」(おちゅうどう)と言った感じです。

P1251465.jpg P1251459.jpg
「林道沼田新田酒寄線」を歩きます。
現在位置は筑波山の{南西}です。

P1251463.jpg
堰堤(えんてい)が印象的でした。

P1251471.jpg
新しいコース(その1)を発見しました。
以前には無かったと思います。

P1251475.jpg P1251476.jpg
その少し先には、新しいコース(その2)も有りました。
おまけに、休憩用のベンチも完備とは!(驚)
昔はここには道が無かったので、
ヤブこぎをして強行突破した想い出があります。。

P1251485.jpg
残念、以前は見晴らしが良かった場所は、
木が大きくなってしまって何も見えなくなっていました。

P1251489.jpg
私は例によって軽装です。
冬シャツ1枚に冬ズボンを履いただけです。
道は、どんどん下り坂になります。

P1251497.jpg
丁字路からは関東ふれあいの道の指定コースにもなりました。
ここからは、いよいよ難関の長い上り坂になります。
現在位置は筑波山の{西斜面}です。

P1251500.jpg P1251502.jpg
先ほどの角からは近道の、みかん園コースの山道に入れましたが
筑波山の非公認コースですので行きませんでした。

P1251505.jpg
ダラダラと続く長い坂道です。
この丁字路は右折しますが、真っ直ぐ行くと薬王院方面です。

P1251510.jpg P1251514.jpg
まだまだダラダラ坂は続きます。
少し冷たい風が吹いてきました。
長さが、1メートルもある長いツララが有りました!

P1251517.jpg P1251518.jpg
男体山が見渡せる、みかん園コースの途中出入り口の丁字路に来ました。
ここは左折します。
ここからは、鬼ケ作林道になります。

P1251521.jpg
数日前に降った雪が出てきました。

P1251522.jpg
10:43、見慣れた薬王院コースとの合流地点に来ました。
継続して林道を進みます。

P1251528.jpg
現在位置は筑波山の{北西}です。
林道には、かなりの残雪が出てきました。
けれどもまだ滑らないので、ノーアイゼンで歩けました。

P1251532.jpg
11:06、 男の川に来ました。
気温は、マイナス2℃になりました。
さすがに寒いので、ベストを1枚羽織りました。

P1251535.jpg
道もアイスバーンになったので、ついにアイゼンを装着しました。

P1251537.jpg
けれども、雪が有ったり無かったり。
雪が有れば凍っているので、アイゼンは着けたままです。

P1251542.jpg P1251543.jpg
11:27、 キャンプ場に到着しました。
現在位置は筑波山の{北斜面}です。

P1251555.jpg
朝らーめんは腹持ちが良く、お腹も減らないので
栄養補給もせずに、キャンプ場コースを登り始めました。
冷たい風も強くて気温は、マイナス4℃を記録しました。

P1251561.jpg P1251563.jpg
女体山頂直下で異変が起きていました。
「地滑り」でしょうか?
雪の重みで、登山道のすぐ脇の笹地が崖側に落ちていました。
お蔭で見晴らしが利くようにはなりましたが、危ないです。

P1251569.jpg P1251570.jpg
12:22、 女体山頂に到達しました。
風速10メートルの強烈に冷たい風が吹き付けます。
気温は、マイナス3℃でした。
ほとんど無人の山頂で、しかも絶景でしたが寒さに負けて即、退却しました。

P1251572.jpg P1251573.jpg
女体山頂は凍りついていました。
靴にアイゼンを付けないと滑って危険です。

P1251574.jpg
山上の稜線の道も、凍てついていました。

P1251577.jpg
せきれい茶屋さんはお休み中です。
休業の事は予め知っていました。
今週一週間は、点検のためにケーブルカーは運休中なのです。
パトロール完。

P1251582.jpg
同じくキャンプ場コースで降りて行きました。

P1251587.jpg
13:00、 キャンプ場に着くと、さすがに空腹を感じました。
少しでも暖かい場所をと思い、
陽が刺す所にて菓子パンと煎餅で済ませました。
けれども、冷たい風が強くて食事どころではありませんでした。
テルモスを忘れたことが痛かったです。 
冷たい食べ物しかないのでした。。
3分間で食事は終了。
この後の予定= 2時には、つつじヶ丘に着いていたいのです。

P1251593.jpg
裏筑波のゲートから東筑波ハイキングコースへと入ります。
現在位置は筑波山の{北東}になります。

P1251595_20160129200842e8c.jpg
13:35、 筑波山の{東斜面}の森の中のコースへと入って行きます。

P1251598_20160129200845387.jpg
嫌な予感どうりに、まんまと危ないワナに、はまってしまいました。
降り積もった雪でルートが完全に消えてしまい、
間違った道へと侵入していました。

P1251607.jpg
幸い、正しいルートを何とか見つけ出して、
林道に出ることが出来ました。
本当に冷や汗モノでした。

P1251611.jpg P1251612.jpg
14:18、 予定時刻を約20分遅れて、つつじヶ丘に着きました。
現在位置は筑波山の{南東}です。
やっとここで、温かい飲み物を摂ることが出来ました。

P1251614.jpg
強風のために、ロープウェイも運休となってしまいました。
こうなると、筑波山の二つの大動脈が遮断されたので、
お山は完全休業となってしまいました!

P1251616.jpg
最後は、迎場コースを通って筑波山神社へと向かいます。

P1251617.jpg
降り口は、カチンコチンに凍っていましたので
またアイゼンを装着しました。

P1251618.jpg
ちょっと下の水道小屋まで来ると、もう雪は全然ありませんでした。
慣れている道ですが、足全体が痛いです。

P1251624.jpg
14:59、 白雲橋登山口まで降りて来ました。
気温は上がって、7℃。 汗をかきました。

P1251627.jpg
筑波山神社を通過して。

P1251631.jpg
神社の門前街に帰ってきました。

P1251632.jpg
15:03、 今朝スタートした地点の鹿子の木まで戻って来ました。
カゴノキは、温暖地でないと育たない樹だそうです。
筑波山は暖かい証拠だそうです。

P1251638.jpg
けれども、今日の旅路はまだ終わった訳ではありません。
麓(ふもと)まで降りて行かなければなりません。
つくば道を降りて行きますが、足が痛い。

P1251648.jpg
ふもとに降りると風の冷たさも気にならなくなりました。
気温は、8℃も有ります。
温度差が12℃も上昇したのですから、気温8℃でもかなり暖かいです。
まだ汗が出ます。

P1251653.jpg
15:33、 神郡に帰ってきました。
本日のロングトレイルは終了です、お疲れさまでした。

P1251674.jpg
帰り道に久しぶりに野田の温泉に寄ったのですが、
この日一日ほとんど氷点下の中に居たので、
温泉の温度差で気分が悪くなってしまいました。

この日の万歩計は、37500歩でした。
歩行距離は、25㎞位(推定)なのではと思います。
何年かぶりの筑波山一周&登山でしたが、
今日は気温も低くてキツかったです。
お正月期間中は、少し暑いくらいの筑波山の山歩きでしたが、
最近は一転して厳冬の筑波山になりました。
今日は少しトラブルが発生しましたが、
自分の今現在の実力も確認出来て、
終わってみれば充実した山歩きでした。
このページのトップへ

慣れていると思っていた山道であわやの事態

山は畏れ多い(おそれおおい)ものだと痛感しました。
普段は慣れているはずの山道で、まさかの緊急事態が起こるとは。。
1月25日、猛寒波が押し寄せた筑波山を歩いていた時のことです。

P1251595.jpg
もうじき夕方を迎える時刻、
下山のために東筑波ハイキングコースのハイライト地域を通過します。
北側の真壁側から、南側のつつじヶ丘方面へと向かいました。
ここから、深い森の中へと入って行きます。

P1251596.jpg
森の中は、薄暗くなりました。
地面には数日前に降った雪が積もっていました。
少し不安になりました。
残雪が人の踏み跡をも消し去っています。
ここは普段は反対側方向からばかり歩くので、
コース間違いをしなければ良いのですけど。

P1251597.jpg
ここは正しいコースです。
でも、ちょっとこの先が・・
(写真は自動調節機能で明るく写っていますが実際はかなり薄暗いです)

P1251598.jpg P1251600.jpg
あっ、この道ですね!
規則正しい木立の中の非常に歩きやすい下り坂の小道です。
人の踏み跡は雪で消えてしまっていましたが、
ご親切に、赤いテープも有りました。
とすると、この道はやはり正しいみたいですが。
でも、何か違和感。。
10分歩いても道が真っ直ぐ。 おかしい。
このルートは、カーブが数箇所あるのですから。
それに心なしか、いつもの景色と違うかもです。

P1251599.jpg
あれあれ、これは絶対的におかしいです。
標高が下がり過ぎて残雪が消えてしまっています。
本来のルートは、同じような標高をずっと保つので、
明らかにルートミスです! つまりは完璧な道迷い!!
この先にも小道はずっと続いていますが、行ってはいけません。

P1251601.jpg
いま降りて来たばかりの道を引き返して、登り返します。
<<登山の鉄則、道に迷ったら登り返せ!!>>です。
疲れたからと言って、このまま降りて行ってしまうと { 遭難 }します。
これが典型的な絵に描いたような遭難パターンです!

P1251602.jpg
急いで数分登ると、標識を見付けました。
この地点では正しいルート上に居る事になります。
さあ、これからが大変です。
必死になって正しいルートを探します。
( もしも見つからなかったら、引き返して全く別の下山路コースで
 下山しなければなりません )
まずは、気持ちを落ち着かせました。 パニックになってはいけません。

P1251603.jpg
目を皿のようにして、何とか見慣れた岩を見つけることが出来ました。
その岩の前には、ちゃんといつもの小道が有りました!
良かった、助かった、と思いました。
ここまで来れば、もう大丈夫です。

P1251604.jpg
小滝がある沢を渡って行きます。
怪我をしないように慎重に通過しました。
こんな所には救助隊も来ませんから。

P1251605.jpg P1251606.jpg
やっと森の出口に来れました。
普段は、15分も有れば通過出来る森でしたが、
今回は、30分以上も掛かって、しかも冷や汗ものでした。
残雪でルートが消えてしまって、しかも、人も全然来ない森の道でした。
森の中は西日も差さず、白と黒のモノトーンの世界になっていて、
いつもの見慣れた景色を完全に変えてしまっていました。
強風の山の氷点下、しかも夕暮れ間近と言う悪条件も重なって
久しぶりに怖い思いをしました。

『 山登りの鉄則は大切でした 』

このページのトップへ

松屋製麺所 (筑波山口らーめん)

筑波山口(つくばさんぐち)=旧筑波鉄道・筑波駅跡の真ん前に
評判の良い噂(うわさ)の、らーめん屋さんが昨年の夏ころに開店したとの事。
気がつかなくてすみませんでした!
私の真壁の親友=So-1さん(=ラーメンフリーク?!)からの依頼もあって
このらーめん屋さんへ今朝、訪問して来ました。

P1251357.jpg
何と何と、早朝7時ジャストに開店!!
早朝から OPEN! との噂は本当でした!!

P1251360.jpg
店内は、けっこう広いのでした。
写真は待合いスペース(?)のようでした。
まだ7時を数分過ぎたばかりだと言うのに、
もうすでに私の前には5名様のご来店。
皆さん、朝らーめんを食べに来たお客様です。

P1251358.jpg
提供メニューは黒板書きでシンプル。
私はSo-1さんのご友人情報で、
チャーシューのお肉が特に美味しいらしいとの事なので
チャーシュー麺を注文しました!

P1251366.jpg P1251368.jpg
待つことしばし。
やってきました、チャーシュー麺。
製麺所と言うだけあって、中太縮れ麺がプリプリと美味でした。
チャーシューも大当たり!
上品な感触の中にも、ちゃんとした焼豚の主張が有りました。
スープは、魚介系が最初に来ますが、強烈過ぎず適度なお出汁。
くどくなくて、油も控えめなので、朝らーめんとしてイケます。
あっさり系が好きな私ですが、このらーめんならば良いと思いました。

P1251362.jpg P1251363.jpg
このお店のパンフレットです。
昔の元々有ったお店のイメージを大切にされていました。

P1251683.jpg
お持ち帰りのらーめんを買って帰りました。
5食入りで、¥750-でした。
スープは、醤油、塩、味噌を選べます。
私は、上記の3種類を取り混ぜて来ました。
(1種類じゃなくても良いそうです)

イートイン(お店で食べる)は、朝7時から12時頃までだそうです。
材料切れ次第終了のようです。
でも、お持ち帰り用のらーめんは、午後でも買えるそうです。
元来は製麺所なので、お店で食べたい人は朝に行くべし!
私のような登山者さんや、サイクリストには場所がら、重宝されるでしょう。
天然無添加健康らーめんだそうです、良いかも。


PS お持ち帰りのらーめんを自宅にて調理してみました。
これは良い!
抜群に美味しいです!! (我が家の家族も絶賛)
まさに、自宅に居てもプロの味が楽しめます。
是非、お土産に買って帰りましょう。
このページのトップへ

1月19日 残雪だけど寒くない筑波山

昨日までの荒天とは打って変わっての快晴です。
今日こそは筑波山へと向かいます。

P1191070.jpg
昨日の強風も収まって、良いお天気です。

P1191091.jpg
筑波山も気持ち良く見えていました。

P1191103.jpg
10:13、神郡からスタートです。
いつもよりも2時間も遅い出だしとなってしまいましたので、
お借りした自転車でアプローチします。

P1191106.jpg
つくば道を行きます。
気温は、6℃でしたが、日差しがあるので寒くはありません。
筑波山をよく見ると、上のほうには残雪が見て取れます。

P1191114.jpg
坂道は自転車を置いて歩いて登りました。
トタンの塀が、昨日の嵐で壊れていました。

P1191125.jpg
西山通りを早歩きで登って行きます。

P1191129.jpg
近道をして、大鳥居の所に出ました。

P1191143.jpg P1191151.jpg
まずは、筑波山梅林へ。
紅梅が咲いているとの情報でしたので見に来ました。
確かに満開の紅梅も何本か有りましたが、
これからの梅も多く有りましたので、
2月中旬からの梅まつりには支障は無いと思います。

P1191156.jpg
梅林を登って行って、あずまやに来ました。

P1191161.jpg P1191160.jpg
東京スカイツリーや富士山がよく見えていました。
今日はまれに見る、遠望が利く日でした。

P1191170.jpg
近道をして、第三駐車場へ。
ほとんど車は停まっていませんでした。

P1191177.jpg
11:32、白雲橋登山口からスタートです。

P1191178.jpg
森の中は、ほとんど無人でした。

P1191180.jpg
酒迎場分岐は右へと進みます。
迎場コースを行きます。

P1191185_201601222047012a6.jpg
森の深くへと進むにつれて、昨日の嵐で枝木が落ちていました。
中には、木が丸ごと倒れている所も在りました。

P1191192.jpg P1191193.jpg
ちょうど正午になるところでしたので、
持参したお湯でカップ麺を作って昼食としました。

P1191202_20160122204708e6e.jpg P1191207.jpg
つつじヶ丘に着きました。
冷たい風が吹き付けていました。
残雪も出てきました。
昼食を森の中の風が無い所で摂って、正解でした。
つつじヶ丘からは、東筑波ハイキングコースへと進みます。

P1191212.jpg
今日は、冬の完全装備です。

P1191219.jpg
昨日の大雨で、沢水も多かったです。

P1191225_20160122204836b3e.jpg
林の中は残雪で覆われて、ハイキングコースが判らなくなっていました。
でも、私には慣れた道です。
全然迷わずに通過しました。

P1191235.jpg P1191231_201601222050376d6.jpg
森から出て、林道に来ました。
すると、そこには小動物の足あとがたくさん!
よく観察してみると、野うさぎの足あとでした。
しかも、行ったり来たりしています。 ここはウサギも通り道なのですね。

P1191243.jpg P1191247.jpg
やはり暖冬です。
裏筑波は凍りついてはいませんでした。
キャンプ場に到着しました。

P1191256.jpg P1191258.jpg
キャンプ場コースを登り始めて、すぐにアイゼンを装着しました。
所々がアイスバーンになっていましたので安全策を取りました。

P1191267.jpg
美しい雪面に出ました。
いつもは辛い急坂ですが、今日は綺麗な雪面を見ながらでしたので、
かえって良かったです。

P1191271_20160122205204340.jpg
残雪は、まだ新雪と同じでフカフカでした。
けれどもこれが、やっかいでした。
アイゼンを付けてもツボ足になってしまい、ペースダウンです。
一歩一歩が深くに沈んで歩きにくいのです。

P1191277.jpg
14:27、女体山頂に到着しました。
気温は、マイナス2℃でした。
誰も居ない山頂でした。

P1191278.jpg P1191279_20160122205206d0c.jpg
景色は良いのですが、冷たすぎる烈風には耐えられません。
すぐに退去しました。 帽子も飛びそうです。

P1191280.jpg
残雪のガマ石です。

P1191283.jpg
せきれい茶屋さんは、予想どうりお休みでした。

P1191290.jpg
新しい登山靴が足に馴染んでいなくて痛いので、無理をせずに
15時ちょうど発のケーブルカーにて下山しました。

P1191293_20160122205340d09.jpg 
最初は、雪がドッサリでしたが。

P1191296.jpg
山の中腹からは、雪は無くなりました。

P1191309_2016012220545825d.jpg
つくば道は、駆け足で駆け下りました。
そして、15:30、自転車に乗って神郡に帰ってきました。
お疲れさまでした。

P1191323.jpg
下山後は、常総市水海道のいとこ宅へ。
写真は常総市役所です。

P1191328.jpg
ん? ・・ 何やら青く光っているモノが!

P1191324.jpg
千葉県成田市のゆるキャラの「うなりくん」でした!
常総市の復興の応援に来たそうです。(笑)

P1191337.jpg
経済ルートの、芽吹橋にて帰りました。
道は空いていてラッキーでした。

前回は暑くて大汗の筑波山登山でしたが、
今回は打って変わって残雪の中の登山となりました。
けれども、いつもは凍りつく裏筑波ですが、
今日は水溜りもまだ凍りついてはいず、依然暖冬だと言えます。
一応、この冬も雪景色の中を登ることが出来ましたので良かったです。
それにしても、今日はスタート時間が遅すぎました。(反省)
このページのトップへ

1月18日 筑波海軍航空隊記念館へ(2回目)

前々から笠間市の筑波海軍航空隊記念館に
再び訪れたいと思ってはいましたが、なかなか時間が作れませんでした。
しかし、このお天気を味方にして行ってみる事にしました。

P1180960.jpg
我が家には前の晩に雪が降って、積雪5センチでした。
マイカーには、スタッドレスタイヤを履いていますから問題なしです。

P1180972.jpg
常磐道に乗って、茨城県に入ると雪はありませんでした。
しかし、強風&大雨の中の運転となりました。
高速道路を降りるのに、小一時間も掛かりました。
インターに設置しているETC装置が不調で、車が1台通過するのに
1分以上も掛かっていたのが、大渋滞の原因でした。
(近代装置は、悪天候に弱いのでした!)

P1181035.jpg P1181060.jpg
筑波海軍航空隊記念館へ到着しました。
入館料は、¥500-です。
私がここに来るのは、2回目です。
日本最大級の戦争史跡だそうです。
なお、館内の写真撮影は自由だとの事です。

P1181027.jpg
映画・永遠の0 のロケで使われた部屋です。
2年前と同じでした。

P1181007.jpg
展示品は、しょっちゅう入れ替わっているそうです。
昔の飛行機のプロペラは、このように木を削り出して作られていました。

P1181016.jpg
プラモデルが好きな人はいいでしょう。
日本海軍の艦船が勢揃いしていました。
一枚の写真では載せきれません。

P1181011.jpg
今回の目玉は、これかも!でした。
本物のゼロ戦の後部です。
貴重な遺品らしいです。

P1181044.jpg P1181043.jpg
お昼は、美味しいラーメンを食べようと我慢して
真岡(旧二宮町)の、佐藤らーめん店へ大移動しました。
私は、タンメンチャーシュー麺のワンタントッピングがお気に入りなのです。
あっさりらーめんが好きな人にはお薦めのお店です。
このページのトップへ

1月11日 ボランティアな一日

今日は月曜日が祭日と重なる貴重な日です!
〇右衛門さんの御宅へ、 『常総市!最高・再興プロジェクト!』 に、
ご協力させて頂くべく、ボランティアに行きました。

P1110813.jpg
普段は私の山登りの相棒の楽庵マスターも、
快諾して頂いて栃木より参上してくれました! (感謝)

P1110814.jpg
我ら二人は、{遊撃隊}として、団体さんとは別行動にて作業開始!
まずは、伸び放題となっていた、庭の隅の木々(10本ほど)を
引き抜く。
これが、そう簡単には抜けないのである!
試行錯誤しながらすごく苦労して、やっと抜けても
持ち上げるのが、これまた重い! 
二人で持ち上げないと持ち上がらない位重い。
土が根っこに完全に張り付いてしまっていたのだった。

P1110818.jpg
この人は誰か ? と思ってよく写真を見たら、自分だった(笑)
(楽庵マスター撮影)

P1110820.jpg
木を引き抜くと、そこには穴ぼこが出来る。
その穴を放置してはおけない。
なので、川砂をすくって持ってきて、その穴に埋めるのだ。
ここは、鬼怒川の極く近くだ。 
川砂は、屋敷の周りにたくさん有る。

P1110859.jpg
整地作業も心を込めて行った。
荒れ地を綺麗にする!
作成中の築堤周りが、スッキリと片付いた!
見ていても気持ちが良い。

P1110862.jpg
朝の最初は、有った心と身体の余裕は、
午後になるにつれて無くなりました。
抜いた10本ほどの木々は、屋敷を半周して持って行き、
屋敷の裏側に移植しなければなりません!
移動するのが重くて大変。
穴掘りが重労働でした。

そして何とか日暮れ前には、
全ての木々を植え替えることが出来た。
完成!
う~ん、ここも見ていても気持ちが良い。
我ら二人だけで本当に、よくやった。
(写真= 右端一列で木を均等に植えました)

と言う訳で、もの凄く大変な重労働なボランティアの内容ではありましたが、
終わってみると、充実感と達成感がいっぱいの気持ちの良さでした!!
しかしながら、後での筋肉痛が怖い。。(=後日でも=大丈夫でした。)
PS 万歩計は、軽く2万歩を超えていました。 これはスゴイ。。

P1110869.jpg
その後は、私と親戚になった、 いむらんさん
(=私のいとこ宅の水害復旧作業で大活躍だった人)
の筑西の御宅に遊びに行きました。
昨夜、彼から電話が有って約束していたからです。
お互いに話が面白くて、楽しい夕食を戴きました。

夜にはすっかりクタクタになりながらも、大満足な気分の一日でした。
また日にちが合えば、〇右衛門さんの御宅へボラしに参ります。

+++++++++++++++++++++++++++++++

翌 12日。

P1120900.jpg
この日は朝から、北関東に用事が有って出掛けました。
那須岳が幻想的に見えていました。

P1120915.jpg P1120916.jpg
まさかまさかの二日連続で楽庵マスターの登場!
土浦の蕎麦の銘店 = まほら庵へご案内しました。
お味&お値段とも、楽庵マスターにも、ご満足頂けたようです♪

P1120932.jpg
楽庵マスターの希望で、筑西遊湯館にもお連れしました。
楽庵マスターの策略に見事に引っかかリ、
この日の登山はキャンセルとなってしまいました。(ガッカリ) 
このページのトップへ

1月4日 まるで春山のような暖かさの筑波山

今日は私の正月休みの最終日です。
買いたい物などは特には無いので、
ショッピングセンターなどへの人混みに行く気にはなりません。
他に行く所も無いので、やはり筑波山へと向かいます。
それに今から夏山の富士登山に向けて、
少しずつ体力をつけなければなりませんので。

P1040556.jpg
7時前には家を出ました。
常磐道を走って、千葉県から茨城県に入ると、
利根川の両岸には濃い霧が懸かっていました。

P1040570.jpg
筑波山麓、125号バイパスの西側の新しく出来た道からは
筑波山が美しく見えていました。

P1040573.jpg
宝篋山(ほうきょうさん)のほうも絶景でした!
この朝はまるで、「水墨画」のようでした。
こういうふうには、なかなか見られません。

P1040591.jpg
山麓の私のベースキャンプで用事を終えてから、
つくば道の「一の鳥居」(六丁目の鳥居)からスタートです。
AM09:53、 気温は、13℃でした。

P1040592.jpg
急な坂道を登って行きます。

P1040596.jpg
対宝館の跡地の前を通って・・

P1040597.jpg
10:12、 筑波山神社の門前に着きました。
屋台の出店も出ていて、賑わっていました。
初詣の参拝客の長い行列が出来ていましたので、
お参りはせずに登山口へと向かいました。

P1040600.jpg
10:16、 白雲橋登山口からスタートです。

P1040601.jpg
森の中は、たくさんの登山者さんが居ました。
酒迎場分岐は左へ進みます。
今日は、白雲橋コースを登ります。

P1040602.jpg
まだ少し登ったばかりですが、すでに大汗です。
今朝は温度計以上に、すごく暑く感じます。
白蛇弁天さんに手を合わせて先へと進みます。

P1040603.jpg
けっこうハイペースで登って行きます。
けれども暑くて暑くて、水ばかり飲んでいます。
発汗量が凄いです、まるで春山になったような感じです。
今日は昨日と違って、夏山の服装で来て正解でした。

P1040614.jpg
登山口から50分で、弁慶茶屋跡に着きました。
お腹が空いてしまったので、ここに来るまでに
途中で大休憩をしてしまいました。
日差しも暑いです。
もう、着ているシャツはびしょ濡れです。

P1040616.jpg
弁慶七戻りを潜りました。

P1040618.jpg
裏面大黒天を見ながら登って行きます。

P1040619.jpg
ブナ平(仮称)で、ひと息ついて。

P1040620.jpg
大仏岩を過ぎると、最後の急登でした。

P1040621.jpg P1040625.jpg
11:39、女体山頂に到着しました。
気温は、12℃でした。
山頂は人混みで、立錐の余地もありませんでした。
大賑わいでした。
女体山から男体山を見てみました。

P1040630.jpg P1040631.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
焼きそばを戴きました。

P1040634.jpg
御幸ヶ原も今日は、お客さんが多かったです。
正月も4日となると皆さん、家にじっとしてはいられないのでしょう。

P1040639.jpg
下山は、御幸ヶ原コースを降りました。

P1040641.jpg
軽快に、44分で下山完了です。

P1040644.jpg
大御堂へ新年初参りをしました。

P1040653.jpg P1040652.jpg
13:44、一の鳥居まで降りて来ました。
お疲れさまでした。

P1040666.jpg P1040657.jpg
下山後でも、忙しかったのです。
私のベースキャンプに立ち寄ったり、
畑で野菜の収穫作業をしました。
この冬の大根や白菜は大きいです! ( 採るのが大変です )

P1040703.jpg P1040671.jpg
昨日に引き続いて、常総市の〇右衛門さんの御宅へ。
お年賀に美味しいものを持参したのですが、
あいにくお留守でした。

P1040729.jpg
まだ日没までに、30分ほど有ったので、
鬼怒川のほうへと散歩してみました。
すると、ここは、あの悪名高き「メガソーラー」が有った所では!
自然堤防を削り取ってしまったと言う、信じられない事を。
また、何だか工事をしていました。 (怒)

P1040754.jpg
以前から気になっていた建物へと行ってみました。
そこは、「慰霊塔」でした。

P1040764.jpg
階段があって、上へと登れましたので行ってみました。
ちょうど、夕日が鬼怒川越しに沈むところでした。
何だか、物悲しい気持ちになりました。

P1040785.jpg
昨日と同様に、芽吹橋を渡って帰宅しました。
まだ車は少なかったので、早くに家に帰り着くことが出来ました。

今日の東京近郊の最高気温は、17℃。
3月の頃の陽気だったとテレビの天気情報は伝えていました。
どうりで、暑くてたまらなかった筈です。
今日、筑波山へ山登りに来た人は皆、暑い暑いと言っていました。
かき氷か、ソフトクリームを食べたい位でした
( 売店が混んでいて諦めました )。
今はまだ暦(こよみ)の上では、寒(かん)の中ですから、
寒くて寒くてたまらない・・ と言うような山歩きをしてみたいです。
それも、筑波山に雪が降って、真っ白の雪の中を歩きたいです。
しかしながら、この希望は叶うのでしょうか?
このまま春にならないように祈るばかりです。
( 最近、早くも鼻がムズムズしてきました ・・・ 
  もう花粉が飛んでいるのかも? )
このページのトップへ

1月3日 起点の桃山中学校からの羽鳥道登山

元日から一日間を置いて、今日も筑波山へ向かいます。
正月恒例となってしまった羽鳥道を登ります。

P1030193.jpg
今日は久しぶりに、つくば学園都市の中を通りました。
筑波山も見えています。

P1030198.jpg
今朝は、6時に家を出てきました。
雲もなく、快晴のようです。

P1030216.jpg P1030215.jpg
今朝も元日と同じく、つくし湖の湖畔に車を置きました。
AM07:26、 本日のスタートです。
気温は、マイナス3℃、凍えるような寒さです。
完全防寒の装備をして歩いて行きます。
泳いでいるカモも寒そうでした。

P1030220.jpg
筑波山の反対側には、霞がたなびいていました。
それと、ハンターがイノシシの駆除でもしているのか、
時たま激しい銃声がこだましていました。
と同時に猟犬の吠える声も。
とにかく賑やかでした。 
お正月にはふさわしくない感じで幻滅でした。

P1030225.jpg
気をとり直して歩いて行きます。
今朝の最初は長距離ウオーキングです。
紫尾(しお)の集落の中を行きます。

P1030234.jpg
レトロバスは、今も健在で何よりでした。

P1030247.jpg
桜川市立紫尾小学校の前を通ります。
今日は生徒は誰も居ないので、当然静かです。

P1030255.jpg P1030256.jpg
紫尾郵便局の前の、織観音堂にお参りしました。

P1030259.jpg P1030260.jpg
08:00、 東山田地区を歩きます。
県道に沿って、歩いて行きます。 

P1030269.jpg
羽鳥地区に入りました。

P1030266.jpg P1030268.jpg
まだ先ほどの県道を歩いています。
やっと、太陽が登って来ました。
陽が当たると、少しは暖かいです。

P1030272.jpg
今日は、羽鳥道を起点の現・桃山中学校から登りたいと
思いました。
しかし、その桃山中学校は、かなり遠くに見えていました。
そこで、ショートカット(近道)をするために、
イチかバチかで田んぼのあぜ道を進みました。

P1030280.jpg P1030282.jpg
これが、大成功!!でした。
想像どうりの近道だったのです。
つくばリンリンロードに出ました。

P1030287.jpg
リンリンロードは、田園風景の中を歩きます。
誰も居ない良い道でしたので、気持ちが良いです。

P1030295.jpg
朝日に反射する小川が、まさしく、”銀河”になって輝いていました。
美しいので、写真に収めました。

P1030306.jpg P1030300.jpg
08:34、桃山中学校に到着しました。
ここで小休止しました。
気温はまだ、 0℃でした。
でも、日差しが暖かです。

P1030308.jpg
桃山中学校の前の交差点にある古い石柱は、
羽鳥道の起点の印(しるし)です。
「 筑波登山本道 」と彫られていました。
江戸時代には、筑波山の男体山へ参拝者や修験者が
大勢登っていた歴史ある登山道だと言うことです。 
08:43、スタートしました。

P1030314.jpg
確か、製麺所の坂道を登って行ったと思うので行ってみました。
( 十数年前の事なので、ルートを忘れてしまいました )

P1030317_20160113212807d0c.jpg
坂道の途中で、道まちがいをした事に気がつきました。
でも、乗りかかった舟です、先へ行ってみました。
ゲートがありましたが、歩行者なら行ってもいいでしょう。

P1030321.jpg
先の記事に書いたように、そこは、旧桃山中学校の跡地でした。

P1030325.jpg P1030330_20160113212925dda.jpg
筑波山が近くに見えて、とても気持ちの良い場所でした。
道まちがえも、たまには良いものです!

P1030340.jpg
先ほどの起点の道標まで引き返して来ました。
今度は、製麺所の正面を通って行きます、これが正しい道でした。
08:58、 再スタートです。

P1030346.jpg
先ほどの県道を潜って行きます。
ここから先は、私がいつも歩くコースになりました。

P1030359.jpg P1030360_20160114205031033.jpg
09:15、羽鳥の分教場跡に着きました。
ここで大休憩です。
ミニカップ麺を作って食べました。
寒い時には身体が温まるので助かります。

P1030361_20160114205032d65.jpg
この日のように猛烈に寒い時には、二十重ねをした手袋の中間に
ミニカイロ(使い捨て)を入れるのが良いです。
手の指先が凍えるのが、一番辛いですので。
( 特にメーカーは、ロッテのが良いです )

P1030366.jpg
いよいよ羽鳥道を本格的に進みます。
いにしえのなごりを感じさせてくれる石仏たちです。

P1030368.jpg
集落の中の一本道を真っ直ぐに登って行きます。
冬の朝日が眩しくて、サングラスが必要です。

P1030379.jpg
集落を抜けて、舗装道路を登って行きます。

P1030380.jpg
この先からは、山道と舗装道路を交互に登って行きます。

P1030388.jpg
江戸時代に建立された石鳥居を潜って行きます。

P1030396.jpg
誰も居ない狭い藪道を登って行きます。

P1030399.jpg
最後の藪道を出ました。
ここからは、いつもは舗装道路を歩きます。

P1030408.jpg
が、今日は渓流沿いに歩いて行ってみました。
しかし、途中で大量の落ち葉で、人の踏み跡は消えてしまっていました。
なので、自分で判断して林から出なくてはなりませんでした。

P1030413.jpg
10:41、筑波山中腹の、男の川(おのかわ)に着きました。

P1030416.jpg
10:43、男の川の左岸にある登山口から、
羽鳥道の後半へ再スタートです。

P1030419.jpg
大滝不動さまに手を合わせて先へ進みます。

P1030422.jpg
深い森の中を登ります。
気温は急激に上がって、7℃。 暑いです。
厚着をしていたので急いで脱いで、長袖シャツ1枚になりました。

P1030431.jpg
石が多い沢の中を行きます。

P1030443.jpg
延命水の水は、ほんの少ししか出ていませんでした。
もう飲めないかもです。

P1030446.jpg
羽鳥道の最後は、すごい急坂です。
じっくり焦らず登ります。

P1030448.jpg
11:27、自然研究路に合流しました。

P1030459_20160113213459725.jpg
11:36、御幸ヶ原に到着しました。
つくし湖を7時半くらいに出たので、長い旅路でした。

P1030461.jpg P1030465.jpg
せきれい茶屋さんに到着しました。
ここまで片道で、 2万歩でした!

P1030466_201601132136069dc.jpg P1030467.jpg
ランチは、つくばうどん。 食後はコーヒーでくつろぎました。
標高850メートルでの贅沢なコーヒータイムでした。

P1030471.jpg
女体山頂にお詣りしてきました。
大勢の観光客が居たので、景色の写真も撮らずに、
すぐに退散しました。

P1030476.jpg P1030484.jpg
御幸ヶ原から下山は、薬王院コースを降りました。
今日は調子が最後まで良かったので、小走りで軽快に降りました。
我ながらスタミナ有るな~ と、感心しました。
(いつもこうなら良いのですが)

P1030503.jpg
14:10、つくし湖に帰ってきました。
お疲れさまでした。
気温は何と、 17℃! 暑くて暑くてたまりません。
着ているシャツは汗でビッショリでした。

P1030519.jpg P1030513.jpg
下山後は車に乗って、常総市の〇右衛門さんの御宅へ。
突然にお邪魔したのですが、お逢い出来て良かったです。

P1030541.jpg
永らく通行止めだった鬼怒川の縁の県道が通れるようになりました。
テレビでさかんに報道されていた、あの三坂地区の現状です。
今でも、凄い光景です。

P1030544.jpg
いとこの家にも新年の挨拶に立ち寄りました、
写真は、常総市役所です。

P1030548.jpg
帰路は、芽吹橋でのお金の掛からない経済ルートでした。
車も少なくて快適に帰れました。

今日は登山前に、かなり歩きました。
旧桃山中学校にも行けて大満足でした。
欲を言えば、筑波山の中腹からは気温がグングン上がって
大汗をかいてしまいましたので、寒いままのほうが良かったです。
お天気にも恵まれて、気持ちの良い登山で最高でした。
このページのトップへ

1月3日 道を間違えたけど良かった 旧桃山中学校

< 山歩き日記の番外編です >

本当に久しぶりに、羽鳥道を最初の始まりから登ろうと思って
現在の桜川市桃山中学校からスタートしました。。

P1030316.jpg
確か、最初から、いきなり山道だったような気が?
( 10年以上前のことなので忘れてしまいました )
山(と言ってもせいぜい標高は100メートルの里山)です。
まあ、いいやと進んで行きました。

P1030317.jpg
あれま! 通行止め?
でも、歩行者なら行けそうなので行きました。

P1030324.jpg P1030323.jpg
すると、ちょっと開けた所に出ました。
左には、巨大な水道タンクのようなものが。
右手には、雑草に覆われてはいますが、
高さ5メートルほどもある、巨大な石製の灯籠が!
よく見るとタンクには、平仮名の 「ま」。
たぶん、真壁(まかべ)の「ま」、なのでしょうか?  

P1030322.jpg
正面を見ると、あっ!!!
ここは、いつぞやテレビで見た光景です!!!
すぐに思い出しました。
3年前に、NHK・BSプレミアム3チャンネル、「日本縦断こころ旅」で
火野正平さんが訪れてくれた場所なのでした!
まさに、 ”とうちゃこ!” なのでした。

P1030326.jpg P1030333.jpg
石段の階段を降りてみます。

P1030330.jpg P1030332.jpg
今現在は、野球のグラウンドになっていました!
外野は広いし、何もありません。
それにしても、気持ちの良いこと!~~
お日様もポカポカで、筑波山も近くに見えて最高のロケーションです。
何だか、とても幸せな気持ちになってきました。

P1030334.jpg
グラウンドの隅っこには、たぶん自転車置場だった所(?)
が、まだ残っていました。
プールは、ほぼ完全な姿で残っておりました。
中学校の校舎は、石段の上に有ったのでしょうか?
それにしても、旧桃山中学校に来られて良かったです。
いつもは道を間違えると、嫌な気分になりますが、
今日は大儲けでした!(笑)
ここで、勉強していた生徒さんが羨ましいです。

<<<NHKこころ旅・桃山中学校編 ここをクリック>>>

< So-1さんからのつい最近のメール > をここに掲載させて頂きます。
旧桃山中学校ですか!まさに母校です。
自転車を押して登っていたんですよ。
よく帰りは坂道を自転車に乗って下っていたんですが、
乗って下るのは禁止だったため、
下で待ち構えていた先生に捕まりよく叩かれた覚えがあります。
その頃は、体罰は当たり前でしたからね (笑)
確かに眺めは良かったですよ。
まぁ中学生でしたから、興味もなかったですが。

☆ So-1さん、有難うございました。
こころ旅、火野正平さんにお手紙を出した人も同じように
自転車に乗って坂を降りては駄目だったと書いておられます。
自転車で坂を駆け降りるのは、気持ち良いのですが
それが禁止だったとは。(残念)
この小山の上に、旧桃山中学校が在ったなんて
全然気が付きませんでした。
So-1さんの御宅からだと遠いでしょう、
自転車通学だったと言うのが判りました。
このページのトップへ

常総市若宮戸 11月3日のボランティア時の写真

1919363_164089103955069_5306709589878743378_n.jpg

Facebook 未登録の方は、このお写真が見られないそうなので
ここに掲載させて頂きました。

常総市 ・ 〇右衛門さんの御宅にて ・・ でした。

〇右衛門さん、記念写真を有難うございました。
このページのトップへ

ご注意! 筑波山 火器は使用禁止 

PC213534.jpg

筑波山では原則、火器は使用禁止です!
山用のガスコンロ等も使用不可です、ご注意下さい。

もしも監視員に見つかったら、凄く怒られます!!!

と、言うのも過去(江戸時代)に筑波山は、
大規模な山火事で大被害を被ったからです。
二度と同じような大火事を起こしてはなりません。

タバコのポイ捨てなどは、なおの事、もってのほかです!
このページのトップへ

平成28年1月元日 重荷を担いで筑波山登り初め

大晦日は、店の掃除や後片付け、それに棚卸しの計算も
しなければならずに、終わったのが結局夜の10時過ぎ。

P1010010.jpg
なので、筑波山へ初日の出を見に行く元気はありませんでした。
自宅から、今年初めての太陽を拝みました。

P1010022.jpg
{ 一年の計は元旦にあり }
お雑煮を食べてから、筑波山へと向かいます。
常磐高速は空いており、快適でした。
空も良い青空です。

P1010028.jpg
筑波山が近づいてきました。
この元日の筑波山神社の参拝客は、例年よりも少なかったとか。

P1010012.jpg P1010030.jpg
新しい登山靴を卸しました。
車は混雑しない、つくし湖の湖畔に停めました。

P1010035.jpg
AM10:55、 本日の・・ 、いいえ、今年の歩き出しです!
階段を登って行きます。

P1010039.jpg
まずは、「 ふるさとの森 」 コースを歩きます。
お不動様の修行場を通過します。
今朝は、いつもは無人のこのコースですが、
薬王院参拝の人と数人すれ違いました。

P1010043.jpg
11:13、 筑波山薬王院に着きました。
本堂の中ではご祈祷が行われていました。
今朝は、びっくりするほど、とても多くの参拝者が居ました。
私も初詣を済ませました。

P1010045.jpg
11:22、 薬王院コース登山口からスタートです。
気温は、7℃と低めです。

P1010049.jpg
今朝の私のザックは、14㎏の重さです。
夏山以来のかなりの重量です。
山道では、さすがにスピードが出ません、牛歩で進みます。

P1010050.jpg
前回よりも13分遅れの35分で第一ラウンドが終わりました。
鬼ケ作林道に飛び出しました。
しばしの休憩。
これよりは、急坂の第二ラウンドが始まります。

P1010055.jpg
いよいよ難関の、800階段の始まりです!
重たい荷物を背負って、果たして登れるでしょうか?
不安です。

P1010056.jpg
段差が大きいので登るのが大変です。

P1010057.jpg
まだ登ります。
つづら折れまで我慢我慢。
上を見るとツライので、足元だけを見ながら登ります。
(途中で数回、立ち止まって呼吸を整えました)

P1010058.jpg
やっと、つづら折れまで来ました。
少しは傾斜が緩くなります。

P1010059.jpg
つづら折れが終わっても気が抜けません。
まだ残りは、200段以上有ります。

P1010060.jpg P1010061.jpg
やっと、800段、登り切りました!
いつもはノンストップで一気に登ってしまう800階段ですが、
今日はさすがに何回も足が止まってしまいました。
誰かが、800段をカウントした赤いテープが有りました。

P1010064.jpg
薬師高原を行きます。
男体山が見えてきました。
ほんの緩い坂道なのですが、今日は背中が重くて
こんな坂道でも苦戦しました。
やはりスピードが全然出ません。
まるで鈍足なダンプカーになったような気持ちでした。

P1010065.jpg
自然研究路に出ました。
ここは左折して、御幸ヶ原へと向かいます。

P1010066.jpg
あと、3つの急な階段を登れば御幸ヶ原です。
自分に叱咤激励をしながら登りました。

P1010067.jpg
登山口から、ちょうど1時間30分で御幸ヶ原に着きました。
思っていたよりも、だいぶ早かったです。
2時間以上は掛かると思っていましたので。
気温は、1℃でした。

P1010072.jpg
せきれい茶屋さんへ新年のご挨拶に伺いました。

P1010075.jpg
私のザックの中身は、これでした!
日本酒の一升瓶を2本、それとプラスアルファの品物。。
シメて14キロの重さでした。

P1010071.jpg
せきれい茶屋さんで、ゆっくり休憩を取らせてもらってから
御幸ヶ原に戻りました。
幾分、体力も回復しました。
中腹の筑波山神社は混雑していますが、お山の上は静かです。

P1010079.jpg P1010080_20160107194543183.jpg
お正月なので、男体山頂に登って参拝しようと思います。
私と同年代と覚しき男性が、私にピッタリと追いてきます。

P1010082_20160107194546d8a.jpg P1010081.jpg
私もこの人を振り切ろうと、どんどんスピードアップ!
5分で男体山頂に到着。

P1010083.jpg P1010084.jpg
下山は、迂回路を通る事にしました。
旧筑波山測候所の脇から降りて行きます。

P1010085.jpg
テレビアンテナの管理道を行きます。
(今現在では登山者用、筑波山の公式の通路となっています)

P1010092_201601071947169fb.jpg
自然研究路の南側に降りました。

P1010096.jpg
第二展望台に、立ち寄ってみました。

P1010106_20160107194717df8.jpg
自然研究路は急降下します。
(高所恐怖症の人は来ないほうが良いでしょう。)

P1010111_20160107194833603.jpg
また先程の800階段を降りて行きます。
(降りるのも大変です。)

P1010119.jpg
薬王院まで無事に降りて・・

P1010128_20160107194841412.jpg
15:51、つくし湖まで戻って来ました。
お疲れさまでした。
下界に降りると、気温は上がって 13℃。 暑く感じました。

P1010140.jpg P1010142_20160107195033315.jpg
車で移動して、筑波山の私のベースキャンプへ。

P1010167_20160107195038558.jpg
新年会にお呼ばれしてしまいました。
珍しい特注品の大分麦焼酎までお土産に戴いてしまって、
有り難かったです。 (※このお酒は非売品です)

P1010151_20160107195036c6d.jpg
すっかり陽が落ちてから、家路に就きました。

14キロのザックを背負えるかどうか不安でしたが、
大丈夫でした。
まだ膝(ヒザ)が完全でないので不安でしたが、痛みも出ませんでした。
背負っている時は、ツライとか嫌だとかは思いませんでした。
ただ、背中が重たい・・ それだけでした。
いずれにせよ、良いトレーニングになったと思います。
数日後、よくもまあ、あんなに重たい酒を持って来たものだ!
と感心されるやらお誉め(?)に預かりました。
そのお酒を下界に降ろすのも大変だったとか。
=お手数、すみませんでした。
このページのトップへ

さる年

『 謹賀新年 』 平成28年、申(さる)年。

PC283897_20160102202511d0e.jpg

筑波山神社境内にある「三猿」。
見ざる、言わざる、聴かざる。
これも、左甚五郎作と伝わる。
しかも日光東照宮のものよりも、数年古いと言う。
まさに三猿の”元祖”である!
しかしながら筑波山神社の三猿は、
ほとんど世間には知られていない。(残念)
色あせているので補修すれば、いいと思うのだが・・
綺麗にして宣伝すれば観光にも役立つはず。
このページのトップへ

12月28日 27年度筑波山登り納め

例年の年末25日過ぎには、仕事は休めなかったのですが
不景気なので今回は休みにしました。
と言うことで、27年度の筑波山の登り納めに行くことにしました。

PC283798.jpg
冬場の早起きは辛いものがあります。
今朝は早朝4時に起床しました。
5時過ぎには、家を出ました。
道路も空いていて快適でした。
前方には筑波山が見えてきました。

PC283815.jpg
「 (つくば市)市民ホールつくばね 」 に久しぶりに来ました。
ここは、北条の大竜巻の時の災害ボランティアセンターが置かれた
時に来て以来でした。

PC283810.jpg
氷点下1℃ と冷え込んでいます。
車に積んできた、折りたたみ自転車を組み立てました。
AM06:40、 本日の歩き出しです。
ここから筑波山までは、おおむね上り坂ですので、
この自転車には乗らずに、徒歩で押して歩いて行きます。

PC283817.jpg PC283820.jpg
つくば市北条の中心部です。
いつもなら、ここに車を置くのですが、買い物客専用と書いてありますので、
今日は遠慮して市民ホールに置きました。

PC283819.jpg
メインの商店街を行きます。
まだ薄暗いので、街灯が光っています。

PC283824.jpg PC283826.jpg
つくば道の標柱です。
この道は、徳川第三代・家光公が造営した道路です。
筑波山へと向かいます。

PC283825.jpg
この付近も大竜巻で甚大な被害を受けましたが
今ではよく見ないと気が付きません。
この先は城山の麓なので、少し上り坂になります。

PC283828.jpg
北条の集落を抜けると、遠くには日光男体山が見えました。
まさに冬の景色です。
夏場は見ることが出来ません。

PC283829.jpg
つくば道は、つくば田井郵便局で右折します。

PC283830.jpg PC283834.jpg
本堂が新装となった、普門寺(ふもんじ)に参拝しました。

PC283831.jpg
普門寺の高台からは、筑波山が綺麗です。

PC283842.jpg
神郡(かんごおり)の見世蔵を通ります。
ここはカメラマンの撮影スポットです。

PC283847.jpg
観光協力のお家の庭には、オブジェが!
奥には、古そうな荷車も。 (詳しい事は不明です)

PC283858.jpg
つくば道は、いよいよ佳境に。
道の傾斜が凄いです。
自転車を押して登るのもひと苦労です。
やっと六丁目の鳥居に着きました。

PC283854.jpg PC283851.jpg
この鳥居のちょっと下に、新しく野菜の無人販売所が出来ました。

PC283865.jpg PC283872.jpg
汗だくになって、つくば道もだいぶ登って来ました。
自転車は許可を貰って、秘密の場所に置かせて貰いました。
薄っすらと、富士山も見えました!
ちょっと嬉しいです。

PC283879.jpg
水戸天狗党が泊まったと言う、対宝館跡地の前を通って・・
(今は表札を残すのみ)

PC283888.jpg
08:58、筑波山神社に着きました。
新年の準備は整ったようです。

PC283891.jpg
拝殿前にて参拝しました。

PC283893.jpg PC283894.jpg
大晦日の大祓いのための、「茅の輪くぐり」をしました。
それから、社務所に行って、「ひとがた」もお願いしました。
(魔除けのようなものです、どこの神社でも有ります)

PC283897.jpg
今日は時間に余裕が有りますので、三猿も見てみました。

PC283895.jpg
白雲橋を渡って・・
いつものように石鳥居へ行こうかと。
でも、進路変更!!

PC283903.jpg
静かな東山集落へ歩を進めました。
ここは 「 府中街道 」。
江戸時代以前には、一番賑やかな参拝路だったとの由。
お店屋さんだったと見受けられる御宅も残っています。

PC283906.jpg
稲荷神社脇の石碑にも、謂われが残っています。

PC283908.jpg
かつての府中街道。
その奥は今では、廃道寸前です。
いつも湿ってぬかるんだ道です。
東山の住人も来ないような所です。
ここから先が凄く心配でした。

PC283912.jpg
助かりました!!
誰かが草刈りをしてくれて、人がやっとひとり通れるように
なっていました。
前回来た時は、ひどいヤブになっていて、
ヤブこぎをしながら通過して、擦り傷を作って痛い目に遭いました。

PC283920.jpg
一度スカイラインに飛び出してから・・

PC283926.jpg
またかなり判りにくい所から、 「しらたきみち」 に入りました。
(私はこの入り口を見つけるのに、二日掛かりました)

PC283929.jpg PC283930.jpg
滅多に人が通らない小道にも、ガマ石が有ります。

PC283934.jpg
09:38、 「 白滝 」 に着きました。
今日の白滝は、水量も豊富でなかなか優美でした。

PC283942.jpg
テルモスに持参したお湯で、カップ麺を作って食しました。

PC283948.jpg
大休憩のあとは、七十七段の古い石段を登ります。

PC283950.jpg
白滝神社を通って行きます。

PC283951.jpg
白滝神社から先は、尾根の急坂を必死に登ります。

PC283952.jpg
桜山キャンプ場跡地の中を登って行きます。
イノシシの被害がひどくて、地面が掘り返されています。
荒れ地なので、初めての人はルートが判らないでしょう。
(経験者と同行を)

PC283954.jpg
スカイラインを渡って、再び登山道へと進みます。

PC283960.jpg
この道は、険しい小道です。
ほとんど直登なので、登るのが大変です。

PC283964.jpg
汗だくになって、スカイラインに再び出ました。
ここからは、しばらくスカイラインを歩きます。

PC283965.jpg
10:37、 つつじヶ丘に到着しました。
今日は空いていました。

PC283966.jpg
つつじヶ丘からは、東筑波ハイキングコースへ再スタートです。

PC283970.jpg PC283975.jpg
前回、ここを通った時はバテバテになってしまい、
情けなかったのですが、今日はバリバリ登って行きます。
沢を渡りました。 林の中の落ち葉も少なくなって快適です。 

PC283979.jpg
11:20、 裏筑波へのゲートです。
ここは左折します。
いつもは、ここの水溜りは凍っているのですが、
今日は全然凍っていません。

PC283982.jpg
いつもは、キャンプ場コース(三本松コース)へ行きますが、
今日は久しぶりに、 「 旧日本ハムの森 」コースへ行ってみます。

PC283983.jpg PC283984.jpg
数分登ると、気持ちの良いロケーションのベンチが在ります。
土俵場の標識が在ります。

PC283987.jpg
しばらく通っていなかったので、この道は忘れました。
登山道は、たまに急に鋭角に曲がりますから、驚きます。
けれども、ルートを想い出しました。
見覚えがある場所でした。

PC284003.jpg
尾根に上がったところが複雑です。
今回も混乱しました。
尾根道がロータリーみたいに回転していました。、
コンパスで方角を確認しながら進みました。

PC284006.jpg
はい。 見慣れたキャンプ場コースに合流しました。

PC284009.jpg
正午ちかくの太陽なのに、高度が低いです。
冬の太陽です。

PC284020.jpg PC284021.jpg
12:20、 女体山頂に到着しました。
長い旅路でした。そそ
気温は低くて、1℃でした。
遠くに東京湾が、ひとすじ光っていました。

PC284024.jpg PC284026.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
かきあげ天ぷらそばでした。 (写真は七味かかっています)

PC284027.jpg
13:37, 静かな御幸ヶ原から下山を開始です。

PC284029.jpg
御幸ヶ原コースを降りました。

PC284030.jpg
久しぶりのこのコースの下山です。
最初は波に乗れなかったのですが、
やがてリズムに乗って、岩場も軽やかに降りられました。
早い若い集団も追い抜きました。

PC284032.jpg
44分で、筑波山神社に下山完了。

PC284038.jpg PC284039.jpg
筑波山大御堂です。
今のうちに写真を撮っておいたほうがいいと思います。
やがては貴重な写真になることでしょう。

PC284044.jpg
つくば道を降りて行きます。
自転車に乗って下り坂を一気に北条へと向かいます。
途中で、私のベースキャンプにも立ち寄りました。

PC284057.jpg
16:08、 市民ホールつくばねに帰ってきました。
お疲れさまでした。
永い永い一日でした。

今日は良い登り納めになりました。
気温は低かったのですが、それほど寒くはなかったです。
帰路の自転車は助かりました。
往路は歩きでも構いませんが、往復の徒歩は大変です。
旧日本ハムの森コースは、「 土俵場コース 」と呼ぶことにします。
このページのトップへ

12月21日 久しぶりの筑波山裏登山道

今朝は筑波山に登る前に用事があります。

PC213368.jpg
まずは、阿見の知り合いの家へ。

PC213380.jpg PC213379.jpg
要件が済みましたので、筑波山へと向かいます。

PC213410.jpg
マイカーは、「国民宿舎つくばね」に置かせて貰いました。
AM09:50、 本日の歩き出しです。
気温は、10℃ とまずまずです。 そんなに寒くはありません。

PC213420.jpg
この辺りの施設では、猪鍋が食べることが出来るそうです。
( 野生のイノシシは、たくさん居ます )

PC213423.jpg
湯袋峠の丁字路は、左折します。
県道150号を歩きます。

PC213425.jpg
この付近は、昔、合戦場だったとか。
猛スピードで車が行き来しますから、気をつけながら歩きます。
石岡市から桜川市に入りました。

PC213433.jpg
10:18、 待望の筑波山・裏登山道の登山口に来ました。

PC213434.jpg
木橋からスタートです。

PC213437.jpg
この道は、環境省認定、関東ふれあいの道でもあります。
かつては、最高評価の4つ星を獲得した道でもあります。
しかしながら、近年は、ちょっと残念、評価がダウン。
それでも、なかなか良い登山道だと思います!

PC213456.jpg
筑波山で唯一、渓流を眺めながら登って行くことが出来ます。

PC213451.jpg
手入れをされた、ヒノキの美林の中を進みます。

PC213472.jpg PC213469.jpg
楽しみな、おやつタイムにしました。
毎回このベンチで休憩します、休憩適地です。
持参したお湯でミニカップ麺を作ります。
このベンチには、「サワガニ」の案内板がありますので、
今後は、「 サワガニベンチ 」 と命名します。

PC213482.jpg PC213490.jpg
苔むした古い石段を登って行きます。
アオキの実は、まだ青々していました。
暖冬の証拠です。

PC213496.jpg
11:11、 仙郷林道に合流しました。

PC213498.jpg PC213507.jpg
11:15、 筑波高原キャンプ場に着きました。
日光連山も見えました。

PC213517.jpg
小休止したのち。
11:25、 キャンプ場コースへ再スタートです。

PC213522.jpg
たくさんの落ち葉でフワフワの急坂を登りました。

PC213535.jpg
12:07、 快調に登って女体山頂に到着しました。
37分で女体山の肩まで登れましたから良かったです。
気温は、10℃でした。

PC213540.jpg PC213542.jpg
風も無く、おだやかな山頂でした。
曇ってはいますが、なかなか良い景色でした。

PC213549.jpg
珍しく誰も居ない山頂でしたので、
セルフシャッターで写真を撮りました。

PC213550.jpg PC213551.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
焼きそばとナメコ汁を戴きました。

PC213560.jpg
ガマ石の口へ小石を投げ入れました。

PC213576.jpg
もう一度、女体山頂に行きました。

PC213588.jpg
登りと同じくキャンプ場コースを降りました。

PC213606.jpg
仙郷林道を黙々と歩いて下山します。

PC213623.jpg
14:56、 国民宿舎つくばねに帰ってきました。
お疲れさまでした。

PC213632.jpg
湯袋観光道路を車で登って山越えしました。
この道路は、二輪車は通行禁止なのですが、
お構いなしにバイクが走り回っていました。
でもけっこう、パトカーや白バイが来ますから!!~
(バイクは走らないほうが良い。)
(私もバイク乗りですから、気持ちは判りますが。) 

PC213647.jpg
帰路の国道294号で初めて発見!
「 ハッスル黄門 」 の工事用のガードレールです!!
( 面白い! )

PC213658.jpg
本日のお土産。 せきれい茶屋さんで購入。
新商品の立体マグネットです。
いろどりも良いです。

******************************

翌日の、 22日。
 
PC223685.jpg
今日は素晴らしいお天気。
登山日和ではありましたが ・・・

PC223722.jpg
筑波山麓の私のベースキャンプの大掃除を行いました。
主にガラス磨きをしました。

PC223721.jpg
助っ人に、楽庵マスターを呼びました。

PC223710.jpg
私手製のたこ焼きで昼食です。
二度焼きして、思いっきりカリカリに焼いたので美味しいです。
楽庵マスターからも絶品だとお誉めいただきました。

PC223765_201601012231448b1.jpg
豊田城に夕日が落ちる頃、家路に就きました。

まだ年末の実感が湧かないのですが、
良い二日間でした。
ベースキャンプの掃除も終わったので、ひと安心です。
このページのトップへ

謹賀新年 2016

 あけましておめでとうございます。

本年も当BLOGを、どうぞ宜しくお願いいたします。


筑波山初日の出は行きませんでした 
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (209)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム