山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

3月22日 朝らーで筑波山、夜らーも?!

前日は、ボランティアの体力作業を張り切って一日したので
腕は筋肉痛、そして少し腰痛気味になりました。
正直、かなり疲れていて、そして眠いです。

P3220952.jpg
さすがに今朝は早起きは出来ませんでした。
8時少し前にやっと家を出ました。
常磐道に乗ると3連休明けでしたので、混雑していました。
遠くには筑波山が見えています、登山日和になりそうです。

P3220966.jpg
筑波山麓に来ました。
今朝は美しい筑波山です。

P3220969.jpg
9時少し過ぎに、筑波山口の製麺所 = 「 松屋製麺所 」さんに
まずは行きました。

P3220974.jpg
昨日の疲れは、あまり取れていませんでしたし、
朝食もまだほとんど食べていませんでしたから、
こちらで朝らーめんを戴くことにしました。
「 塩チャーシュー麺 」 をオーダーしました。
あっさりしたお味で美味しいです。
※ 塩は、この日で終わりだそうで、リニューアルされるそうです。
(次はどんなスープになるのか楽しみですね♪)
らーめんを食べたら、元気になりました。

P3231136.jpg
もちろん、お持ち帰りのらーめんも買って帰りました。
今回は、少しだけ値段が高い太麺を買ってみました。
( あとで食べた感想=太麺もかなり美味でした )

P3220982.jpg P3231137.jpg
10:25、 今朝はだいぶ遅いスタートとなりました。
気温は、14℃。 神郡からの歩き出しです。
私のザックの中には、トレーニングとして、
4リットルのポリボトルに水を入れて重りにしました。
合計 10キロの重さを背中に背負いました。

P3220987.jpg
青空そのものの筑波山を目指して、つくば道を行きます。

P3220988.jpg
早咲きの桜が咲いていました。

P3220994.jpg P3220998.jpg
ピンク色になった木があると、春を感じます。
つくば道の急坂は、背中のザックの重たさが身に沁みます。
4月1日には、お祭りの行列がここ(一の鳥居)から始まります。

P3221003.jpg
真っ白なコブシの花も目につきます。

P3221023.jpg
筑波山神社の脇の白雲橋を渡ります。
神札屋さんが、材木を天日で干していました。

P3221040.jpg
11:13、 白雲橋登山口からスタートです。

P3221041.jpg
酒迎場分岐は右へ。 迎場コースを進みます。
ほとんど無人の静かな森の中でした。

P3221047.jpg
最初は昨日の疲れと、ザックの重たさで、スローな足取りでしたが
徐々に気力体力が回復してきました。
ハイペースでグングン登って行きました。

P3221055.jpg
登山口から、33分の好タイムでつつじヶ丘に着きました。

P3221056.jpg
トイレを借りてから、 11:54、 おたつ石コースへ再スタートです。
気温は適温になって、10℃でした。

P3221062.jpg
ここは筑波山の人気コースなのですが、
案外登山者は少なめの日でした。
なので、景色を見ながらマイペースで登れます。
つつじヶ丘高原にやって来ました。

P3221064.jpg P5115151.jpg
しかし、山ツツジは、まだ全然でした。
右の写真は、昨年の5月11日の山ツツジが満開になった時です。

P3221067.jpg
つつじヶ丘からは、25分のハイペースで
弁慶茶屋跡地に着いてしまいました。
今日は、登っていても疲れ知らずです。
休憩なしで先へ進みます。

P3221068.jpg
筑波山のランドマーク、弁慶七戻りです。

P3221071.jpg
ブナ平まで来ると、女体山が見えてきます。
ここ、ブナ平もカタクリの生育地ですが、
新芽はまだ出ていませんでした。

P3221072.jpg
急な岩場登りも楽しいです。 (短いですが)
ザックの重たさは感じなくなっていました。

P3221073.jpg
大仏岩を過ぎると・・

P3221074.jpg
山頂直下の急な岩場となります。

P3221087.jpg P3221075.jpg
つつじヶ丘から50分で登頂。
10キロのザックを背負った割には、早いタイムでした!
12:45、 女体山頂に着きました。 
気温は、10℃でした。 風速5メートルほどの風が吹いていました。
観光客がたくさん居ました。

P3221085.jpg P3221086.jpg
春霞(はるがすみ)が出て、見晴らしは白っぽいです。

P3221092.jpg P3221093.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
かき揚げ天ぷらそばを戴きました。

P3221094.jpg
御幸ヶ原には、埼玉の消防隊員の方たちも居て賑やかでした。

P3221095.jpg P3221096.jpg
13:43, 御幸ヶ原コースにて下山を開始しました。
ところが、団体さんの後を行くスローモーな下山に。
それでも途中で追い越させて貰いましたが。

P3221104.jpg
14:30、 筑波山神社に降りて来ました。
残念、時代劇のロケはすっかり終わっていました。。

P3221111.jpg
下山も、つくば道を降りて行きました。

P3221118.jpg
山麓にて、菜の花と筑波山。

P3221119.jpg
ヒメオドリコソウとオオイヌノフグリです。

P3221121.jpg
15:20、 神郡に帰ってきました。
お疲れさまでした。

P3221126.jpg
朝方、松屋製麺所で買ってきた生ラーメンを私が調理して、
ベースキャンプ(BC)にて皆で夕食として戴きました。
BCの畑で採れた野菜を入れて、野菜らーめんにしました。
私は一日二食らーめんになってしまいましたが、
BC皆のリクエストにお応えしました。

P3221132.jpg
今夜も経済ルートの芽吹橋ルートで帰りました。
20:40、 帰宅完了でした。

今日の登山は、朝らーめんが効きました!
登山の途中での、おやつタイムは不要で一気に山頂まで
登れてしまいました。
10キロのザックは、最初は重たく感じましたが、
重さに慣れたら、いつもと同じくハイスピードで山道を登れました。
山に登って降りて来たら、昨日のボラ疲れは無くなっていました。
不思議です。
このページのトップへ

3月21日 ボランティアの一日

本日は、筑波山山行はとりやめとして、
(茨城県)常総市 「 〇右衛門さんの家SAIKOプロジェクト 」
に参加させて頂くべく、
W地区の〇右衛門さんの御宅にてボランティア作業をしました。

P3210888.jpg P3210771.jpg
家主の〇右衛門さん (もちろん屋号のお名前です)。
良いスマイルです!

P3210886.jpg P3210894.jpg
今回も遠路はるばる、楽庵マスター登場!
前回の大遅刻の汚名返上となるか? ・・・
(汚名返上)なりました! 
楽庵マスター、大活躍です!! 

P3210780.jpg
〇右衛門さんの素晴らしいハンマーコントロールには惚れ惚れです♪

P3210913.jpg P3210914.jpg
私も富士山柄の手ぬぐいを頭に巻いて頑張りました。

P3210900.jpg P3210905.jpg
今回は祭日で休日なのに、何と我ら3人のみ。
真剣かつ、和気あいあいと作業しました。

P3210915.jpg P3210924.jpg
夕刻日没間近で、作業終了となりました。
本日の成果です。
立派な築堤を築けました。
腕が筋肉痛になりましたが、今日も充実感いっぱいの良いボラ作業でした。
大人数でガンガン作業するボラも良いですが、
今日のように静かにコツコツと丁寧に作業するのも楽しいです。

〇右衛門さんの御宅の皆さま、ありがとうございました♪
このページのトップへ

3月14日 冷雨の筑波山裏登山道

このところ、毎週月曜日は雨です。
今日もまた全国的に天気は雨のようです。

P3140537.jpg
悪天候ですが、敢えて筑波山へと向かいます。
常磐道を走ります。

P3140551.jpg
筑波山麓に来ても、お山は雲で真っ白状態でした。

P3140565.jpg
スカイラインを車で上がって行きました。
いつも風返峠は、特に雲が溜まる場所です。
霧で視界が利かなくなりました。

P3140575.jpg
AM09:40、 「国民宿舎つくばね」から、本日の歩き出しです。
気温は低くて、5℃。 冷たい雨が降っています。
レインウェアを着込んで雨天の完全装備です。

P3140583.jpg
湯袋の丁字路は、左折します。
自動車が猛スピードで行き来しますので、注意しながら歩きます。

P3140593.jpg
市境です。 ここが本当の湯袋峠なのかも知れません。
戦国時代には、ここで合戦が行われたそうです。

P3140601.jpg
10:11、 やっと筑波山裏登山道の登山口である、木橋に来ました。

P3140608.jpg
登山道は渓流に沿っていますが、雨で増水して
迫力がある渓流になっていました。

P3140611.jpg
美しい桧(ひのき)の美林に入ります。

P3140618.jpg
渓流を眺めながら登って行きます。

P3140622.jpg
サワガニベンチで小休止しました。
( ※ サワガニの案内掲示板がある所 )
雨に濡れながらですが、軽く煎餅などを食べました。

P3140635.jpg
綺麗な苔がたくさん有る古い石段を登って行きます。
けっこう急な階段です。

P3140637.jpg
10:56、 仙郷林道に合流しました。
ここは右折してキャンプ場へと向かいます。

P3140640.jpg
11:00、 キャンプ場に到着しました。
しかし、ここでは雨に直に濡れてしまうので・・

P3140645.jpg
5分ばかり登ったところの、屋根付きの休憩舎に行きました。

P3140648.jpg
少し正午には早かったのですが、ここで昼食としました。
持参したお湯でミニカップ麺を作りました。

P3140650.jpg
気温は低くて、しかも冷たい雨でしたので
身体が冷えてしまっています。
早々に食事を済ませて、すぐに出発しました。
キャンプ場コースを登ります。

P3140654.jpg
快調に難所のロングストレートも登って行きます。
確実に夏山に向けての体力が付いてきました。

P3140658.jpg
登山道の上部に来ても、足取りは軽いです。

P3140663.jpg P3140664.jpg
頂上直下に来ると、氷の塊がたくさん落ちていました。
数日前は、雨氷が降ったようです。
雨は、みぞれに変わりました。 寒いです。

P3140674.jpg P3140675.jpg
11:56,キャンプ場からは、快調に35分で女体山頂に登ってしまいました。
しかし、気温は 0℃! 真冬の寒さに戻ってしまいました。

P3140679.jpg
当然のことながら、セキレイさんはお休み。
パトロール実施&完。

P3140687.jpg
下山もキャンプ場コースを降りました。
靴がついに滑り始めました。
雨で道がかなり泥濘(ぬかる)んできました。
何度もスリップして危ないです。
標高を下げたので、みぞれは雨にまた変わりました。

P3140699.jpg P3140701.jpg
キャンプ場からは、延々と続く仙郷林道を歩いて下山して行きます。
また雨が一段と強く降ってきました。

P3140709.jpg
13:29、国民宿舎つくばねに帰ってきました。
お疲れさまでした。

P3140714.jpg
身体が冷えきってしまったので、
速攻で穴場の温泉に飛び込みました。
何と気持ちの良かったこと、至福のひと時でした。

P3140726.jpg
ベースキャンプに立ち寄ってから筑波山をあとにしました。

P3140743.jpg
この夜も大雨は止みませんでした。
雨天の夜間走行は神経を遣いました。

先週の月曜日も雨天の中の登山でしたが
その時の雨は暖かい雨だったので楽でした。
今日は打って変わって冷たい雨で、雨天用の手袋をしていましたが
中まで濡れてしまって役に立たず。
寒さで手先がしびれてしまって、辛い登山になってしまいました。
何と、今日は本当に猫一匹居ない完全無人の筑波山でした。
山道を楽に登れたのが唯一の良い事でした。
このページのトップへ

3月8日 白滝へ初めての道から登る

3月の声を聞くと、何だかバイクに乗りたくなります。

P3080212.jpg
今日は半年間冬眠していたバイク(YAMAHA マジェスティ250)の
目を覚まさせて、筑波山まで乗ってきました。
しかしながら走っていると、曇天でまだ少し肌寒かったです。

P3080225.jpg P3080226.jpg
朝9時半過ぎに、神郡から本日の歩き出しです。
気温はすでに、17℃。 だいぶ高めの気温の朝となりました。
太陽も雲の中から出たがっています。

P3080232.jpg P3080234.jpg
まずは、つくば道をお山の方向へと進みます。
臼井(赤塚)の道標が在る交差点を右折して東へと向かいます。
私は、この道は初めて歩きます。
先日、家で地図を見ていて、ここを通ってみたいと思ったからでした。

P3080240.jpg
何か変テコのモノが建っています。
おそらく芸術作品のオブジェでしょう。
(ズーム写真です。 近くには立ち寄りませんでした)

P3080245.jpg
先日のテレビでは、筑波山中のメガソーラーの建設は、
まだ紆余曲折が有りそうです。
とりあえず、梅林直下のソーラーの設置は県が不許可としたようです。

P3080264.jpg
これは、びっくり仰天です!!!
こんな場所が、筑波山の麓に在るなんて。。
見たことも聞いたこともありませんでした。
(筑波山は奥が深いです)
防犯上、詳しい所在地は、ここでは伏せます。
悪しからず、ご了承下さい。

P3080277.jpg
この山道が、私の本日の目当てでした。
案外立派なお堂の脇を道は通っています。

P3080287.jpg
この細い山道は、誰も通らなくて無人かと思いきや、
某クラブの生徒さんが何人も三々五々に散歩されていました。

P3080294.jpg
人家が少なくなってきました。
林道を登って行きます。

P3080297.jpg P3080300.jpg
標高が上がったところで、突然の丁字路でした。
あっ、ここは見覚えが有ります!
しらたき道の途中の段々畑でした。

P3080312.jpg
路面が荒れた道から、割合良く舗装してある道路へと曲がりました。
筑波ふれあいの里方面へと向かいます。

P3080316.jpg
桃の花だと思いますが、バックの曇った筑波山とで綺麗でした。

P3080325.jpg
ふれあいの里の下の湧水に行ってみます。
ここも数年ぶりです。
(湧水の名前は無いそうです)

P3080326.jpg P3080333.jpg
以前と同じ湧水でした。
ちょうど空のペットボトルを持っていたので、1本汲ませて頂きました。
綺麗で美味しい水でした。 お薦めです。
(車でも汲みに来れますが、ちょっと運転が大変です)

P3080338.jpg
10:35、ふれあいの里に着きました。

P3080345.jpg
ふれあいの里の中を歩いて行きます。
舗装されていない、土の道を探して歩きました。
するとその道は、別のしらたき道でした。
行った事がない、コナラのみちへと進みました。

P3080347.jpg
急坂を登り詰めると、あずまやが在りました。

P3080353.jpg
あずまやの在る丘を降りて、また坂道を登って舗装林道を歩きます。

P3080360.jpg
10:53、白滝に着きました。
気温は、15℃。 今日は全く寒くはありません。

P3080367.jpg
白滝で写真を数枚写してから、先を急ぎます。
かなりの急登が続きます。

P3080368.jpg P3080372.jpg
旧桜山キャンプ場跡地です。
日差しが暑くなってきました。

P3080374.jpg
桜山キャンプ場からの藪道は物凄い急登です。

P3080385.jpg
急坂を一度も立ち止まること無く通過して、
スカイラインに飛び出ました。
暑くて暑くて、汗だくになりました。

P3080389.jpg P3080390.jpg
11:41、つつじヶ丘に着きました。
身体を冷やすために、山ぶどうのソフトクリームを買って食しました。

P3080391.jpg
それと昼食時なので、ミニカップ麺を作って食べました。
仮昼食です。(笑)

P3080397.jpg
いつものように東筑波ハイキングコースへと進みます。
人も居ない静かな登山道です。

P3080401.jpg
ハイライト部分も快調に登りました。

P3080414.jpg
12:41、キャンプ場コースへ再スタートです。

P3080417.jpg
カタクリの一枚葉が、この時期にしては早く出ていました。

P3080424.jpg
難所の急坂のロングストレートも、快調に登れました。

P3080434.jpg P3080435.jpg
13:21、キャンプ場からは、36分のハイペースで女体山頂に着きました。
気温は、14℃と麓から変わらない温度でした。

P3080439.jpg P3080440.jpg
せきれい茶屋さんが開いていてくれると本当に嬉しいです。
ランチに、焼きそばを戴きました。

P3080442.jpg
御幸ヶ原は、少しは賑わっていました。

P3080444.jpg
今日も、14時ちょうど発のケーブルカーに乗って下山しました。
筑波山を半周したので、下山を歩く気力は薄れていました。。

P3080458.jpg
宮脇駅からは、つくば道を歩いて下山して行きます。

P3080466.jpg
今朝方、ここを曲がった臼井の交差点に戻りました。
気温は、24℃! 私にとっては今年になっての最高気温です。
猛烈に暑く感じました。

P3080490.jpg P3080500.jpg
14:50、神郡に帰ってきました。
お疲れさまでした。
30年前に撮影された写真と、今現在の風景を照らし合わせてみました。

P3080510.jpg
暑いのでアイスをもうひとつ食べてから、筑波山から帰りました。

P3080518.jpg
急な思いつきで、常総市水海道へ。
写真は常総市役所です。

P3080520.jpg
水海道のいとこ宅は偶然でしたが、
今日から外装工事が始まっていました。
生活は、まだまだ落ち着かないようです。
(写真の人は、私の伯母さんです)

P3080533.jpg P3080531.jpg
これまた思いつきで、私が水害直後に自転車に乗って
常総市水海道いとこ宅へと救援に走った距離を測ってみました。
野田の芽吹橋手前からでしたが、
それでも片道= 17 . 8 キロメートルも有りました!
あの日は往復で、 35 . 6 キロメートル。
我ながら、すごい情熱でした。

今日の新しい山道で、白滝へのアプローチルートは、
私的には、5つになりました。
悪くない、面白い道でした。
この道を登る人は、本当の筑波山ツウだと思われます。
登山者はまず来ないのでは?
それにしても、登山道の入り口では本当にビックリしました。
興味がある人は、探してみて下さい。
もしかしたら地元集落の人たちは、ネットに載せて宣伝して欲しくないかも
と思われますので配慮しました。
バテずに快調に登れた一日でした。
このページのトップへ

みぞれの降る筑波山

本日(14日)の筑波山は激寒でした。
先週の暖かい雨とは打って変わって冷たい雨で、
本当に身体が凍(こご)えました。
何と、山の頂上では、みぞれが降っていました。
昨晩には雨氷も降ったようで、木々の下には氷が落ちて
散乱していました。
こんなお天気でしたから、
私の他には誰も登山者は居ない筑波山でした。
下山して、すぐに温泉に飛び込みました。
この冬一番寒かった山行でした。
このページのトップへ

3月7日 雨天訓練筑波山半周

「 登山のトレーニングは登山で 」
と言われるようです。
全国的にお天気は悪いのですが、それでも筑波山へと向かいます。
夏山シーズンに備えてのトレーニングです。
雨天訓練も大切な準備なのです。

P3070006.jpg
ネット通販でカーバイザーを取り寄せてみました。
ですが、夜にならないと効果は判りません。。

P3070017.jpg
高速道路上でも雲で真っ白でしたが、
筑波山の麓からでも、筑波山は雲に包まれています。
けっこう大雨です。

P3070022.jpg
雨天でしたので、今朝はゆっくり家を出ました。
9時半、つくば道の一の鳥居から本日の歩き出しです。
気温は、14℃と寒くはありません。
いいえ、レインウェアを着込みましたから、むしろ少し暑いくらいです。

P3070023.jpg
雨に打たれながらも、つくば道を登って行きます。
雨なので、心理的にもテンションも上がりません。
それでも、山に行きます。

P3070035.jpg
AM09:54、筑波山神社脇の白雲橋登山口からスタートです。
すでに標高は300メートルなので、雲が薄くなって
幾分雨は弱くなったようです。

P3070040.jpg
酒迎場分岐はあえて右へと進みます。
迎場コースにです。
左の白雲橋コースに行けば早くに山頂に着けますが
トレーニングのために、長距離コースを行きます。

P3070041.jpg
森の中は、霧も深いです。
もちろん全くの無人です。
雨なので小鳥の鳴き声もしません、静寂です。

P3070049.jpg P3070048.jpg
正直、暗くて薄気味悪い森の中ですが
それでも、雨に濡れた新芽は綺麗ですし、
枝が切れて空が見えている所だけは明るくて
気持ちがホッとしました。

P3070052.jpg P3070059.jpg
筑波山の南東側に歩いて来ました。
ここはいつも雲の溜まり場なので、雨脚も強くなってきました。
雲の中に入っていますので、ますます視界は真っ白です。
セルフシャッターで一枚記念に撮りました。

P3070058.jpg P3070060.jpg
この先の、つつじヶ丘には、屋根付きのあずまやはありません。
少し正午には早かったのですが、ここで昼食にしました。
持参したお湯でカップ麺を作りました。
私手製の七色唐がらしを入れます。

P3070063.jpg
大雨の中の森の中でのカップ麺。
少し寂しげな景色でしたが唐辛子のお蔭で、お味は最高でした。

P3070072.jpg
10:47、お客さん0(ゼロ)状態のつつじヶ丘に着きました。
お店は皆、開店休業でした。

P3070075.jpg
先ほど休んだばかりですので止まらずに、
東筑波ハイキングコースへ再スタートです。

P3070078.jpg
こちらも全くの無人の林道でした。
相変わらず霧の中で、見通しも利きません。

P3070082.jpg P3070086.jpg
東筑波ハイキングコースの核心部に入りました。
幸い霧は無くなって、クリアな視界になりました。
沢には、いつもよりもたくさんの水が流れていました。

P3070088.jpg
この冬に迷子になりかけた時に助けてくれた道しるべの大岩です。
今日も迷子にならないように気をつけています。

P3070095.jpg
北斜面の裏筑波に入りました。
残雪は全く有りませんでしたが、轍(わだち)は水溜りになってしまって
歩きづらかったです。

P3070100.jpg P3070102.jpg
11:41、キャンプ場コースへスタートです。
驚いた事に、まだ3月初旬なのに、早くもカタクリの新芽が出ていました!

P3070104.jpg
林の中の急登を登って行きます。
また霧が濃くなってきました。
それと同時に私のメガネも曇るので、本当にストレスです。

P3070107.jpg
難所のロングストレートに差し掛かりました。
道の先20メートルは全く見えません。

P3070118.jpg P3070120.jpg
頂上直下まで来ました。
ブナの大木の太い枝が折れていました。
木が枯れなければ良いのですが心配です。
風も急に吹き荒れてきました。

P3070131.jpg
12:27、 キャンプ場からは43分で女体山頂に登って来ました。
割合ハイペースで快調に登れました。
気温は、11℃。
風速は20メートル近くありそうです。
これ以上、真の山頂に近づくのは危険でした。

P3070132.jpg
頂上部に在る巨大アンテナは、強風にさらされて
ゴーゴーと大きな音で鳴っていました。

P3070134.jpg
パトロール完。
オーナーさんへは下山後に異常なしを報告します。

P3070141.jpg
悪天候につき、五軒茶屋も全てが休業。
例外でコマ展望台だけが営業していました。
( ケーブルカー直営店ですので )

P3070142.jpg
下山はケーブルカーでと決めていました。
出発まで15分も有りましたので、
久しぶりにソフトクリームを買って食べました。

P3070148.jpg P3070150.jpg
13時ちょうど発のケーブルカーにて下山しました。
何と、私1人の貸し切り車両となってしまったのでした!
写真に写っているのは運転手さんです。

P3070154.jpg P3070152.jpg
標高300メートルの宮脇駅に降りて来ました。
すると、雲から出たので雨は止んでいました。
出来立ての新しい青いアーチが綺麗でした。

P3070164.jpg
つくば道を降りて行きます。
また雨が降り出しました。
今日一日、レインウェアは脱ぐことは出来ませんでした。
それに脚が冷えてしまって、両膝(ひざ)が痛みます。
ゆっくり歩いて山を降りて行きました。

P3070180.jpg
13:45、神郡の集落に帰ってきました。
お疲れさまでした。
このあとは、私のベースキャンプで休憩してから帰りました。

P3070182.jpg
久しぶりに下妻イオンで買い物をしました。

P3070183.jpg
経済ルートの芽吹橋経由で家路に就きました。

P3070185.jpg
野田の潮の湯にて、ちょっと入浴しました。

P3070191.jpg
さて、暗くなったので、カーバイザーの効果を検証しました。
黄色のバイザーですが、確かに対向車のライトの光は
かなりカット出来ています。 気に入りました。
元々私は、夜間の走行時には、黄色のサングラスを掛けて
運転していましたから、黄色の視界には慣れています。
この黄色になる視界に違和感がある人には
黄色のバイザーは不評だと思います。
そういう人には、昼間専用のスモーク色だけのバイザーで充分でしょう。

P3070194.jpg
近所のGASスタンドは、また安くなりました。
リッター / 96円!
いったい何処まで安くなるのでしょう?
安いのは有り難いのですが、産油国の経済が心配です。
私の車はエコカーです。
自宅から筑波山まで、2回往復しても、この値段でした!

今日の筑波山の森の中は、霧で真っ白で
いつもとは違う景色でした。
筑波山ではないみたいで、違う山に来たみたいでした。
慣れている登山道でしたから、心配なく歩けましたが
それでも暗い森の中では、後ろを振り向くのは少し怖かったです。
体力よりも精神修養のトレーニングの日になりました。
このページのトップへ

ありがとうございます! 1万回のポチッと!! 

有難うございます。
お蔭さまで本日、1万回を達成しました!!

P3070198.jpg P3070197.jpg
皆さまの 「 ブログ拍手 」 が溜まりに溜まって1万回!!
本当にたくさんの 「 ポチっと 」(=クリック) を
ありがとうございました。 感謝感謝です。
このページのトップへ

2月29日 笠雲の中は嵐の筑波山

今日は天気予報は良くはありませんが、
筑波山梅林の梅の開花は満開だそうです。
今朝も筑波山へと向かいます。

P2292973.jpg P2292980.jpg
私のマイカーは、1回目の車検を受けて仕上がったばかりです。
新古車で購入したので、
乗って2年で車検を受けることになってしまいました。。
今朝は、やはり曇天の中の筑波山です。

P2292992.jpg
まずは、六所にてジョギングスタイルに着替えました。
・・・が、山道へと走り出してみると、身体が重くて、すぐに断念。。
今朝は体調不良でした。
大仏さんの周りを一周してジョギングは終了。
(ちょっと情けない結果でした)

P2293009.jpg
気をとり直して、09:30、神郡からスタートです。
今度はジョギングではなくて、いつもどうりに普通に歩いて行きます。
気温は、13℃でした。

P2293011_20160307201136186.jpg
今朝の筑波山には、珍しく2つの峰に笠雲が掛かっていました。
これはいけません。 この後は、きっと雨になることでしょう。

P2293024.jpg
つくば道を登って行きます。

P2293042.jpg
つくば道を登り切ってから、スカイラインを経由して
筑波山梅林へやってきました。
筑波山名物の、ガマの油売りの口上が披露されていました。

P2293066.jpg P2293065.jpg
筑波山梅林は花、満開でした。
曇天の割にはお客さんで賑わっていました。

P2293073.jpg
11:08、筑波山神社の御幸ヶ原コース登山口からスタートです。

P2293075.jpg
今日は本気のタイムトライアルをします。
このコースでは久しぶりです。
気温も13℃と低めなので絶好でした。

P2293079.jpg
森の中は湿度が高くて眼鏡が曇ります。
度々眼鏡を拭くのが面倒でした。
少し空腹を覚えたので、レッドブルを飲んでしのぎました。

P2293085.jpg
今朝のこのコースは、登って行くのは私1人だけでした。
すれ違って降りていく人は、3人でした。

P2293090.jpg
ほとんど無人の登山道でしたので、ストレスもなく
全速で登って行きます。
しかしながら、頂上直下になると、強風が吹き荒れてきました。

P2293098.jpg
52分で御幸ヶ原に着きました。
最近は60分超えばかりでしたので、
かなりタイムを縮められたので、今日は満足でした。
ですが、山の上は嵐でした。
気温は、5℃。 風速15メートル。
なので体感は、マイナス気温です。

P2293101.jpg
嬉しい誤算でした!
悪天候でも、せきれい茶屋さんは営業されていました。
ランチを戴くことが出来ました!

P2293106.jpg
雨も降ってきましたので、レインウェアを着込みました。
下山も同じく、御幸ヶ原コースを降りました。
ツルツル滑って大変でした。

P2293125.jpg
14:50、 神郡に帰ってきました。
お疲れさまでした。
麓は雨は降ってはいませんでしたが、
気温は、12℃で、午後も寒かったです。

P2293138.jpg
下山後は、常総の〇右衛門さんの御宅へ。

P2293131.jpg P2293152.jpg
気になっていた、常総石下の糀屋さんへ、お味噌を買いに行ってみました。
このお味噌が優しいお味で美味しかったです、
発見!、良い買い物をしました。
今までは永年、布佐の糀屋さんのお味噌を食べていましたが、
石下のお味噌もなかなかです。

P2293145.jpg
今日も経済ルートの芽吹橋で帰りました。

筑波山の梅林は春の風物詩です。
何回見に行っても良いものです。
今日のタイムトライアルも、良いタイムでした。
毎晩きついトレーニングをしている成果が出ました。
昨年同期の春よりも、体力作りは順調にきています。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (440)
富士山 (181)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (9)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (114)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム