山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

4月25日 白滝&おたつ石Cトレーニング

お天気は良さそうです。
朝6時、筑波山へと向かいます。
お山のツツジの開花が気になります。

P4251067.jpg
利根川から筑波山が見えました。
登山日和になりそうです。

P4251076.jpg
筑波山の南麓の水田には、水が張られていました。
田植えも間近のようです。

P4251091.jpg
AM07:56、 神郡から歩き始めました。

P4251100.jpg
臼井の集落から六所方面へと歩いて行きます。
今朝は登山口までのアプローチが長いです。

P4251105.jpg P4251109.jpg
六所神社にて、ひと息入れたら
08:40、 六所神社の登山口からスタートです。
気温は、18℃とやや高めです。

P4251116.jpg P4251119.jpg
08:55、快調なハイペースで山道を登って、
筑波ふれあいの里(の中央棟)に着きました。
炭酸飲料が飲みたくなったので、自販機に行って購入。
一気に飲み干しました。

P4251121.jpg
朝は薄日だったのが、段々と強烈な日差しになってきました。

P4251124.jpg
09:10、「白滝」に着きました。

P4251128.jpg
白滝からは急坂になっていきます。
背中のザックが重たいです。

P4251130.jpg P4251132.jpg
09:24、桜山キャンプ場跡に来ました。
名前どうりの山桜が咲いていました。
ヤマツツジも見頃になっていました。

P4251134.jpg P4251137.jpg
野イチゴの白い花がたくさん咲いていました。
この花は崩れやすくて、こういうふうに綺麗な形の花の写真は
滅多に撮れません。
幾何学模様の草にも感心です。

P4251141.jpg
どうやら昨日から、この山道には人が入っていません。
何故ならば、蜘蛛の横糸が登山道を邪魔していました。
なので、ちょっと工夫をしました。
拾った枝が蜘蛛の横糸を払い除けるのに丁度いいです!
(ステッキを振り回すよりも軽くて良かったです)

P4251147.jpg P4251145.jpg
蜘蛛の横糸を払い除けながら急坂を登り詰めて
スカイラインに飛び出しました。
青空が綺麗でした。

P4251151.jpg
09:57、つつじヶ丘に着きました。
ここで小休止をしました。

P4251152.jpg
10:09、おたつ石コースへスタートです。
気温は、16℃と適温でした。

P4251154.jpg P4251155.jpg
しばらく登って、つつじヶ丘高原に着きました。
しかし残念!
ヤマツツジは、まだ咲いていませんでした (4月25日時点)。

P4251159.jpg
スミレの花が主役でした。

P4251165.jpg
10:38、弁慶茶屋跡地に着きました。
ここで大休止をしました。
割合登山者が居ました。

P4251169.jpg
弁慶七戻りを過ぎると俄然楽しくなります。

P4251175.jpg
急な山道も何のその。
背中のザックは重たいのですが。

P4251184.jpg
大仏岩を過ぎると、本当の岩登りになってきます。

P4251185.jpg
ザックが重たいので四つん這いになって登りました。
格好悪い・・などと気にしてはいられません。

P4251190.jpg
11:15、正味1時間で女体山頂に到着しました。
気温は、18℃と少し暑いくらいでした。
大勢の観光客が居ましたので、すぐさま退散しました。

P4251194.jpg P4251198.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
王道のつくばうどんを戴きました。

P4251197.jpg
私のザックの中身は、コレでした。
水の重り(=4キロ)で総重量12キロを担ぎ上げました。

P4251200.jpg
御幸ヶ原も賑やかでした。

P4251205.jpg
下山は御幸ヶ原コースを降りました。

P4251207.jpg
下山は快調にトントンと歩が進んで、40分で完了。

P4251216.jpg
つくば道を降りて行きます。

P4251224.jpg P4251226.jpg
沿道の花々が綺麗です♪

P4251228.jpg
14:15、神郡に帰ってきました。
お疲れさまでした!

P4251235.jpg
BCに寄ってから、車で穴場の温泉へ。

P4251250.jpg
下山後は、用事が有って北関東へ。

P4251246.jpg
私の車は、低燃費で助かっています♪
(けっこうアクセルは踏み込んでいますけど)

以前から一度は、重たいザックを背負って
しらたき道を登ってトレーニングしたいと願っていました。
今日はそれを実行しました。
体力が付いてきたのか、そんなに苦しくはなかったです。
おたつ石コースでも、大勢の登山者さんを追い抜いて
行くことが出来ました。
自分でも意外ですが、体力強化はうまくいっているようです。
下山道のステップもリズミカルに踏めたので
今日は本当に気持ち良い登山でした。
このページのトップへ

身体を創る

あと数日でGWである。
と言うと、早くも5月に突入だ。
富士山の山開きは七月一日(予定)。
逆算すると、あと七十日を切った計算である。
今年は正月早々から、富士登山に向けてのトレーニングを行ってきた。
お蔭で順調に体力は付いてきたようだ。
登っていても昨年の春よりも遥かにパワーが出ていると感じる。
しかし、大きな課題が有った。
それは体重。
しかも(過去)自己の最大重量の58㎏!。
ズボンを履くのもきつくなってきていた。
朝起きてすぐの血圧測定も、120 / 85 とやや高めになった。
厄介なのは、夜中に2回ほどトイレに立つようになった事だった。
でも、体重が重くなったので良かった事もあった。
重たいザックを担いでも平気になったし、
ボラ作業で少々重たい物を持っても大丈夫になった。
けれども、富士登山では自己最大体重はハンデになる。
身体が重すぎると(登る)スピードが出ないのだ。
なので、4月に入ってから、私自分独自で考えたダイエット方法を
久しぶりに行った。
結果= 今現在は4㎏減って53~54㎏となった。
理想は52㎏なので、もう少しである。
ズボンも再びユルユルになった。(^^; 
朝の血圧も100台に下がった。
夜中にトイレにも行かなくなった。
痩せる気になればもっと痩せられる。
過去に48㎏台まで落としてしまった事があったが
これは痩せ過ぎて失敗した。
この時の私の体脂肪は、8%であった。
しかし困った、何しろザックが重たくて担げない。
それに、スタミナが無いので山では、しょっちゅう食べてばかりいた。
スピード登山は出来たが、効率は悪かった。
やはり、適正体重が大切である。
このページのトップへ

4月18日 4年ぶりの筑波連山縦走 (第二回目)

{ この度の熊本地震に際しまして
  被災者の皆さまには、お見舞いを申し上げます }


17日(日曜日)
この日の昼間の関東は、物凄い強風が吹き荒れて
所々に被害が出るような一日でした。
夜になって風は止んできたので、迷いましたが出掛ける事に決めました。
21時半に、準備を整えてマイカーにて家を出ました。

P4170311.jpg
23時少し前に、 JR(水戸線)の岩瀬駅の裏口駐車場に到着しました。
今夜は半年ぶりの「車中泊」です。
ダウンジャケットを着込んで厚着してシュラフにくるまりました。
寒くなかったので完全にぐっすりと熟睡出来ました。

P4180326.jpg
早朝3時に起床。
アラームの音で、まだ眠たい目を覚ましました。
カセットコンロで湯を沸かして、半分はテルモスの中へ。
残りの半分は、うどんのカップ麺を作りました。
準備に手間取って、AM04:35、まだうす暗い岩瀬駅前からスタートです。
気温は、14℃でした。

P4180329.jpg
駅前から右手に進みます。
本日は、「関東ふれあいの道」に準じて進みます。
まずは、最初の山、御嶽山(おんたけさん)に向かいます。

P4180337.jpg P4180340.jpg
最初の踏切を渡ると、あとは一本みちです。
まだ夜明け前ですから、頭にヘッドランプを点けて行きます。

P4180347.jpg P4180354.jpg
岩瀬駅から15分歩いて、登山口に着きました。

P4180355.jpg
さて、いよいよ登山口からスタートです!
と思ったら・・

P4180357.jpg
間違えました。
少し明るい感じの道ではなくて、
こちらの薄暗い道からでした。
04:53、本当の登山のスタートです。

P4180367.jpg
この滝水は、今でも飲水可能のようでした。
まだ喉は乾いていないので、飲まずに先を急ぎました。

P4180372.jpg
この春の「初つつじ」を観ました。
綺麗でした。

P4180376.jpg
05:04、御嶽山のあずまやに着きました。
朝早くの静かな絶景でした!

P4180377.jpg
御嶽山神社に手を合わせて、道中の安全を祈願しました。

P4180379.jpg
指導標は昔のままで健在でした。
次は、雨引山を目指します。

P4180381.jpg P4180383.jpg
日の出の時刻は過ぎたようで、明るくなりました。
前日の強風は嘘のようで、山の中は無風でした。

P4180390.jpg P4180394.jpg
せっかく標高を稼いだと言うのに、採石場が邪魔をして
コースは急下降を強いられました。

P4180399.jpg
急降下をしたあとは、お約束の急上昇です。
このコースを設定した人は、引け目を感じたのか
階段には手すりを付けてくれました。

P4180403.jpg
しばらくは、快適な山道が続きました。

P4180414.jpg
中継所のアンテナが見えてきました。

P4180423.jpg P4180424.jpg
長~い丸太の階段を登ると間もなく雨引山です。
スミレの花が今日の主役でした。

P4180431.jpg P4180445.jpg
05:51、雨引山(あまびきやま)(409M)に着きました。
ここで小休止をしました。
次に登る山の加波山が、頭に雲を被っていました。

P4180458.jpg
雨引観音への分岐を過ぎると、いよいよ試練の山道になっていきます。

P4180471.jpg
あれま! 急降下の丸太階段が、土に埋まってしまって滑り台に!
無事に通過するのが凄く大変でした。

P4180488.jpg
その後は、ひたすら上昇で登ります。

P4180491.jpg
登ります、急坂!

P4180517.jpg
この春初めてのヤマブキも綺麗です。

P4180523.jpg
狭いV字谷の急坂の中を登ります。

P4180530.jpg
前回も苦しみました、延々と続く丸太の階段。
数えたところ、三百数十段以上・・ 途中で判らなくなりました。

P4180535.jpg
ゴーロの坂を超えると、もうすぐだったか?
いいえ、まだ山頂は近くて遠いです。

P4180544.jpg
最後に急登して、やっとの事で・・

P4180547.jpg
07:41、燕山(つばくろさん)の山頂(701M)に着きました。

P4180554.jpg
燕山には何もないので、通過しました。
我慢してアンテナ塔を過ぎたら・・

P4180558.jpg P4180562.jpg
07:45、休憩あずまやに着きました。
ここで大休止にしました。
カップ麺に餅を入れて食事をしました。
サトウのスライス切り餅は、「すぐれもの」でした!
お湯に浸けるだけで柔らかくなります。
アウトドアでは最適な食品です!! (私的超お薦め)

P4180566.jpg P4180571.jpg
のんびり食事をしている時間はありません。
今日はタイムレースです。
のんびりしていると、ゴール手前で日没になってしまいます。
今現在は、どうやら雲の中を歩いているようです。
前回はここで道迷いしましたが、今日は問題ありません。

P4180575.jpg
08:09、加波山神社に着きました。
いよいよ待望の加波山に登ります。

P4180578.jpg P4180580.jpg
一気に厳かな「霊山」の雰囲気に変わりました。
誰も居ない静かな加波山神社の中を進みます。

P4180582.jpg
加波山神社拝殿(636M)にお参りしました。

P4180585.jpg
ここからは、厳しい修験の道になりました。
急坂を登って行きます。

P4180586.jpg
全国でも珍しい「たばこ神社」が在ります。

P4180588.jpg
08:21、加波山山頂(709M)です。
加波山神社・本宮本殿です。

P4180611.jpg P4180615.jpg
前回不覚にも見落とした、{旗立石}をよく観てきました。
歴史的な事件がここで有りました。

P4180626.jpg
加波山のブナ林では、クマザサ(熊笹)が大きく育っていました。
人の背丈ほども有りますが、道はきちんと付いています。

P4180631.jpg
燕山以降は、指導標は突如少なくなります。
このクマザサの中には枝道が何本か有って、迷いそうになりました。
慎重に道を選んで正しいコースを降りることが出来ました。
加波山から階段で急降下しました。

P4180638.jpg P4180637.jpg
08:44、加波山から降りた所の広場には、自由のオブジェが在ります。
前回もここで写真を撮りましたので今回も。(セルフシャッター)

P4180639.jpg P4180643.jpg
初めて観る指導標が出ました。 「←桜川市・石岡市→」
さて、どちらへ行ったら良いのか?
こんな標識は私には不要、道を覚えていましたので。
あとでよく考えたら、「石岡市」方向が正解でしたが。
ここからは、舗装道路の北筑波稜線林道を主に歩きます。

P4180647.jpg
08:47、風力発電所の「ウインドパワーつくば」の前に来ました。
今日は、3機の巨大な風車が回っていました。
発電所の人を見掛けて、今日初めて人と出逢いました。
ここまで猫一匹居ませんでした。 
いいえ、正確には野ウサギを一兎だけ見ました。

P4180653.jpg
前回は、この区間は、丸山の山中の山道を通過しましたが、
今日は舗装路を歩きます。

P4180662.jpg
08:59、一本杉峠に来ました。
丸山山中の山道のほうが近いような気がしました。

P4180667.jpg P4180666.jpg 
この舗装林道がクセ者なのです。
路面が硬いので脚を痛めます。
それに景色もつまりません。。

P4180668.jpg
登山者専用の登山道が付けられています。
ここを入って行きます。

P4180671.jpg
やはり、林の中のほうが歩きやすいです。

P4180673.jpg
しかし、すぐにこの山道は終了。。

P4180675.jpg
その後、しばらく歩くとまた山道が出現。
ここにもまた入って行きます。

P4180676.jpg
前回は急坂の「男坂」を登りましたので、
今日は「女坂」へと行ってみました。

P4180680.jpg
女坂に来て、失敗しました。
ダラダラと緩い坂が続く谷沿いの道でした。
私には男坂のほうが良かったです。

P4180682.jpg P4180686.jpg
あずまやを過ぎると、舗装林道に飛び出しました。
あれれ、これは道迷い。。
どっちに行ったらよいのか? 標識もなし。。
下り坂に行ってしまいたい気持ちになりましたが、
これから先は、足尾山に登るはず。
ならば、坂を登らなければ、と思い、逆の方向へ。

P4180687.jpg
坂を少し登ると、有りました!
ここから足尾山の登山道に入ります。

P4180689.jpg
けっこう急な山道を登って行きます。

P4180691.jpg P4180693.jpg
09:30、 足尾山の山頂に着きました。
ここからは、本日一番の風景が見られました。

P4180699.jpg
少し休憩してから、先を急ぎました。
足尾山から下山します。
山頂からは、右手の石柱の有る道を降りました。
間違えて違う道を降りてしまうと、大変な事になりそうです。
前回は道しるべがあったのですが、無くなっていました。

P4180701.jpg P4180704.jpg
正しい道を降りたら、足尾山神社が綺麗に新しくなっておりました。
びっくりです!
履き古した靴やサンダルなどの奉納所もあります。
まさしく、{足}のご神徳の神様なのです。

P4180708.jpg
参道も新しく造られました。
下って行きます。

P4180714.jpg
北筑波稜線林道に戻りました。
これよりは、この林道歩きが延々と続く事になります。

P4180718.jpg P4180719.jpg
最初のハング(ORパラ)グライダーの飛行台に来ました。
今日は快適な風が吹いているようで、
空人たちのワゴン車がたくさん上がってきました。

P4180735.jpg P4180730.jpg
長距離の舗装道路歩きは苦しいです。
山桜が慰めてくれました。

P4180740.jpg
二番目のグラインダーの飛行台に来ました。

P4180748.jpg
10:19、 きのこ山に着きました。
ここで小休止をしました。
この先には休憩舎のあずまやは有りません。

P4180754.jpg P4180759.jpg
きのこ山を過ぎると、退屈な舗装路歩きになってしまいます。
綺麗な山桜だけが救いです。

P4180757.jpg
退屈しのぎに、先日買ったばかりのラジオを聴きながら歩いてみました。

P4180761.jpg
バイクライダーの偉いお兄さんが居ました!
竹ぼうきで、道路のお掃除をされていました。

P4180767.jpg
ポテトチップを食べながら歩いて行きました。
林業のおじさんに、私が岩瀬駅から来たと言うと
目を丸くして驚いていました。(笑)

P4180772.jpg
11:02、ようやく上曽峠の交差点に出ました。
県道を横切って直進します。

P4180780.jpg
筑波山への最後の上り坂を登り切りました。
(手持ちの資料を見ますと) この小山は権現山でしょうか? 
森林パトロールカーが私の目の前まで着て、
ここでUターンして行ってしまいました。
( 本音を言うと車が羨ましい。。 )

P4180792.jpg
11:47、 やっと湯袋峠の下の県道分岐まで来ました。
右折して、筑波山の裏登山道へと向かいます。
ここからは、慣れた道になります。

P4180796.jpg P4180797.jpg
11:56、 長かった舗装路歩きからは、ようやく開放されて山道に入ります。
裏登山道の登山口から筑波山の森の中へと入ります。

P4180798.jpg P4180815.jpg
渓流沿いの美しい登山道です。
登山口から筑波高原キャンプ場までは、2 . 1 ㎞の表示が有りました。

P4180816.jpg P4180817.jpg
正午を過ぎていましたので、サワガニベンチ(仮称)にて
しっかりと栄養補給をしました。

P4180825.jpg P4180821.jpg
筑波山の女体山頂への目標到着時刻は、14時00分としました。
苔むした古道を頑張って登って行きます。
ニリンソウが咲いていました。

P4180827.jpg
12:58、 仙郷林道に飛び出しました。
ここを右折してキャンプ場へと向かいます。

P4180830.jpg P4180831.jpg
13:04、筑波高原キャンプ場に到着しました。
先週は綺麗に咲いていた山桜は散ってしまっていました。
と同時に、私にも何とも言えない激しい疲労感が突如として来ました。
もう山登りはしたくない、と言う程の心の疲れです。
しかし、女体山頂まで登らなければゴールになりません。
仕方が無いので、5分ほど休憩にしました。

P4180837.jpg
13:08、 意を決してキャンプ場コースを登り始めました。

P4180839.jpg
残念ですが、ほとんどのカタクリは既にさかりを過ぎていました。
でも、よく見ると何輪かは、まだ綺麗に咲いていました。

P4180842.jpg P4180848.jpg
キャンプ場コースの中盤や上部にも、カタクリはまだ咲いていました。

P4180859.jpg P4180863.jpg
13:56、 筑波山の女体山頂に待望のGOALを果たしました!
目標だった14時までに到着を達成出来ました。
9時間02分の旅路(休憩時間を含む)でした。
ここまでの総歩行距離は、30㎞以上。
累計登り標高差は、2300メートル位だそうです。

P4180865.jpg 
最後の難関だったキャンプ場コースですが、
登ってみれば意外と足が動いてくれました。

P4180867.jpg P4180868.jpg
山頂でも気温は、14℃と登山には少々暖か過ぎる一日でした。

P4180869.jpg
さっきまで歩いて来た、加波山などの山並みが見えました。
この景色を観て感無量でした。

P4180870.jpg
がま石を見ても今日は感動です。
よくぞ筑波山まで来ました。

P4180873.jpg
せきれい茶屋さんで休憩させて貰いました。

P4180877.jpg P4180876.jpg
筑波山頂かたくりの里にも寄ってみました。
やはりカタクリは終わりかけでした。
しかし、奇跡の緑色のカタクリはまだ咲いていました!

P4180878.jpg
強風が吹いてきた御幸ヶ原です。
お客さんは少なめでした。

P4180881.jpg
14:40発のケーブルカーにて下山しました。
もう両足全体が痛くてたまりませんでしたので限界でした。

P4180886.jpg
岩瀬駅から筑波山頂まで、何と、 「 5万2千歩 」 でした!
道理で脚も痛くなるはずです。
この歩数は、富士急行・富士山駅から富士山頂まで
歩いて登る歩数と同等です。

P4180888.jpg
14:50、 私の旅路はまだ終わりにはなりません。
宮脇駅からは、番外編の始まりでした。

P4180892.jpg P4180893.jpg
つくば道を徒歩にて降りて行きます。
民家のツツジが綺麗に咲いてはいましたが、
私の脚の状態はますます悪くなり、一歩一歩が痛みます。

P4180898.jpg P4180907.jpg
西山通り ~ つくば道 を降りて行きました。

P4180908.jpg
一の鳥居を通過します。
時たま痛みに耐えかねて、歩を停めます。
停めると少しは回復します。 その繰り返しでした。

P4180914.jpg
ふもとの花壇には花が植えられました。

P4180916.jpg
振り返れば曇天ですが筑波山がよく見えていました。

P4180918.jpg
ふもとにも強い東風が吹いてきました。
一気に気温も下がりました。

P4180922.jpg P4180931.jpg
神郡のBCに預けていた、私の折りたたみ式自転車に乗って
サイクリングにスタートです。

P4180932.jpg
16:00、 筑波山の南麓からJR岩瀬駅に向けて出発しました!

P4180935.jpg P4180938.jpg
つくばリンリンロードをひたすら走ります。
この道路は歩行者自転車専用道です。
かつての筑波鉄道の線路の跡です。
しかしながら、目的地の岩瀬駅までは、21㎞の表示でした 。

P4180937.jpg
美しい木々が楽しめました。
ですが、強い東風が斜め正面から吹き付けてくるので
ペダルを漕いでも前に進みません。

P4180940.jpg P4180941.jpg
16:19、 まだここは、「旧筑波駅」です。
岩瀬駅到着目標時刻は、18時ちょうどですが、今日は無理かもです。

P4180947.jpg
強烈な向かい風と、両脚の痛みがひどいです。
楽しいはずのサイクリングが、難行苦行になってきました。

P4180952.jpg
まだ桜の花が残っている所も在りました。

P4180954.jpg P4180955.jpg
リンリンロードは、いったん県道の歩道と合流します。
桜川市に入った所で、雨が本格的に降り出しました。
急いでレインウエアを着込みました。

P4180960.jpg
幸いなるかな、筑波山が東風をブロックしてくれるようになりました。

P4180961.jpg
遥か彼方に御嶽山らしき山並みが見えました。
遠~い です。

P4180964.jpg
雨はますます激しく降ってきました。
私の脚の痛みも激しいです。
思いついて自転車のサドルを思いっきり高く上げました。
そうすると、いくらか痛みが和らぎました。

P4180969.jpg P4180970.jpg
17:38、 ピッチが上がらず、まだ旧真壁駅です。
ここでコースの中ほどだと思います。
脚が痛いので、しょっちゅう休んでいます。

P4180978.jpg
まだGOALは、遥か彼方です。

P4180977.jpg
右側には、加波山が。

P4180976.jpg
後方には、筑波山が見えています。

P4180983.jpg
脚が痛いのでペダルを漕いでは休んで、
休んでは漕いでを繰り返していました。

P4180988.jpg P4180985.jpg
自転車が前に進まないのは、向かい風のせい
だけではありませんでした。
自転車のライトのダイナモが、重たくて大ブレーキでした!
ザックからヘッドランプを取り出して、私の帽子に付けて解決しました。

P4180993.jpg P4180991.jpg
旧雨引駅らしき近くの自販機で、栄養補給をしました。
かなりの空腹を感じたからです。

P418r=
もうすでに、完全に日没でした。
脚は痛いし、雨も冷たくて、泣きっ面に蜂状態でした。
こうなると、サバイバルレースの様相になってきました。

P4180997.jpg
こんなに暗くても、時おり対向の自転車が走ってきますので
気が抜けません。
遠くに光っているライトは、道路標識の明かりでした。
こうなると、何の明かりでも有難いです。

P4181007.jpg P4181008.jpg
19:07、 最終GOAL地点のJR岩瀬駅に到着しました。
永かった一日が終わりました。

P4181011_20160423200913803.jpg P4181013.jpg
雨で手が冷えきってしまい、最後に
折りたたみ式自転車をマイカーに積みこむのも大変でした。

P4181022.jpg
谷和原ICから常磐道に乗って家に帰りました。

毎年春になると、筑波連山縦走を歩いてみたい
と思っていましたが、前回から丸4年も経ってしまいました。
今回のライバルは、4年前の私でした。
4年前の通過時刻のタイムテーブルを紙に書き出して持参しました。
やはり4年前の私は元気でした。
今回は出発時刻を前回よりも30分位前にスタートしましたが、
ゴールの女体山頂には、ほとんど同時刻でした。
しかも、前回は寄り道したり、コースミスもしたりもしていたのですから。
ただし、今回のザックの重さは、10㎏でしたから頑張りました。
食料と飲料水で重かったです。
女体山頂への目標到着時刻である、14時に間にあったので
とりあえずは満足です。


【 筑波連山縦走のアドバイス 】
1、飲料水と食料は多めに持参して下さい。
  入山後は一切補給は出来ません。 お店も無論ありません。
2、トイレはありません。
  化場差ん神社のトイレは宛にしないこと。
3、加波山、足尾山では、道迷いに気をつけて下さい。
  コースミスすると、とんでもない場所に下山して行ってしまいます。
4、道標にはローマ字表記はありません。
  外人さんだけのグループにはあまりお薦め出来ません。
  (たまに外人さんの希望者がおられるようです)
5、本来は、1泊2日のコース設定です。
  (一般の人は)岩瀬駅から登ると、燕山でもうヘトヘトになります。

PS、 筑波山常連=私の知り合いの人は、14時間掛かったそうです。
    普通は、このくらいの時間が必要のようです。
このページのトップへ

まだ咲いていました。

P4180876_20160420225733959.jpg
まぼろし中のまぼろしのカタクリの花 =
『 緑色のカタクリの花 』 は、まだ何とか咲いていました!
【 4月18日 筑波山頂かたくりの里にて撮影 】
次は何年後に、緑色のカタクリの花に出逢えるのでしょう。

残念ながらすでに白いカタクリの花は消滅していました。
このページのトップへ

4月11日 かたくり見物プチ登山 

今日の天気予報は曇のち晴れ、との事なので
それを信じて筑波山へと向かいます。

P4110009.jpg
朝6時に家を出ました。
常磐道の柏ICの桜は、まだ残っていて綺麗でした。

P4110016.jpg
国道294号線、常総市を走ります。
ここの桜もまだ綺麗でした。
あれあれ、小雨も降ってきました。

P4110026.jpg P4110032.jpg
7時ちょっと前に、常総BCに到着しました。
( この御宅を、当BLOG上では今後、”常総BC”と呼ばせて頂きます )
恐縮ながら、朝ご飯をご馳走になってしまいました。

P4110025.jpg
今朝は、このフクレミカンの木に、肥料を施しに来たのが目的でした。

P4110046.jpg P4110051.jpg
良かったです、急速にお天気は回復しました。
山肌は、綺麗な(ピンク色系の)もえぎ色になっていました!
山桜の開花も、この春は早いようです。

P4110064.jpg
車は、裏筑波の林道に路上駐車しました。
男の川の近くの駐車場は満車でしたので、やむを得ず停めました。
AM10:26、 準備を整えて歩き出しました。
気温は、13℃と適温でした。

P4110067.jpg
林道を東方向へ約1㎞、歩いて行きます。

P4110078.jpg
10:39、 筑波高原キャンプ場に着きました。

P4110087.jpg P4110092.jpg
キャンプ場の管理棟前広場の山桜は、満開でした!

P4110102.jpg P4110101.jpg
カタクリの花を見ながら、キャンプ場コースを登って行きます。
早く咲いてしまったカタクリは、すでに枯れ始めていました。

P4110110.jpg
良い花の形のカタクリを見つけると嬉しくなります。

P4110126.jpg
ミヤマシキミの花です。

P4110128.jpg P4110136.jpg
このロングストレートの急坂の両脇にも、
カタクリの花がたくさん咲いていました。
心優しい登山者さんが登山道の、ど真ん中に咲いてしまったカタクリを
枯れ枝で柵を作って守ってくれていました。

P4110145.jpg P4110144.jpg
登山道の上部までカタクリは開花しました。

P4110151.jpg P4110153.jpg
11:26、女体山頂に到着しました。
気温は、10℃でした。
35分ほどで山頂まで登ってしまいました。
今日は短距離コースでしたので、全く疲れていません。
全然歩き足りません。。

P4110166.jpg P4110164.jpg
ランチはせきれい茶屋さんで。
カレーうどんを戴きました。
久しぶりにMR筑波山こと、會田さんにお逢いしました。

P4110182.jpg
筑波山頂、ゆりの里に行ってみました。
カタクリの花は、最高の見頃でした!

P4110170_20160414202634df3.jpg
白い妖精、白色のカタクリに逢えました!
昨年は白色は観れなかったので嬉しいです。

P4110176.jpg
會田さんに教えて頂いたように、
まさかまさかの大珍花、 「緑色のカタクリの花」 を初めて観ました!!
この花は十年に一度観られるかどうかでしょう。
ビックリ仰天の花でした。

P4110187.jpg P4110189.jpg
御幸ヶ原は強風が吹き荒れていて、人も少なめでした。
深峰歩道(旧ユースホステルコース)を降りて行きます。

P4110199.jpg
こちらのコースでも、たくさんのカタクリの花を観ました。

P4110207.jpg
とりわけて、この案内板が有るカタクリの群落地には・・

P4110196.jpg P4110197.jpg
とてもたくさんのカタクリの花が咲いていました!
(この日は、キャンプ場よりも、ここのほうに軍配です!)

P4110204.jpg
モミジイチゴ(黄イチゴ)の花も咲き出しました。

P4110214.jpg P4110213.jpg
舗装林道を降りて行きます。
本来は退屈な道なのですが、
今日は山桜も見掛けますから気が紛れました。

P4110218.jpg
13:34、裏筑波の林道に帰ってきました。

P4110223.jpg P4110221.jpg
車に乗って移動して、先週と同じく北条の大池の桜を
見に行ってみました。
しかし、すでに桜は葉桜になりつつありました、残念。。

P4110234.jpg
筑波山麓のBCに寄ってから帰路に就きました。

今日は全然疲れない、ユルユル登山でした。
夕方から用事があったので、時間がありませんでした。
珍しいカタクリの花を観られたので満足でした。
このページのトップへ

こんなカタクリの花は観たこと無い

★ 筑波山 カタクリの花 開花状況 ★
【 筑波山山頂 かたくりの里 4月11日撮影 】

P4110180.jpg
カタクリの花が見頃になりました。
こちらは、ふつうのカタクリの花です。

P4110170.jpg
そして、こちらは珍しい 「 白いカタクリの花 」 です。
昨年は観られませんでしたが、この春は姿を現してくれました。
まさに、白い妖精。。  
幸運を呼ぶ白いカタクリの花だそうです。

P4110179.jpg
そしてそして、超絶の珍しい花が出現しました!
本当にまぼろしの 「 緑色のカタクリの花 」 です!!
十年に一度出るか出ないかと言うほどの珍花です。
私も実際に観るのは初めてでした。

※ 観てみたい人は早めに急いでどうぞ。
   ケーブルカーやロープウェイでも来られます。
このページのトップへ

4月4日 桜とカタクリが咲く筑波山

本日は二十四節記の「清明」(せいめい)。
百花が咲き競う季節と言う意味らしいです。
私の心のふるさと= 中国北京でも今日は「清明節」(チンミンジエ)。
お墓参りに行く特別な日だと、現地の知人からメールが来ました。
4月の北京は、柳絮(りゅうじょ)=柳の木の種の綿毛 が飛び交い、
我々日本人には風情を感じさせますが、当地の人たちには
干している洗濯物に付いたりして評判はよくありません。

話は脱線しましたが、本日も筑波山へと向かいます。

P4041414.jpg
5時起床、6時半には家からマイカーで出発しました。
最初から雨が降っています。
でも、柏ICの桜はとても綺麗で憂鬱な気持ちを忘れさせてくれました。

P4041427.jpg
茨城県内に入ると雨は降っていませんでした。
とりあえず、北条の大池の桜の咲き具合を
車に乗りながら眺めてみました。

P4041438.jpg
登山の前に私のBCで朝食をご馳走になったり、
用事をしていましたので、時間が押してしまいました。
やっとAM09:30、神郡から本日の歩き出しです。
気温は、18℃、 そしてかなりの湿気ですので蒸し暑く感じます。

P4041451.jpg
肝心の筑波山は、雲に隠れて真っ白状態です。

P4041455.jpg P4041459.jpg
つくば道を登って行きます。
桜は満開でした。
今日は半袖シャツ一枚で充分です。
空気が通って気持ちが良いです。

P4041466.jpg
つくば道上で、私的にはNO1の美しさです。
毎年このように咲くのが楽しみなのです。
桜ではなくて、桃の花かも知れません。

P4041472.jpg
一の鳥居の所にも桜が咲いていました。
今だけの期間限定の貴重な鳥居の風景です。

P4041490.jpg
筑波山神社の神橋の後ろにも桜が花盛り。

P4041495.jpg
石垣の所の枝垂れ桜も見事に咲きました。

P4041496.jpg
白雲橋の千手沢の中にも桜が咲き誇っていました。

P4041505.jpg
10:19、白雲橋登山口からスタートです。
気温は、13℃ですが湿度が高くて蒸し暑く感じます。

P4041512.jpg
今日はカタクリの花を観るために、裏筑波方面へ向かいます。
となると、酒迎場分岐は必然的に右へ。
迎場コースを進みます。

P4041515.jpg
こんな天気ですから、森の中には全く誰も居ません。
霧も出てきて視界は真っ白です。

P4041519.jpg
コースの中ほどに来たところで、あいにくの雨が降り出しました。
急いでレインウェアを着込みました。

P4041525.jpg
家でも朝食、そしてBCでも朝食の計2食が胃袋に入っていましたので
全然ガス切れになりません。
いいえ、むしろカロリーオーバー。
11:17、 つつじヶ丘から東筑波ハイキングコースへと再スタートしました。

P4041536.jpg P4041545.jpg
小雨が降り続く中、小さな渓流を渡って行きました。

P4041557.jpg
裏筑波に入りました。
カタクリの花を観るために、土俵場ベンチコースの林へと入ってみました。
( 旧日本ハムの森コースです )
この看板が入り口の目印です。
カタクリは咲いてはいましたが、陽光が無いので花は萎んでいました。
とても残念な気持ちでした。

P4041568.jpg P4041570.jpg
時計を見ると、ちょうど12時でした!
運良く雨も上がって、それに陽光も突然刺してきました。
ここは気持ちの良いベンチですので、ここでお昼にしました。
持参したお湯でカップ麺を作りました。
( 筑波山では火器はご遠慮下さい♪ との事です )

P4041582.jpg P4041583.jpg
嬉しいことに陽光を受けて、カタクリの花が開きました。

P4041586.jpg
このまま土俵場ベンチコースを登って行ってしまおうか、
とも考えましたが、思い留まって林道に戻りました。

P4041593.jpg
やはり、キャンプ場のカタクリも気になります。

P4041603_20160409210638eb3.jpg P4041607_20160409210641802.jpg
見頃になってきました。

P4041622.jpg
キャンプ場コースを登ります。
今日は全くと言っていい程登山者は居ません。

P4041640.jpg
女体山頂直下では、また小雨が降り出しました。
再びレインウェアを着ました。

P4041645.jpg
13:24、一応、女体山頂を踏みました。

P4041646.jpg
頂上部のアンテナは、雨雲の中でした。

P4041653.jpg P4041660_20160409210756af1.jpg
筑波山山頂かたくりの里でも、咲き始めでした。

P4041663.jpg
御幸ヶ原でも観光客の姿は、ほとんどありませんでした。

P4041674.jpg P4041675.jpg
今日は(ケーブルカーには乗らずに)下山も徒歩でと決めていました。
御幸ヶ原コースを降りて行きます。
途中の水場の飲水は自己責任です、ご注意を。

P4041684.jpg P4041683.jpg
下山でも人っ子ひとり居ませんでした、完全に無人でした。
登山道は雨に濡れて滑って、とても難儀しました。
安全第一で降りて、下山に60分も掛かりました。
昔の大河ドラマのなごりの看板も建っています。

P4041694.jpg P4041706.jpg
雨はまた上がりました。 つくば道を降りて行きます。
モクレンの花も咲いていました。

P4041723.jpg
私の好きなシャガの花も発見です。

P4041727.jpg P4041726.jpg
栄屋さんの自販機で、ジュースを買って飲み干しました。
すると、暑かったのが急に寒くなってしまいました。
気温は、18℃。 夕方の風も出てきて寒くなりました。。
冷たいのは飲まなきゃ良かった。

P4041728.jpg P4041729.jpg
麓から見上げる夕方の筑波山です。
風返峠辺りは、やはり雲がたなびいていました。 

P4041733.jpg
15:30、神郡に帰ってきました。
お疲れさまでした。

P4041744.jpg
つくばリンリンロードの桜並木も綺麗でした。

P4041747.jpg P4041750.jpg
帰りは常総市を通りました。
294号線沿いの、みつかいどうロードパークの桜も綺麗でした。

P4041751.jpg
この日は、芽吹橋ルートにて帰宅しました。

+++++++++++++++++++++++++++++
【 翌日 】

P4051769.jpg P4051770.jpg
この日も筑波山山行の予定でしたがキャンセルで、親孝行の日に。
朝、私の母親共々、某御宅にお邪魔しました。
スイセンの花がとても綺麗でした。

P4051781.jpg
北条の大池にて、お花見。
ちょっと寒い日でしたが、桜は綺麗でした。

P4051804.jpg P4051803.jpg
神郡のBCへ。
頼まれていた冬タイヤを夏タイヤに履き替えました。
ハイブリッドカーは車重が重いので、電動工具を使わないと無理です。

【 ひとくちメモ 】
P4071844.jpg
今回は、メンテナンスして防水が完全復活したレインウェアを着ました。
前回の雨の中では、あまり雨水を弾かなくなってしまっていました。
これでは、せっかくの高価なゴアテックスウエアも泣きます。
まず、洗濯洗剤NANOXでハンドウオッシュ(手で洗う)します。
洗濯機で軽く脱水をかけたら、ゴア専用の防水スプレーを吹き掛けます。
これはモンベルストアや登山用品店で購入されると良いでしょう。
そして、このまま乾燥機に投入して熱風乾燥させれば完成です。
まるで新品のように水を弾くようになりました。
水弾きが良いレインウェアは気持ち良いです♪

先週からダイエットしまして、3キロ体重を落としました。
正月過ぎから徐々に体重が増えていってしまい、
色々と不都合が出ていました。
今日は身体が軽く感じられました、山登りも快調でした。
しかしながら、夏山シーズンまでには、あと3キロ落とす必要があります。
今日は天気が不安定でしたので、水の重りは持参しませんでした。
本日の山行は、登りは苦にしませんでしたが
下山でとても疲労しました。
このページのトップへ

4月5日 北条の大池の桜

P4051795.jpg P4032823_2016040821404326c.jpg
2016年4月5日、 筑波山麓、北条の大池に桜を見に行きました。
有名な桜の名所です。

P4051797.jpg P4051783.jpg
この日はあいにくの花曇り、花は5分咲きでした。
それでも充分に綺麗でしたので楽しめました。
このページのトップへ

筑波山カタクリ開花状況 4月4日

【 撮影 2016年4月4日 】
★裏筑波 筑波高原キャンプ場にて

P4041603.jpg P4041611.jpg

P4041607.jpg
見頃になりました!

+++++++++++++++++++++++++++++++
 
★ 筑波山山頂 かたくりの里にて

P4041652.jpg P4041660.jpg
カタクリの花は咲き始めでした。
あいにくの荒天でしたので良い写真は撮れませんでした。
あしからず m(_ _)m
このページのトップへ

3月28日 猫の目天気の筑波山

今日の天気は、午後から雨の予報です。
なので雨が降る前に、筑波山へ登ってしまおうと考えました。

P3281145.jpg P3281146.jpg
朝の6時には家を出たのですが、早くも小雨が降り出しました。
車のワイパーを動かしました。
今朝の常磐道は少し混んでいました。

P3281154.jpg
下妻市に入ると、雨は止みました。
筑波山も見えています。

P3281159.jpg
麓に着きました。
曇ってはいますが、山登りには大丈夫そうです。

P3281179.jpg P3281180.jpg
AM09:30、 今日は、つくば道の六丁目の鳥居からの歩き出しです。
気温は、12℃で山歩きには適温でした。
鳥居の脇には、4月1日に行われる筑波山神社の大祭、
御座替祭の時に使う、お神輿のお仮屋が建っていました。

P3281253.jpg P3281185.jpg
今日の私のザックは、水を6リットル積んで12キロです。
今週もトレーニングをします。
御座替祭のポスターです。

P3281182.jpg
黙々と、つくば道を登って行きます。
先週は10キロのザックでしたが、今日は2キロ増えただけでも
とても重たく感じます。
上空には黒い雲が現れました、お天気が不安です。

P3281191.jpg
筑波山神社には桜が咲き始めました。

P3281196.jpg
09:48、 白雲橋登山口からスタートです。

P3281203.jpg
酒迎場分岐は右へ。
迎場コースへ向かいます。

P3281211.jpg
意外や意外、森の中に陽の光が差し込みました。
これは良いかも。

P3281221.jpg
登山口から、35分のハイペースでつつじヶ丘に着きました。
背中のザックの重たさにも慣れました。
先週と同じように、早く歩くことが出来ました。
気温は、10℃に下がって、私にはますます適温でした。

P3281228.jpg
東筑波ハイキングコースの林道にて。
カーブミラーを利用して自分を撮りました。

P3281235.jpg
ハイライトコースの入り口付近には、けっこうたくさんの
カタクリが出ていました。 楽しみです。

P3281251.jpg
キブシの花も咲き始めました。

P3281258.jpg P3281259.jpg
11:23、 キャンプ場コースへ再スタートです。
カタクリの開花も間近でした。

P3281269.jpg
今にも泣き出しそうな雲行きになってきました。
1人だけすれ違いましたが、以後登山者は見当たりません。

P3281270.jpg P3281271.jpg
頂上直下に差し掛かった所で、ついに雨が降り出しました。
急いでレインウェアを着込みました。

P3281277.jpg
12:11、女体山頂に着きました。
気温は、7℃と寒くなりました。
キャンプ場からは、40分位と快調に登ることが出来ました。
確実にトレーニングの成果が出ています。

P3281274.jpg
南側は真っ白でしたが、北側は少し景色が見えました。

P3281279.jpg
ラッキーでした。
せきれい茶屋さんは営業中でした。

P3281285.jpg P3281284.jpg
この日は、筑波山山頂の「かたくりの里」の開花は、まだ全然でした。

P3281291.jpg
下山はケーブルカーでと思っていましたが、
山頂駅に行ってみたところ、今しがた出発したばかりでしたので
次のケーブルカーを待っている時間を考えると
歩いて下山しても、さほど時間は変わらないので
御幸ヶ原コースを降りました。

P3281297.jpg
標高を少し下げたら、もう太陽燦々。
嘘みたいです。

P3281300.jpg
コースの中ほどから下は、乾燥した地面に変わりましたので
ペースアップして降りられました。
14:10、 筑波山神社に着きました。
すれ違った美人のバスガイドさんが、
ニッコリ微笑んでくれて何だか得した気分に!?
有難うございます。(笑)

P3281308.jpg
大御堂のスダジイは、いつ見ても素晴らしいです。
以前には、この木をスケッチしている人を見ました。

P3281311.jpg
天気予報は、夕方には雷雨になるかもと伝えていました。
なるほど怪しい雲がまた出てきました。

P3281327.jpg
つくば道を降りて行きます。
また太陽が出てきました。

P3281333.jpg
14:30、 六丁目の鳥居に帰ってきました。
お疲れさまでした。

P3281336.jpg
穴場の温泉に2時間、ゆっくりと。
本当に貸し切りでした、申し訳ないような。

P3281343.jpg
バスの後ろに着いて、スカイラインを降りました。

P3281352.jpg
下山後は、ちょっと用事を済ませました。
この後、予報の大雨に遭遇。

P3281371.jpg P3281375.jpg
夜、私の地元の映画館にて、観たかった映画を見ました。
「 エヴェレスト 神々の山嶺 」
なかなか良い映画でした。 

P3291387.jpg
翌日も仕事を終わってから映画館へ。
こちらの映画は、ちょっと期待はずれのような。。

お天気が、めまぐるしく変わりましたが
体力UPが実感出来た一日でした。
ゆっくり温泉&映画も見れて良い日でした。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (451)
富士山 (203)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム