山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

6月20~21日 (須走口)富士箱根トレイル道探査

前夜は、道の駅富士吉田にて車中泊をしました。
いよいよ私にとっての夏山の前章です。

P6203309.jpg
今日は、穏やかな富士山です。
この日は、頂上まで登った人も多かったらしいです。
(※注= まだ山開きはしておりませんが )

P6203273.jpg
朝一番で富士吉田。

P6203339.jpg
次に御殿場。

P6203389.jpg
あざみラインを車で上って、富士山グランドキャニオンへ。
グランドキャニオンと、初めて対面しました!

P6203423_2016062419071362b.jpg P6213442.jpg
夕方少し前に、須走口5合目へ。
山荘菊屋さん (標高2000メートル) へそのまま投宿しました。

******************************
翌朝 ・・・

P6213430.jpg
朝の5時には目が覚めてしまいました。
山小屋の外は、大雨でした。

P6213440.jpg
NHKのBSは映ったので、田中陽希さんの200名山の番組を観ました。

P6213444.jpg
荒天なので登山は諦めて、
代わりに須走口5合目から馬返しに至る、
「富士箱根トレイル道」を往復してみる事にしました。
しかし、この山道は、国土地理院の地図にも載っていませんし、
ネットで調べても詳細な情報はありません。
普通は、ガイド同伴のコースのようです。
AM09:00、ちょうどに、登山口の右脇からスタートです。
小富士へと向かうハイキングコースに入って行きます。
気温は、12℃ と、レインウエアを着ると適温でした。

P6213450.jpg P6213451.jpg
2分ほど歩くと、すぐに分岐点へ。
ここを右折して、富士箱根トレイルへ進みます。

P6213455.jpg
その先には、「小富士山参道」の石柱が在りました。
あざみラインが開通する以前は、
この道が須走口の登山道だった事が判ります。

P6213470.jpg
またその先には、「御室浅間神社」の跡が在りました。
レトロなベンチが佇んでおりました、何と傷みもなく使用可能でした。

P6213472.jpg
その隣には、雲切神社跡も残っていました。

P6213485.jpg
前日は、かなりの人数の団体さんが、このコースを通った事を
知っていました。
なので、地面に残った大勢の「踏み跡」が大きな手掛かりになります。
道は処々が整備されており、意外と快適に歩けました。

P6213491.jpg
順調にコースの中ほどの「狩休(上)」に来ました。
しかし、ここからが、本当の試練の始まりでした。。

P6213498.jpg
歩きにくい、小さな谷の中をコースが付けられていました。
かなりのストレスです。

P6213506.jpg
踏み跡は、また尾根の上に戻ったりしました。
ところが・・・

P6213512.jpg
あれれ???
グランドキャニオンの断崖絶壁の上に出てしまい、
ルートが消えてしまいました。。
いつの間にか、ルートミスをしてしまっていました。
完全な道迷いです。

P6293881.jpg
P6293886.jpg P6293887.jpg
仕方なく、頼りないミニパンフレットを取り出して
大まかな地図を見ながら、進むべき道を考えました。
しかし、大雨の中なのでパンフレットも濡れてしまっていました。
あまり役に立たず。。

P6213513.jpg
以前見たネットか何かの情報を想い出しました。
ここからは左に進んでグランドキャニオンの真上を行くとか。
確かに左のヤブの中に小道が続いています。
いやいや、こんな大雨でグランドキャニオンの真上に進むのは
危険すぎます。
それにグランドキャニオンから容易には降りられません。
冷静になって地形を目を皿のようにして観察すると、
右手の小さな谷から上に登る小道が有るではありませんか!

P6213530.jpg
尾根に上がると、正規のルートらしき道が続いていました。
ひとまず良かったです。

P6213533.jpg
「馬返し(上)」との道標を過ぎても、なかなか「馬返し」に
たどり着きません。
GPSなども無く現在位置不明で心配になって、
我慢しきれずに、草薮を強行突破してあざみラインに飛び出ました。

P6213537.jpg
このまま、あざみラインを歩いて下って行きました。

P6213539.jpg
グランドキャニオンの入り口の道標です。
昨日もここを通りました、現在位置がはっきりしました。
馬返しは、やはり、もっと下の方でした。

P6213542.jpg
富士箱根トレイルに戻りました。
もう馬返しは直前だと判っています。

P6213545.jpg
10:23、「馬返し」に着きました。 目的地です。
気温は標高が下がったので、 14℃ と少し蒸し暑いです。

P6213546.jpg P6213551.jpg
帰りは5合目までバスに乗ろうかと思いましたが、
何と、まだバスは全然有りません。
山開きにならないと運行しないとの事です。

P6213556.jpg
雨は強く降り続いています。
雨宿りする場所さえも無いので、馬返しから5合目へ折り返しを開始します。
10:26、 登山開始です。

P6213603.jpg
やはり、「 馬返し ~ 狩休 」 のルートが難解でした。
先ほど進退きわまった断崖絶壁が右手に見えました。

P6213606.jpg P6213607.jpg
何回も道を迷って、狩休と道路の交流点に出て
現在位置を確認しました。

P6213612.jpg
また森の中へ戻りました。
このルートで良いのかと不安ながらも前進します。
けっこう急な坂道です、登るのは大変です。

P6213616.jpg
「狩休(上)」に、やっと出ました。

P6213619.jpg
狩休(上)からは、安心して歩けました。
踏み跡に気をつけて歩けば、道迷いはありませんでした。

P6213622.jpg
ひっそりと草薮の中に、「九十六丁目」の石碑が在りました。

P6213628.jpg
下草の道から開放されたのは良いのですが、
道は急坂が続きます。

P6213641.jpg
標高が上がって雲の中に入ったようです。
精神的にバテてきました。

P6213646.jpg
12:09、 ほうほうの体で、5合目に帰ってきました。
レインウエアを着てはいましたが、全身びしょ濡れでした。

P6213653.jpg P6213656.jpg
無事に菊屋さんへ。
冷たい雨でしたので、身体が冷えきっていました。
でも、大汗もかいていました。
昼食の温かい、(菊屋さん名物の)きのこうどんが有り難かったです。
ソフトクリームも戴きました、暑いのか寒いのか?(笑)

P6213660.jpg P6213661.jpg
午後になると、急速に天気が回復しました、青空です!
天気予報は大ハズレ。 (午後は大雨の予報でしたが)

P6213659.jpg P6213658.jpg
山荘菊屋さんの一角に、「 モンベルコーナー 」が新設されました!
トレッキングベル、手ぬぐい(富士山柄)、ザックカバー、帽子止め
が売られています。

P6223717.jpg
私も、良い音がする、トレッキングベルを1つ購入しました。

P6213668.jpg
ベニバナイチヤクソウ を1本だけ見付けました。
私は初めて見ました。 貴重な薬草だそうです。

P6213665.jpg
午後3時まで山荘菊屋さんに居ました。
5合目に24時間滞在したことになります。
これでだいぶ、{ 高度順応 }が出来たと思います。
以後のこの夏の富士登山が楽になるかもです。

P6213701.jpg
狭山の親戚に立ち寄って帰りました。
新しく延伸された圏央道は便利になりました。
富士山へ行きやすくなりました。
我が家(流山)から、五霞ICまでは45分位です。


楽しい二日間でした。 今回は、ちょっとした旅行でした。
吉田、御殿場での詳細は支障があるので非公開です。
富士箱根トレイルは、難しいコースでした。
期せずして、ルートファインディングの技術を磨きました。
詳細な地形図が全く無いのですから、実地で行くしかありません。
無茶をしなければ危険なコースではないと思いますが、
ガイド同伴を推奨します。
きのこ狩りをする人は、このコースには詳しいかも知れません。
私はあと2回往復すれば、このコースを理解出来ると思います。
この夏も1回は、このトレイル道を利用するつもりです。



【 追記 】
あれから2週間後、昭文社の登山地図【富士山 2016年版】を購入しました。
すると、何と、昨年の2015年版には無かった、
【富士山箱根トレイル道】 が、記してあるではありませんか!!
P6293878.jpg
ここで、その詳細図をアップするのは著作権上、差し控えます。
狩休では、一度舗装道路に飛び出るのが正解です。
関心が有る方は、書店にてご購入下さい。
( 少しは参考になるかもです )
このページのトップへ

富士山 まる3年

P6203423.jpg
【 2016年6月20日夕刻 富士山須走口5合目にて撮影 】

富士山世界文化遺産登録決定から、
本日(6月22日) ちょうど3年です!
このページのトップへ

富士山 登頂出来ることは出来るが

20~21日と、富士山へ行ってきました。

主要4ルート、残雪も無く、すべて山頂まで登頂出来るとの事です。
( お鉢巡りは、剣が峰から時計回りが不通だとの事 )

しかしながら、まだ「山開き」はしていませんので
一般の方の登頂は、やめて下さい。
登山経験豊富なベテランのみが登れます。
まだ登下山道は、未整備ですので荒れています。
山慣れた人だけが通れる状態です。

山小屋は営業していませんし、トイレも無し。
悪天候になった際には、雨宿りする場所さえありません。
もしも、低体温症になったりしたら、命はありません。
なので、好天の日だけに登れる状態です。

私も、21日に登る予定でしたが、雨天のためにキャンセルに。
21日午前中の須走口5合目の登山口からは、
登頂を目指した人は皆無でした。
やはり富士登山は、7月の山開き以降が無難です。
このページのトップへ

6月13日 雨の仙郷林道と嵐のキャンプ場トレーニング

梅雨に入ってしまいましたから仕方がないのですが
今日天気予報は一日雨です。

P6133060.jpg
富士登山シーズンも間近になってきましたので、
今日も筑波山に登ってトレーニングします。
筑波山のすぐ麓にやって来ましたが、お山は見えていません。
今日は本当に天気は悪そうです。

P6133061.jpg P6133065.jpg
午前8時、朝食はまだでしたので、腹ごしらえをしました。
筑波山口の「松屋製麺所」へ。
チャーシュー麺を戴きました。

P6133069.jpg
ちょっとBCに寄ってから・・

P6133076.jpg
車で峠越えをしました。
風返し峠は、雨雲の中で真っ白でした。

P6133083.jpg
マイカーを国民宿舎つくばねに停めました。

P6133094.jpg
AM09:39、 仙郷林道入口から本日のスタートです。
気温は、17℃と前日の猛暑からは解放されました。

P6133096.jpg P6133099.jpg
雨はけっこう強く降っていますが、風はありません。
湿度が高いのでレインウエアを着ていると蒸し暑いです。
暑さに耐えられずにフードを取って、雨天用の帽子を被りました。

P6133097.jpg P6133098.jpg
今日一番目立った花です。 トリアシショウマです。

P6133119.jpg P6133118.jpg
キャンプ場まで40分歩きました。
アジサイが出迎えてくれました。
これよりはキャンプ場コースを登ります。

P6133124.jpg
登山道は、ぬかるんで歩きにくいです。
風もだんだん強く吹いてきました。

P6133131.jpg
朴葉(ほおば)寿司に使われるホオの葉です。
とても大きい葉っぱです。

P6133138.jpg P6133141.jpg
11:13、 女体山頂に到着しました。
気温は、15℃でしたが、烈風が吹きすさんでいます。
風速は、20メートル以上はありそうでした。

P6133143.jpg
お店のパトロール完。

P6133155.jpg
同じ道を下山しました。
滑って転んで転倒1回。 下山は難儀しました。

P6133159.jpg
12:41、 国民宿舎つくばねに帰ってきました。
お疲れさまでした。

P6133163.jpg
レインウエアは着てはいましたが、全身ずぶ濡れでしたので
筑波山温泉は有難かったです。
( しかもお風呂は私一人の貸し切り状態。。)

P6133165.jpg
久しぶりに、筑西のお煎餅屋さんで買い物を。

P6133174.jpg P6133168.jpg
そう言えば、お昼ご飯を食べていませんでした。
これまた久々の佐藤らーめん店(真岡)へ。
タンメン豚チャ-シュー、(ワンタン、メンマ トッピング)を戴きました。
気がつけば、朝昼連続らーめん!(笑)

P6133190.jpg
ちょっと用足しをしましたので、暗くなってから帰宅しました。


今日は、まったく誰とも出会わずに孤独な山でした。
仙郷林道は砂利道ですので雨天でも歩きやすいです。
今日は、身体よりも心の強さを鍛えた一日でした。
このページのトップへ

6月7日 薬王院コースで傘雲の中へ

昨日のバイクツーリングの疲れがドッと出て、
今朝は起きられずに寝坊しました。

P6072902.jpg
午前10時少し前に、やっと筑波山の麓に着きました。
今日の天気予報は曇りです。

P6072904.jpg
今日は、富士登山用のザックと靴を使います。
道具も、そろそろ慣らさなければなりません。

P6072905.jpg
10:18、 薬王院コース登山口からスタートです。
気温は、18℃でしたが、湿度が高いです。

P6072911.jpg
今朝は、けっこう大勢の登山者がここを登って行ったようです。
登山道は手入れされていて、歩きやすいです。

P6072916.jpg
22分で鬼ケ作林道に飛び出しました。
半袖&半ズボンの軽装で登りました。
登っていると、この服装でも汗をかきました。

P6072920.jpg
800階段は、いつものとうりで苦しいです。
けれども我慢してノンストップで一気に通過しました。
13分でクリア、私の標準タイムでした。

P6072927.jpg
久しぶりに、脇道に進んでみました。

P6072936.jpg
自然研究路のあずまやで小休止しました。
急激に寒くなったので、半袖シャツを長袖シャツに着替えました。

P6072939.jpg P6072941.jpg
右側が切れ落ちていますので、気を付けて進みます。
階段も風化して少しスリルがあります。

P6072944.jpg
上のあすまやでは、レインウエアを着込みました。
小雨が降ってきました。
傘雲の中に入ったのでしょう。

P6072946.jpg
11:50、 男体山頂に着きました。
気温は、14℃でした。 冷たい雨なので少し寒いです。

P6072961.jpg
道普請された所は、綺麗になっていました。

P6072966.jpg
こんな天気でしたが、御幸ヶ原には登山者が案外居ました。

P6072972.jpg
ブナ林が幻想的でした。

P6072974.jpg P6072976.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
かき揚げ天ぷらうどんを戴きました。

P6072986.jpg
下りは、北側の自然研究路を行きました。
美しい景色を写真に収めました。

P6072993.jpg
13:42、 筑波山薬王院へお参りしました。
やはり笠雲は、山の上だけでした。
雨は降っていません。

P6072999.jpg
(灯籠のある登山口)ここに車を置いたのは初めてでした。

P6073013.jpg
南麓のBCに顔を出しました。
テレビのワイドショーでは、東京都知事の金銭問題が
さかんに報道されていました。
私の昔の仕事上の師匠と舛●さんが重なって見えました。
私の師匠もかなりの人で、慰安旅行(=しかも半分自腹だった!)で
従業員にさえ立ち食いそば一杯、
奢らないという地元でもドケチで有名な人でした。
仕事は上手かったが、人間的には最低最悪の人でした。
今でも私の仕事の師匠と言えども全く尊敬の念はありません。。

P6073019.jpg
山麓の田んぼの稲は、かなり育ちました。


今日は、気力体力共に調子が出ずに
のんびり登山になってしまいました。
昨日のバイクツーリングで疲れていました。
下界は少し蒸し暑かったのに、山の上は寒くてまいりました。
このページのトップへ

6月6日 梅雨の合間のバイクツーリング

先週は雨天で順延した、友人とのバイクツーリングが今日は出来そうです。

P6062788.jpg
私の愛車 = ヤマハ マジェスティー250 に乗って出動です。
前日の夕方に洗車して、軽くワックスも掛けて綺麗にしました。

P6062792.jpg
常磐道 ・ 守谷SAにて、 
「T氏」 を改め 「まーくん」 と待ち合わせです。
約束した朝7時を、20分早く集合完了しました。

P6062801.jpg
久しぶりに、まーくんに私のバイクを試乗して貰いました。
実は私のバイクは、まーくんが元オーナーだったのです。

P6062810.jpg
那珂ICでアウトして、国道118号線を走りました。

P6062812.jpg
新しく道の駅が出来ましたので、寄ってみました。

P6062818.jpg
そして、せっかくバイクで来たのですから、
クネクネ道のワインディングロードへと突入!

P6062814.jpg
水を得た魚のごとく、まーくんはあっと言う間に行ってしまいました。
私は、マイペースであとを追い掛けました。
しかし、全く追いつけず。。 
私のはスクーターですから、無理は出来ません。

P6062823.jpg
奥久慈男体山が見える橋の上にて。
少しだけ薄日が差してきました。

P6062831.jpg P6062832_201606102038078fb.jpg
福島県に入りました。
矢祭のコーヒー専門店 = 「 珈琲香房 」さんへ伺いました。
驚いたことに、平日なのに、すでにバイクライダーさんたちが
来店されておりました!

P6062837.jpg P6062838.jpg
素晴らしいお店の中のインテリアです。

P6062833.jpg P6062835.jpg
1杯目は、苦み少なめのコーヒーと、手作りチョコケーキを。
2杯目は、思いっきり苦いコーヒーと、甘いカタラーナを。
至福のひとときでした ♪

P6062844.jpg P6062853.jpg
まーくんのたってのリクエストに応えて、 「 慈久庵 」 さんへ。
伺ったのは午後1時でしたが、意外や意外でお客さんは
我々のほかには誰も居ませんでした。
実はまーくん、お蕎麦の味は、あまり判らない・・
との事でしたが、この慈久庵のお蕎麦の凄さは判ったとの事。
日本最高峰のお蕎麦のひとつに違いありません。
こんなに素晴らしいお蕎麦を食べられて幸せです。

P6062856.jpg P6062871.jpg
お土産を買いがてら、ちょっと竜神大吊橋へ。
な、なんと、バンジージャンプを飛んでいるではありませんか!
噂には聞いてはいましたが、ここで見たのは初めてです。
冒険好きな我ら二人は、お値段が安ければ同じくトライした事でしょう。

P6062877.jpg
天然温泉は、宝来館さんへ。
前回もお世話になりました。
宝来館さんは、JAFの道路地図にも温泉で載っていました。
大学生の団体さんらしき大勢のお客さんが居たのでビックリでした。
しかし、我らと行き違いで帰られたのでセーフでした。

P6062881.jpg P6062882.jpg
私のバイクに苦労して取り付けた、乗用車用のカーナビが大活躍で、
走っていて気持ち良い、信号も少ない田舎道を快適に走って、
那珂ICから帰路の常磐道に乗りました。
友部SAにて、クインシーメロンのソフトクリームを食しました。

P6062885.jpg
まだ明るいうちに帰宅出来ました。
今朝は出発前に、すでに4㌔のジョギングは済ませていました。

P6062887.jpg P6062888.jpg 
しかしながら、今日のトラブルは1件有り。
高速道路を走行中に、ハンドル左側のブレーキオイルの入った
銀メッキの綺麗なタンクカバーが、風圧で飛んで行ってしまいました。
高速道路上でしたので、拾うことも適わずに諦めました。


今日は午後からは雨を覚悟していましたが
全然大丈夫でしたので幸運でした。
今年に入っての最高気温の日になったようですが、
それでもバイクで走ると寒くて厚手のジャンパーが必要でした。
持参して行って正解でした。
楽しいツーリングの一日でした。
このページのトップへ

5月30日 小雨の筑波山半周

今日の天気予報は、あいにくの一日雨天です。

P5302601.jpg
しかしながら、雨天でも筑波山へと向かいます。

P5302616.jpg
AM09:06、 つくば道の一の鳥居から歩き出しです。

P5302617.jpg
小雨が降っていますので、レインウエアを着て急坂を登ります。
意外ですが、筑波山は山頂まで見えています。

P5302624.jpg P5302625.jpg
つくば道の最上部の石段には、お馴染みのベゴニアが咲きました。

P5302636.jpg
09:29、 白雲橋登山口からスタートです。
気温は、15℃と涼しくて良いです。

P5302643.jpg P5302641.jpg
酒迎場分岐は右へ。
迎場コースを進みます。
雨が上がったようです、蒸すのでレインウエアの上着を脱ぎました。

P5302652.jpg P5302651.jpg
森の中には、誰も居ません。
オオナルコユリの一列の花が咲き始めました。

P5302657.jpg P5302658.jpg
休憩のあずまやで、久しぶりにカップ麺を作りました。

P5302666.jpg
私の後方から、若い団体さんが来ましたので、
追いつかれないうちにと、つつじヶ丘に着きました。
つつじヶ丘は、車も少なく、空いていました。

P5302671.jpg
コアジサイが咲きました。
梅雨時の花です。

P5302672.jpg P5302676.jpg
東筑波ハイキングコースを行きます。
コース上には誰も居ませんでした。

P5302683.jpg P5302684.jpg
裏筑波にやってきました。
本日、一番目立った花です。
薄紫色の花のタツナミソウです。

P5302696.jpg
11:19、筑波高原キャンプ場に到着しました。

P5302709.jpg 
キャンプ場コースを登りました。
薄暗くなったと思ったら、雨が降り出しました。
急いでレインウエアを着込みました。

P5302706.jpg
ミッキーマ●スに、見えてしまう葉っぱです! (笑)。
でも、細面(ほそおもて)のミッ●ーかな!?

P5302723.jpg
12:10、 女体山頂に到着しました。
気温は、13℃。
雨ですが、ポツリポツリと登山者が登ってきました。

P5302729.jpg
ランチは、せきれい茶屋さんで。
こんなお天気でも営業していてくれて感謝です。

P5302731.jpg
13:20発のケーブルカーにて下山しました。

P5302744.jpg
13:43、一の鳥居に帰ってきました。
お疲れさまでした。

P5302747.jpg P5302748.jpg
鳥居の下の無人販売所にて、採りたてキュウリを買って帰りました。

P5302777.jpg P5302774.jpg
帰路、野田の天然温泉 ・ グランローザ潮の湯 に寄りました。

P5302770.jpg
残念ながら、明日(5月31日)にて、閉館となってしまいます。
私のように閉館を惜しむお客さんで、まあまあ混んでいました。

P5312786.jpg
帰りがけにエントランスの自販機で高級アイスを買いました。
すると最後の1個だったようで、完全に売り切れに。

今日は思いのほか、雨には最小限で済んだので
良い登山が出来ました。
潮の湯にもお別れで入れたので、満足な一日でした。
山の天気は、行ってみないと判りません。
今日は天気予報が外れて幸いでした。
このページのトップへ

さようなら  潮の湯

2016年5月31日にて、
私が時折り行っていた温泉施設が閉館となりました。

P5302776.jpg P5162228.jpg
千葉県野田市の 「 グランローザ 潮の湯 」 です。

P5162212.jpg
創館以来 18年間に、2度の大きなリニューアルをしましたが、
この度は閉館に。
とても寂しい限りです。
私の疲れた心身を度々癒してくれた潮の湯、ありがとう。
そして、 さようなら。


{湯吉}{きらり}{プラチナの湯}そして{潮の湯}と次々と閉館。
時代の流れとは言え、スーパー銭湯系が消えてゆくのは残念でなりません。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (440)
富士山 (181)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (9)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (114)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム