山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

風邪ひきました

風邪を家族から、うつされました。
のどが痛くて咳も出ます。
今週の火曜から苦しみましたが、
やっと少し良くなってきました。

また風邪が悪化してしまいました。。
医者にかかり、薬を貰いました。
まだたまに咳が出ます(5月4日夜)
このページのトップへ

4月24日 悪戦苦闘の第三回筑波連山縦走 

この春は、寒い日が多くてなかなか実行に移せなかったのですが、
やっと暖かくなってきたので、毎春恒例の筑波山連山縦走を
行うことにしました。
幸い天気予報も良さそうです。

P4240309.jpg
前夜の11時に床に就きましたが、
午前1時には目が覚めてしまいました。
なので、1時20分には家を出ました。

P4240315.jpg
深夜の常磐高速は、ガラガラに空いていました。
快適なドライブです。

P4240324.jpg P4240326.jpg
2時半には、筑波山神社の駐車場に着きました。
ここで、自転車に乗り換えて、AM02:48、スタートしました。

P4240332.jpg
スカイラインは、霧が少し出ていて、自転車の薄暗いライトでは
まるで手探り状態で降りて来ました。
筑波山麓のリンリンロードに出て、少し安心しました。

P4240336.jpg
気温は、10℃以下でした。
寒さの中をペダルを漕いで行きます。

P4240339.jpg
折りたたみ自転車なので、スピードはさほど出ません。
焦らずじっくりとペダルを漕ぎました。
右側には、加波山が見えました。

P4240340.jpg
4時を過ぎると、ボチボチ散歩する老人がリンリンロードに
出てきました。
やっと、筑波連山最北の山、御嶽山が見えてきました。

P4240341.jpg
4:40、 目的地のJR岩瀬駅に到着しました。
筑波山からの距離は、20キロでした。
頑張って、1時間50分でここまで来ました。

P4240347.jpg
04:48、 岩瀬駅から歩き始めました。
気温は少し寒くて、 7℃ でした。
お洒落な街灯を発見しました!

P4240352.jpg
線路に沿って、東へ向かいます。

P4240354.jpg
最初の踏切を渡ります。

P4240356.jpg
登山口へ向かって歩きます。

P4240360.jpg
05:00、 御嶽山登山口に着きました。
ここから、いよいよ筑波連山縦走が始まります!

P4240364.jpg P4240366.jpg
05:02、 前回は暗い右側の登山道を登りましたので、
今回は、明るい左側の登山道から登り始めました。
この春、初めてのヤマツツジを見ました。

P4240367.jpg P4240369.jpg
05:13、 御嶽山のあずまやに来ました。
絶景ポイントです。
ここで軽く朝ごはんタイムにしました。

P4240371.jpg
05:25、 御嶽山山頂から、気合を入れて再スタートです。

P4240377.jpg
コースは、右の谷へと急降下していますが、
今回は、左のエスケープ道へと行きました。
朝早かったので、通過することが出来ました (昼間は通行不可)。

P4240379.jpg
正式なルートに戻ることが出来ました。
(昔一度通ったきりでしたので忘れてしまって、少々不安でした。。)

P4240380.jpg
NTTの巨大アンテナの脇を通過します。

P4240383.jpg
ツクバキンモンソウを見かけました。

P4240386.jpg P4240395.jpg
06:05、雨引山に到着しました。
ここで小休止しました。

P4240392.jpg P4240388.jpg
左手には、これから登る難関の加波山が高くそびえています。
右側には、筑波山です。
まだ遥か彼方(かなた)です。

P4240390.jpg
2つの山の距離感がお判りになるでしょうか?

P4240398.jpg
雨引観音分岐に来ました。
ここから加波山へは、約6キロの表示があります。
今日は、この6キロが最大の関門だと言ってもよいでしょう。
もの凄い急坂が待ち受けています。

P4240404.jpg
土砂で埋もれた階段を降りるのが、滑って大変でした。

P4240408.jpg
緩やかな登り坂が続きます。
新緑に心が洗われます。

P4240410.jpg
見晴らしの良い場所を通り過ぎました。
ところが、左足の付け根の股関節が、かなり痛みます。
これは早くもピンチです。
まだ縦走は序盤の始まったばかりなのに。

P4240421.jpg
本来のコースは、右へと進みますが、この先は急登です。
脚が痛いこともあって、左の脇道に進みました。
オフロードバイクのタイヤ痕が有ったからです。

P4240418.jpg P4240419.jpg
しかし、この脇道に来てしまったことは大失敗でした。
この道では、山の稜線から外れてしまうことが判りました。
引き返しました、タイムロス&体力ロスしただけでした。
何と、オフロードバイク(250CC)の落とし物が有りました!
倒木の丸太を乗り越える時に引っ掛けたようです。
筑波連山の道は、バイクではなくて、歩いて行くべき山道だと思います!!

P4240423.jpg
分岐を右へと進んで、急坂の階段を登って行きます。
左足の付け根が痛くて、ゆっくりとしか登れません。

P4240432.jpg
登っても登っても、加波山には着きません。
息も絶え絶えです。

P4240434.jpg
08:04、 加波山の2つのピークのひとつ、
燕山 (701M) に着きました。

P4240437.jpg
このすぐ先の、あずまやで大休止にしました。
カップ麵を作って食べました。

P4240440.jpg
痛い脚を引きづって、砂利道の林道を歩きます。

P4240448.jpg P4240449.jpg
08:35、 加波山神社に着きました。
安全登山を祈願して、先に進みます。

P4240454.jpg
08:45、 加波山 (709M) に着きました。

P4240462.jpg
加波山事件の有名な旗立石を通過します。

P4240466.jpg
クマザサの草原は、去年のよりも背が低かったです。
ところが、ここでまたもやピンチです!
今度は、右足のヒザと足首が激痛です。
左足の付け根も痛いし、大ピンチです。

P4240472.jpg
加波山から降りて行く階段道が、本当に難儀しました。
左足はまだ何とか我慢出来ますが、
右足の痛さは我慢できません。。

P4240477.jpg
09:10、 自由の楷(かい)の石碑の所で、やむを得ず休憩しました。
少し休むと、脚の痛みは引きます。

P4240484.jpg
風力発電所の手前から、山道に入ります。

P4240491.jpg
09:20、丸山のピークの下を通過します。

P4240494.jpg
09:32、 一本杉峠に来ました。
私の右足の痛みもピークに達していました。

P4240496.jpg P4240502.jpg
一本杉峠からは、北筑波稜線林道の舗装道路を歩きます。
今日は湿布薬を持ってきていないことを後悔しました。
良いアイデアを思いつきました、解熱鎮痛剤を飲みました。
これで少しは、痛みが楽になりました。
案内板には、筑波山はまだ遠くて表記がありません。

P4240503.jpg
道端に落ちていた木の枝を拾って、杖(つえ)にしました。

P4240510.jpg
すごい谷間が有りました!!

P4240511.jpg
本当に残念です、今回は脚が痛くて、足尾山には登れませんでした。
痛恨の極みです。
縦走の完歩を最優先としました。

P4240515.jpg
今日は、とりわけ 「鳥人」 がたくさん居ました!

P4240519.jpg
やっと加波山が遠くになってきました。
山は春の、もえぎ色で美しいです。

P4240520.jpg
山では、たまに見掛ける車です。

P4240524.jpg
10:43、 きのこ山に着きました。
ここでもまた小休止です。

P4240526.jpg
きのこ山から筑波山までは、アスファルト舗装された林道を
歩くしか方法がありません。

P4240530.jpg P4240531.jpg
鎮痛剤のバファリンが効いて、だいぶ脚の痛みは和らぎました。
しかしまだ、筑波山は遠くに見えています。

P4240532.jpg P4240535.jpg
11:21、 上曽峠に着きました。
ここからは、湯袋峠へと向かいます。

P4240540.jpg
11:39、 権現山に来ました。
ここからやっと下り坂になります。

P4240546.jpg
正午を過ぎてしまいました。
12:07、 湯袋峠近くの丁字路に来ました。

P4240549.jpg
12:15、 ようやく筑波山への入口、
筑波山裏登山道の登山口に来ました。

P4240560.jpg
小休止したのち、歩き出しました。
気温は、16℃でした。

P4240568.jpg
この登山道は、筑波山唯一の渓流添いの美しい登山道です。

P4240578.jpg
右足が痛くなったり、左足が痛くなったり、を繰り返します。
古い石段を登り切りました。

P4240583.jpg
裏登山道を登り切って林道に出ました。

P4240587.jpg
13:18、 筑波高原キャンプ場に着きました。
ここでもまた小休止です。
ここからは縦走の最後の最後になりますが、
充分な栄養を補給しておかないと、山頂には立てません。

P4240593.jpg
気温は、13℃、キャンプ場コースをスタートしました。

P4240594.jpg
脚の痛みが再発します。
焦らずにゆっくりと登ります。

P4240601.jpg
登山道の上部にだけ、少しカタクリがまだ咲いていてくれました。
元気が出ます。

P4240603.jpg
女体山直下まで登って来ました。

P4240609.jpg
無我夢中で登って、女体山の肩まで来ました。
あとほんのひと息です。

P4240614.jpg P4240613.jpg
14:31、 待望の筑波山、女体山頂に GOAL しました。
岩瀬駅からは、自己ワーストの、9時間半も掛かりました。
気温は少し肌寒くて、 12℃ でした。

P4240611.jpg
この山々の峰を歩いて来ました!

P4240615.jpg
春霞の景色でした。

P4240619.jpg
せきれい茶屋さんで、少し休ませて貰い・・

P4240620.jpg
15:20発のケーブルカーで下山しました。
両足が激痛で、もうとても歩いては下山出来ませんでした。

P4240624.jpg P4240627.jpg
15:34、 マイカーを置いた駐車場に帰ってきました。
お疲れ様でした。

P4240635.jpg
下山後はマイカーで、BCに立ち寄りました。

P4240637.jpg P4240639.jpg
17:08、 マイカーで岩瀬駅に来ました。
駅の駐輪場に置いておいた、自転車をピックアップして
本日は完了です。

P4240641.jpg
岩瀬駅から4キロの所に在る、スーパー銭湯に行きました。
今回で2回目でした。


その後脚の痛みが無くなるまで、三日掛かりました。
私にとってはその間、運動も出来ずでしたから重症でした。
今回は、先に自転車の長距離走をしてしまったことが
脚の痛みを引き起こした原因でした。 失敗しました。
今回は、「心が勇んだ時」 でしたので筑波連山を縦走しました。
そういう気持ちが無いと、筑波連山は完歩出来ません。
次回はリベンジしたいです。
【 万歩計歩数 = 3万9千500歩 】
このページのトップへ

4月4日 筑波山ふもと半周超ロングウォークと羽鳥道

昨日は極く簡単な筑波山山行になってしまいましたので、
今日は、かなりの運動量をこなそうと思います。

P4044766.jpg
AM 07:50、 筑波山南麓の神郡、BCからスタートです。
まずは、超長距離のウォーキングです。
気温は、10℃ と、まずまずです。

P4044780.jpg
つくば道から臼井の材木店を左折して、西へと向かいます。
南麓の田園風景の中を歩いて行きます。

P4044790.jpg
08:14、 つくばリンリンロードに出ました。
ここからは、この道路を北上して行きます。
桜は咲き始めでした。

P4044797.jpg
08:28、 筑波鉄道筑波駅跡に来ました。

P4044814.jpg P4044815.jpg
筑波山の西側、国松地区に来ると、お山は富士山型に見えます。
桃の花も咲き初めでした。

P4044830.jpg P4044832.jpg
リンリンロードをこのまま行くと、筑波山の山すそのふちからは
だいぶ離れてしまって遠回りになるので、一般市道に行きます。
つくば市上大島地区に入ります。
ここからは、ビックリな建物のオンパレードでした!

P4044845.jpg
すごく立派な門が目立ちました。
たぶん、この中では、お蚕(かいこ)さんを飼っていたのかも。
(うちの父親の実家では、養蚕を、お蚕さんと言っていました)

P4044855.jpg
これまた歴史が有りそうな門が在りました。

P4044862.jpg
レトロチックな味がある食堂も健在。

P4044867.jpg
門の外見だけではなくて、中身にも良い景色が!!

P4044874.jpg
面白い形の屋根の蔵(倉庫?)も発見です。
とにかく面白い街の上大島地区でした。

P4044882.jpg P4044881.jpg
酒寄地区に入ると、小学校の廃校が在りました。
全然知りませんでした。
足裏が痛くなったので、絆創膏を貼りました。
酒寄からは、桜川市に入りました。

P4044892.jpg
いつもは、マイカーで数秒間で通り過ぎてしまう坂道です。
でも案外、そんなに急坂ではありませんでした。
歩いてみないと判らないものですね。。

P4044908.jpg
09:47、 つくし湖の近くまで歩いて来ました。

P4044911.jpg
つくし湖からはいつもの歩き慣れた道を行きます。
集落の中を行きます。

P4044924.jpg
紫尾(しお)小学校の桜は、まだ咲いていませんでした。

P4044937.jpg P4044940.jpg
10:16、 県道に出ました。 東山田地区です。
ここからは、この県道沿いに歩きます。

P4044951.jpg
長くて退屈な県道歩きが続きます。
やっと筑波山の峰が3つに見える頃に・・

P4044960.jpg
10:46、 歩き始めて3時間。
羽鳥地区の羽鳥会館(分教場跡)に着きました。
ここで大休止にしました。
気温は上がって、16℃です、暑いです。

P4044965.jpg
お地蔵さんの頭巾が新しくなっていました。

P4044969.jpg
羽鳥道を登って行きます。

P4044973.jpg
お堂の枝垂れ桜が満開でした。

P4044982.jpg
登山道は、イノシシに荒らされている所が多かったです。
困ったものです。

P4045003.jpg
11:55、男の川(おのかわ)に来ました。
ここからは、羽鳥道の上部、男の川コースを登ります。

P4045010.jpg
大滝不動に手を合わせて、先へと進みます。

P4045013.jpg
今日は、誰にも合わない登山道でした。
さすがに登るペースが落ちてきました。
精神的な疲労感が大きいです。

P4045016.jpg
男の川コースを登った目的が有りました。
桜川市とつくば市の市境の目印の大石を見つける事でした。
そして今日、大発見!!
これが、その大石でした!!!
「 お迎え石 」 と呼ばれていたそうです。
私のテンションMAXです。
疲れも吹っ飛びました (笑)

P4045061.jpg
12:55、 朝、出発してから約5時間。
ついに、男体山頂に到着しました。
気温は、12℃でした。

P4045072.jpg
ランチはせきれい茶屋さんで。
カレーうどんを戴きました。

P4045076.jpg
下山も、しっかり歩きます。
御幸ヶ原コースで下山しました。
写真は、ケーブルカーのトンネルの真上の場所です。
電線が見えています。

P4045099.jpg
つくば道を降りて行きます。
さすがに脚が痛いです。
珍しく道路パトカーとすれ違いました。

P4045112.jpg
15:50、神郡に帰ってきました。
お疲れ様でした。
気温は、18℃までに上がっており、ジットリと汗をかいていました。

P4045118.jpg
帰路は、経済ルートの目吹橋で帰りました。

P4045121.jpg
本日の総歩数は、3万9千歩でした。
 

今までで一番の長距離ウォーキングをしてからの登山となりました。
筑波山を南から北まで廻り込んで歩きました。
天気が良かったので楽しい一日でした。
境界 ( ロ ) 点 も発見できて、大興奮でした。
このページのトップへ

4月17日 カタクリ満開筑波山半周ガイド

前日に、hiroさんから裏筑波のカタクリが
満開だと教えて頂きましたので、今日はそれを見に行きます。

P4170054.jpg P4170052.jpg
今朝は、花曇りのようなお天気でした。
つくばリンリンロードの桃の花が綺麗に咲きました。

P4170057.jpg
まずは、いつものように筑波山南麓のBC(べーすきゃんぷ)に
朝のご挨拶にお邪魔しました。
すると・・・ 思いがけないことが・・

P4170059.jpg
BCでの朝のお仕事を少し手伝ってから、
マイカーに乗って、つくば道を上がって行きました。

P4170062.jpg P4170061.jpg
急きょ、BCの親戚の御方とご一緒することになりました。
名古屋方面から居らした、HKさんです。
AM08:45、 つくば道、一の鳥居(六丁目の鳥居)から
本日の歩き出しです。
気温は高くて、20℃でした。

P4170066.jpg P4170069.jpg
つくば道を歩いて登って行きます。
ウオーミングアップには最適な道です。

P4170073.jpg P4170074_20170420202854689.jpg
神橋のところの枝垂れ桜が綺麗でした。
江戸屋さんの駐車場の端にある、杉の井へご案内しました。

P4170075.jpg
お土産屋さんの通りでは、シャクナゲが満開でびっくりしました。

P4170080.jpg
三猿にもご案内しました。
大抵の人は知りませんが、HKさんも知らなかったそうです。

P4170081.jpg
登山口のすぐ下の丁字路にある、
ピンクの色の濃い枝垂れ桜も満開でした!

P4170083.jpg
09:23、白雲橋登山口からスタートです。
気温は、19℃でした。

P4170089.jpg
10分ほど登ると、酒迎場分岐です。
多くの登山者は、左の白雲橋コースを進みますが、
我々は、右の迎場コースに進みます。

P4170092.jpg P4170096.jpg
森の中は無風で、少し暑いくらいです。
今朝は小鳥も鳴いています、春らしくなりました。
マムシ草の仲間の 「 ミミガタテンナンショウ 」 を
たくさん見掛けました。 

P4170098.jpg
10:30、 つつじヶ丘に着きました。
今日は空いていて静かでした。

P4170105.jpg P4170106.jpg
つつじヶ丘からは、東筑波ハイキングコースへ。
ハイライトの森歩きでは、カタクリを見ました。

P4170115.jpg P4170113.jpg
hiroさんに教えて頂いた、土俵場ベンチ付近で
じっくりとカタクリを見て楽しみました。

P4170119.jpg
ガイドの都合上、筑波高原キャンプ場に来ました。

P4170125.jpg
12:13、 キャンプ場コースを登り始めました。 
登山道には、カタクリが咲いていて、
良い気分で登ることが出来ました。

P4170128.jpg
北アルプスでの山小屋スタッフの仕事の経験もあるHKさん。
今日は久しぶりの登山だそうですが、途中で歩を休むことなく
じっくりと着実に登ります。

P4170141.jpg P4170142.jpg
13:07、女体山頂に到着しました。
気温は、15℃、適温になりました。
あいにく今日は、遠くの見晴らしが利きませんでした。

P4170148.jpg P4170149.jpg
ランチはせきれい茶屋さんで。
定番の、つくばうどんを戴きました。

P4170154.jpg P4170152_20170420203458165.jpg
かたくりの里では、まぼろしの白色のカタクリの花を
今年も見ることが出来ました!

P4170155.jpg
冷たい風が吹き出しました。
観光客もまばらで、お店はほとんど閉まってしまいました。

P4170156.jpg P4170157.jpg
夕方からは、強い雨の予報が出ています。
なので、14:20発のケーブルカーで下山しました。

P4170160.jpg
西山古道を通って降りました。

P4170161.jpg
14:48、 一の鳥居に帰ってきました。
お疲れ様でした。

P4170168.jpg
夕方、BCの皆さんにお供させて頂いて・・

P4170169.jpg P4170171.jpg
TXつくば駅近くの、ばんどう太郎へ。
手打ちそばを戴きました、ご馳走様でした。


今日はBCの大事なお客様をご案内させて頂く
というミッションを無事に、こなせて良かったです。
カタクリも満開!で、 素晴らしいタイミングの日でした。
HKさん、また筑波山にお越し下さい ♪
ありがとうございました。
このページのトップへ

幸運の白いカタクリ

P4170151.jpg P4170152.jpg
この春も、たったの1輪だけ、白色のカタクリが咲いてくれました!
( 筑波山頂かたくりの里にて 4月17日撮影 )
このページのトップへ

カタクリ咲き始め

P4105202.jpg P4105203.jpg
この日、初めて開花したそうです。
【 4月10日撮影  筑波山頂かたくりの里にて 】

P4105222.jpg
筑波山ケーブルカー、宮脇駅の奥の墓地の奥にある
「 超巨大しだれ桜 」 も満開でした!
このページのトップへ

4月3日 春休み賑やか筑波山半周

今回は簡単に日記付け。

P4034532.jpg
良い天気のもと、筑波山南麓の神郡からスタートしました。

P4034599.jpg
つくば道→筑波山神社→白雲橋登山口→迎場コースへ。

P4034614.jpg P4034620.jpg
白雲橋登山口からつつじヶ丘まで、
32分のハイペースで快調に登りました。
気温は、10℃前後でしたが、かなり汗をかきました。
つつじヶ丘の駐車場は、8割方満車でした。

P4034648.jpg
いつものようにキャンプ場コースを登りました。

P4034672.jpg
春休みで、女体山頂も人で一杯でした。

P4034675.jpg
ランチはせきれい茶屋さんで、天ぷらうどんを戴きました。

P4034679.jpg
今日はたっぷり歩きました、下山は御幸ヶ原コースで。

P4034705.jpg
山歩きが気持ち良い一日でした。
このページのトップへ

4月10日 北条の大池の桜は満開真っ盛り

北条の大池の桜は、100%JUST満開でした!!
【 4月10日午後撮影 】

P4105260.jpg
大池越しに、筑波山と平沢官衙を望む。

P4105244.jpg P4105245.jpg
筑波山山麓では、有名な桜の名所です。
来て見て良かったです。

このページのトップへ

大発見!!

4月4日の登山で、大発見をしました!

17796465_788662304617593_8743388530418805308_n[1]
筑波山(市境)境界線の基準点のひとつ、
【 ロ 】 地点をついに探し出すことに成功しました!!

P4045020.jpg P4045021.jpg
私の予測は当たりました!
【 ロ 】 点 = お迎え石 です。
我ながら自分の眼力を自慢します。
見つけた時は、すごく興奮しました!!
境界石は、苔蒸してグリーン色になっていました。
歴史を感じました。
このページのトップへ

3月27日 雨天訓練のはずが雪山訓練に!

前日には予想に反して大きな感動の出来事が有りました。

P3264069.jpg P3274097.jpg
大相撲、新横綱の稀勢の里関が、怪我を乗り越え、2度目の優勝!
茨城県だけでなく、日本中に感動を与えました (あっぱれ!)

P3274102.jpg
朝、一番で北関東での用事を済ませて・・

P3274106.jpg
急いで筑波山へと向かいました。
昨日からの雨が、まだ降り止みません。
マイカーで筑波山麓を走っていますが、
雲が架かって、お山は見えません。

P3274111.jpg
筑波スカイラインを走行しました。
筑波山神社を通り過ぎて・・

P3274119.jpg
風返し峠の手前くらいから、雨は雪へと変わりました!

P3274127.jpg
筑波山の東側に在る、国民宿舎つくばねに着くと
完全なる雪景色になりました! (びっくりです)。

P3274133.jpg
AM 11:55、 「国民宿舎つくばね」 から歩き出しです。
気温は、0℃ ちょうどでした。 真冬の寒さです。

P3274134.jpg
湯袋峠の丁字路は、いつものように左折します。
道路の端は所々凍っているところも有るので
滑って転ばないようにと気をつけながら歩きました。

P3274144.jpg
手袋をはめていたのですが、それでも手がかじかんで辛いので、
途中でその上に(雨の日用の)ゴム手袋をはめました。
その手袋の中には、使い捨てカイロを入れました。
これで、手の痛みは解消しました。。

P3274146.jpg P3274151.jpg
12:30、 筑波山裏登山道の登山口になります、木橋を渡ります。
先に行った人の足跡が無い事から、
午後から入山した人は居ない模様です。
私の付けた足跡だけが木橋に残りました。

P3274153.jpg P3274140.jpg
登山道に入ると、そんなに雪は積もってはいませんでした。
予想どうりでした。
でも、昨日からの降雨で、渓流には勢い良く水が流れていました。
いつもと違って迫力が有ります。

P3274176.jpg
10分、15分歩くと、少し道に雪が付いてきました。
(ちょっと焦り始めます。。)

P3274193.jpg
いつものように、サワガニベンチで小休憩。。
そこから先が、大変なことに!

P3274198.jpg
一気に大量の積雪の雪道に変わりました!
積雪量は、15センチです。
全くの新雪なので、「かんじき」が欲しいくらいでした
(持って無いので、そのまま我慢して登山靴だけで歩きました)。

P3274199.jpg
ん? 何やら動物の足跡がたくさん!
よく見ると、ヒヅメの跡が有るので、これはイノシシ!!
なので、イノシシが脇から飛び出して来るかもと、
一応警戒しながら歩きました。

P3274207.jpg
高度が上がるに連れて、雪も深くなっていきます。
急な傾斜の石段に来ました。
けれども、石段が雪に埋まってしまって、登るのが大変でした。

P3274208.jpg
振り返ると、私の付けた足跡が見えます。
頑張って登って来たと言う証拠です。

P3274225.jpg
標高450メートル地点です。
傾斜は緩くなりましたが、足が雪に埋まってしまうので
いつも以上に疲れます。

P3274227.jpg
今日の雪は、水分を多く含んだ雪なので重いです。
なので、このような木の「暖簾(のれん)」になっている所を
何カ所も突破しました。

P3274231.jpg
雪の日は、美しいモノトーンを見せてくれます。

P3274235.jpg
裏筑波の林道に来ました。
私にとっては今季、初めての樹氷を見ました。

P3274238.jpg
13:30、 キャンプ場に着きました。
予定よりも30分遅い到着になりました。

P3274239.jpg P3274243.jpg
休憩しないで、そのままキャンプ場コースを登ります。
標高は、500メートル地点です。

P3274245.jpg P3274248.jpg
少しでも歩きやすくするために、あずまやに入って
アイゼンを装着しました。

P3274250.jpg
13:46、 キャンプ場コース入口の標識から再スタートしました。
かなり冷たい風も出てきました。 しかも完全な無人の山状態です。
と、なると、雪山遭難の危険もあるので、
山頂到着のタイムリミットは、15時ジャストとしました。
15時の時点で、引き返して下山します。

P3274259.jpg
樹林帯の中は、雪で登山道が消されていました
(でも、私は完全に記憶していますから大丈夫でした)。

P3274263.jpg P3274265.jpg
標高が、600メートルを超えると、積雪量は、30センチを超えました。
足が完全に雪に埋まってしまいます。
予期せぬ、雪山の 「 ラッセル訓練 」 になってしまいました。

P3274270.jpg P3274275.jpg
しかも、雪雲の中に入ってしまったようで、
強風も吹き付けて吹雪です!
ここは、筑波山ではなくて、八甲田山のような気がしました。
視覚的には、右の写真のような感覚でした。
まるで雪の海の中を進んでいくイメージです。
肉体的にも精神的にもタフでした。

P3274281.jpg P3274284.jpg
ジグザグ道まで来れば、だいぶ登ってきました。
でも、ツライです。

P3274302.jpg P3274312_20170331202939419.jpg
やっと女体山頂直下まで来ました。
たまに自分の足跡を眺めました。

P3274319.jpg
雪を被ったクマザサが、モンスターに変わっていました。

P3274334_20170331203232685.jpg P3274335.jpg
女体山の肩まで来ました。
誰かの足跡は有りますが、人影はまったくありません、無人です。
ブナの木の雪化粧が綺麗でした。

P3274344_201703312032382ea.jpg P3274348.jpg
14:44、 女体山頂に着きました。
15時には間に合いました。
気温は、マイナス1℃、 でしたが強風が吹き荒れていますので
ここに長居することは危険でした。 
ほんの一瞬、雪雲が薄くなって下界が少しだけ見えました。

P3274349_201703312032413e6.jpg P3274350.jpg
セルフシャッターで一枚写真を撮ってから・・

P3274355.jpg P3274352.jpg
14:51、 すぐに下山に掛かりました。
しかし今日は怪我は厳禁です。
もしも怪我をして歩行出来なくなったら、命を失う危険が有ります。
なので、冷静かつ慎重な下山の歩きが要求されました。

P3274360.jpg
しかし意外にも、下山は大変スムーズでした。
足を引きづるようにして歩くと、いつものように素早く降りられました。

P3274373.jpg
ただし、私の付けたトレースは、
だいぶ見苦しいものになってしまいましたが
(でも、翌朝登る人には、良い目印になったのでは)。

P3274397.jpg P3274389.jpg
キャンプ場の上段に降りて来ると、
北側の空は幾分雲が切れていました。
色の付いたカラーの世界が見えていました!
さっきまでのモノクロの世界から脱出したようで
とても安心しました。

P3274399.jpg
15:27、 キャンプ場に降りて来ました。
雪山遭難の心配が去って、ひと安心です。

P3274404.jpg
しかし、ここからが遠かったです。
40分以上も林道を歩かなければなりませんでした。

P3274418.jpg
雪が止んだら急激に雪が融けて、雪解け水に変わりました。
やっぱり今現在の季節は冬ではなくて、春でした。

P3274425.jpg 
16:11、 国民宿舎つくばねに無事に帰ってきました。
お疲れ様でした。

P3274427.jpg
風返し峠から見た筑波山は、降雪で迫力が有りました。

P3274434.jpg
下山後は、筑波山南麓のBCに立ち寄りました。
神郡から見た白い筑波山は、見事でした。

P3274450.jpg
白い雪山の筑波山は年に何回かしかありません。
貴重な写真を撮りました。

P3274458.jpgP3274457.jpg
夕陽が照りました。
男体、女体、共に迫力があります。

P3274466.jpg P3274467.jpg
今日は一日、氷漬けのように寒い中の登山でした。
温かいカレーうどんを丸忠さんで戴いてから、家路に就きました。

ちょうどこの日の朝、悲しい事故が有りました。
栃木県那須のスキー場で
山岳部の高校生7名と先生1名が、雪崩で亡くなりました。
心からお悔やみを申し上げます。
本当に残念な事故でなりません。

私は初めてのラッセル体験でした。
今までは雪の筑波山では、
必ず先に誰かの靴跡があるのでした。
今日の筑波山はいつもの優しい筑波山ではなく、
大自然の脅威と畏怖に満ちた怖い筑波山でした。
山は畏れ多いものです。
心して入山して行って正解でした。

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (209)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム