山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

8月22日 吉田口馬返しから二日連続富士登山②

昨夜は珍しく、ほとんど寝られませんでした。
午前2時すぎには、もう完全に目が覚めてしまいました。
それでも、もう少し寝ようと努力しましたが駄目でした。
なので、完全に寝不足で、おまけに気持ちも悪いです。

P8225427.jpg
星観荘さんに用意して頂いたおにぎりを、
1個のうちの半分だけ食してから、
AM 04:52、 昨日に引き続き、
6合目の星観荘さんからスタートです。
気温は低めの、 14℃ でした。 適温です。

P8225431.jpg
昨晩、同宿となった若い女性1名を、道案内しましたが、
彼女の登るペースが遅すぎるので、
途中でバイバイと言う事に。 ('ω')ノ

P8225432.jpg
かなりのタイムロスをしてしまったので、
森から飛び出る安全指導センターまで行く前に
御来光の時間となってしまいました。 (残念)

P8225439.jpg
安全指導センターにて急いで写真を撮りましたが
時すでに遅し・・・
御来光は終わっていました。

201782202.jpg
この時の綺麗な御来光の写真です。 
星観荘さんで同宿となった、大阪のYTさんから戴いたものです。
( 有難うございました。 ) 

P8225442.jpg
空いている朝の登山道です。 涼しくて気持ちが良いです。
7合目へと向かう、吉田口名物のジグザグ道です。
アメリカの人の若いカップルが私を追い抜いて行きました。
私の体調もだんだん良くなってきました。

P8225444.jpg 20178201.jpg
私より数時間前に、星観荘さんから出発された
大阪のYTさんとお友達の方に再会しました。
YTさんからご提供戴いた写真です。
富士登山中の私の写真は珍しいです。

P8225446.jpg
06:05、 7合目の最初の山小屋が見えてきました。

P8225447.jpg
7合目を必死に登るYTさんたちです。

P8225450.jpg
今日は、このアメリカ人のカップルと、
追いつ追われつをしています。
シアトルから来たそうです。
休憩で出会う度ごとに話をしました (英語で)。

P8225452.jpg
今朝は、これでも布団干し日和(?)
7合目の東洋館さんにて。

P8225453.jpg
このルートの最難関の8合目の手前の岩場です。
今日も、嘘のように楽に登れました。

P8225454.jpg
07:04、 8合目の太子館さんに着きました。
ここでは休まず先に進みました。

P8225455.jpg
白雲荘さんで小休止にしました。
またやっぱりあのアメリカ人カップルが居ました。
私のおやつの日本のお煎餅をあげました。

P8225456.jpg P8225457.jpg
本8合目で久しぶりにリポビタンDを買って飲み、休憩しました。
08:24、 再スタートです。
あのアメリカ人カップルは、かなり先に行ってしまいました。

P8225460.jpg P8225461.jpg
9合目の迎久須志神社を通過します。
私はエンジン全開中です。
頂上まで完全ノンストップです。

P8225463.jpg
最後の岩場は、また昨日同様団体ツアーで渋滞中でした。
でも、声を掛けながら先に行かせて貰いました。

P8225464.jpg
頂上には、案外たくさんの登山客が居ました。

P8225467.jpg P8225469.jpg
09:23、 頂上に到着しました。
気温は、 13℃ でした。
星観荘さんからは、 4時間31分 と、快調なペースで登れました。
今朝の最初は体調が悪かった割には、よく挽回しました。
今シーズン、 9本目の登頂でした。

P8225470.jpg P8225472.jpg
ランチは扇屋さんで。
カップヌードルを頼みましたが、やはり食欲は無くて
半分しか食べられませんでした。

P8225471.jpg P8225473.jpg
この日の頂上の景色です。
風も無くて良い登山日和になりました。

P8225479.jpg
10:33、 下山を開始しました。
昨日よりも早い速度で駆け降りました。
下山道に居た人たちを全員ごぼう抜きしました。

P8225483.jpg
御中道、安全指導センターまで降りて来ると
午後のお約束の雲で真っ白に。

P8225486.jpg
正午12時には、星観荘に帰還しました。
ソフトクリームを買って食べてから、
すぐに馬返しに向けて下山を開始しました。

P8225493.jpg
途中で見かけた誰かが作った石の印(しるし)です。
バランスが見事!

P8225495.jpg
3合目を通過しました。
50人位の団体さんとすれ違ったので驚きました。
滅多にこんなに大勢の人は登らないルートですから。

P8225497.jpg
1合目の鈴原社です。
ここまで降りれば、あとひと息です。
ここに居られた息子さんとそのお母さんに、
旧登山道で降りたほうが良いと教えてあげました。
旧登山道のほうが土の道なので脚には優しいのです。

P8225500.jpg P8225501.jpg
14:00 ちょうどに馬返しの石鳥居に帰ってきました。
お疲れさまでした。
下山の予定時刻ピッタリです。

P8225502.jpg P8225503.jpg
富士吉田市営の無料休憩所に寄らせて貰いました。
いつもながら、冷たい麦茶が美味でした (有難い)。

P8225510.jpg
下山後は車に乗って、「紅富士の湯」へ。
今シーズン初めての紅富士の湯でした。

P8225507.jpg P8235539.jpg
先ほどの馬返しの市営休憩所で申請用紙を戴いたので、
それを道の駅富士吉田の観光案内所に持参しました。
本年度の 「 富士山登山認定書 」 を交付して頂きました。
これは、ふもとの吉田口の馬返しから登った人だけが貰えるものです。
5合目からの登山では不可です。 

P8225522.jpg
帰路にて、この夏初めての高速道路の
大渋滞に巻き込まれてしまいました。
でも、圏央道ルートが使えるようになったので
かなり楽になりました。
家に着いてみると、夜でも、猛烈な暑さで驚きました。


この二日間は、どちらかと言うと苦しい登山となりましたが、
登るタイムは、悪くはなかったので良しとします。
お天気が悪い夏ですが、私は富士山晴れ男!
今回も天気予報を覆(くつがえ)し、晴れになってしまいました。

【 登山タイム 】
登り標高差 = 1390 メートル
登りタイム = 4時間31分 (休憩時間&待ち時間を含む)
●下り
頂上 → 6合目・星観荘 = 1時間35分
6合目・星観荘 → 馬返し = 1時間33分
万歩計歩数 = 3万4700歩
このページのトップへ

8月21日 吉田口馬返しから二日連続富士登山①

7月の初めから毎週欠かさずの富士登山でしたが、
8月のお盆週間は、行事もありますし、道路も混みますので
富士山山行はお休みしました。

P8145233.jpg
14日は、昨年のお盆と同様で、
知り合いの方のお家に線香を付けに行きました。

P8205253.jpg
富士登山では、靴を想像以上に痛めます。
今回は靴底ではなくて、甲が破れてしまいました。
なので登山靴を新調しました。

P8205263.jpg
20日(日曜日)の夜に、富士山に向かいました。
首都高が混雑していたので、一度、
一般道で埼玉のほうへ向かって走り、圏央道に乗りました。
八王子付近だけは小雨が降っていました。

P8205268.jpg
八王子を過ぎれば中央高速は空いていました。

P8205269.jpg P8205274.jpg
いつものように、河口湖 IC で降りて、
道の駅富士吉田にて車中泊としました。
道の駅には案外たくさんの車が泊まっていました。
夜半には雨が降りました。

P8215281.jpg
この日の朝は、午前3時前には起床しました。
アラームが鳴る前に自然と起きてしまいました。
カップうどんの朝食を摂ってから、
マイカーを運転して吉田口馬返しへと進めます。
AM 04:30、 には馬返しに到着しました。
まだ暗かったので、ゆっくり準備をしました。

P8215283.jpg
登山の準備をしているうちに明るくなってきました。
車は数台停まっていましたが、登山者さんは誰も居ませんでした。

P8215285.jpg P8215287.jpg
05:11、 馬返しの石鳥居からスタートです。
気温は、 15℃ と低めで快適でした。
狛犬代わりのお猿さんは、富士山では神様のお遣いなのです。

P8215290.jpg
まだ薄暗かったのですが、1合目までは旧道を登りました。
1合目は、鈴原社です。

P8215292.jpg P8215294.jpg
雨が降ったばかりのようで、集水桝には水溜りが出来ていました。
今朝の私のザックは、宿泊用品も担いでいるので、
ズッシリと重たいです。
なのでスローペースで登ります。

P8215299.jpg P8215303.jpg
05:48、 2合目、御室浅間神社に来ました。
1~2合目間が一番長く感じます。
セルフシャッターで一枚撮りました。

P8215305.jpg P8215306.jpg
この日に一番多く見かけた花 ( シャジン ) です。
相変わらず誰も居ません。
お天気も曇っています。

P8215310.jpg P8215312.jpg
06:06、 3合目に着きました。
ここで小休止にしました。

P8215311.jpg
残念ながら、景色はあまり良くありません。

P8215314.jpg P8215313.jpg
何とか持ちこたえている小屋が1棟建っています。
よく見るとまるで、ナメコのようなキノコがありましたが・・・
( 採るのはやめておきました )

P8215324.jpg P8215325.jpg
06:29、 4合目、大黒天跡。

P8215328.jpg
4合5勺の井上小屋まで来ると、かなり登った感があります。

P8215331.jpg
雲切不動尊に手を合わせて先へと進みます。

P8215332.jpg P8215336.jpg
滝沢林道に飛び出しました。
トモエシオガマの花が咲いていました。

P8215339.jpg P8215341.jpg
07:13、 5合目、佐藤小屋に来ました。
気温は、 14℃でした。 あまり下がってはいません。
珍しい6輪タイヤの軽トラックが停まっていました。

P8215343.jpg P8215344.jpg
青空になってきました。
登山日和です。
しかし、下界は見えません。

P8215346.jpg
07:22、 6合目、里見平☆星観荘さんに到着しました。
今夜の宿です。
嬉しい事にオーナーの頑固親父さんとお会い出来ました。
前夜は、ミルキーウェイコンサートがここで開かれたそうです。
星の観察会では、無事に星座も見えたそうで、何よりでした♪

P8215350.jpg
07:48、 下界に降りる、頑固親父さんとお別れを申し上げてから
星観荘さんから再スタートしました。
しかしながら、足は重たい感じがして進みません。。

P8215353.jpg
08:17、 安全指導センターまで登って来ました。
お山には雲が出てきましたが、登山には支障はなさそうです。

P8215357.jpg
7合目へと向かうジグザグ道です。
気持ちの良い登山になりました。
人も少なくて空いています。

P8215360.jpg
今日は赤い鳥居が青空に映えます。

P8215361.jpg
一番傾斜がある東洋館さんのすぐ下の岩場も楽に登れました。

P8215363.jpg
10:11、 昨年まではさんざん苦労した8合目までの岩場も
嘘のように楽々登れました。
でも登る速度は、そんなに早くはありません。。

P8215370.jpg P8215373.jpg
頂上が見えてきました。
本8合目を過ぎました。 そろそろエンジンを掛けます。

P8215375.jpg P8215377.jpg
9合目の鳥居を過ぎました。
さすがに少し疲れました。

P8215382.jpg
最後の最後に渋滞していた団体ツアー組を追い越しました。
胸突き八丁の岩場は苦しい場所です。

P8215387.jpg
12:55、 頂上に到着しました。
今シーズン、8本目の登頂でした。
気温は、 17℃。 無風で良い登山でした。
星観荘さんからは、、5時間05分 と遅めでした。

P8215392.jpg
扇屋さんで休憩したのち、大内院(=噴火口)を見てから
下山に移りました。

P8215400.jpg
今日はまだスタミナが残っていました。
下山道を駆け降りました。

P8215404.jpg
駆け降りるのは気持ちが良いです。
(ただし危険なので真似はしないで下さい)

P8215409.jpg
経ヶ岳の森の中で、シカと遭遇!
ジッと私と ”にらめっこ”。

P8215418.jpg
15:28、 6合目の星観荘さんに帰ってきました。。
お疲れさまでした。
頂上からは、1時間40分のハイスピードで帰還しました。

P8215414.jpg
この日の夕景は雲が多くて無しでした。

P8215423.jpg
星観荘さんの夕食です。
私はハンバーグ定食を、カレーライスに特別に変更して貰いました。

P8215422.jpg
久須志神社の金明水、 奥宮の銀明水が揃いました。
星観荘さんの神棚にお供えしました。


今日の登山は良い条件でしたが、
体調が優れず、疲れました。
それでも何とか、想定の時間内で登れましたので及第点です。
雨天の天気予報でしたが、予報が外れてラッキーでした。

【 登山データ 】
登り標高差 = 2265 メートル
●登りタイム
馬返し → 6合目・星観荘 = 2時間05分
星観荘 → 頂上 = 5時間05分 (休憩時間を含む)
下山 (頂上→星観荘) = 1時間40分
万歩計歩数 = 3万3500歩

このページのトップへ

8月7日 鈍足迷走台風5号の嵐の登山!

台風5号が、太平洋上をずっとウロウロしている時期でした。

PA237267.jpg
どうやら、この日の午後には上陸して
富士山に最接近らしいのですが?!

P8054947.jpg 
我が街、流山市内を走る「グリーンバス」です。
この度、「新車」になりました!

P8054949.jpg P8054950.jpg
7月24日に、富士宮口5合目で申請した、貴重な
「紫色のバッヂ」が静岡県庁から郵送で届きました。
インターネット&コンビニ支払い限定のバッヂです ♪

P8064972.jpg P8064976.jpg
前夜の6日。
今回も幸いなことに、首都高速はガラガラに空いていました。

P8064987.jpg
けれども、東名高速の反対の上り車線は、大渋滞のようです。

P8075001.jpg
この夜は道の駅ではなく、須走の某市街地に車中泊としました。
満月の明かりが、とても明るくて驚きました!
富士山の中の山小屋の明かりも麓から見えていました。

P8075016.jpg
始発の5時発の登山シャトルバスに、一番乗りで乗り込みました。
(マイカー規制中ですので自家用車では行けません)

P8075022.jpg
ふじあざみラインを登って行きます。
一番前の座席に座れました♪

P8075023.jpg
30分ほどで、須走口5合目に到着しました。
いつものように山荘菊屋さんで朝食を戴き、準備を整えて・・

P8075026.jpg
AM 06:08、 登山口からスタートです。
私と同じバスに乗って来た人たちは、
皆全員先に登って行ったあとでした。
気温は、 16℃ と適温でした。

P8075028.jpg
いつものように、古御嶽神社に手を合わせて先に進みます。

P8075031_20171022223307bef.jpg P8075032.jpg
風もほとんど無く、台風が接近中だとは信じられない位の
良い天気です。

P8075033.jpg
ヤマホタルブクロも咲いていました。

P8075040_2017102222331871f.jpg P8075042.jpg
見れば見るほど良い天気です ♪
順調に6合目も通り過ぎました。

P8075047.jpg P8075048.jpg
07:32、 本6合目・瀬戸館さんに着きました。
ここに登って来るまでに、同じバスで来た人たち
全員を追い越しました。
すごく快調な登りです ♪
クルマユリも咲き出しました、盛夏の印(しるし)です。

P8075050.jpg
7合目に向かっていると異変が!
吹き降ろしの冷たい風が少し吹いてきました。

P8075052.jpg
08:16、 7合目・大陽館さんを通過します。
気温は、 14℃に低下しています。

P8075056.jpg P8075059.jpg
08:59、 本7合目まで登って来ました。
標高は、3000メートルを越えました。
未だに話題になった、悪戯(いたずら)の
「ペンキの矢印」は消えてはいませんでした。

P8075062.jpg
8合目、下江戸屋さんを過ぎると・・

P8075065.jpg
嘘のような急転直下!
たちまち悪天候に変わりました!!
気温も急低下、 10℃に下がりました。

P8075066.jpg P8075070.jpg
監視員さんに下山を促されましたが、
まだ風はそれほど強くはないので、
ギリギリまで頑張ります。
雨はまだ降っていません。

P8075073.jpg P8075076.jpg
私の他には誰も登山者は居ません。
いいえ、居ました。
欧米人の若い男性が1人、私を追い越して行きました。
彼に、今のうちだったら登頂は可能だと伝えました。

P8075077.jpg
風速は、15メートル。
登山可能のギリギリの条件に達していました。
指ぬきのハーフの手袋では手が冷たいので、
普通の手袋にはめ代えようとした、その時、
突然の突風で私の身体は、この小岩の上で一回転!!
まさかの「(逆さ)でんぐり返し」でした。
鉄棒で言えば「逆上がり」です。
ザックを背おったままの、とっさの出来事でしたが、
上手に一回転したので上手に着地♪
幸い怪我も無し、衣服も破れないで済んで何よりでした。
しかし、びっくりしました。
こんな事があるなんて・・

P8075080.jpg P8075083.jpg
この「でんぐり返し」事件で、私のハートに火が付きました!!
もの凄いファイトが湧いてきました。
今日は絶対に登る!、と決意しました。 
それからは、ドンドン歩が進みました。
いつもと全然違います。
先行している人に、たちまち追い付きました。

P8075084_2017102222384504e.jpg
それからは、あっと言う間に頂上に着いてしまいました。

P8075085_20171022223854476.jpg
10:50、 頂上に到着しました。
今シーズン、 7本目の登頂です。
気温は、 7℃。 
風も強くて冷たいので、体感温度は氷点下は間違いなしです。
この写真は、本8合目でアドバイスしてあげた、あの外人さんに
撮って貰いました。
私も登山の途中で彼を撮ってあげましたので (御相子)。
雨はまだ降っていませんでしたから、レインウエアは着ていません。

P8075088.jpg P8075087.jpg
頂上小屋は台風に備えて、全部完全に閉まっていました(当然ですが)。

P8075093.jpg P8075094.jpg
いよいよ台風5号が来たという感じがしました。
凍えないうちに急いで下山します。
通常の下山専用道は、もの凄い強風で飛ばされると判断して
登って来た登山道で下山を開始しました。
しかし、驚きました、この時、続々と大勢の登山者さんたちが
私と入れ違いに登って来ました。
何人かには、これから登るのは、もう危険だと伝えました。

P8075095.jpg
霧雨から、本格的な雨になってきました。
慌ててレインウエアを着込みました。
この夏初めてのカッパです。

P8075097.jpg
本8合目からは、下山道に出ました。
ここまで降りてくれば風は弱まります。
10メートル先も見えない悪天候なので
外人さんたちを正しい下山道に案内しました。

P8075103.jpg
見晴館さんに降りて来ると、物凄い豪雨になりました。
もはやレインウエアは用をなしません。
登山靴の中もたちまち浸水しました。
こんな豪雨ですから、
下山途中の山小屋で一泊となった人たちも多かったです。
けれども私は自信がありましたから下山を続行しました。

P8075111.jpg
驚きました、
こんな突風の中を富士宮口から登って、お鉢を辿り、
須走口へと降りてくる夫婦が居ました。
(強風時でのお鉢は危険! 、私だったら絶対に行かない)

P8075116.jpg
砂払い5合目からは、やっと森の中になります。
私の大得意の道ですが、下山道は「小川」になっていました!

P8075117.jpg
14:04、 須走口5合目に帰ってきました。
お疲れさまでした。
全身ずぶ濡れ状態でした。。(寒いです)

P8075122_20171022224107299.jpg
このまま、山荘菊屋さんに投宿しました。

P8085139.jpg
翌日(8日)は、一日、「 道普請 」 をしました。
台風5号が通過中の山小屋での一夜は、
雨戸が風雨で激しく叩きつけられて、
うるさくて怖くて寝られませんでした。。
翌日の登山口は、このあり様です。

P8085147.jpg P8085146.jpg
スコップとホウキで、砂利と折れた枝葉を地道に取り除きます。

P8085152.jpg P8085175.jpg
午前中、3時間。 午後も3時間。
合計6時間の一日仕事となってしまいました。
でも、見違えるほど綺麗になりました ♪

P8085179.jpg P8085181.jpg
ちょうどこの日の夕方からは、小山町とその友好市町の学生の
登山教室が開催されました。
登山口を綺麗にしておいて良かったです。

P8085183.jpg
虹も少し出ました。

P8085187.jpg P8085189.jpg
20:15、発の最終シャトルバスに乗車して富士山から下山しました。


今回は決して褒められる登山ではありませんでした。
悪天候の強行登山になってしまいました。
しかし、台風接近の嵐の中、まさに
火事場の馬鹿ヂカラが出た!、と言う登山でした。
意識は無いのですが、普段のタイムよりもかなり超速で登りました。
自分でも、びっくりです。
私の心に熱い闘志が湧き上がってきました。
今回は以降の登山回数を稼ぐために頑張りました。
登れるギリギリの条件下でしたが何とか登頂出来ました。
散髪道具を持参して登ったのですが、無駄な努力でした。
久しぶりに台風のもと、一晩山小屋に缶詰になりましたが
ほとんど眠れず辛かったですが、これも良い想い出です。

【 登山データ 】
登り標高差 = 1720 メートル
登りタイム = 4時間30分(実質)
下り = 3時間04分
万歩計歩数 = 3万歩
このページのトップへ

7月31日 カニさんと吉田口馬返し~日帰り登頂お鉢巡り

30日の夜に、富士山へ向けてマイカーで出発しました。

P7304730.jpg
首都高速はガラ空きでしたので、
久しぶりに 「 C2 」中央環状線、山手トンネルを走行しました。

P7314748.jpg
道の駅富士吉田にて車中泊としました。
夜明けが過ぎると、富士山が見えました。
お天気も良さそうです。

P7314763.jpg
吉田口馬返しに、朝6時集合の約束をしていましたが
私は、5時20分には到着していました。
埼玉からいらした、私の親友のカニさんです。
驚いたことに、新車の電気自動車で登場!

P7314765.jpg
準備を整えて、登山口へと向かいます。

P7314766.jpg
AM 05:52、 石鳥居からスタートです。
気温は高くて、 20℃ もありました。

P7314770.jpg
すでに明るくなっていたので、1合目までは、旧登山道を歩きました。

P7314771.jpg
カニさんは健脚の持ち主です。
ハイペースで登って行きます。
ちなみにザックも新調されたばかりとか。

P7314775.jpg P7314776.jpg
2合目、御室浅間神社と橋を通過します。
まだ休憩は入れません。

P7314777.jpg
登山道は静かでした、我々の他には誰も居ません。

P7314780.jpg P7314781.jpg
06:46、 3合目に到着しました。
ここで少し休憩にしました。

P7314789.jpg
4合目からは、溶岩の上を少し歩きます。
朝日が眩しいです。

P7314791.jpg P7314797.jpg
4合5勺、井上小屋です。
もうこの小屋が開かれることはなさそうです。(残念)
シャクナゲが満開で嬉しかったです。

P7314799.jpg
滝沢林道に飛び出しました。
青空が嬉しいです、今日は登山日和になりました。

P7314802.jpg P7314803.jpg
07:57、 6合目の星観荘さんに着きました。
ここで小休止にしました。
ご子息さんに挨拶してから再スタートです。
気温は下がらず、 20℃のままでした。

P7314807.jpg P7314808.jpg
旧5合5勺の経ヶ岳です。
タカネバラの花は滅多に見られません、ラッキーでした♪

P7314816.jpg
08:26、 安全指導センターの下まで来ました。
雲が多くなってきました。
それに登山者もたくさん登り降りしています。

P7314820.jpg
09:17、 最初の7合目に着きました。
けれども休憩はいたしません。

P7314821.jpg
カニさんは、元気いっぱいで、グングン先行していきます。
私はそれに付いて行くのが精一杯でした。

P7314825.jpg
7合目の区間、カニさんに追い付けず。

P7314832.jpg P7314833.jpg
8合目になっても、カニさんに追い付けず。

P7314835.jpg PA237265.jpg
元祖室さんで、焼き印を押して貰いました。
毎年押して貰っていますので。

P7314837.jpg
11:28、 本8合目を通過します。
カニさんは、またもや先行して行ってしまいました。
ほとんど休憩もなく登って行ってしまうので
本当にタフな人です。

P7314841.jpg P7314843.jpg
雲海の上に来ました。
9合目の鳥居まで登って来ました。
カニさんは、30メートルほど先行しています。
追いつけそうで追い付けません。。

P7314846.jpg
あれあれ、頂上直下のところで、大渋滞に巻き込まれてしまいました。
2組のツアーの大集団が詰まっていました。
仕方なく、牛歩になってしまいました。

P7314855.jpg P7314853.jpg
12:33、 カニさんから5分遅れで、頂上に着きました。
気温は高めの、 17℃。
星観荘さんからは、4時間25分とまあまあのタイムで来ました。

P7314858.jpg P7314859.jpg
ランチは扇屋さんで。
カニさんは牛丼(赤飯?は今では謎です)。 私はカレーうどん。

P7314861.jpg
私は、行きたくはなかったのですが、
カニさんたってのご希望で、御朱印を貰いに奥宮へ向かいました。

P7314870.jpg
浅間大社奥宮が見えてきました。

P7314873.jpg
カニさんは御朱印帳を持って、奥宮へ。
私は参拝だけで済ませました。
富士宮口頂上は登山者も少なく空いていました。

P7314882.jpg
私は今日は、ピッチが上がらずスピードが出ませんから
ひと足先に、馬の背を登ることにしました。
富士山で最も苦しい坂道です!

P7314889.jpg
10分後、赤いシャツを着ているカニさんが登って来ました。

P7314893.jpg
13:51、 真の山頂(3776メートル)の剣ケ峰に来ました。
何とカニさんは、ここに来るのは初めてだったそうです。
今日は珍しく無風で、気持ちの良い青空の山頂でした。

P7314897.jpg P7314899.jpg
せっかくここまで来たのですから、お鉢巡りもしました。
もちろんカニさんは初体験です。

P7314900.jpg P7314903.jpg
14:40、 お鉢を一周して下山を開始します。

P7314911.jpg
下山は、私もカニさんも小走りで駆け降りました。
馬返しまで降りなければなりませんので急ぎます!

P7314920.jpg P7314921.jpg
17:46、 無事に馬返しの鳥居まで帰ってきました。
お疲れさまでした。
お鉢巡りもしたので、時間的に遅くなってしまいましたが、
日没前に降りて来られて良かったです。
最後まで、オチャメなカニさんでした(笑)

P7314934.jpg
下山後はマイカーに乗って・・

P8014939.jpg
カニさんの大ミステイクで、何故か、和菓子を買うことに。
ほうとうを食べに行くはずでは?・・
ヘンテコな夕食を食べるはめに (*_*) もう嫌。
(結局山梨名物の、ほうとうは食べられず)

P7314925.jpg
鳴沢の温泉、「ゆらり」にて入浴しました。
ガラガラに空いていて貸し切り風呂状態で良かったです。


カニさんの健脚ぶりには舌を巻きました。
今シーズン初めての富士登山なのに、高山病にも全くならず
あれだけのハイペースで登れるなんて羨ましい限りです。
下山の途中の山小屋で、採ってきたオニク(高山植物)を
初めて見せて貰いました。
吉田口ではほぼ絶滅らしいですが、須走口ではまだ少しは
採れるようです。
カニさんの電気自動車は、行き帰りの途中で充電が必要でした。

【 登山データ 】
登り標高差 = 2326 メートル
●登りタイム
馬返し → 6合目星観荘 = 2時間05分 (休憩時間を含む)
星観荘 → 頂上 = 4時間25分 (休憩時間を含む)
下山 = 3時間06分
万歩計歩数 = 5万1300歩
このページのトップへ

7月24日 御殿場口新5合目から宝永火口経由で富士宮口

先週は、御殿場口ルートを登りました。
今回も引き続き、御殿場口新5合目へと向かいます。

P7234315.jpg
家を出る時には、雨は降ってはいませんでした。
首都高速は空いていたので、
都心環状線経由(C1)で東名高速に乗りました。
快適なドライブでした。

P7234320.jpg
しかし、御殿場ICで降りる時には、かなりの雨が降っていました。

P7244329.jpg
御殿場口新5合目の第二駐車場に着いた時には、
雨は上がっていました。
駐車場の一番隅っこに車を停めて、車中泊としました。
この夜は、あまり車の出入りが無くて、静かな安眠が出来ました。

P7244334.jpg
翌朝は、午前3時過ぎには起床しました。
レトルトのカレーライスを作って食しましたが
まだ食欲はありませんでした。
入山料のブースがすでに開いていたので尋ねましたが、
やはり、「紫色」のバッヂはここには無いそうです。
AM 04:07、 御殿場口新5合目の登山門からスタートです。
気温は、 17℃ と寒くはありません。

P7244336.jpg P7244337.jpg
10分ほど歩いて、大石茶屋さんに着きましたが、まだ就寝中でした。

P7244338.jpg
今朝は、通常の御殿場口ルートをここで外れて
「 双子山ハイキングコース 」 へと進みます。

P7244339.jpg
例によって、深い青色の世界へと入って行きます。
御殿場口ルートを行く人は何人か見受けられましたが
こちらの双子山ハイクコースに行く人は、私一人だけでした。

P7244349.jpg
夜明け前になりました。
少し富士山が見えてきました。

P7244351.jpg
早速、この日最初の急坂を登ります。

P7244361.jpg P7244362.jpg
04:53、 御来光です。
少し赤富士にもなりました。

P7244370.jpg
04:55、 双子山の分岐に着きました。
快調なタイムで来ました。

P7244384.jpg
ここからは、まるで西部劇のような荒野の中へと進みます。

P7244387.jpg
富士山の形も独特です。

P7244388.jpg P7244389.jpg
「 四辻 」 に来ました。
この辺りは緩い坂なので、ちょっとひと息つけます。
イタドリも赤い花をつけ始めました (ちなみに食用可です)。

P7244396.jpg
荒野の中は、歩きやすいのですが・・

P7244407.jpg P7244408.jpg
森の中に入ると、ものすごい急登の坂もあります。
今朝は充分に心の覚悟が出来ていますから
急な坂道も大丈夫です。
富士山の形が変わってくると面白いです。

P7244411.jpg
ここは、貴重な緩い坂の気持ちの良い林の道 ♪

P7244458.jpg
難関の宝永第三火口の縁の道を登って行きました。
でも、足がスムーズに運んだので助かりました。

P7244505.jpg
07:20 、 富士宮口5合目に到着しました。
ここまで標高差は、960メートル登りました。
早速、お目当ての「紫色のバッヂ」を入手すべく入山料の徴収ブースへ。
しかし、何と、ここにも有りませんでした・・ トホホ。

P7244509.jpg
富士宮口のシンボルカラーである青色の登山バッヂを
入手してから、登山口へと向かいました。
07:56、 富士宮口ルートへスタートです。
気温は、 18℃ でした。

P7244513.jpg
今朝は、比較的登山者は少なめのようです。

P7244514.jpg P7244515.jpg
それでも、6合目の山小屋の前には、けっこう大勢の登山者が
休憩していましたから、私はひと足、先を急ぎました。
ここからが、一気に急坂になります。

P7244521.jpg
駿河湾の太平洋は、雲に隠れていて残念でした。

P7244532.jpg
8合目の手前の岩場では、渋滞していました。

P7244540.jpg
なるべく休み時間を長く取らないように
ペース良く登って行きました。
ようやく頂上が見えてきました。

P7244551.jpg
9合5勺を過ぎました。
時計を見ましたら、もう4時間も登っています。
焦って頑張って、ペースアップしました!

P7244571.jpg P7244560.jpg
11:54、 富士宮口頂上に到着しました。
5合目から、 3時間58分、 
最低目標の、 4時間を切ったので良かったです。
気温は、 16℃。 風も無くて爽やかでした。
新装なった鳥居が綺麗でした。
これにて、今シーズン、5本目の登頂です。

P7244598.jpg
12:29、 下山を開始します。
先週も降りた、御殿場口ルートを降りて行きます。
道は相変わらず荒れていて難儀しました。
今日は、ほとんど景色も見えませんでした。

P7244605.jpg P7244608.jpg
15:35、 3時間05分も掛かって、ようやく大石茶屋に着きました。
下山は足が痛くなってしまって絶不調でした。。
大勢の自衛隊さんが休憩されていました。

P7244618.jpg
ちょっと早い、夕食を戴きました。
肉蕎麦、美味しかったです、絶品!

P7244628.jpg
太郎坊の道路上で、小鹿と遭遇!
全然逃げる気配も無くて、しばらく私と”お見合い”していました。

P7244632.jpg
久しぶりに、御胎内温泉にて入浴してから帰りました。


昨年に引き続き、2回目の御殿場→富士宮、で登頂しました。
御殿庭入口からの森林地帯が、一番の難所でしたが、
さほどの苦労も感じなくて登れました。
今日は下山以外は、スムーズな登山が出来ました。

【 登山データ 】
●御殿場口新5合目 → 富士宮口5合目
登り標高差 = 960 メートル
登りタイム = 3時間13分 (休憩時間を含む)
●富士宮口5合目 → 頂上
登り標高差 = 1320 メートル
登りタイム = 3時間58分  (休憩時間を含む)
下山 = 3時間05分
この日の万歩計歩数 = 4万9500歩
このページのトップへ

10月17日 富士山須走口5合目の旧下山道を探査

16日(月曜日)は、雨天でしたが、
富士山須走口5合目に滞在。

翌日の17日(火曜日)も、また雨の一日でした。
でも、身体がなまりますので、ちょっとハイキングへ!
今まで謎だった、ルートの解明に行ってみました。

PA177114.jpg
AM 11:09、 古御嶽神社からスタートです。
かなりの雨が降っています。
気温は 8℃、 風はありませんが冷たい雨です。

PA177119.jpg
古御嶽神社から、旧下山道へと侵入します。

PA177121.jpg
旧下山道だと言う”証拠”が有りました。

PA177124.jpg
その先には、木の幹に巻かれた目印を発見。
旧下山道は、この辺に??
しかし、この目印は関係ないと判断しました。
はて、旧下山道は何処に?・・

PA177127.jpg
捜し回る事5分、 どうやら旧下山道のロープらしきものが。
ここを登って行くことにしました。
しかし、とても急坂でした。

PA177132.jpg
谷間に続くこの道が、旧下山道だと確信しました。
しかし、道は荒れていて障害物も多く、歩きにくかったです。
でも、綺麗なコケがたくさん見られました。

PA177138.jpg PA177141.jpg
これは凄いです、リュウノヒゲの山を通り抜けます。

PA177145.jpg
道は三差路になりました。
ここは、登りの左に進みました。
右の下がる道は次回の探査にします。

PA177152.jpg
広い砂利道に飛び出して、旧下山道は終わりました。
この道はもしかして?・・

PA177159.jpg
やっぱりそうでした、小山町山岳会の避難小屋に出ました。
ここまで、25分で来ました。

PA177165.jpg
避難小屋を見てから、進行方向を逆に取って返しました。
すると、予想どうりの、現在の下山道に出ました。

PA177166.jpg
雨は相変わらず降っていますが、トレーニングも兼ねて
急な登り坂を登って行きました。

PA177169.jpg
雨は、小降りになりましたが、霧が濃いです。
眼鏡が曇ってしまって、前方に鳥居が見えるような
見えないような?・・

PA177174.jpg
11:52、 やはり鳥居でした!

PA177175.jpg PA177176.jpg
砂払い5合目の吉野屋さんです。
気温は、 7℃。 立ち止まると寒さが身に沁みます。

PA177191.jpg
下山は、いつものように小走りで。
先ほどの避難小屋の前を通りました。

PA177195.jpg
そのままブルドーザーの道を進みました。

PA177203.jpg
最後は、見慣れた看板の所に出ました。
第三駐車場からまぼろしの滝へ行く、入り口です。

PA177220.jpg
12:24、 須走口5合目に無事に帰ってきました。
これにて本日の探査は終了。

PA187255.jpg
ちょっと宣伝させて下さい。
{ サク山チョコ次郎 } セブンイレブンにて販売中です!
108円。
筑波山のふもとのお菓子会社、正栄デリシーの製造です。
お世辞抜きに美味しいチョコビスケットです。
是非買って下さい♪

旧下山道と、避難小屋の場所の謎が解けました。
あいにくの雨でしたが、気分は良かったです。
※ 旧下山道の歩行は、危険はそれほどありませんが、
道の最初が不明瞭ですので、
ルートファインディングの技術が必要でした。
初心者には向きません! 
現行の登山道&下山道のほうが歩きやすいです。
このページのトップへ

10月9日 筑波山は大賑わい残暑で半周

先週は富士山へ行きましたので
2週間ぶりの筑波山です。
今日は体育の日で祭日です。

PA066856.jpg PA096868.jpg
前回、筑波山へバイクで行こうかと思いましたが
何と、セルモーターが回りません、完全なるバッテリー上がりでした。
なのでこの度は、バッテリーを新調しました。
8年もバイクのバッテリーが持ったのは、驚異的でした。
(バイクのバッテリーは、Made in Japan のに限ります)

PA096878.jpg
今朝は寝坊気味で、ゆっくりと筑波山へ。
綺麗な青空です、すでに暑いです。

PA096880.jpg
筑波山南麓の私のBC(ベースキャンプ)にて、
私の250CCバイクから、原付バイクを借りて乗り代えました。

PA096882.jpg PA096883.jpg
神郡から走り出しました。
この原付バイクは、ピカピカの「新車」です。

PA096890.jpg
つくば道は、徒歩にて登って行きます。

PA096897.jpg
AM10:19、 白雲橋登山口からスタートです。
気温は、 20℃でした。 残暑です。

PA096900.jpg
杉林の中には、新しく建てられた看板がありました。

PA096901.jpg
祭日なので登山者は案外居ました。
酒迎場分岐は、右へ、迎場コースを進みます。

PA096907.jpg
ここにも新しい案内板が建っていました。

PA096913.jpg PA096918.jpg
快調に、33分で、つつじヶ丘に着きました。
あまりにも暑いので、ここでは滅多に買わないソフトクリームを買いました。
つつじヶ丘の駐車場は、満車で大賑わいでした!

PA096926.jpg
東筑波ハイキングコースへ。
15℃くらいに気温が下がって少しは涼しくなりました。
山には大量の水を貯めていたようで、沢水も豊富でした。

PA096929.jpg PA096940.jpg
一見、ナメコのようなキノコを見つけましたが、ナメコではないようです。
ツクバトリカブトが綺麗に咲いていました。

PA096944.jpg
筑波高原キャンプ場にて、小休止しました。
裏筑波は人も少なくて静かでした。

PA096952.jpg
キャンプ場コースを登りました。
今日は急いで登る必要もないので、普通に登りました。
しかし、真夏の林間コースのような感じでした。(暑い。。)

PA096960.jpg
順調に 35分ほどで、 女体山の肩に登り切りました。
しかし、そこは人、人、人の大混雑。
山頂に行くのは遠慮しました。。

PA096964.jpg
ランチはせきれい茶屋さんで。
このBLOGに度々コメントを下さる hiroさんと、何とびっくりの初対面!
お会い出来て良かったです (^^)/

PA096969.jpg
賑わう御幸ヶ原です。

PA096973.jpg
久しぶりに御幸ヶ原コースを降りました。
滑りやすい道でしたので難儀しました。

PA096981.jpg
びっくりでした、噂では聞いてはいたのですが、
いよいよ、筑波山大御堂の建て替え工事が始まっていました!

PA096988.jpg
徒歩で、つくば道を降りて行って・・

PA096993.jpg
原付バイクで下山しました。

PA096998.jpg
15:10、 神郡に帰ってきました。
お疲れさまでした。
夕方になっても気温は暑くて、 24℃でした!

PA097002.jpg
帰路は、常総SCにも寄りました。


予想を超える、体育の日の大混雑の筑波山でした。
暑くて大変でした。
でも、私のバイクが復活出来たので良かったです。

PA096965.jpg
☆ hiro さん、有難うございました ☆ 


このページのトップへ

10月2日&3日 富士山の東斜面を探査

永年疑問であった場所へ探査してきました。

PA026628.jpg
2日= 須走口6合目付近にある、御中道(おちゅうどう)の探査をしました。
須走 ←→ 吉田 の区間には、 合計3本の御中道があります。
今回は、5年ぶりくらいに一番下の御中道を通ってみました。
今まで通ったことがなかった部分を通って、謎が解けました。
ここで、(天然記念物)ニホンカモシカとも初遭遇しました。

22195799_n.jpg
3日= 黄色〇は有名な宝永山です。
今回はその下に見える赤色〇の 「 獅子岩 」にトライしてみました。
しかし、そこに行く道はありません。。
道なき道をルートファインディングしながら、
深い谷を越えながら行きましたが、
時間切れと、霧が出て来たのでやむなく断念しました。
このページのトップへ

10月3日 コケモモ摘み(富士山6合目) 

コケモモは高山植物です。
富士山須走口6合目付近へ摘みに行ってきました。

PA026605.jpg PA026675.jpg
残念ながら御中道(おちゅうどう)には、コケモモはありませんでした。
すでに摘み取られたあとでした。
でも、ほかの場所でコケモモを見つけることが出来ました!

CsnXZQyVMAAVm-1.jpg
5合目の、コケモモソフトクリームは美味しいです。
富士山に行ったら是非!!
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (472)
富士山 (221)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (30)
その他色々 (119)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム