FC2ブログ

山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

甲子園決勝戦

がんばれ! 金足農業高校!! 
私の母の田舎が秋田県なので応援してます。

それに比べて、毎年の千葉県勢ときたら・・ 情けない。
(私の個人的見解)
このページのトップへ

絶景!、 8月15日の朝焼け

P8156865.jpg

御来光の直前の朝焼けが、素晴らしく美しかったです!
下界の山中湖もオレンジ色に染まっていました。
このページのトップへ

13日〜15日

五合目にて、お手伝いしてきました。
わんさか登山者や観光客が押し寄せて、大変なにぎわいでした。
朝は2時半起き、寝られたのは午後10時でした。
とにかく寝不足が、つらかったです。
自由時間は、御来光を見に行くいっ時だけでした。
戦争のような三日間でした。
(未だに眠いです)
このページのトップへ

私の2018お盆休み 予定

いつものお盆休みは道路の渋滞が嫌なので、
行きませんが、今回は例外となりました。
13日から15日は、富士山です。
私は残念ながら今回、登山は出来ません。
登山者さんのサポートを一生懸命いたします。
このページのトップへ

夜明けを知らせる小鳥たちのさえずり 富士山

[広告] VPS

このページのトップへ

7月3日 富士山貸し切り!?須走口登山 (99)

ちょっと古い富士登山の記事です。
順番まちまちで、すみません。 ようやく書きました。

いよいよ7月に入って、
平成30年、2018年度の富士登山シーズンも幕開けしました。
P7015309.jpg
7月1日の夜、自宅からマイカーに乗り、出発。
首都高速道路を走行しました。
輝く東京タワーを見るのは久しぶりでした。

P7025326.jpg
2日の早朝です。 
富士山須走口5合目に来ました。

P7025328.jpg P7025340.jpg
この夏最初の御来光を拝みました。
穏やかな良い天気になりそうです。
この日に登山する気で5合目に上がってきましたが、
突然の予定変更!~
この日は特に深刻な人手不足との事ですので、
終日、登山者さんのサポートをすることになりました。

P7025356.jpg
夕刻、一旦下山して、大型スーパーへ買い出しの手伝いも。
この日はスバルラインと間違えて下山してくる外人さんが、
ものすごく多かったです。

********************************
翌日 ( 3日、火曜日 )

午前2時には、目が覚めてしまいました。
そのまま起床して、支度して・・

P7035364.jpg
3時少し過ぎには、須走口ルート登山口へと向かいました。
ここは静岡県側なので、10日が山開きです。
なので、まだ通行止めの看板が立てられていました。

P7035365.jpg
AM 03:13、 古御嶽神社に参拝したのち、スタートです。
気温は、 14℃ と良い条件でした。
奇麗に、お月様も出ています。 

P7035369.jpg
真っ暗闇の森の中を行きます。
音も無い、無音の森の中を進みます。(少し不気味)

P7035372.jpg
シーズン最初なので、早る気持ちを抑えつつ、
急坂を登っていきます。
(飛ばすと高山病になってしまいます)

P7035377.jpg P7035378.jpg
夜明け前の景色を楽しみました。
(今日は焦らずゆっくり登ります)

P7035379.jpg
今朝は珍しく、半ズボンにして快適です。
登っていると暑いです。

P7035380.jpg P7035381.jpg
59分という良いペースで、6合目の長田山荘さんに来ました。
上出来のタイムでした。

P7035384.jpg
長田山荘さんは営業していました。
前庭からは、すごい雲海が見られました。

P7035388.jpg
今朝は不思議です!
登山道はもちろん、下山道にも、人っ子ひとり見当たりません!!
こんな事は初めてです。

P7035391.jpg P7035393.jpg
04:30、 御来光を観ることが出来ました。
良い御来光でした。 朝日を浴びる富士山です。

P7035394.jpg
野イチゴの花がたくさん咲いていました。

P7035396.jpg P7035404.jpg
04:46、 本6合目の瀬戸館さんは、まだ閉まっていました。
ここで、ちょっと寄り道しました。

P7035398.jpg P7035400.jpg
瀬戸館さんの裏手に在る、「 御胎内 」(おたいない)に入ってみました。
洞窟が神社になっています。

P7035401.jpg
外に出る時の光が眩(まぶ)しいです。

P7035402.jpg
結果的に大休止になってしまった瀬戸館さんをあとにします。
アヒルがお見送りをしてくれました。

P7035407.jpg
依然として誰も居ません。
そして誰も見当たりません。
黙々と登るだけです。

P7035406.jpg
コケモモの花を発見しました!

P7035410.jpg P7035413.jpg
フジハタザオ。   オンタデ。  咲いたばかりのようで新鮮で奇麗です。

P7035412.jpg
数年前には大スランプに陥って、大苦戦して登ったジグザグ道ですが
今朝は普通に登れています。

P7035416.jpg P7035414.jpg
山中湖も見えてきました、素晴らしい景色です。
しかし、まだ全く誰も居ません、完全無人の富士山です。

P7035418.jpg
05:47、 7合目の大陽館さんに着きました。
ここまで、2時間半でした。
大陽館の女将さんと初めてお目にかかりました。
少しお話させていただきました。

P7035426.jpg
急坂を登って行って・・

P7035429.jpg
06:31、 標高3200メートル、本7合目の見晴館さんに着きました。
しかしながら閉館中でした。

P7035430.jpg
吉田・スバルライン登山道と交差する地点に近づいて
ようやく登山者さんの姿を見ました。
無人の富士山は終了しました。

P7035431.jpg P7035434.jpg
06:58、 8合目の下江戸屋さんは閉館中でした。
ここからは、人がいっぱいです。
標高が上がったので半ズボンから、普通のロングパンツに戻しました。

P7035435.jpg
07:29、 本8合目を通過します。
お天気は申し分ありません。

P7035436.jpg P7035437.jpg
最後の山小屋を通り過ぎます。
まだ7月が始まったばかりだと言うのに、雪渓がいつもよりも
かなり小さいです。 早くも融けてしまいました。

P7035438.jpg
9合目を通過します。
ようやく空気の薄さに慣れてきました。

P7035440.jpg
頂上直下の胸突き八丁は、さほど苦労せずに登れました。

P7035441.jpg P7035450.jpg
AM 08:39、 5時間25分で須走口吉田口頂上に着きました。
気温は、 12 ℃、 少し寒いくらいでした。
通算 99 回目の登頂。 王手です。

P7035451.jpg
頂上扇屋の皆さんとお会い出来ました! (^^♪
一生懸命小屋開きの準備作業をされていました。

P7035453.jpg
頂上には、約30分間居ました。
私にしては珍しく facebook などを頂上から投稿しました。

P7035459.jpg
09:14、 自己責任で、下山道を降りてしまいました。

P7035460.jpg
本8合目の脇には、砂に埋もれた雪渓が有りました。

P7035459_20180809211728d85.jpg
若い男性2人組さんが、私に声を掛けてくれました。
5合目で私のことを訊いてくれていたそうです。
普通の人と違う足運びだったようで、すぐに判ったそうです(笑)

P7035471.jpg
須走口の「砂走り」を降ります。
シーズン前にブルで整備してくれたようでしたが、
見た目よりも堅い砂地になってしまって、降り辛かったです。

P7035472.jpg
砂走りから逆に見上げた風景です。

P7035476.jpg P7035477.jpg
砂払い5合目の吉野屋さんは、大工事中でした。
下水の巨大タンクのようです。

P7035482.jpg P7035483.jpg
森の中へは行かずに、サブルートで降りることにしました。
小山町山岳会の避難小屋の前を通ります。

P7035487.jpg
第三駐車場に着きました。

P7035491.jpg
11:23、 須走5合目に帰ってきました。
お疲れ様でした。
気温は、 22 ℃ 、 暑く感じます。

P7035492.jpg
午後の富士山も、穏やかでした。

P7045505.jpg
今朝は、半ズボンを履いていたのですが、
アブに刺されていました!
( 私の山歩き生活では初めての経験でした )
全治3週間も掛かりました! ( いつまでも痒い )


下山後に気が付きました。
私がまさに登山を開始した時刻 = ワールドカップサッカー
日本 VS ベルギー 戦が始まった同じ時刻でした!!
残念ながら日本は負けてしまったようでしたが、
道理で誰も富士山の登山道には居ない筈でした。。
シーズン初回にしては、上出来の良い登山でした。
2週間前に、須走馬返しから5合目まで登りましたので、
合わせ技で、ふもとから登ったことにしています。

【 登山データ 】
登り標高差 = 1720 メートル
登り = 5時間25分 (休憩時間を含む)
下り = 2時間10分 
このページのトップへ

7月9日 富士山通算100回記念登山 

富士登山の順番が入れ違い、すみません。ようやく書きました。

いよいよ節目の富士登山通算100回目に挑む日が来ました。
100回を意識するようになってからが、
なかなか回数を消化出来ずに大変でした。

P7085540.jpg
前日は仕事を終わらせて、20時に家を出ました。
22時過ぎには、富士吉田市内に到着しました。
富士急ハイランドのジェットコースターの明かりが印象的でした。

P7095550.jpg
少しの仮眠のあと、
AM 01:45、 に起床。
さすがに食欲はありませんでしたが、
それでも、カップうどんを作って食しました。
三日月が出ていて、穏やかな朝になる予感でした。

P7095559.jpg
02:45、 準備が整い、北口本宮冨士浅間神社の鳥居をくぐりました。

P7095560.jpg
超早朝なので、人影はありません。
本殿前にて、登山の無事を祈りました。

P7095563.jpg
02:55、 富士山吉田口登山道の登山門から、
意を決してスタートしました。
早朝にも関わらず、気温は 19℃も有って、空気が生暖かく、
お世辞にも気持ち良いとは言えませんでした。
歩いていないのに、早くも汗ばみます。

P7095566.jpg
東富士五湖道路の交差点までは、県道の脇の歩道を歩きます。
真っ暗闇の中、先へと急ぎます。
熊が出ないことを祈るばかりです。

P7095570.jpg P7095571.jpg
アスファルトの道の端は、足を痛めますので
遊歩道の中を歩きます。
ますます真っ暗で、薄気味悪いです。

P7095573.jpg
やっとの思いで、遊歩道は終わりました。
熊が出なくて済んで、ひと安心です。

P7095574.jpg
ぴったり1時間、良いぺースでした、 03:55、 中の茶屋に着きました。
ここで小休止しました。

P7095576.jpg
5時に、とある人と馬返しで待ち合わせの約束をしていますので
のんびりしている暇はありません、先を急ぎます。

P7095582.jpg
04:45、 日の出のようです。
樹林が朝日に輝きました。
山の上ではきっと、良い御来光だったでしょう。

P7095583.jpg
12分遅刻して、 05:12、 馬返しの駐車場に着きました。
銀色の車が歩いている途中で見えましたが、あれはやっぱり・・・

P7095584.jpg
カニさんの車でした!

P7095585.jpg
再度準備を整えて・・

P7095587.jpg P7095588.jpg
05:26、 吉田口・馬返しの石鳥居から再スタートです。
気温は、 14℃ と下がって適温になりました。

P7095592.jpg
1合目までは、足に優しい旧道を登りました。

P7095593.jpg
本日、{ 私のわがまま登山 } に同行して下さる、埼玉のカニさんです。
私のザックには宿泊用品が入っていて重いのですが、
私のスローペースに合わせて登ってくれるカニさんでした。

P7095594.jpg
06:08、 2合目で小休止です。

P7095595.jpg P7095596.jpg
御室浅間橋の先には、倒木がありました。
これが、事前情報の難ポイントのようでしたが
あっけなく通過出来ました。

P7095598.jpg P7095601.jpg
06:36、 3合目でも休憩しました。
私のメガネが曇ります。

P7095602.jpg
4合目からは、傾斜がやや急になってきます。
頑張りどころです。

P7095609.jpg P7095611.jpg
4合5勺の小屋を過ぎると、
少しでしたがシャクナゲが咲いていました。

P7095612.jpg P7095613.jpg
5合目まで上がると視界が開けます、、
いいえ、雲の中で、真っ白でした。

P7095615.jpg
08:07、 6合目の里見平☆星観荘さんに到着です。
ここで大休止としました。

P7095617.jpg
08:24、 星観荘さんから再スタートです。
気温は、 15 ℃ と適温でした。

P7095618.jpg P7095620.jpg
経ヶ岳を通り過ぎて、安全指導センターへと向かいます。
太陽が照り付けないので良いです。

P7095624.jpg
今日は普段と違って百回の記念登山。
レジャーや遊びではないので、
緊張感で私もカニさんも口数が少なめです。
北口本宮からですから、全力を傾けなくては登頂は叶いません。

P7095626.jpg P7095627.jpg
7合目の岩稜地帯に入りました。
ふもとの市街地からのスタートでしたから、
スタミナもかなり使い果たしています。

P7095631.jpg
鳥居荘さんに着くと、本格的な雨になりました。
急いでレインウエアを着こみました。

P7095632.jpg
完全なる雨になってしまいました。
朝の穏やかな青空が嘘のようです。

P7095635.jpg
雨中の最難関ポイントの急な岩場の通過は、苦労しました。

P7095638.jpg
11:28、 8合目の太子館さんに着きました。
依然として歩行ペースは上がらず、遅いままです。

P7095644.jpg
元祖室さんで・・・

P7095643.jpg P7105722.jpg
毎年集めている、干支(えと)の焼き印を戴きました。

P7095646.jpg
視界も悪くて、登山には悪い状況になってきました。
気温も急に下がってきました。
雨に打たれながら、温かいコーンスープを買って飲みました。

P7095647.jpg
それほど冷たい雨ではないので、私は、登山の続行を決意しました。
本8合目を出発しました。

P7095650.jpg
9合目の鳥居が遠かったです。

P7095651.jpg
最後の胸突き八丁は、慎重にゆっくり登りました。

P7095654.jpg P7095655.jpg
14:22、 念願の 「 100登頂 」 を達成しました。
須走口吉田口の頂上に到着しました。

P7095656.jpg P7105725.jpg
扇屋さんのスタッフの皆さんも、
今回が私の100登頂と言うのを覚えていてくれました! (≧◇≦)
カニさんが持参した、クラッカーを鳴らして祝福して貰いました。

P7095657.jpg P7095658.jpg
小降りになったり、雨が止んだりの中、お鉢を時計回りに進みました。
もうスタミナは残っていません、ゼロです。

P7095659.jpg P7095663.jpg
ようやく、富士宮口の頂上の奥宮までたどり着きました。
この雨で、コノシロ池が出現していました。

P7095669.jpg
体力はもう無いので、気力だけで、馬の背をよじ登ります。
この坂は、富士山最難所と言われます。

P7095675.jpg
15:35、 雨でけぶる富士山最高峰真の山頂、剣ケ峰に登頂しました。
カニさんも満足そうです。

P7095682.jpg
こんな天気の夕方ですから、剣ケ峰には、ほとんど人影はありませんでした。
お陰で、ゆっくりと記念写真の撮影が出来ました。

P7095692.jpg P7095693.jpg
また再び、須走口吉田口の頂上まで帰らなければなりません。
この際、頑張って、「お鉢めぐり」もすることにしました!
北口本宮から登って、プラスお鉢めぐりもするとは、
もの凄いタフな行程になりました、考えられません!。。

P7095695.jpg
16:24、 須走口吉田口頂上にて一枚写真を撮ってから
すぐに下山へと移りました。

P7095700.jpg
雨が一瞬止むと、虹が出ました。
けれどもまだレインウエアは脱げません。

P7095704.jpg
二人とも体力を使い果たしてしまい、
最初は歩いて下山していましたが、
日没が気になって、とうとう走らざるを得ませんでした。

P7095708.jpg
どんどん降りて行って、やっと6合目の森の中に入りました。

P7105710.jpg
18:37、 星観荘さんに帰着しました。
今夜の私の宿です。 お疲れさまでした。
しかしながら、カニさんはこのまま馬返しまで降りて行きました。
真っ暗でしたから、馬返しまで2時間掛かったそうです。
その夜の宿の客は私1人だけしか居らず、
更にはご主人も女将さんも居らず、寂しい夜となりました。
疲れたので晩ご飯も食べずに、すぐに寝てしまいました。。


本当は、富士山駅か富士吉田市役所からスタート
したかったのですが、今回は時間的に無理でした。
今回は全面的に、カニさんには私のわがままを訊いて貰いました。
お互いに本当に大変苦労した登山となりましたが、
計画どうりに全てが実行出来ました。
カニさん、ありがとうございました。

【 登山データ 】
登り標高差 = 2926 メートル
登り = 北口本宮→吉田口頂上 11時間25分 (休憩時間を含む)
下り = 吉田口頂上→星観荘  2時間10分
一日全歩行時間 = 15時間 (過去最長新記録) 
万歩計歩数 = 47900歩
このページのトップへ

MY ツイッター 7月31日撮影

<ここをクリック願います!>
7月31日撮影のものです。
このページのトップへ

追悼

30日、私の地元の幼馴染みであり、
小中の同級生であった 『 流山珍撰組 』 さんが突然に亡くなった。
思いがけない悲しい知らせに、私の心もバラバラに分解しそうだ。
今年は私にとってはツライ年だ、次から次にと悪いことが重なる。

亡くなった彼には、45年間の良い想い出をたくさん貰った。
感謝と言う言葉以上の感謝しかない。  合掌。
このページのトップへ

7月31日 須走口思い付き富士登山 (103)

7月に入って、5週連続の富士登山でした。

P7306515.jpg
前日の30日(月曜)の朝、須走口5合目に来ました。
この日は一日、5合目に滞在して、前日の台風12号で
登れなかった大勢の登山者のサポートなどを。

P7316523.jpg
翌朝(31日、火曜)。
AM 04:18、 須走口ルート登山口の古御嶽神社からスタートです。
気温は、 14 ℃、 登山には適温です。

P7316527.jpg
最初は暗い森の中でしたが、だんだん空が明るくなってきました。

P7316529.jpg
樹林の切れ間から水平線が一望出来る場所に出ました。
先行していた登山者グループは御来光待ちでしたが、
私は先を急ぎました。

P7316539.jpg P7316542.jpg
04:49、 日の出(御来光)の瞬間のようです。
登山道の木々や溶岩が、真っ赤に燃えて輝きました!
素晴らしく美しいです。

P7316547.jpg
樹林を出て大きな砂地に出ました。
雄大な富士山が望めます。
月が左側に出ていました、風情があります。

P7316550.jpg
今回は新しい登山靴と登山ズボンです。
ハードな大砂走りでの歩行で、靴が破れてしまったからです。

P7316551.jpg
まだ早朝なのに、太陽が昇ると途端に暑く感じます。
雲海も凄いです。

P7316555.jpg P7316557_20180803210725165.jpg
05:13、 6合目の長田山荘さんに着きました。
登山口からは、54分!
そんなに急いだつもりはないのですが、凄いハイペースです。
出だしは絶好調です!! 先週とは雲泥の差です。
ここの山小屋は、鯉のぼりが目印です。

P7316561.jpg
この近辺には、野イチゴがたくさん実っていました。

P7316563.jpg P7316566.jpg
05:50、 本6合目の瀬戸館さんに来ました。
早くも小腹が空いた感じがしますので、栄養補給をしました。
まだ登山シャトルバスの始発が、5合目に着いたばかりの
時刻なので、登山道はガラ空きです。
ベンチが新しく奇麗になりました。

P7316569.jpg P7316568.jpg
瀬戸館さんから先が、いよいよ急坂になっていきます。
直射日光対策を万全にして登ります。

P7316570.jpg
06:36、 7合目、大陽館さんに着きました。
ここまで、2時間と少々・・ 
依然として素晴らしいペースで登ってきました。

P7316572.jpg
難所の砂地の超急坂を登ります。
でも、今日はそんなに大変だとは思いませんでした。

P7316573.jpg
標高は、3000メートルを超えました。
雲海が物凄いことに!! 
下界は、さぞや暑いことでしょう。。

P7316580.jpg
07:13、 標高3200メートルまで登ってきました。
ここで前日の午後に私が5合目でサポートした団体さんや
大勢の人たちと再会しました!
ちょっと話してから、ひと足先に行かせて貰いました。

P7316584.jpg
本8合目まで来ると、ますます雲海が凄い事に!
沸き立つような雲海です。

P7316586.jpg
ここからは、吉田ルートと合流したので、登山者が急に増えてきました。

P7316587.jpg
8合5勺の最後の山小屋を通過します。
私は本8合目からは、完全ノンストップで頂上を目指します。

P7316588.jpg
今日は(団体)ツアーを多く見かけました。
声を掛けて、追い越させて貰いました。

P7316592.jpg
いよいよ、頂上直下の急な岩場に来ました。
ですが、そんなに苦労せずに登り切れました。

P7316594.jpg
頂上鳥居が本日のGOALです。

P7316598.jpg
AM 09:00 ちょうど。
気温は、 17 ℃、 無風 と暖かでした。
5合目からは、 4時間42分 の納得の好タイムでした!
この夏=5回目、 通算=103回目の登頂でした。

P7316601.jpg
山口屋支店の建物の取り壊しの最中でした。
私にとっても想い出の山小屋でしたので寂しいです。。

P7316604.jpg
午前9時過ぎ、かなり早目のランチは、頂上扇屋さんで。
定番のカップヌードルを戴きました。

P7316611.jpg
頂上には小一時間滞在しました。
09:53、下山を開始しました。
砂走りを降りましたが、歩きにくい状態が続いています。
でも、前日までの台風の大雨のお陰で、
砂ぼこりがあまり立たないので助かりました。

P7316623.jpg
砂払い5合目の吉野屋さんで冷たい缶のお茶を買って飲みました。

P7316624.jpg
吉野屋さんから先の森の道は、一気に走って降りようかと思いましたが
怪我をしないように、中速で降りました(笑)

P7316625.jpg
途中で、見晴館のご主人さんと話したりして遅くなりましたが、
11:59、 午前中に5合目に帰ってきました。

P7316633.jpg
昼からはまた、登山者さんのサポートに入りました。
夕方になってから、本7合目で追い越した人たちが降りてきました。
皆、私が居たのでビックリ!?(笑)


今回はまだ、先週に痛めた左足の靴擦れが治っていません
でしたので、登山するつもりは無かったのですが、
大勢の人が登っていくのを見ると、やっぱり登りたくなりました(笑)
予想外でしたが、素晴らしく快調に登れました。
たまには、こんなふうに楽に登れないと・・ですね。

前日、私の大親友が亡くなったとは、この時は全く知りませんでした。 合掌

【 登山データ 】
登り標高差 = 1720 メートル
登り = 4時間42分 (休憩時間を含む)
下り = 1時間50分
万歩計歩数 = のちほど記入します   
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂 通算 103回[2018年7月現在]。

☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (484)
富士山 (240)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (33)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (31)
その他色々 (124)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム