山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

8月26日 富士山・幕岩、須山御胎内、二ツ塚ハイキング 

前夜は、須走口5合目の山荘菊屋さんに泊まりました。
お蔭様で楽しく過ごせました。

P8268133.jpg P8268134.jpg
朝食を戴いて、ゆっくりと午前9時過ぎには須走口5合目を辞しました。
富士山には雲が掛かっていますが、昨日よりはまだ良いお天気です。

P8268154.jpg
マイカーで御殿場口新5合目へと移動しました。

P8268150.jpg P8268151.jpg
車は御殿場口新5合目の第二駐車場に停めました。
駐車場は、かなり空いていました。

P8268157.jpg
AM10:22、登山門の鳥居から入って行きます。
霧雨が降ってきました。

P8268160.jpg
フジアザミが盛んに咲いていました。

P8268162.jpg
10分ほど歩いて、大石茶屋さんに着きました。
ここで、嬉しい事が!
大石茶屋さんのお姉さんにお逢いする事が出来ました。
今シーズンはお逢い出来ないと諦めていましたので、良かったです。

P8268163.jpg
山道を僅か10分ほど登っただけでしたが、
汗をかいて暑いのでかき氷を戴きました。

P8268168.jpg
外では突然の大雨が降ってきました。
しばらくは足止めですので、登山地図にて本日の予定を立てました。

P8268169.jpg
11:27、雨は小止みになったので、出発しました。

P8268174.jpg
11:33、いったん、新5合目に戻りました。
幕岩への指導標が有りましたので、そちらへ進みます。

P8268179.jpg
深い砂で歩きにくい坂道を登って行きます。
ここで、この日唯一行き交った年配のご夫婦が居ました。
このあとは、一切無人の森になるのでした。。

P8268183.jpg
11:43、雨が止んだので、レインウエアを脱ぎました。
ここからが、森の入り口です。
気温は、20℃でした。 湿気が多くて蒸し暑いです。

P8268193.jpg
よく整備をされた良い道でした。 
安心して歩くことが出来ます。

P8268197.jpg P8268204.jpg
意外と登り坂がきつく感じます。
気合を入れて登って行きます。
途中で、見事な松葉を見掛けました。
このまますぐに、生花店で売れそうな立派な松葉です。

P8268224.jpg
やがて登り坂が終わると、歩きやすいほぼ平坦な道になりました。
森林浴にもってこいの良い道です。

P8268234.jpg
しばらく歩いて行くと、注意喚起の標識が出現!
でも、ここからが少しスリリングな面白い道でした。

P8268237.jpg P8268240.jpg
年季が入っていそうな木橋を気をつけて渡ります。

P8268241.jpg P8268245.jpg
木橋を渡ってすぐに、指導標が建っていました。
幕岩は、すぐ近くのようですが・・?

P8268251.jpg
とりあえず、溶岩流の上を歩いて、上流へと行って見ます。

P8268257.jpg P8268260.jpg
12:25、大きな案内板が有りましたので、そこが幕岩だと判りました。
写真の赤丸が、幕岩です。
昔は迫力があったそうですが、土砂が堆積してしまい
近年は迫力が無くなってしまったそうです。
でも、雪解け水がここを流れたら迫力がありそうです。

P8268266.jpg P8268264.jpg
12:26、幕岩からは、物凄い急坂を登って行きます。
たぶん、無理やりに作った登山道です。

P8268269.jpg
12:32、幕岩の上の尾根に出ました。
さて、ここからが思案のしどころです。
指導標にある、須山御胎内へ行ってみる事にしました。

P8268271.jpg P8268274.jpg
須山御胎内まで、下り道を35分とは、かなり遠いです。
時間を稼ぐために、小走り気味で降りて行きました。
この道は、須山口下山歩道にもなっていました。

P8268275.jpg
登山地図には記載がありませんでしたが、
この道は、浅木塚歩道とも呼ばれているみたいです。

P8268278.jpg
だいぶ標高が下がったので、森の中には緑色の苔(こけ)が
多く見られます。

P8268283.jpg
須山御胎内のすぐ近くの案内板に来ました。

P8268291.jpg P8268295.jpg
12:54、静かな森の中に、須山御胎内は在りました。

P8268293.jpg
御胎内のほら穴は、口をポッカリと開けていました。

P8268296.jpg
ほら穴の入り口から恐る恐る中を覗いて見ました。
すると、ほら穴の奥のほうには何やら電灯のような明かりが!?

P8268298.jpg
明かりが有るのがこれ幸いとばかりに、背負っていたザックを置き、
ヘッドランプを頭に装着して御胎内へと潜入!

P8268303.jpg
須山御胎内の中には、安産の神様である、
コノハナサクヤヒメノミコト様(=富士山の神様)が居られました。

P8268304.jpg
洞穴の長さは約5メートルだそうです。
昔はもっと長かったそうですが、埋没して短くなってしまったとの由。
御胎内の最奥には、ハシゴが立て掛けてあり、外に出られます。
洞穴の奥に見えた明かりは、ここからの日光の光でした!

P8268315.jpg
13:03、須山御胎内での冒険が終わって安心しました。
しかし、ここからが本日最大の難所になりました。

P8268317.jpg
幕岩まで登り返さないと帰れません!!
急坂の山道を必死になって登って行きます。

P8268324.jpg
13:34、幕岩の指導標の所まで、無事に登れました。

P8268329.jpg
ここがまさに、幕岩の岩の上です!
でも、草木が生い茂っていて見晴らしは利きません。

P8268335.jpg
幕岩の上からの道は、急降下です。
谷状の平らな所に着きましたが、その先の道が判りません。

P8268337.jpg
もしかして、この急な砂の道が登山道?
足跡もたくさん付いていますので、試しに登ってみます。

P8268341.jpg
やはり登山道でした。 指導標も有りました!

P8268343.jpg
富士山には雲が掛かっていました。
少し空腹を覚えたので、小休止して栄養補給をしました。

P8268349.jpg P8268361.jpg
目前には、二ツ塚(双子山)の上塚(第一丘)が見えてきました。
登山地図によると、この辺りにはフジアザミの群生地とありますが
そうでもありませんでした。

P8268368.jpg
14:00、坂道を登り続けて「 四辻 」に着きました。
ここを右折します。

P8268375.jpg
二ツ塚の上塚の脇の道を歩いて行きます。
やっと下り坂になりましたので楽です。
正面には、下塚が見えてきました。

P8268381.jpg
久しぶりに、二ツ塚の下塚へと登ってみます。
登山道はしっかりと付いています。

P8268400.jpg P8268404.jpg
14:13、二ツ塚(双子山)の下塚(第二丘)の山頂に着きました。

P8268410.jpg
残念です、晴れていれば上塚(第一丘)に重なって、富士山も見えるのですが。

P8268416.jpg
14:17、下塚の下に降りて来ました。
ここからは、御殿場口新5合目方向へと向かいます。

P8268418.jpg
単調な砂の道の中を我慢して歩いて行きます。

P8268435.jpg
14:37、大石茶屋さんに戻りました。

P8268433.jpg P8268439.jpg
また汗をかいてしまって暑いので、本日2杯目のかき氷を戴きました。
肉そばも大変美味しかったです。 ごちそうさまでした。

P8268448.jpg
今日は用事で下界に降りていた大石茶屋さんのオーナーさんが
夕方戻ってきました。
話しに花が咲いてしまって、気がつけば日没間近でした。。

P8268457.jpg
御殿場口を辞してからは、急ぎ車を走らせて富士吉田へ。

P8268459.jpg
19:50、吉田の火祭りを見に行きました。
北口本宮冨士浅間神社の前の大松明(おおたいまつ)です。

P8268466.jpg P8268471.jpg
昨年に引き続いて、この度も火祭りを見る事が出来ました。

P8268495.jpg
御神輿のお休み処の前には、参拝するための行列が出来ていました。

P8268497.jpg P8268499_20140902195426439.jpg
私も30分くらい行列に並んで、御神輿に参拝しました。

P8268485.jpg
松明も終わりに近くなると、こんなふうに大変なことに!

P8268513.jpg
私の車は街の中心部(金鳥居)から、小一時間歩いた所に置いてあります。
歩いていてお腹が空いたので、昨年は無かった新しいお店に
立ち寄ってみました。

P8268514.jpg P8268515.jpg
シンプルに、醤油ラーメンと焼き餃子を注文。
焼き餃子は、中国・北京で食べた同じ形の棒餃子。
味も北京の棒餃子と同じようでした。

P8268521.jpg
22:00、恒例の水汲みをしてから、帰路に就きました。
残念ながら、今日は温泉に入っている時間はありませんでした。。

P8268525.jpg
もう遅い時刻でしたから、高速道路は空いていました。

P8278539.jpg
AM00:40、無事に帰宅しました。
自宅でのお風呂が気持ち良かったです。

先週登った須山口の周辺を、今日もハイキング出来たので良かったです。
この辺りの地理をだいぶ掌握出来ました。
来夏は、御殿場口新5合目を起点として、富士宮口5合目へ向かう登山道も
判りましたので、収穫は大きいです。
御殿場口新5合目 ←→ 幕岩 のハイキングコースは、
歩きやすい良いコースです。 初心者にもお薦めです。
須山御胎内へは、水ヶ塚公園から行ったほうが良いと思いました。
御殿場口新5合目から須山御胎内へ行ってしまうと、
帰路の登り返しの登山道は険しくて大変だからです。

【 データ 】
御殿場口新5合目 → 幕岩 = 60分
幕岩上 → 須山御胎内 = 30分
須山御胎内 → 幕岩上 = 30分
幕岩上 → 二ツ塚下塚山頂 = 40分
二ツ塚下塚下 → 大石茶屋さん = 20分
万歩計歩数 = 16400歩
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (450)
富士山 (188)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム