山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

7月27日 乾砂で滑る御殿場口ルート

今回は、大石茶屋さんにご挨拶がてら御殿場口ルートを登ります。
例によって、日曜日の夜に家を出ました。

P7268107.jpg
首都高速6号線を走ります。
東京スカイツリーのすぐ下を走り抜けました。

P7268118.jpg
同じく首都高速C1からは、東京タワーが見えました!

P7278127.jpg
御殿場口・新5合目の第二駐車場に車を停めました。
意外と多くの車が停まっていました。
車中にて仮眠を取りました。

P7278137.jpg P7278138.jpg
登山前の緊張感で、早くに目を覚ましてしまいましたので
そのまま登山の準備をしました。
AM02:52、御殿場ルートの登山口からスタートです。
気温は、18℃と低くはない気温でした。

P7278141.jpg
10分ほどで、大石茶屋さんに着きました。
しかし、就寝中でしたので、このまま先へ進みます。

P7278143.jpg
おっと、びっくり。 
こんなに真っ暗なのに、登山者数を数えておられる人が居ました!
本当にご苦労さまです。

P7278155.jpg
大石茶屋さんを出ると、そこから先は”砂の海”です。
私の他には、誰も居ません。。

P7278153.jpg
やや早歩きで先を急ぎます。
遥か前方に2人の人影を発見しました。

P7278162.jpg
AM04:00、新5合5勺の「次郎坊」に来ました。

P7278168.jpg
今回はいつもよりも1時間早くスタートしましたので、
まだ夜明けには時間があります。
地平線もまだ薄暗いです。

P7278172.jpg P7278175.jpg
登山口から、550メートル上がってきました。
景色も良くなってきました。

P7278181.jpg
最近は雨が降っていないようで、完全にサラサラの砂地の道です。
ますます砂は深く、そして急坂になっていきます。
これぞまさしく、富士山最難関コースの登山道です。

P7278187.jpg P7278185.jpg
04:45、綺麗な御来光が出ました!
ちょっと感動でした。

P7278204.jpg
その御来光の瞬間の赤富士です。
前方には、お二人の登山者さんが居りますが、
先ほどから私と抜きつ抜かれつです。

P7278207.jpg
日の出が終わると気温はみるみるうちに上昇。
暑くなってきましたので、こうなると夜明け前のほうが
歩きやすかったかも。
どこまでもどこまでも続く厚く積もった砂の道には
気が遠くなりそうです。

P7278209.jpg
景色は抜群なのですが、かえってコレが御殿場口ルートの欠点です。
頂上はまだ遥か彼方ですが、次の休憩の目安の休業小屋も
標高差だけでも軽く400メートルは有りそうです。

P7278211.jpg
06:19、 新6合目の休業小屋に、ようやくたどり着きました。
ここまで必死になってペースアップして登ってきました。

P7278212.jpg P7278216.jpg
外界は今日も暑いのでしょう。 雲海が凄いです。
頂上を見上げると、まだ全然です。
真剣に考えてしまうと、登るのが嫌になりますから敢えて考えません。。

P7278221.jpg P7278224.jpg
幾らか砂地は浅くなってはきましたが、苦しい登りは続きます。
07:12、 6合目に着きました。
ようやく宝永山の高さまで登って来ました、良い景色です!!

P7278230.jpg P7278227.jpg
ひたすら辛抱の登りで、ようやく標高3000メートル地点に来ました。
よく見ながら登っていると、見上げる岩がまるで天狗の顔に見えます!
私命名 = { 天狗岩 } とします。

P7278238.jpg
雲海は、ますます深くなっています。
下界はきっと、物凄い暑さなのでしょう。

P7278249.jpg P7278250.jpg
08:13、 7合目の、わらじ館さんにたどり着きました。
ここへの到着予定時刻はオーバー、思ったようには登れませんでした。
腹ごしらえのために、カップ麺を注文。
色んな種類が選べて嬉しかったです、私の好きなカレー味をチョイス。
ただし、お湯を沸かして貰う時間と、お湯を注いで待つ時間が
やや長くてタイムロスでした。
それでも、美味しかったので良しとします。

P7278253.jpg
昨年もそうでしたが、ここまで登って来ただけで、もうフラフラです。
たぶん空気が薄いせいだと思います。
次の山小屋の砂走館さんに着きました。

P7278254.jpg
7合9勺の赤岩八合館さんを目指して登って行きます。
今日は、駅伝の練習のランナーさんが多いです。

P7278256.jpg
ここまで来て、気持ちにゆとりが出てきたようです。
そんなに苦しくはありません。
赤岩八合館さんが近づいてきました。

P7278257.jpg P7278258.jpg
09:21、 赤岩八合館さんに着きました。
ここが最後の山小屋ですから小休止しました。
今日は、イワツメクサが目立ちました。

P7278264.jpg
8合目を過ぎると、ここが富士山最難関の頂上直下の
絶壁のジグザグ道を登らなくてはなりません。

P7278268.jpg
何度も立ち止まってあえぎながら、何とか御殿場口頂上ゴールの
鳥居が見えてきました。

P7278274.jpg
11:15、 頂上に到着しました。
8時間23分も掛かってしまいました。
これまた予定時刻をオーバー。
気温は下がってくれて、16℃でした。

P7278282.jpg
頂上に着いたのは良いのですが、疲労感が半端ではありません。
到着時間が遅れたせいもあって、
お鉢巡り一周は諦めて、吉田口・須走口頂上を目指します。

P7278286.jpg
11:50、頂上・扇屋さんにてランチタイム。
疲れ過ぎてしまい、一時間休ませて貰いました。

P7278293.jpg P7278299.jpg
元来た道で御殿場口頂上に戻ります。
下を見ると、ダイナミックな景色でした。

P7278315_convert_20150805222903.jpg
お鉢をパノラマ撮影しましたが、それでも写真に入りきりません。
それほどお鉢(噴火口)は、広大なのです!

P7278317.jpg P7288483.jpg
新装なった浅間大社奥宮にて初参拝をしました。
ここでしか買えない 「 銀明水 」 を買い求めました。

P7278323.jpg
富士山頂郵便局の在る・・

P7278324.jpg
御殿場口頂上から、13:32、下山スタートです。

P7278325.jpg
頂上直下の断崖は、登るのも大変でしたが、降りていくのも大変でした。

P7278333.jpg P7278332.jpg
長田尾根の石碑まで降りてくれば、ひと安心です。

P7278343.jpg
そして、スパッツを装着して、「大砂走り」へと突入しました!

P7278356.jpg
私はやはり今日は疲れていました。
せっかくの大砂走りなのに走れません。
多くの欧米人の人たちに簡単に抜き去られていきます。

P7278359.jpg
ところが、次郎坊を過ぎた辺りの緩斜面になると
にわかに私の体力が復活しました。
ジョギングで降りて行きます。
欧米系の人たちを逆に抜き返しました。

P7278364.jpg
16:12、 大石茶屋さんに到着しました。
気温は、22℃と蒸し暑いです。

P7278382.jpg
大石茶屋さんには、下山した欧米系の人たちが続々と集まって来ました。
相当な人数です!!
屋外のベンチは満員状態でした。
この方達は、御殿場の米軍の海兵隊でした。
道理で並外れた体力が有るはずです。。

P7278387.jpg
大石茶屋さんのオーナーさんも、焼き印押しに大忙しでした!

P7278386.jpg
夕刻、海兵隊のリーダーの号令と共に、皆さんは去って行きました。
礼儀正しい人たちでした、 さすがは兵士。

******************************  

大石茶屋さんにて、一泊しました。

P7288392.jpg
翌朝は天気予報どうりに、曇天&たまに雨。
二子山が、たまにしか見えていませんでした。

P7288432.jpg
雨の合間に、御殿場口の駐車場付近を探査しました。
東京・千葉はラジオで猛暑(32℃位)と聞きましたので、
午後の1時過ぎまで大石茶屋さんで、ゆっくりと避暑を楽しみました。
何しろここは別天地!、20℃もありません、涼しくて快適そのものでしたから。

P7288466.jpg
BOAC慰霊碑に手を合わせて、お山を降りました。

P7288474.jpg
今回も紅富士の湯にて入浴。 極楽そのものです。

P7288480.jpg
道の駅富士吉田にて、水汲みをしました。

P7288498.jpg
頑固おやじさんは偶然ご在宅でしたので、ご挨拶をしてから
北口本宮冨士浅間神社に参拝しました。

P7288512.jpg
17:15、 河口湖ICから高速に乗って、富士吉田をあとにしました。
帰宅はゆっくり帰ったので、20:45になりました。

御殿場口ルートは、何度登っても厳しい登山道です。
今回は特に道が荒れていたので、いつも以上に難儀しました。
今回はいつもよりも軽いザックに替えて、なるべく荷物を減らして登りましたが
それでも7キロの重量となってしまいました。
苦しい登山でしたが、それでも途中で見た景色は、どれも絶景でした。
マイカー規制が無いのも御殿場口の長所です。


【 本日の登山データ 】
登り標高差 = 2260 メートル
登り = 8時間23分 (休憩含む)
下り = 2時間40分
万歩計歩数 = 46400歩
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (213)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム