山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

7月18日 やっぱり難関コース 富士山御殿場口登山

前日の夕方 = 私の仕事は早く終わりました。
急いで、まだ明るいうちに家から出発しました。

P7174798.jpg
久しぶりに常磐道 ・ 流山ICから高速道路に乗ります。
正面の高い煙突は、流山クリーンセンターです。
つまりは、ゴミ焼却場です。

P7174800.jpg
急ぐ気持ちと裏腹に、道路は渋滞気味。。
都心へと向かう車が多い時間帯でした。

P7174806.jpg
渋滞箇所を抜け出ると、やっと流れるようなりました。
東京スカイツリーの近くを通ります。

P7174807.jpg
首都高C1、 ここも久々に通行します。
ほんの一瞬ですが、東京タワーが見れました! (嬉)

P7174822.jpg
東名高速は、案外ずっと混んでいました。
途中の海老名SAで夕食を摂り、御殿場ICで降りました。
そして、富士山スカイラインを上がって、
御殿場口新5合目の第二駐車場に車を停めました。
22時、車中泊となりました。

P7184833.jpg
午前2時に起きようと思いましたが、
あまりにも眠いので30分だけ余分に寝て、2時半に起きました。
お湯を沸かして、カップ麺の朝食を作りました。

P7184835.jpg
準備を整え、3時少し過ぎに行動を開始しました。
頭にヘッドランプを点灯して歩いて行きます。

P7184836.jpg P7184837.jpg
AM03:22、 御殿場口ルート登山口の鳥居からスタートです。
気温は、19℃。 生ぬるいです。

P7184839.jpg
第二駐車場には、けっこうたくさんの車が停まっていましたが、
この時間に登るのは、私一人だけです。

P7184840.jpg P7184841.jpg
10分ほど歩くと、大石茶屋さんへ。
寝静まっておられましたから先へ進みます。
静岡県の登山者数調査のお兄さんが、寝ずの番をしておられました。
ご苦労様です。

P7184846.jpg
山小屋を過ぎると、一気に砂漠のような砂の世界になります。
ヘッドランプが1灯だけでは、よく見えません。
半分勘で先へ進みます。
登山道を外れると、脚が思いっきり砂地にぶつかるので
何となく登山道が判りました。

P7184849.jpg
進行方向左手の二ツ塚が、良い目印になります。

P7184862.jpg
少し明るくなってきました。
しかし、今朝は雲が多そうです。
ちょっと富士山が見えました!

P7184868.jpg
04:44、 新5合5勺の次郎坊に着きました。
ここで最初の小休止をしました。

P7184869.jpg P7184877.jpg
04:55、 残念です、御来光は見られませんでした。
でも、お山の上に居た人たちは、御来光を見られた事でしょう。

P7184886.jpg
霧も晴れてしまいました。
すると今度は逆に、灼熱地獄です。

P7184887.jpg
砂地、砂地、砂地。
いよいよ序盤の難所になってきました。

P7184892.jpg
砂地のすごい急坂が次々に現れます。
しばらく雨が降っていないとみえて、
今朝の登山道は柔らかくて登れません。
3歩進んで2歩下がる。。
見上げると頂上は、まだまだあんなに遠くて高い。

P7184898.jpg
少しだけ砂地が減っても、今度は急坂のジグザグ道が
待ち受けています。

P7184899.jpg
荷揚げのブルドーザーが一気に登って行きます。 早い!

P7184901.jpg
07:00、 午前7時ちょうど、新6合目の休業小屋に着きました。
ここで大休止をしました。
ここが本当の旧5合目のようです。

P7184908.jpg
6合目まで登ると、ようやく宝永山と同じ位の高さになりました。

P7184913.jpg P7184916.jpg
面白い岩が有ります。
以前から気がついていました。
まるで天狗さんの顔です。
7合目のすぐ手前に在ります、良いランドマークになります。

P7184918.jpg
その天狗さんの岩は、横から見たら全然判りません。

P7184922.jpg
標高は、3000メートルに達しました。
すでに登山口からは、1560メートル登った計算です。

P7184926.jpg P7185010.jpg
08:33、 待望の7合目に着きました。
日の出館さんは、今年も休業のようです。
看板に誘われて先を急ぎます。

P7184929.jpg P7184930.jpg
08:45、わらじ館さんに着きました。
早速、すいかを買って食べました (¥300-でした)。
暑かったので最高のスイカでした。

P7184937.jpg P7184940.jpg
7合5勺の砂走館さんを過ぎると、ようやく頂上が見えてきました。
昨年は、わらじ館さんで疲労困憊クタクタでしたが、
今日はまだ元気です。

P7184943.jpg
旧気象庁避難小屋は、工事中でした。

P7184947.jpg
09:48、 赤岩八合館さん (7合9勺) に着きました。
御殿場口ルートは山小屋が少なくて、ここが最後の山小屋です。

P7184948.jpg
頑張って登って、8合目の山小屋跡を通過します。

P7184952.jpg
長田(おさだ)尾根の石碑を通り過ぎると・・

P7184953.jpg
あれま?!、 雪渓がたったのこれだけしか残っていません。

P7184954.jpg
そして最後の難関中の最難関。
御殿場口ルート最後の絶壁登りの始まりです。
標高差は約300メートル。
それも急坂!
何しろ空気が薄いので、脚が前に出ません。。

P7184958.jpg
登山マナーは、登りの登山者が普通は優先。
しかし、富士山は初心者もたくさん登る山。
なので、登るほうの私が降りて来る人に道を譲ります。
しかし、富士山ガイドの引率ツアーが堂々と遠慮もなく
挨拶もなく降りて来るのには、ちょっとムッとしましたが、
ツアーが次々に降りて来るので、もはや苦笑するしかありません。

P7184962.jpg
11:38、 御殿場口頂上に到着しました。
セルフシャッターで写真を撮りました。
8時間14分の旅路でした。
ほぼ、コースタイムどうりでした。

P7184970.jpg P7184972.jpg
頂上の気温は、16℃でした。
日差しも強くて、暑くも寒くもありません。
浅間大社奥宮に参拝しました。

P7184975.jpg
大きな噴火口、大内院を間近に見てみます。
大迫力です。

P7184988.jpg
昼食は、お湯を用意してきたのでカップ麺を。
富士山頂上で噴火口を見ながらのカップ麺の味は忘れられません。
日本一贅沢な食事のロケーションかも知れません。

P7184989.jpg
食事を摂ったので、体力が回復したように感じます。
ですが、剣ヶ峰に登って行くのは、断念しました。
それと、お鉢を半周して扇屋さんに行こうかとも思いましたが、
やめておきました。  
( この時無理をしなくて、のちほど正解でした )

P7184990.jpg
12:31、 下山を開始します。
同じく御殿場口ルートを降りて行きます。

P7184995.jpg
頂上直下は急坂ですので、降りるのも大変です。
長田尾根まで降りてきて、ひと安心です。
御殿場の名強力(めいごうりき)、長田さんを偲びます。

P7184999.jpg P7185000.jpg
赤岩八合館さんに帰ってきました。
下を見ると、雲で真っ白です。
あとで知ったのですが、東海地方はこの日が梅雨明けでした。
道理で入道雲が多かったはずです。

P7185006.jpg P7185007.jpg
足元には、スパッツを装着。 ザックにはホコリを防ぐザックカバー。
準備を万全にして・・

P7185014.jpg
大砂走りへと突入します。

P7185016.jpg
やはり雲の中で真っ白でした。
宝永山も見えません。

P7185023.jpg
これはいけません。
脚にチカラが入りません。
なので全然走れません、せっかくの大砂走りなのに。
高度計を見ると、
あとまだ標高差1000メートルも降りなければなりません。

P7185027.jpg
ランドマークの二子山(二ツ塚)が、まだあんなに遠くに。
気も遠くなりましたが、仕方がありません。
焦らず、一歩一歩降りて行きます。

P7185043.jpg
大石茶屋さんまであと2kmくらいです。
傾斜は緩くなりましたが、脚が痛みます。
若い人たちのグループは、小走りで先に行ってしまいました。

P7185047.jpg
やっと待望の大石茶屋さんが目前です。

P7185052.jpg P7185051.jpg
15:54、 大石茶屋さんに到着しました。
気温は、18℃でしたが、汗びっしょりでしたので、
洗面水で顔を洗い、かき氷を戴きました。
大砂走りを降りて来たあとの、かき氷は最高です♪

P7185057.jpg
16:20、 登山口まで、いったん降りました。

P7185056.jpg
!ん?、 富士山保全協力金の徴収ブース、
本日の業務は終了。。
( この事で、翌日の行動予定が大幅に狂いました ) 

P7185060.jpg P7185068.jpg
マイカーから着替え等を持って、大石茶屋さんに投宿しました。
夕飯は豪華な、カツカレーです♪

私の他には泊り客は居なかったので、朝から外で駐在していた
静岡県の登山者数カウンターのお兄さんと談笑しました。
夜半には、雨が山小屋の屋根を叩く音が響きました。


いつも御殿場口ルートを登る時には、
一刻も早く頂上に着こうとして、りきんでしまっていました。
しかし今日は、りきむ事なく、そして疲れない速さで登りました。
すると意外な事にちょうど、コースタイムと同じくらいでした。
このルートは、雨上がりのほうが砂が締まって断然歩きやすいです。
今日は逆に乾いてしまって苦戦しました。
やはり、富士山最難関コースだと言うのも過言ではありません。


【 登山データ 】
登り標高差 = 2400 メートル
登山タイム = 登り 8時間14分 (休憩時間を含む)
           下り 3時間22分 
万歩計歩数 =  37800 歩
このページのトップへ

コメント

3歩進んで2歩下がる・・
懐かしい~♪いや喜んでない・・修行僧の気分で登ってたような・・・
私はどの山でもストックを使用しない派なんですが、ここ御殿場ルートだけは必須アイテムでしょうね^^;(私は大分後半で使用しました)
3歩進んで2歩下がる・・・・・
標高差2400m・・お、お疲れさまでした^^/

  • 2016/08/03(水) 19:12:46 |
  • URL |
  • hiro #-
  • [編集]

hiroさんへ

hiroさんも、御殿場口を登られましたね e-2
あのキツさは登った人じゃないと判らないでしょう e-447
今シーズンは、もう御殿場口だけは登りたくありません。。 v-409

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (213)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム