山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

2月7日 ①宝篋山・新寺→小田城コース

筑波山のすぐお隣の山である「宝篋山」(ほうきょうさん)
=通称、小田山(おだやま)には、6つのメインルートが有るようです。
私は既に4つのルートは歩き済みですが、残り2つのルートはまだ未踏です。
以前からその未踏のルートを歩いてみたかったのですが今日やっと、
それを実行することにしました。

2702
常磐道も所々キリ、そして筑波山の麓の桜川を渡る橋の上は、
もっと濃いキリとなりました。

2714
AM08:07、平沢官が遺跡の駐車から、本日・1本目のハイキングの
スタートです。
気温は6度、でも幸い風は無いのでそんなに寒さは感じません。

2717
北条の大池を半周して対岸に移ります。
そして車道へ出ます。

2718 2721
目指す宝篋山が現れました。
朝霧にかすんでいます。
宝篋山マップのコピーを見ながら歩きます。
今日の登りは「新寺コース」を。下山は「小田城コース」を歩きます。

2723
集落を抜けて行きます。

2726 2727
案内マップどうりに、曲がり角には宝篋山登山の案内板が有りました。
とても親切です。

2731 2732
何箇所か指示従って曲がって用水路の傍らを歩いて行きます。
右手には小学校も見えました。

2738
どうもおかしい・・ コースが地図と違います。
国道125号が近くに見えてきてしまいました。
これは、たぶん行き過ぎました。Uターンして元の道を戻りました。

2739 2740
人っ気が無くて、誰も居ないので道を尋ねる事も出来ません。
困ったな・・ と思っていたところで、オバサンが歩いて来ました。
無事に登山口を教えて頂いて助かりました。
あとでよく見ると、見落としやすそうな低い所に案内板が!
これじゃ、わからん。。(と思うのは私だけ?)

2743
平坦な道に別れを告げて、いよいよ坂道を登って行きます。

2746 2747
山すその民家を過ぎると、新寺コースの登山口です。
登山口に入って、すぐに戸惑いました。
何本かの登山道が交錯していました、頼みの案内板もありません。
私は地図とコンパスで方向を確認して、そして地形図を読み解いて
一番急な山道を登ることにしました。

2751
私の読みは当たりました、その先には新寺コースの案内板が現れました。
ですが、ちょっと後悔・・
こんなに深い藪道は、歩いていても楽しくありません。
でも、来てしまったからには仕方がありません、観念しました。
イノシシとの遭遇が怖いので、鈴を鳴らしながら登りました。
ゴミも若干落ちていましたので、ゴミを拾いながら登ります。

2752
登山道は山口2コースに合流となったので、格段に歩きやすくなりました。

2767
「おみざらし」と言う看板が有ったので、寄り道してみます。

2768
「おみざらし」とは何でしょう???
ここがそうなのかな?
小さな水溜りが有るだけです。
この地点で道が消えて無くなったのでした。

2771 2772
少し不愉快な気分になりつつ、道の分岐点に戻りました。
もう一度よくよく案内板を見てみると、小さく{水源です}
と書いてありました。
やっぱり、あの水溜りの事だったのですね(苦笑)。

2779
待望の宝篋山山頂が見えてきました。
巨大な電波塔がそびえています。

2783 2784
09:42、海抜461Mの 宝篋山山頂に到着しました。
山のテッペンには、宝篋印塔が有るので宝篋山と呼ばれているそうです。

2785 2800
山の上からは筑波山が綺麗に見えます。
気温も16度&無風で暖かです。

2808
この大池から歩いて登ってきました。

2811 2816
小腹が空いたので、菓子パンを食べ終わったら下山開始です。

2828 2836
下山は「小田城コース」で。
途中に大峰平展望台と書いてありましたので、そちらに行ってみました。
ですが、イマイチの展望でした。
もう一度分岐点まで登り返して小田城コ-スを完全制覇しました
(エライ苦労です)。

2843
小田城コースの下半分は緩い坂になりましたが、距離は長く感じました。

2848
富岡山展望所にも立ち寄りました。
ここで本日初めてのハイカーと遭遇。
やはり景色は山頂とは雲泥の差でした。

2849
小田城コースは、古くから有るコースのようです。

2852
採石場を過ぎると、ついに下界です。

2860 2871
神社と民家を抜けると・・

2872
見慣れた景色の国道125号線に飛び出しました。

2878
ここからがツライ歩きでした。あと4~5KMは歩かねばなりません。
いつもは私も車で通る道なのですが、この側道を歩くのは大変でした。
大型車が脇を抜ける時の風が気になります。
寒さも、ひとしおです。

2889 2900
やっと前方に筑波山が見えてきました。
振り返れば宝篋山も小さくなっていました。

2907 2909
町の体育館を抜けて、大池を半周して・・

2912
11:45、やっと平沢官が遺跡の駐車場に戻ってきました。

2911
宝篋山ならば簡単に登って降りて来られるとタカを括っていましたが、
甘い考えでした。
予想以上に時間も体力も遣いました。
すでにこの時点で万歩計は2万歩以上。。
普段だったら、もう充分の一日なのですが、
今日はもうひと頑張りしなければならないのでした。

と言う訳で、時間も無いので休む間もなく愛車に飛び乗り走り出しました。

②に続きます。

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (451)
富士山 (197)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム