山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

8月27日 富士宮口から日帰り登山

今シーズンはまだ、富士宮ルートは登っていません。
なので今回は、このルートを登ります。
時間の都合で麓(ふもと)からではなくて、
5合目から登るので、慌てて行かなくても良いと思い、
自宅でゆっくり寝て、朝早くに行く事にしました。
と言う事で、早朝3時に起床。
AM03:45、には家からマイカーで出発しました。

7444
首都高・都心環状線C1は、若干混んでいるようなので、
中央環状線C2・山手トンネルを走行しました。
朝早くなので、トンネル内は空いていました。

7451
04:45、東名高速・海老名SAで休憩しました。

7453 7452
朝食は、吉野家の牛丼にしました。
牛丼は、登山には良いメニューだと思います。

7459
足柄SAでも運転を小休止。
富士山がクッキリと見えていました。
今日も良い登山日和になりそうです。

7460
06:02、御殿場ICでアウトします。
そして一路、「富士山スカイライン」へ。

7465
富士宮口5合目駐車場は、満車でした!
係員の指示に従いUターンして、路肩駐車が出来る所まで降りて行きました。
07:00、5合目から、約2KM地点にやっと駐車出来ました。

7466
07:13、登山の準備が済み、5合目に向けて徒歩で歩き始めました。
日差しが暑いです。

7469
ひたすら坂道を歩いていると、対向車線の自家用車の運転手さんが
私に向って“○×さん!”と声を掛けて戴きました。
おっと、びっくり! (コメントを下さった)山中さんでした!!
嬉しい再会を有難うございました。。(^^)

7470
5合目へ向っている途中からは、駿河湾が一望でした。絶景です。

7471
07:40、車を停めた場所から30分ばかり歩いて、
5合目・レストハウスに到着しました。

7473 7474
ここからの眺めも、絶景でした。
富士登山しない人も、ここまで車でどうぞ。
標高は、約2400Mです。

7475
見上げれば、文句無く上天気の富士山。
間違いなく登山日和です。

7477 7476
総合指導センターの掲示板には、本日の天候などの情報も。
有り難いご配慮です。

7480
07:44、富士宮口ルート5合目・登山口からスタートです。
気温は22℃と、かなり高めです。
今日は暑さとの戦いになりそうです。

7481 7482
登山道に入ると、意外にも空いていました。
人影もまばらです。
5合目の駐車場の車も見えるのが小さくなってきました。

7483 7485
07:58、6合目に到着です。
そうなのです、ここまではハイキング的なお気楽な道。
ですが、ここからは本格的な登山道になるのです。

7486 7487
宝永山荘さんの前を通って、
その脇からがいきなり急な登山道になります。

7488 7489
暑い中、汗をかきながら登って行きます。
登山者も下山者も比較的多くて、なかなか先に進めません。

7490 7491
08:37、新7合目に到着しました。

7493
標高3000Mを越えて・・

7494
09:15、元祖7合目に着きました。
ここで小休止しました。

7495 7498
外人さんらしき人が、見慣れぬ楽器を奏でておりました。
宝永山も目線の下になりました。

7499 7500
09:53、8合目に到着しました。
ここでもまた休憩しました。
涼しい風も吹き出して助かりました。

7504 7506
岩陰に可愛らしいお地蔵様が居りました。
頂上もはっきりと見えてきました。

7507
10:30、9合目に着きました。

7509 7510
鳥居を潜ると、登山者さんが多数高山病で横になっていました。
(都合によりモザイク処理をしています。)
富士宮ルートは、高山病になるリスクが高いと思います。 ご注意を!

7511 7513
時折良い景色を眺めながら登って行きます。
山小屋の名前どうりで、万年雪が豊富に残っていました。

7515
10:59、9合5勺に着きました。
ここでもほんの少し休憩しました。

7516
9合5勺からは、ノンストップで頂上を目指します。
やっと私のエンジンが掛かってきました。

7517 7518
11:33、頂上に着きました。
登りは、3時間48分(休憩含む)も掛かりました。遅いです。。

7521
奥宮の前には、富士山登拝五十回の石碑が建っていました。

7522
浅間大社奥宮の前にて記念撮影です。
セルフシャッターで撮りました。

7525
富士山頂郵便局の今シーズンの営業は終了していました。

7536
「馬の背」の急坂を登って、剣ヶ峰へと向います。
気温は、17℃です。 寒くはありません。

7540
富士山山頂剣ヶ峰にて記念撮影です。
今シーズン9本目の登頂でした。

7541
噴火口(大内院)の底まで見えていました。 大迫力です。

7542
今日はお天気も申し分ないので、このまま「お鉢巡り」へと出発します。

7546
普段は、あんまり人が居ないのに、この日は渋滞気味でした。

7558
12:32、やっと扇屋さんに到着しました。

7562 7564
ランチは久しぶりにカレーライスを戴きました。

7571
大日岳のテッペンには、千羽鶴みたいなものが・・、 綺麗です。

7578 7582
旧富士山測候所の小屋が撤去されていました。
世界遺産調査団・イコモスの視察と関係が?・・

7587 7588
13:45、下山を開始します。
登って来た富士宮ルートではなくて、
御殿場ルートで降りて、宝永山を経由して下山します。

7591
御殿場ルートは、ほとんど人が居ません。
富士宮ルートと大違いです。

7594 7595
長田(おさだ)尾根まで降りて来ました。
これから行く、宝永山も眼下に見えています。

7601 7604
砂走館さんの前庭でスパッツを装着。
大砂走りに突入準備、完了です。

7606 7607
大砂走りへと向います。
前後には誰も居ません。。

7610
砂走りの中を小走りで行くと・・

7613 7615
「走り六合」に着きました。
ここを右折して宝永山方面へ向います。

7616
写真のように道は登り坂のように見えますが、
実際は下り坂なのです、不思議な目の錯覚の場所です。

7617
宝永山の上には厚い雲が掛かっていたので、
宝永山には寄りませんでした。

7628
砂深い「宝永山の馬の背」を小走りで降りました。
かなりの急斜面です。
宝永火口に向って降りて行きます。
ここには20人位の登山者さんが居ました。

7631
宝永火口から富士山を見上げます。
雲が多くて被写体としてはイマイチでした。

7640
宝永火口を通り過ぎて休憩地でひと息入れていると、
突然、“ラークー!”“落石!”との叫び声が!!
この写真の雲の下あたりから、大きな岩がひとつ、ゴロンゴロンと
転がり落ちて行きました。
一瞬、現場は凍りつきました。
幸い怪我人は居ませんでしたが、もしも直撃されたらイチコロです。

7648
落石の恐怖心も落ち着き、よく見ると、
良い色合いのコントラストの宝永山、美しかったです。

7655 7656
この宝永火口に来たのは、8年振りでした。
あの時は、散々な目に遭いました。
でも、あのような経験が有るから今が有るのです。
記憶に残っていた同じ道、お中道を辿ります。

7658
富士宮口6合目が見えてきました。

7665
15:43、下山開始から丁度2時間で、
6合目・宝永山荘さんに到着しました。

7667 7668
念願だった宝永山荘さんの評判のラーメンを戴きました。
美味しかったです。
冷えたラムネも最高でした。
山小屋主の渡井さんに焼印をお願いしました。
富士登山の達人・佐々木さんは、今日は何と、吉田口を登っているとか!
道理でお逢い出来なかった筈です。

7671
16:11、宝永山荘さんを辞し、5合目に向います。
これぞまさしく雲海! 山小屋のお名前どうりです。
(写真は、雲海荘さんです)

7672
16:21、5合目の登山口に到着しました。

7674
さて、ここからが大変です。
自分の車の場所まで歩かなくてはなりません。

7676
停まっていた車は、だいぶ減っていました。
まだまだ私の車は見えてきません。
それに暑いです。

7678
30分歩いて、やっと我が愛車に到着しました。
お疲れ様でした!

7680
その後は寄りたい所が有るので行ってみます。
車で雲の中を突っ切って行きます。

7684
御殿場口新5合目の駐車場です。
意外でしょうか・・

7686
はい、また背中にザックを背負って出発です!

7691
17:32、大石茶屋さんにご挨拶しに来ました。
お店の今シーズンは間もなく終わりだからです。
また今回も大歓迎して頂いて、恐縮でした。。

7695
暗くなる直前に、大石茶屋さんから辞しました。

7700
新5合目から見た、富士山の夕景です。
山の上の光は、砂走館さん、赤岩八合館さんだと思います。
それに下の光は、先ほどの大石茶屋さんです。

7705
19:25、御胎内温泉で汗を流しました。
その後は、車で大移動・・

7713
21:25、「道の駅富士吉田」に来ました。
水汲みが目的だったのと、東名高速は乗りたくなくて
中央道で帰りたかったからです。

7716
22時丁度、ETC割引が最大になることを見計らって、
富士急ハイランドの光を見ながら、
河口湖ICから高速に乗って家路に就きました。
帰宅時刻は23:59、でした。


富士宮ルートは、短時間で登れるはずなのですが、
年々時間が掛かるようになってきました。 もう歳?・・(笑)
私のザックの中身の重さは他の人よりも重いのですが、
尊敬する佐々木さんを見ると理由にはなりません。。

富士山で一番高山病になりやすい条件が揃っていますので
富士宮ルートから登る方は、5合目で充分に時間を取って
身体を慣らしてから登ったほうが良いでしょう。
宝永山経由での下山は、雄大な景色が楽しめました。

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2016年9月現在=通算86回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
Facebook = 実名で登録中です。
こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (451)
富士山 (189)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (115)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム