山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

9月3日 ①富士あざみラインを歩く

今シーズンはまだ「須走ルート」は登っていません。
なので「須走ルート」を登ろうと思いましたが、
普通に新5合目から登るとすると、4~5時間で簡単に登れてしまうので
麓(ふもと)から登ろうと思っていました。
そんな折に、先日入手したパンフレットには、
須走口登山道の馬返しからは、
「富士箱根トレイル」と言う名称の遊歩道が有るらしい・・
と言う事で、この道を登って行ってみます。

7774
2日、仕事が早く終わったので、19時半には家を出ました。
夏休みも終わったので、高速道路は空いていました。
しかし、富士山に近づくにつれて雨が降ってきました。

7788
22時過ぎには、須走の街に着きました。
まずは、「宮上」(みやうえ)のバス停が、何処に有るのかを確認しました。
このバス停の場所如何によっては、下山時の予定を考えなければ
ならないからです。
有りました! 
須走浅間神社の真ん前でした。 
このバス停は、とても助かります。

7791
車は、「道の駅すばしり」に置きました。
私は、ここは初めてです。 比較的新しい道の駅です。
例によって車中泊です。

7792 7793
外には、「富士箱根トレイル」の案内板も。
私が明朝歩く予定のコースも載っていたのですが・・

7795
この道の駅では、「須走ルート」の各山小屋の空き情報も
知ることが出来ます。

7797kai
夜明けが1時間遅くなったので、早く起きずに4時まで熟睡しました。

7807
「道の駅すばしり」をAM05:10に出発しました。
気温は、17℃。 幸い昨夜の雨は予報どうりに上がりました

7813
冨士(須走)浅間神社の前を通ります。
下山してからお参りすることにして通過しました。

7829
トンネルを抜けて、西へ向けて歩いて行きます。
新5合目までは、おそらく12~13KM位は有るはずです。

7833
「富士あざみライン」に乗りました。
この時間、車は、ほとんど通りません。
思ったほど涼しくはありません、汗が出ます。

7836 7837
道路の両側は、自衛隊富士学校の演習地です。
富士山を見ると日の出のようでしたが、面白いことに
上の方が暗くて下が明るかったです。(普通は逆です。。)

7840
あざみラインは、まだ始まったばかりです。
まだ、たったの1KM地点です。
先は長いのですが、あまり考えずに先を急ぎます。

7841
太陽が昇って来ると、急に暑くなりました。
なるべく日陰を歩きます。

7845 7849
巨大な「フジアザミ」が見頃でした。
看板も有りました。 まだ、残りは10KM。。
 
 7850 7851
道の両側は「松並木」が綺麗です。

7853 7854
富士山に雲が掛かってきました。

7858
06:08、「旧一里松」の標柱が有りましたが、何も有りませんでした。

7860
06:10、比較的新しそうな標識の先には・・

7863
この道路の名物の「鳥の絵」が有りました!

7866 7865
クローズアップです。
いつもは車で通り過ぎてしまうので、じっくりと見たのは初めてです。

7868
鳥の絵の壁の左端には、「旧登山道」の標柱が立っていました。

7871
思いきって、その旧登山道の山道に入って行ってみました。

7874 7878
最初は、良い山道かと思ったのですが・・
フジアザミも多く見られました。

7880
自衛隊の連絡道路を横切り、先へ進みました。
すると、山道はだんだん荒れて、やがてブッシュに。
おまけに、すぐ隣の森からは、重車両のエンジンの轟音が響いています。

7883
06:36、どうやら入ってはいけない道に入ってしまっていたようでした。
その事に気が付き、あざみラインに戻りました。

7885
何だか、パンフレットの地図と食い違っているようです。
仕方がありません、あざみラインの舗装道路を歩いて行きます。

7888
あざみラインの6KM地点です。
富士山の雲が取れていました。

7890 7891
06:49、「馬返し」に着きました。

7894
ここからは、「富士箱根トレイル」の遊歩道が有るはずでしたが・・
自衛隊による厳重な通行禁止です。

7895 7896
またしても仕方なく、あざみラインを登って行きます。
結構な急坂になってきました。
私の車では、ギアをローに入れないと登れない坂道です。
道路の舗装も簡易的になってきました。
ここには登山ポストが設置されていました。
雪山登山者が登山計画書を提出するためのものでしょう。

7898
折角の新しい標識も木の葉っぱに隠れ気味です。

7900 7901
06:56、「グランドキャニオン」の入り口に着きました。
素晴らしい景色と言う事なので、行ってみようとしましたが、
完全に通行禁止でした! ショック。

7902
と言う事で諦めて引き続き、あざみラインを歩きます。

7906
8KM地点です。 
風景が変わらず、歩いていても退屈です。

7907 7908
07:33、「2合目・狩休(かりやす)」に到着です。

7910
ここからも遊歩道が続いているはずでしたが、
どう見ても草ボウボウで道は無し。

7913 7914
針金で括った石垣が有りました。 見事です。

7915
8.6KM地点。
疲れは、ピークに。
ほんのたまに登山者の車が私を追い越して行きます。
自転車の若い人も私を追い越して行きました。

7917
9KM地点。
ひたすら頑張るしかありません。
シャツは、汗でびっしょりです。

7920
08:02、「3合目」の標識が草に隠れて有りました。

7925
10KM地点です。
あと、ちょっとでしょうか??・・

7927 7929

7931
11KM地点です。
雲の中に入ったらしく、少しは涼しくなりました。

7932
11.8KM地点、ついに・・

7935 7938
08:37、須走口新5合目に到着しました。

7941 7939
お腹が空いたので、『菊屋』さんにて、「きのこそば」を戴きました。
きのこがいっぱい入っていて美味しかったです。
ちなみに¥900-でした。 ライスのサービスも有って嬉しいです。

ここまでで第1ラウンドが終了しました。
さて、これからが富士登山の本番です。。
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (457)
富士山 (218)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (117)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム