山歩き日記 ER 

ハイキング登山&旅日記など

ド根性冬瓜(とうがん)!

我が家(店)のグリーンカーテンです!
( もうだいぶ枯れてきました )

P9246374.jpg
この夏も、けっこう茂りました。
ところが気が付くと凄い異変が!・・・

P9246365.jpg
冬瓜(とうがん)をグリーンカーテンに仕立ててみたのですが、
何となんと、冬瓜の実が見晴らしの良い一等地に出現!!
まさかまさかの場所に、ドカンと鎮座しておりました!!!

P9246369.jpg
こんな奇跡は、本当にあり得ません、ミラクルでした ♪(笑)

このページのトップへ

7月10日 富士山静岡側山開き初日は須走口から

富士山須走口5合目へのマイカー規制は
7月10日の正午12時から始まるそうです。
なので前日の夜に、マイカーにて5合目駐車場に滑り込みました。
意外にも駐車場は空いていて静かでした。

P7103601.jpg P7103603.jpg
今朝は、良い御来光が拝めました。

P7103609.jpg
菊屋さんにて焼き餅と豚汁の朝食を摂り、準備完了して、
AM05:07、 須走口5合目登山口からスタートです。
気温は適温で、14℃でした。
登山口や入山料の徴収ブースも、正午から正式に開くようです。

P7103620.jpg P7103622.jpg
歩き出してしばらくすると、すごく暑くなってきました。
登山道も空いていました。

P7103628.jpg
ペースが思いのほか上がらず苦戦しました。
歩き出して、ちょうど1時間、
06:09、 6合目の長田山荘さんに着きました。
暑くてかなわないので、ラムネを買って飲み干してしまいました。

P7103632.jpg
フジハタザオが満開でした。

P7103634.jpg
難関のつづら折れの登山道は黙々と・・

P7103638.jpg
砂地が深い登山道も黙々と・・

P7103641.jpg
今日はお天気が良すぎて暑いです。

P7103653.jpg
風速10メートルくらいの強風が吹いてきました。
9合目の鳥居が見えてきました。

P7103666.jpg
10:44、 頂上に着きました。
登山口から、5時間30分 と、2本目としては快調なペースでした。
気温は低くて、 12℃でした。

P7103669.jpg P7103670.jpg
頂上の扇屋さんも、営業OPENしておりました。
昼食はカップ麺を頼みました。

P7103672.jpg
大内院(=メイン噴火口)には、まだ残雪がたくさん有りました。

P7103680.jpg P7103684.jpg
12:21、 下山専用道にて下山を開始しました。
道の脇にも残雪がドカンと!

P7103697.jpg
須走口5合目が小さく見えていました。

P7103701.jpg P7103704.jpg
砂走りを小走りで降りました。
この夏は、スラブ状の岩盤が2箇所、すごく滑りやすい難所が有りました。

P7103711.jpg
砂払い5合目の吉野屋さんには、新しい鳥居が建っていました!

P7103721.jpg
14:29、 五合目に帰ってきました。
お疲れさまでした。
気温は、18℃にまで上がりました。
徴収ブースが開いていたので { 入山料 = 富士山保全協力金 }
壱千円也 を支払いました。

P7103608.jpg
この日は、山荘菊屋さんに投宿しました。


まだ身体が高度(気圧)慣れていませんでしたが、
それでも、お天気に恵まれて良い登山が出来ました。
下山時に、見晴らし館さんのご主人さんから、
例の危険な白ペンキの矢印の落書きについて
詳しくお話を伺いました、有難うございました。

【 登山データ 】
標高差 = 1730 メートル
登りタイム = 5時間30分 (休憩時間を含む)
下り =  2時間08分
万歩計歩数 = 2万1千歩
このページのトップへ

9月25日 残暑厳しい薬王院から裏筑波半周

来月の体育の日あたりに、
裏筑波をガイドするかも知れないので
その下調べを兼ねて、筑波山を登ります。

P9256398.jpg
筑波山薬王院まで、マイカーで上りました。

P9256416.jpg
薬王院コースで鬼ケ作林道に出ました。
裏筑波へと向かいました。
気温は常に、20℃以上!!
9月も終りだと言うのに、凄い残暑です。

P9256423.jpg
今日も体力は5割増し中でした。
薬王院→(25分)→鬼ケ作林道→(25分)→男の川

P9256433.jpg
男の川(おのかわ)コースを登りました。
薬王院コース分岐まで、30分でした。
それにしても暑いです!

P9256447.jpg
薬王院コース分岐から男体山頂までは、20分でした。

P9256462.jpg
あまりにも暑いので、御幸ヶ原でソフトクリームを買って食べました。

P9256477.jpg
キャンプ場コースで降りて、また鬼ケ作林道から
薬王院に帰りました。
鬼ケ作林道から薬王院までは、走ってしまいました。
体力が有り余っています。
けれども帰りのほうが長い長い旅路に感じました。

ザックの奥にしまっておいた予備のお茶缶が有って助かりました。
いつもよりも、水分消費が激しかったのです。
下界に降りたら28℃。
暑い暑い一日でした。
早く涼しくなって欲しいものです。
このページのトップへ

9月19日 筑波山へ復帰で極く軽く登山

6月の終り以来、筑波山には登っていませんでした。
今日は筑波山に復帰することにしました。

P9196257.jpg
マイカーで、つつじヶ丘まで上がりました。
昨日よりはまだマシですが、
今日も残暑が厳しいので、軽く登山することにしました。

P9196272.jpg
つつじヶ丘からは、私の好きな東筑波ハイキングコースへ向かいました。
ところがどっこい。
林間コースの中は、蜘蛛の巣だらけで何度も私の顔に
蜘蛛の糸が架かって、嫌な思いをしました。
昨日のつくば市内は、35℃。 
昆虫の活動も活発だったのでしょう。
17日の日曜日には台風が来たので、
普段は流れていない枯れている沢にも、
たくさん水が流れていました。

P9196305.jpg
東筑波ハイキングコースにて、私は「露払い」。
私のすぐ後から、オジサンが来て、追い越されてしまいました。
苦労して蜘蛛の巣を払いのけながら行ったのに
なんだか悔しくて、私の闘争心に火がつきました。
キャンプ場コースに居たそのオジサンを追い越してリベンジ。

P9196317.jpg
29分と言う、自分でも驚異のハイペースで女体山頂へ。
気温は、16℃でした。

P9196322.jpg
下山は考えもなく、ロープウェイにて。
女体山頂駅でトイレを借りたついでに、
そのままロープウェイに乗ってしまいました。

富士登山は終わりましたが依然、、
私の体力は5割増量中です。
このページのトップへ

7月3~4日 富士山夏山の始めは初めての船津口

1日に山梨県側の吉田ルートが開山しました。
いよいよ私の富士山夏山シーズンも始まります!
2日の夜、富士山へ向けてマイカーで出発しました。

P7022986.jpg
日曜日夜の首都高速はガラガラに空いており、
快適なドライブが出来ました。
東京スカイツリーの脇を通り過ぎます。

P7022987.jpg P7022991.jpg
東京タワー、 それと(恐らく) NTTドコモビル の
夜景が綺麗でした。

P7023016.jpg
22:30、過ぎに、河口湖の湖畔の船津浜に到着しました。
ここで一年ぶりの車中泊をしました。
河口湖大橋の明かりが見えていました。 

P7033019.jpg
静かな駐車場だったので安眠出来ました。
早朝3時に起床。
お湯を沸かしてカップうどんの朝食を摂りました。

P7033021.jpg P7033026.jpg
準備が整い、 AM04:18、 船津浜からスタートしました。
気温は早朝にも関わらず高めで、 22℃ もありました。
少し蒸し暑い朝でした。

P7033029.jpg P7033028.jpg
私は河口湖付近は、よく知りません。
なので予め地図をよく見ておきました。
大通りを歩いて行きます。

P7033033.jpg
左へ曲がって、やや細い路地に入って行きます。

P7033036.jpg P7033037.jpg
その細かった道は、幅の広い立派な道になりました。
すなわち、「富士山登山道・船津ルート」を歩きます。
真正面には富士山がそびえています。
あいにく傘雲が架かっていました、先行きが少し不安になります。。

P7033038.jpg
綺麗な花壇がありました。

P7033039.jpg P7033042.jpg
船津地区は、意外に広大のようです。
真っ赤な消火栓が目に留まりました。

P7033043.jpg
国道138号線交差点に在る、
大型ショッピングセンターまでやって来ました。
船津登山道の最初の目印になります。

P7033046.jpg P7033047.jpg
04:43、 「船津登山道入口交差点」 に来ました。
ここまで快調なハイペースです。
いよいよここからが、登山の本番になるのでしょうか?
ハラハラドキドキ、ワクワクです。
本当に 「 冒険 」 です。
 
P7033049.jpg
真っすぐに富士山へ向かって行きます!
とても気持ちが良いです ♪

P7033059.jpg P7033060.jpg
河口湖町総合公園に着きました。
立派なホールも在りました。
(しかし、公衆トイレは閉まっていて使えず ・・ 残念)

P7033072.jpg P7033073.jpg
トリアシショウマの白い花が目立ちました。
ゴルフ場、 河口湖カントリークラブの入口前を通ります。

P7033079.jpg P7033080.jpg
富士山は林に隠れてしまって、つまらない道になりました。
いくら歩いても景色は変わらず・・ 辛抱のしどころでした。
キイチゴの実がなっていました。

P7033082.jpg
まだ朝早い時間でしたから、
自動車も滅多に走っていないので良かったです。
ステンドグラスのお店や ・・・

P7033084.jpg P7033085.jpg
ミネラルウォーターの工場や喫茶店が点在していました。

P7033087.jpg P7033088.jpg
初めての交差点にやって来ました。
「 特別名勝富士山 」の石柱が建っています。
この交差点は、真っすぐに進んで道なりに左へカーブします。

P7033097.jpg P7033098.jpg
しばらく行くと、左の林の中に 「船津御胎内」 への石柱が在りました。
(今回は寄りませんでした)

P7033099.jpg P7033100.jpg
その先には、変則的な交差点が現れました。
地図をよく見て確認して、右折しました。
(ちょっと判りにくいです)

P7033101.jpg
この道で良いのかどうか不安でしたが、
とりあえず進みました。

P7033104.jpg
ここでビックリ!
この夏一番とも言える、素晴らしい富士山の姿が拝めました。

P7033105.jpg P7033107.jpg
ルートマップを見ると、ここを左折するようです。
ここもまた判りにくいです。
半信半疑で進みます。
「河口湖町立創造の森」へと入って行きます。

P7033108.jpg P7033110.jpg
何と、ここは墓園でした!
どうりで何か、公園にしては変だと感じていました。

P7033112.jpg
かなり古そうな石碑を発見しました!
と言うことは、現在位置は船津登山道に居ると確信出来ました。
良かったです。

P7033115.jpg P7033116.jpg
林道船津線の起点に来ました。
相変わらずのアスファルト舗装の道を行きます。

P7033127.jpg P7033128.jpg
道の両側は深い森です。
ハルゼミがうるさいほど鳴いていました。
ミヤマオダマキの花が咲いていました。
ここでやっと初めて、犬と散歩していた人とすれ違いました。

P7033130.jpg
全国育樹祭記念広場を右手に見送ると・・・

P7033132.jpg
丁字路にぶつかりました。
林道船津線は、ここで終点となりました。

P7033138.jpg
07:02、 ゲートを乗り越えて先に進みました。
気温は、18℃、 と下がったので、少しは楽になりました。

P7033143.jpg P7033147.jpg
溶岩ゴツゴツの上に、枯れ葉が積もった道でした。
今まで我慢していましたが、半ズボンにチェンジしました。

P7033152.jpg
ルートマップによると、この辺りは道迷いの恐れがあるとの事。
充分に用心して、コンパスを見て方角を確かめながら進みます。
ありました!、、右側に分岐の細い道が。
間違ってこの道に進んでしまうと、アウトです!
地図上にも載っていない道ですから、本当に危険な道でした。

P7033159.jpg P7033161.jpg
07:35、 船津登山道のランドマークとも言える
古い祠と石柱の広場に来ました。
ちょっと嬉しいです♪

P7033162.jpg P7033167.jpg
小休止後、石柱の脇の右の道へと進みます。
間違って左の道に行ってしまうと、
これまた地図にも無い道ですからアウトです。
(古い旧道のようです、一般人の通行は不可能との由)

P7033176.jpg
広場を抜けると、すぐに雪崩の跡の広大な野原に出ました。

P7033183.jpg
そしてまた森の中へ。
セルフシャッターにて撮影。

P7033186.jpg
二番目の雪崩跡地は、本当に広かったです。

P7033198.jpg
そしてまた森の中へ。
景色があまり変わらなくて退屈になってきました。

P7033203.jpg
08:04、 東軒林道の終点地点の分岐に来ました。
空腹も感じていたので小休止にしました。
食事をしながら、地図を見てルートを確認しました。

P7033205.jpg
この分岐も判りにくかったのですが、
正しく左折して、船津登山道を進むことが出来ました。

P7033208.jpg
08:28、 富士スバルラインの道路の下を潜ります。
ここが、2合目との事でした。

P7033217.jpg
スバルラインを潜ってからが長い長い道のりでした。
歩いても歩いても景色は変わらず。。持久戦でした。

P7033235.jpg P7033236.jpg
09:42、 待望の「 3合目 」 に到着しました。
ここはかつては、バスターミナルが在った広場でした。

P7033237.jpg
まだ朝の時間帯でしたが、”昼食”のサンドイッチを摂りました。

P7033242.jpg
3合目からは、精進口登山道になります。
ここからは、登山道の勾配は、かなりの急坂になります。
舐めてはいけません。。
私の後ろから5人組のおばさんハイカーが(精進湖方向から)
登って来ましたので私はペースアップしました!

P7033247.jpg
3合5勺の天然カラマツ林を通って・・・

P7033250.jpg
一番キツイ坂を登って行きます。

P7033252.jpg
10:54、 4合目の廃屋を通過します。
シャクナゲは、まだ咲いていませんでした。

P7033257.jpg
4合目~5合目間は、これまた長いのです。
焦ると疲れますから、慌てずに行きます。

P7033265.jpg
コケモモの白い花が咲いていました。

P7033267.jpg
階段を登ると、いよいよ・・・

P7033275.jpg
11:40、 スバルライン5合目に到着しました!!
しかし、人が多くて、目まいがします。。
ちなみに、気温は 20℃ で、スタート時からほぼ変わらずでした。

P7033276.jpg
河口湖の船津浜をスタートしてから、 7時間19分 で踏破しました。
ガイドブックによると、10時間コースでしたから
かなり快調に登って来ました!! (^^)/
自分へのご褒美に、抹茶のソフトクリーム。。

P7033277.jpg P7033280.jpg
シーズン初めてでしたので、安全登山の御祈願に
小御岳神社へお参りしました。

P7053537.jpg
富士山保全協力金 = つまりは、{入山料} を支払いました。
¥1000 です。

P7033282.jpg
スバルライン5合目登山口から入って行きます。

P7033290.jpg
御中道からの景色です。

P7033295.jpg 
12:28、 吉田口6合目、 里見平☆星観荘さんに投宿しました。
予定では、午後の2時くらいに投宿のつもりでしたから、
本当に早く到着しました。 良かったです♪

P7033327.jpg P7033331.jpg
夕方に見上げた頂上です。
まだ残雪が多そうでした。
夕食は、ハンバーグの松花堂。
ごちそうさまでした。

P7033344.jpg
日没時には、黄金に輝く雲が現れて、ウットリと見とれました。
午後からは強風が絶えず吹きつけていました。

P7043346.jpg
翌朝は、3時に起床。
AM 04:02、 星観荘さんからスタートです。
気温は、冷え込んで 10℃ でした。

P7043352.jpg P7043364.jpg
安全指導センターの下まで来ました。
空をよく見てみたら、何と、大きな吊るし雲が居ました!
風はまだ、かなり吹いています。

P7043387.jpg
身体は、まだ高度には慣れていません。
シーズン初回ですので、慌てずにゆっくりと登って行きます。
でも、足は軽快で、調子が良いです♪

P7043390.jpg
7合目の東洋館さんで、私よりも1時間早く、星観荘さんを出発した
昨夜の同宿の方たちにお会いしました。
私はひと足先に失礼しました。

P7043392.jpg
昨夏は、すごく厳しく感じた、8合目への難所の岩場も
今朝は軽やかに登れます。

P7043394.jpg P7043399.jpg
06:15、 8合目の太子館さんに着きました。
星観荘さんから、2時間少々で来ました、
初回にしては良いペースです。

P7043424.jpg
私と同じ50代の3人組さんと、抜きつ抜かれつで
和気あいあいと登りました。

P7043442.jpg
最後の胸突き八丁も、割合すんなりと登れてしまいました。
08:57、 頂上に着きました。
星観荘さんからは、 4時間55分 の旅路でした。

P7043450.jpg
セルフシャッターで写真を撮りました。
頂上は冷たい強風が吹きつけています。
気温は、5℃ でしたが、体感温度は氷点下です。
(ちなみに富士山初ヘルメットです!)

P7043453.jpg
こんな天気ですから、頂上には、あまり登山者は居ません。
私は、扇屋さんへ差し入れを持参したので
寒い思いをしなくても済みました♪ (感謝)

P7043464.jpg
頂上からの下山道は、まだ開通してはいませんでしたので、
上江戸屋さんまで登山道で降りてから、
下山道へトラバースして下りました。

P7043490.jpg
緑の森の中に帰って来るとホッとします。

P7043495.jpg
11:45、 星観荘さんまで帰ってきました。

P7043501.jpg
少し急いで、スバルライン5合目へと向かいました。
気温は、 18℃ ですが汗ばみます。

P7043502.jpg P7043506.jpg
河口湖駅行へのバスに乗り込みました。
空いていて座席に座れて良かったです。
ちょうど1時間バスは走って、
13:40、 河口湖駅に到着しました。

P7043513.jpg P7043514.jpg
駅からは、少し歩きます。
欧米人の若い女の子に道を訊かれました。
( この後、この夏はずっと、私が英語漬けになるとは
思いもよらぬことでした )
13:55、 船津浜に帰ってきました。
お疲れ様でした。
何と、下界の気温は、 30℃!!!
暑くてめまいがしそうです。
今朝の寒さが嘘のようでした。

P7043521.jpg
船津浜には、富士山の溶岩流が河口湖に流れて来た
痕跡が残っています。


初めての船津登山道を登りました。
地図の正確な読図の技術が必要な少し難解なコースでしたが、
今回はコースミスも無く、無事に踏破出来ました。
最初は富士山を見上げながら進み、
中盤からは、たまに富士山を見ることが出来たので
満足度があるコースでした。
コースのスタート地点も、便利な立地で良かったです。
また機会があれば、登ってみたいと思いました。

【 登山データ 】
☆ 船津浜 → スバルライン5合目
距離 = 20 . 5 KM
標高差 = 1470 メートル
ガイド本でのコースタイム = 7時間25分(休憩時間は含まず)
私のデータ = 7時間19分 (休憩時間を含む)
万歩計歩数 = 3万1500歩
  ( 2日目 )
星観荘 → 頂上 = 4時間55分 (休憩時間を含む)
頂上 → 星観荘 = 2時間26分
標高差 = 1390 メートル
万歩計歩数 = 3万1800歩
※ 「山麓から登る世界文化遺産富士山」 佐々木亨著 (山と渓谷社)
   を今回の参考にしました。 (他に地図も必要です) 
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

@ yamasuisui

Author:@ yamasuisui
◎このBLOG は自分自身の
日記の記録として、
そして私の身近に居る方達への
近況報告を感謝を込めて
書いています。
いつもお世話になっています。
これからも宜しくお願いします。
***************
過去の記事につきましては、
http://tukuba22.blog90.fc2.com/
にてご覧下さい。
***************
☆夏の富士山を麓から登る為に
毎週筑波山でトレーニングを
続けています。
富士山登頂100回=当面の目標です。
[2017年9月現在=通算98回登頂]
☆西の富士、東の筑波、と昔から
言われる名峰。
日々、筑波山の事を学習しています。
◎職業は理容師&美容師です、
理容師免許・美容師免許両方を取得。
現在、理容室を経営しています。
千葉県流山市から発信しています。
******************************
******************************
良い記事には「拍手」をお願いします!
「拍手」が多ければ、やる気が出ます。
 「コメント」も戴ければ嬉しいです。 
******************************
☆「拍手」をポチっとお願いします!☆
****************************** 
悪意の有るコメントは堅くお断りします。
悪戯・いたずらコメントも同様です。
削除&接続拒否等を即時実行します、
予めご了承下さい。 
******************************
******************************
BLOG中の写真をクリックして頂くと
拡大画像が見られます。
******************************
#############################
※2010年以前の記事は
『山歩きERアーカイブ』
 を宜しければご覧下さい 
#############################
(新潮新書)『まいにち富士山』
 佐々木茂良著 ・新潮社
 定価税込¥714 好評発売中!
※ 印税は東日本大震災の
  義援金になります!
是非お求めになって下さい!!
#############################
twitter = こちらもご覧下さい ♪
#############################

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

筑波山 (454)
富士山 (209)
富士登山指南 (63)
私の富士登山の記録 (10)
みかも山 (3)
その他の登山 (10)
山の話 (32)
バイク (8)
FOODS (21)
旅遊 (29)
その他色々 (116)
防災 (21)

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム